So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

クスコからマチュピチュ村(アグアスカリエンテス)への道 [旅行]

世界遺産インカ帝国の首都クスコから

車とレイルウエイでマチュピチュの麓の村を目指す。

0711-01-cuzco-ollan.jpg

クスコが標高3400m、途中3800m越えの場所を通る。

富士山にょり高いやん!

個人的記録達成です。座っているだけで通過。

0711-02-cuzco-ollan.jpg

さすがの標高、草原の向こうには険しい山。

白いのは雪ですね。随所に!

0711-03-cuzco-ollan.jpg

空気も思い切り綺麗

しかも牧歌的!

0711-05-cuzco-ollan.jpg

牛ばっかりじゃない、アルパカ?もいる。

0711-06-cuzco-ollan.jpg

そこらじゅうで見る車も丸虫みたいに可愛い。

何じゃこれ!

0711-07-cuzco-ollan.jpg

目を見張る。原風景!

0711-08-cuzco-ollan.jpg

冠雪の山、多分5000mは優に超えているはず。

0711-09-cuzco-ollan.jpg

なんとなく写真撮りたくなる景色が続く。

0711-10-cuzco-ollan.jpg

ほ~れ、こんな感じでね!

0711-11-cuzco-ollan.jpg

険しい山の向こうに又山。

0711-12-cuzco-ollan.jpg

険しい山の中腹に段々畑でしょうか?

インカ人のたくましさがここに!

こんな風光明媚な飽きの来ない道の着いた先が

オリャンタイタンボ

0711-13-railway-machu.jpg

オリャンタイタンボ駅からレイルウエイです。

0711-15-railway-machu.jpg

昔はダムノための列車でしたが今は

マチュピチュ息の観光列車

0711-17-railway-machu.jpg

予約してくれていて、優雅に坐して車窓を楽しめる。

0711-16-railway-machu.jpg

ケーキとソフトドリンクも供されました。

列車は川沿いを、反対側は山並み。

我々は山方面に座した。

0711-18-railway-machu.jpg

車窓からはこんな山がそびえる。

標高のせいか樹木は生えていない。

0711-19-railway-machu.jpg

天井画抜けていてそこからもビューを楽しむ。

相当険しいし、すぐそこが山です。

0711-20-railway-machu.jpg

まさしく渓谷に沿って走る列車を物語る。

山壁・岩壁すれすれです。

0711-21-railway-machu.jpg

ツタ~~~、多分3時間以上は揺られてた。

着いたのがマチュピチュ村

名前はアグアスカリエンテス(温かい水という意味)

次紹介しますが標高2000m以下。

nice!(55)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

インカ帝国の首都、世界遺産の街に降りた。 [旅行]

リマからクスコに降り立った。

標高3400m、日本ではこれより高いのは富士山だけ!

少し観光してマチュピチュに向かう。

残りの観光は復路に回すことに!

0709-01-cuzco.jpg

サントドミンゴ教会だけ観光して進むことに。

教会なのでインカ帝国じゃなくキリスト教はスペインじゃん。

0709-02-cuzco.jpg

瀟洒な佇まい。

インカの神秘的な文化と、スペインの情熱的な文化が

交差しているこの街の熱い息遣いを感じる。

0709-03-cuzco.jpg

スペイン風の白い建物の向こうに

山並にずらーっとインカの住居、好きです。

0709-05-cuzco.jpg

クスコの観光スポットは「サントドミンゴ教会」。

“黄金の居所"を意味する。なんで??

0709-06-cuzco.jpg

素晴らしい中庭を囲む廊下はスペイン統治そのもの。

0709-07-cuzco.jpg

インカの神殿「コリカンチャ」がかつてあった場所。

この地を征服したスペイン人が建てたキリスト教会です。

だから“黄金の居所"

0709-08-cuzco.jpg

このレリーフはインカとキリストの融合みたいに見えるが・・・。

かつての大地震でその教会は崩れたものの、

古代インカの石垣はびくともしなかった逸話は有名です。

0709-09-cuzco.jpg

その証明の石積み技術。

こんな細工など随所に見れる。

その隙間は剃刀も通さないといわれるほど、精密に造られています。

0709-10-cuzco.jpg

その大地震でもびくともしなかった石組です。

これがインカ土台です。

0709-11-cuzco.jpg

その上に立つスペイン統治の教会です。

0709-12-cuzco.jpg

天井の絵、なんか日本のお寺にも見上げたらこんな感じがあるある。

0709-13-cuzco.jpg

教会から外に出て、白亜の教会。

高台にあるので絶景です。

0709-14-cuzco.jpg

お花畑があって、目に留まらぬ速さで飛ぶハチドリ。

慌てて何枚もシャッターを押す。

偶然、見て~~~~

0709-15-cuzco.jpg

ばっちりハチドリが花の蜜を吸おうとしている。

0709-16-cuzco.jpg

教会からの眺望、素敵でしょ!

標高3400mでも木は育つんだ。

0709-17-cuzco.jpg

ズームアウトする。

空気薄いけど天気は良い、暑いけどスカッとしてる。

0709-18-cuzco.jpg

スルー「サントドミンゴ教会」異国情緒満載!!

0709-19-cuzco.jpg

高台の教会から下りて、後ろを見るとレンガ造りの教会。

0709-20-cuzco.jpg

やっぱりスペイン風。 

ドン・キホーテとかサンセバスチャンが似合いそう。

0709-21-cuzco.jpg

サントドミンゴ教会をパノラマでど~ぞ!

さ~、一個の観光を終えてマチュピチュに向かう。

引き返すので、残の観光地、又あっぷ。

nice!(29)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リマからクスコ3400mの街へひとっ飛び [旅行]

ペルーの首都「リマ」で数泊した

最後の観光地マチュピチュに向かうため

クスコに向かう

0702-01-cuzco.jpg

アンデスの高地のインカ帝国の首都に向かう。

又飛行機、眼下にはアンデスなのか山!

0702-02-cuzco.jpg

山並の上に雲が浮かんでいる。

こんな山の中でも多分人は住んでいる。

0702-03-cuzco.jpg

畑、道路、市松模様みたい。

0702-04-cuzco.jpg

どんどんクスコに近づくにつれて

山も高く険しくなってくるが住まいもある。

0702-05-cuzco.jpg

山にはもう植物・・・木は生えていない。

そんな山に向かうくねくねの道が印象的。

0702-06-cuzco.jpg

クスコの空港に着いた。

高山病に気を付けて!と酸素ボンベは頂いた。

飛行機の窓からのクスコの街。

裸の山の中腹までいっぱいの家屋。

0702-07-cuzco.jpg

ここがインカ帝国の元首都だったのか?

ワクワクして高山病に掛かるなんて程遠かった。

0702-08-cuzco.jpg

この街並みの感じ好きです。

0702-09-cuzco.jpg

空港ロビー、壁にインカ帝国のモチーフ。

0702-10-cuzco.jpg来たなって感じ!

黄金の帝国らしいね。

0702-11-cuzco.jpg

受付カウンターはこのロゴ

まるまるペルー、Tシャツにも紺このザインが多用。

可愛いね!

0702-12-cuzco.jpg

空港の外に出て、うん!田舎の空港って感じ!

0702-13-cuzco.jpg

真ん中がペルーの国旗。

右のレインボーカラーがインカ帝国の国旗?

これからクスコを観光して、マチュピチュに向かいます。

今夜はマチュピチュ村で泊まる。

nice!(40)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナスカの地上絵の後、イカの街でランチ。 [旅行]

セスナに乗ってイカ空港からナスカの地上絵

海の街イカにてランチ

0707-01-pisco.jpg

3階建てのビルの3階まで歩いて登って店内に!

0707-02-pisco.jpg

山側の街を望む。

0707-03-pisco.jpg

店内ではカウンターお向こうで若者が働く。

0707-04-pisco.jpg

海側、すぐそこが太平洋。

まっすぐ行くと日本に行きつくかもね。

0707-05-pisco.jpg

サラダ出てきました。

コーンはじめ、食べ易い、口に合う。

0707-06-pisco.jpg

ピルスナービール。

クスケーニャじゃないのを頼む「CALIAO」って???

0707-07-pisco.jpg

定番ピスコサワー。

ここ「イカ」がピスコサワー発祥の地。

ここで飲むのが最高の地産地消。

0707-08-pisco.jpg

なんでしょう?炒飯みたいのが出てきた。

悪くはないけど、慣れてる方が良い。

0707-09-pisco.jpg

これもペルーの定番「ルクマのアイス」

0707-10-pisco.jpg

3階から太平洋を望む。

0707-11-pisco.jpg

碗なのか穏やかです。

0707-12-pisco.jpg

漁船でしょうね、停泊中。

0707-13-pisco.jpg

雨が少ないこの辺り。

山の方に進むとからっとした砂漠が続く。

又豪華バスで、400㎞先のリマに戻る。

諸るともうディナー。

0707-14-limaD.jpg

今宵はリマメリアホテルでディナー。

ワインをボトルで頼んだらソムリエっぽく。

苦労しながらオープン。

0707-15-limaD.jpg

ペルーはチリと競争相手、ペルーワインです。

ピスコは蒸留葡萄酒、ワインは醸造葡萄。

そこそこイケる。美味いかも!

0707-16-limaD.jpg

料理もお洒落に盛り付け!

0707-17-limaD.jpg

肉料理とポテト。

これこそスペインベースの料理か!

0707-18-limaD.jpg

デザート、ムース?プディング?

南米の料理は想像以上に美味しいのだ。

想像次第!

nice!(49)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナスカの地上絵、上空に到着! [旅行]

セスナに乗る前にガイドさんから探し方聞いていた。

0704-01-nazca.jpg

この順番ですが400m上空、簡単には見つからない。

一番の鯨を必ず見つける事!

見つけることで大凡の感覚掴めるので!絶対。

鯨を見つけるのじゃなく「直角の線を見つけろ!」

0705-01-nazca2.jpg

パイロットは羽根の先に見えるよう操縦してくれるから

羽根の先を見るべし!

いや~緊張する。あった~~~直角の線。

0705-02-nazca2.jpg

その線の上に、いた!いた!くじら。

あ~~こんな感じなのだ。

0705-03-nazca2.jpg

次はコンパスと三角の間を飛ぶ!

旋回はせず、左の人はこれ!

メッチャ大きい。クジラの数倍はある。

次こそ探しやすい。

0705-05-nazca2.jpg

山の斜面に書かれている。

他の地上絵とは違う。

でもよ~く見ないと小さいのだ。

宇宙飛行士

0705-04-nazca2.jpg

旋回でじっくり見れますが、あたふたすると酔う。

これもガイドさんに秘訣聞いていた。

0705-06-nazca2.jpg

尻尾がグルグル巻きの猿。

0705-07-nazca2.jpg

イヌ、めっちゃ小さいぞ~~~。

0705-08-nazca2.jpg

大きくするとわかるかもね。

0705-09-nazca2.jpg

人気の高いハチドリ。

クッキリ分かる。

0705-11-nazca2.jpg

クモで~~~す。

0705-12-nazca2.jpg

手と右にパンフにはないけど絶対地上絵

トンボみたい。

0705-13-nazca2.jpg

こっちはコンドル、ハチドリじゃないのだ!

0705-14-nazca2.jpg

半分しか映ってない「オウム」だって!

0705-15-nazca2.jpg

こっちはなんとか全身オウム

こんなに綺麗に残ってるのは天候のせいやろうね。

飴はほとんど、全くに近く降らない。

0705-16-nazca2.jpg

大きな道路が地上絵のある砂漠を横断していて、

そこに見晴らし台がある。

見晴らし台の両側に「手」と「木」

見晴らし台からはこの2つしか見えないらしい。

0705-17-nazca2.jpg

その点セスナはいっぱい見れる。

探すコツも完全にゲット。

花です。こんな見つけにくいのもキッチリ写真。

0705-18-nazca2.jpg

これこそ展望台を挟んで「手」と「木」

ガイドさんに褒められた。すげ~~~って!

0705-19-nazca2.jpg

これもそうだね。

手ってメッチャコミカル。

ホンマに手のつもりで描いたのかね?古代人は。

しかも何のために描いたのか?

0705-20-nazca2.jpg

これも立派なトカゲみたいな地上絵。

もうもう満喫でした。

酔いは辛うじてセーフ、もっと続いたらやばいかも。

でも古代人が書いたのか?

オイラはやっぱり宇宙人と思ってる。

0705-21-nazca2.jpg

セスナの操縦士さんありがとうございました。

正操縦士の女性はさっさといなくなったよ。

nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナスカに向かってセスナに乗って! [旅行]

ペルー・リマから300㎞南「イカ空港」

そこから更に200㎞ぐらいに「ナスカ」がある。

結構遠いからセスナの登場。

0704-02-nazca.jpg

我々8人とプラス4人+パイロットの14人乗り

ナスカの地上絵の探し方と酔わない方法の説明を受けてのる。

0704-01-nazca.jpg

その探し方、すなわち飛行順と絵がこのパンフに掛かれてる。

旋回するから、どっちも見れる。

慌てて早く見ようとしたら酔うとのこと。

0704-03-nazca.jpg

大丈夫、全員が窓側です。

私は左側、羽根のすぐ後ろ、絶好のポジションを頂けた。

0704-04-nazca.jpg

左が正操縦士女性で、右の副が説明してくれる。

は~~い、飛び立ちました。初セスナ!

0704-05-nazca.jpg

飛び立ってすぐ砂漠の中に工場。何の工場なんでしょう。

30分間並行飛行。

0704-06-nazca.jpg

天気も良くなってきた、年間1㎜しか降らない雨。

この畑のグリーンは何?など考えながら進む。

0704-07-nazca.jpg

遠くの山並みが凄く綺麗。青世界

0704-08-nazca.jpg

10分位飛ぶと下は一面砂漠。

風紋なのか?凄く綺麗です。自然の成せる技。

0704-09-nazca.jpg

広がる砂漠の向こうの山並み。

セスナの羽根、絶景です。本ナスカについていないのに!

0704-10-nazca.jpg

こんな模様が出来るんやね。映画では見たような。

イカの観光に砂漠バギーがあったね。

0704-12-nazca.jpg

全く何もない一面の砂漠、何か?

0704-11-nazca.jpg

ズームすると何でしょう。宇宙基地みたい。

違うやろうけど!

0704-13-nazca.jpg

山の方に目をやると青の世界。

0704-16-nazca.jpg

砂漠から景色が変わって来た。

しかも何か線が見える。説明にはなかったけど!

遺跡に違いない。

0704-18-nazca.jpg

若干旋回しだしたけど、ナスカの地上絵としては

最初に「クジラ」のはず。

この三角っぽい直線は何?

こんなのは数えきれないぐらいあるんでしょうね。

0704-19-nazca.jpg

あ~~~これから本番です。

次回は順々に地上絵を紹介します。

nice!(47)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナスカへの道!遠い。 [旅行]

アルゼンチン・ブエノスアイレスから

再度ペルー・リマに戻ってホテルに入る。

結構遅い。

そして、寝る間も惜しんで早朝マジ早朝出発。

0703-01-nazcahe.jpg

眠い目をこすってバスに乗り込む。

3列バスと聞いている。

0703-02-nazcahe.jpg

まじ、豪華バスじゃないですか?

0703-03-nazcahe.jpg

今まで乗ったバスで一番リラックスできる。

眠れなかったのを取り戻そう。

ツアー8人なのでもったいないぐらいの余裕で出発。

0703-04-nazcahe.jpg

しかし、景色は殺風景この上なし。

やっぱり寝るしかない。

0703-05-nazcahe.jpg

ところどころ見える砂漠の中の家は

セレブの別荘らしい。

リマよりも地代が高いという変な仕組みらしい。

0703-06-nazcahe.jpg

砂漠でほとんど雨が降らないというのに

どんより曇ってる。

曇ったり霧だとセスナは飛ばない。心配だ!

0703-07-nazcahe.jpg

行ってみないと分からないというのでどんどん進む。

行き先は「ナスカ」じゃなく手前の「イカ」の町。

0703-08-nazcahe.jpg

ちょっとした田舎町を横切る。

何とも可愛い車がいた。

0703-09-nazcahe.jpg

海が見えて来た。

「イカ」の町は海沿いらしい。

1年の降水量は10mmぐらい。これで雨降ったら笑える。

雨が少ないのでナスカの地上絵が残ったと言われている。

0703-10-nazcahe.jpg

突然横道にそれた。

日本人が経営するお土産屋店によるらしい。

なんと、完全に門が閉まっていて、バスが来たら開ける。

0703-11-nazcahe.jpg

城壁の中にお土産屋、要塞とでも言おうか?

どんだけ治安が悪いのかね。

中は綺麗なお土産屋さん、しっかりしたものを販売していた。

0703-12-nazcahe.jpg

空港に着いた。セスナに乗るんだけど

一流の空港使用に驚いた。

セキュリティも国内なのに・・・。

0703-13-nazcahe.jpg

まだ雲が出てる。

出発はまだ決まらない。

イカとナスカは離れていて、ナスカの天候を調べているらしい。

運を天に任せてしばらく待つ。

こんなこともあるのでリマを早く出たらしい。

結果は次回!


nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー