So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マチュピチュ遺跡午前中最後の観光Vol.4 [旅行]

マチュピチュ遺跡、何処から見ても

絶対立ってるワイナピチュ山

これがマチュピチュ遺跡ビューを広げる。

0721-01-machu4.jpg

手前の岩がワイナピチュを象徴している。

と思う。

0721-02-machu4.jpg

太陽の神殿の一番高い所のこの石象。

「太陽を繋ぎとめる石」「インティワタナ」と呼ばれる。

0721-03-machu4.jpg

石の遺跡といえるマチュピチュ遺跡。

石細工もさることながら注目の石、随所にある。

0721-04-machu4.jpg

これもそのひとつ!

完璧に後ろの山を意識して立っている。

その先にあるのがワイナピチュ入場ゲート。

0721-05-machu4.jpg

ワイナピチュは2720m、非常に険しい。

入場制限もあって、予約は数か月先までいっぱいとか!

午前の部は締切!午後から又開く。

0721-06-machu4.jpg

こんな断崖絶壁にせり出している。

0721-07-machu4.jpg

その辺りから見下ろす真下に川。

その山の向こうがマチュピチュ村(アグアスカリエンテス)

0721-08-machu4.jpg

又入場ゲートに戻った。誰もいなかった。

0721-09-machu4.jpg

ひょっとしてこの岩も向こうの山を意識して立ってる???

それにしてもアンデスの山々は険しい。

0721-10-machu4.jpg

見てわかるかな~~~「コンドルの神殿」

羽根を広げている。

0721-11-machu4.jpg

そして先の地面に顔、嘴。

カッコイイ!

0721-12-machu4.jpg

段々畑、40段あるらしい。

トウモロコシやコカを栽培していた。

こんな山の上でも水は豊富にあるのが凄い。

0721-13-machu4.jpg

そんな段々をいっぱい抱えたマチュビチュ遺跡。

0721-15-machu4.jpg

朝の部、終了してランチに!いったん退場。

その帰路の足元、手入れをする人たち。

ありがとう。

昼からは再入場(入場券は2つ購入しなければいけない)

目指すは太陽の門。

0721-16-machu4.jpg

高さはワイナピチュより高い。高山病に気を付けて!

こんな道を進む。

0721-17-machu4.jpg

パノラマでスタートと行き先を撮るとこうなった。

左から右に進んで太陽の門。

0721-18-machu4.jpg

左手は険しい、細い道をひたすら歩く。

0721-19-machu4.jpg

まずは中間にある、遺跡を目指して

次回に続く。

nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マチュピチュ遺跡の内部に突入 vol.3 [旅行]

マチュピチュ遺跡の全貌を終えて、

どんどん降りて、内部に突入。

0718-01-machu3.jpg

これが入場門かどうかは不明であるが

正面にワイナピチュをとらえるビュー。

0718-02-machu3.jpg

振り返ると全く入り口っぽくなっている。

0718-03-machu3.jpg

狭い通路からどんどん進む。

0718-04-machu3.jpg

段々畑の上にそびえるのが見張り台と言われる。

マチュピチュ遺跡の発見者は

インディジョーンズのモデルの「ハイラム・ビンガム」と

言われているが怪しいものだ。

0718-05-machu3.jpg

しかし、インカ帝国の遺跡であることは間違いない。

0718-06-machu3.jpg

ワイナピチュと反対側の高くくぼんだ所、

これがホントの入口のひとつ。

「太陽の門」

(昼からここに登りました。ワイナピチュより高い)

0718-07-machu3.jpg

遺跡内部にも小高い山?丘?がある。

ここは軽く登れる。

0718-08-machu3.jpg

いろんな角度から山や遺跡!シャッターポイント多過ぎる。

0718-09-machu3.jpg

右手のDの字の遺跡は「太陽の神殿」

太陽を始め、天文学にこだわってる感じ!

0718-10-machu3.jpg

インカ帝国は1533年にスペイン人

「フランシスコ・ピサロ」にあっけなく滅ぼされた。

0718-11-machu3.jpg

単に黄金郷「エル・ドラード」にあこがれていただけの

ピサロによってである。

インカ帝国の9代パチャクティ王の別荘地ともいわれている。

0718-12-machu3.jpg

これも天文学に携わっていた遺跡であると思われる。

入るな!触るな!

0718-13-machu3.jpg

出た~~~、岩の間にちょこんとたたずむ。

0718-14-machu3.jpg

よくぞ目の前にお越しいただきました。

アンデスうさぎと言われているが実はねずみ。

0718-15-machu3.jpg

緑豊か、水も豊富な山の上、だから

木にも寄生する木。

鮮やかで綺麗、芸術っぽい!

0718-16-machu3.jpg

どこからとも湧いてくる水。

高い山、地質、気象的に水には困ってなかったようだ。

0718-17-machu3.jpg

クスコにもあったインカの技術を

表現している岩の細工。

0718-18-machu3.jpg

この上に太陽の神殿がある。

そこに登りますよ。

0718-19-machu3.jpg

遠くにそびえる険しい山並み。

マチュピチュ遺跡

そして、手前の岩

0718-20-machu3.jpg

そびえたつ。

0718-21-machu3.jpg

石の細工は絶品としか言いようがない。

0718-22-machu3.jpg

う~~ん、古代の人たちの息吹、満載です。

深呼吸!

0718-23-machu3.jpg

インカにも大きな地震が来ている。

これは地震の跡

丈夫だったからこの程度!

と説明すべきなんでしょうね。


nice!(59)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マチュピチュ遺跡、見どころだらけ!Vol.2 [旅行]

今日は朝早く人が比較的少ないので

悠々とマチュピチュ遺跡全景を望める。

0717-01-machu.jpg

色々面白い遺跡があるのでズームでとらえてみる。

0717-02-machu.jpg

小高い白みたいな小山。

要塞のようでもあるし展望台?見張り台?

0717-03-machu.jpg

その手前には屋根のない住居が立ち並ぶ。

(サングラスの外人さん、写っちゃった)

0717-04-machu.jpg

横に目をやると草原みたいな青くて平らな場所。

0717-05-machu.jpg

初めてリャマに遭遇

この時は珍しくて興奮したが、見飽きちゃったね。

0717-06-machu.jpg

リャマスルー遺跡の小屋群

0717-07-machu.jpg

段々畑の下は急こう配

真下まで落ちちゃう感じ、700mぐらいある?

0717-08-machu.jpg

ガイドさんも初めてという高い場所に来た。

0717-09-machu.jpg

そのガイドさんも写真撮り倒してた。

0717-10-machu.jpg

オイラはとりあえず万歳!万歳!

0717-11-machu.jpg

上から望めるのが良いね~~~。

0717-12-machu.jpg

この高台の下にたむろしている人たちの大きさと遺跡。この急階段は??

0717-13-machu.jpg

これも何かを意味する遺跡。

説明効いたけど忘れちゃった。

0717-14-machu.jpg

この遺跡のそれぞれの部屋は何を意味する?

0717-15-machu.jpg

南海写してるんじゃ~~~~。

結構移動したからどこがどう違うのか分からなく失礼。

0717-16-machu.jpg

ワイナピチュの頂をズームイン

急な所にも遺跡ですね。

ここ登る?無理無理。

0717-17-machu.jpg

天気が良いので遠くの高い山も望める。

雪をかぶっているじゃないですか!

0717-18-machu.jpg

沢山の観光客がいる遺跡、我々も降りていくことに!

0717-19-machu.jpg

それ見世貸しに私を通して遺跡写して~~~と

座り込むリャマ。

0717-20-machu.jpg

さ~これから遺跡の中心地に降りていくぞ!


nice!(54)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

死ぬまでに行きたかったマチュピチュ遺跡、踏破。 [旅行]

スマックホテルから5分、早朝バス停留所に

0716-01-machu.jpg

早い時間なので観光客は並んでない。

すんなり乗れた。

(場合によっては長蛇の列、1時間待ちのことも!)

0716-02-machu.jpg

ガタガタ道を行く、荒っぽい運転に耐えるバス。

ヘアピンカーブの連続。

0716-03-machu.jpg

随分上がってきた、ワイナピチュ、遺跡が車窓から見えてきた。

興奮する。

グッバイボーイはもういない。

0716-04-machu.jpg

バス降りて予約券発見待合、凄い人。

0716-05-machu.jpg

入場券は朝と昼と2枚用意してくれています。

入場セキュリティかなり厳しい。

0716-06-machu.jpg

入場して見下ろす麓、アグアスカリエンテス

400mを一気に登った。

逆に見下ろすと真下、怖い。

0716-07-machu.jpg

まずは広い道を進んで遺跡に近づいていく。

(本当の入場ゲートは太陽の門、後で紹介)

0716-11-machu.jpg

更に進むとワイナピチュと遺跡、お~~~近づいてる。

0716-09-machu.jpg

わ~~、テレビや本の写真と一緒やわ。

0716-10-machu.jpg

絶好の天気!青空に映えるね~~~。

0716-08-machu.jpg

遺跡の一部に足を踏み入れた。この絶壁怖いったら!

0716-14-machu.jpg

遺跡に入場したところで早速記念写真!

この小屋の屋根は観光用で取り付けたものです。

多分こんな感じの小屋だったのだろう。

0716-12-machu.jpg

屋根は石でできてないからね。

屋根がないとこんな感じに変わっちゃうんだよね!

0716-13-machu.jpg

早朝で思ったほど観光客がいないのも手伝って

どんどん上に上に上がってみよう。

0716-15-machu.jpg

取り敢えずマチュピチュ遺跡の全景を見よう。

0716-16-machu.jpg

あの人だかりの場所がシャッターポイントでした。

遺跡が、やっぱり面白い。

ズームで見よう。

0716-17-machu.jpg

右手に朝の太陽、本当にいい天気。

遺跡と緑、なんて綺麗なのか?

山の上で雨が少ないのに、緑が生き生きとしてるのも不思議。

0716-18-machu.jpg

誰かの住まいだったはず、どんな身分の人か?

0716-19-machu.jpg

そんなマチュピチュ遺跡を土俵に

四股踏んじゃった。

0716-21-machu.jpg

まだまだ、マチュピチュ遺跡を

楽しみますよ~~~~~~~~~~。

nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マチュビチュ村のホテルは絶対No.1 [旅行]

マチュビチュ遺跡に行く前にホテル

0714-01-sumaQ.jpg

駅から少し歩く、坂道下る、ガタガタ道。

右手にホテル見えてきた。

0714-02-sumaQ.jpg

瀟洒な佇まいのホテルではあるが、

真後ろの迫る山の勢いに心弾む。

0714-03-sumaQ.jpg

そのホテルはSUMAQ

私はマチュピチュ村NO.1のホテルと思う。

紹介します。

0714-04-sumaQ.jpg

まずは入場、ロビーです。

リラックスできるような佇まい。

0714-05-sumaQ.jpg

壁にはインカ帝国を彷彿させるディスプレイ・

黄金の帝国。

0714-06-sumaQ.jpg

チェックイン待つ間のウエルカムドリンク&スイーツ。

粋でしょ!少し感激。

チェックイン、部屋も決まったので突入!

0714-07-sumaQ.jpg

広い、綺麗な部屋。ホッコリします。

0714-08-sumaQ.jpg

部屋にはウエルカムスイーツが置かれている。

少し感激2

0714-09-sumaQ.jpg

部屋の冷蔵庫にあるドリンクはこれ!

フリードリンク、少し感激3

0714-10-sumaQ.jpg

2Fです、ベランダからも良い感じ。

0714-11-sumaQ.jpg

道路の向こうは川です。

0714-12-sumaQ.jpg

ホテルのロビーからマチュピチュ遺跡方向の山を望む。

麓は暗いのに山のてっぺん明るい。

明日に備えてディナーはホテル。

0714-13-sumaQ.jpg

夕食はコース料理朝食はバイキング

0714-14-sumaQ.jpg

レストラン会場の装飾もお洒落。

0714-15-sumaQ.jpg

いつもながらペルーの定番は

クスケーニャビールとピスコサワー

0714-16-sumaQ.jpg

一口サイズの前菜、お洒落に!

0714-17-sumaQ.jpg

サラダはこれも定番アボカドサラダ。

0714-18-sumaQ.jpg

1番目夜ののメインディシュ

0714-19-sumaQ.jpg

2泊目のメインデイッシュ。肉料理美味いです。

0714-20-sumaQ.jpg

デザートです。

0714-21-sumaQ.jpg

マンゴーです。

これは添乗員さんからのプレゼント。

ガイドさんが買ってて、持って帰るのかい?と思ってたら、

こうしてデザートで出て来て、感激4でした。

明日の早朝にはバスで遺跡に行くぞ~~~~。

nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マチュピチュ村でちょっと過ごす。 [旅行]

マチュピチュレイルで村に着いた。

0712-01-machumu.jpg

駅前の混雑、雑然。

着いたのは夕刻、今日は遺跡には上がらない。

0712-02-machumu.jpg

駅前はひしめき合う様に土産屋さん。

アルパカなど繊維の雑貨、衣服が多い。

値段交渉は絶対忘れずすべし!

0712-03-machumu.jpg

まずはホテルに向かって川沿いを歩いて進む。

川の両サイドは山がそそり立つ。

0712-04-machumu.jpg

カフェやレストランも林立。

観光客が楽しめるように!

0712-05-machumu.jpg

道路交差点の場所に銅像、インカの英雄でしょうか?

0712-06-machumu.jpg

ここにもその類のモニュメント?オブジェが立つ。

0712-07-machumu.jpg

乗ってきたレイルウエイの線路、まるで路面電車。

この線路の上をうろついてたイヌ。

0712-10-machumu.jpg

かの有名なペルー犬です。リマでも流行ってるペットです。

毛が生えていません。少し気持ち悪いです。

少し暖かく、貴族の湯たんぽ代わりのペットです。

希少、貴重な贅沢品が村をうろついてる。

0712-09-machumu.jpg

凄く横に広がったマチュピチュ村の看板。

0712-08-machumu.jpg

絶壁の尖った山をバックにマチュピチュ遺跡への看板。

歩いて登れというサインか?

昔はグッバイボーイがいたが今は厳禁。

0712-11-machumu.jpg

建物のすぐ裏に控える山。

岩盤みたいな山なので土砂崩れはないはず。

0712-12-machumu.jpg

木が生えています。

さて!何の木でしょう~~~

0712-13-machumu.jpg

実がぶら下がっています。

アボカドです。こんな感じで実ってるのだ~~~。

初めて見た。

0712-14-machumu.jpg

川には降りていかない方が良い。

今は静かな川なれど、荒れると凄いらしい。

0712-15-machumu.jpg

その川を通して見た、駅の方向。

この村の初代村長は日本人ですよ。

野内与吉氏、有名人です。

0712-19-machumu.jpg

村の中央に広場があって、

観光用にインカ帝国を・・・インカ帝国の偉い人かな?

0712-16-machumu.jpg

その広場を囲むように立レストランやカフェ

奥には温泉も湧いている。

水着着用では入れるらしいが、ガイドさんが

「昼過ぎたら綺麗じゃないから絶対入らない」と言うので。

だから地名はアグアスカリエンテス(熱い水って意味)

メキシコにも同じ地名がある。(日産自動車の町)

0712-17-machumu.jpg

その広場の奥に教会が立つ。

スペイン人の影響かな?

0712-20-machumu.jpg

立派な祭壇です、懺悔の価値ある。

先住の宗教はキリスト教に淘汰された。

0712-21-machumu.jpg

最後の1枚。

これが泊まることになるホテル。

マチュピチュ村、さすが世界の観光地。

インカ、ペルー、スペイン、観光客が混在するマチュピチュ村でした。


nice!(38)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クスコからマチュピチュ村(アグアスカリエンテス)への道 [旅行]

世界遺産インカ帝国の首都クスコから

車とレイルウエイでマチュピチュの麓の村を目指す。

0711-01-cuzco-ollan.jpg

クスコが標高3400m、途中3800m越えの場所を通る。

富士山にょり高いやん!

個人的記録達成です。座っているだけで通過。

0711-02-cuzco-ollan.jpg

さすがの標高、草原の向こうには険しい山。

白いのは雪ですね。随所に!

0711-03-cuzco-ollan.jpg

空気も思い切り綺麗

しかも牧歌的!

0711-05-cuzco-ollan.jpg

牛ばっかりじゃない、アルパカ?もいる。

0711-06-cuzco-ollan.jpg

そこらじゅうで見る車も丸虫みたいに可愛い。

何じゃこれ!

0711-07-cuzco-ollan.jpg

目を見張る。原風景!

0711-08-cuzco-ollan.jpg

冠雪の山、多分5000mは優に超えているはず。

0711-09-cuzco-ollan.jpg

なんとなく写真撮りたくなる景色が続く。

0711-10-cuzco-ollan.jpg

ほ~れ、こんな感じでね!

0711-11-cuzco-ollan.jpg

険しい山の向こうに又山。

0711-12-cuzco-ollan.jpg

険しい山の中腹に段々畑でしょうか?

インカ人のたくましさがここに!

こんな風光明媚な飽きの来ない道の着いた先が

オリャンタイタンボ

0711-13-railway-machu.jpg

オリャンタイタンボ駅からレイルウエイです。

0711-15-railway-machu.jpg

昔はダムノための列車でしたが今は

マチュピチュ息の観光列車

0711-17-railway-machu.jpg

予約してくれていて、優雅に坐して車窓を楽しめる。

0711-16-railway-machu.jpg

ケーキとソフトドリンクも供されました。

列車は川沿いを、反対側は山並み。

我々は山方面に座した。

0711-18-railway-machu.jpg

車窓からはこんな山がそびえる。

標高のせいか樹木は生えていない。

0711-19-railway-machu.jpg

天井画抜けていてそこからもビューを楽しむ。

相当険しいし、すぐそこが山です。

0711-20-railway-machu.jpg

まさしく渓谷に沿って走る列車を物語る。

山壁・岩壁すれすれです。

0711-21-railway-machu.jpg

ツタ~~~、多分3時間以上は揺られてた。

着いたのがマチュピチュ村

名前はアグアスカリエンテス(温かい水という意味)

次紹介しますが標高2000m以下。

nice!(55)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

インカ帝国の首都、世界遺産の街に降りた。 [旅行]

リマからクスコに降り立った。

標高3400m、日本ではこれより高いのは富士山だけ!

少し観光してマチュピチュに向かう。

残りの観光は復路に回すことに!

0709-01-cuzco.jpg

サントドミンゴ教会だけ観光して進むことに。

教会なのでインカ帝国じゃなくキリスト教はスペインじゃん。

0709-02-cuzco.jpg

瀟洒な佇まい。

インカの神秘的な文化と、スペインの情熱的な文化が

交差しているこの街の熱い息遣いを感じる。

0709-03-cuzco.jpg

スペイン風の白い建物の向こうに

山並にずらーっとインカの住居、好きです。

0709-05-cuzco.jpg

クスコの観光スポットは「サントドミンゴ教会」。

“黄金の居所"を意味する。なんで??

0709-06-cuzco.jpg

素晴らしい中庭を囲む廊下はスペイン統治そのもの。

0709-07-cuzco.jpg

インカの神殿「コリカンチャ」がかつてあった場所。

この地を征服したスペイン人が建てたキリスト教会です。

だから“黄金の居所"

0709-08-cuzco.jpg

このレリーフはインカとキリストの融合みたいに見えるが・・・。

かつての大地震でその教会は崩れたものの、

古代インカの石垣はびくともしなかった逸話は有名です。

0709-09-cuzco.jpg

その証明の石積み技術。

こんな細工など随所に見れる。

その隙間は剃刀も通さないといわれるほど、精密に造られています。

0709-10-cuzco.jpg

その大地震でもびくともしなかった石組です。

これがインカ土台です。

0709-11-cuzco.jpg

その上に立つスペイン統治の教会です。

0709-12-cuzco.jpg

天井の絵、なんか日本のお寺にも見上げたらこんな感じがあるある。

0709-13-cuzco.jpg

教会から外に出て、白亜の教会。

高台にあるので絶景です。

0709-14-cuzco.jpg

お花畑があって、目に留まらぬ速さで飛ぶハチドリ。

慌てて何枚もシャッターを押す。

偶然、見て~~~~

0709-15-cuzco.jpg

ばっちりハチドリが花の蜜を吸おうとしている。

0709-16-cuzco.jpg

教会からの眺望、素敵でしょ!

標高3400mでも木は育つんだ。

0709-17-cuzco.jpg

ズームアウトする。

空気薄いけど天気は良い、暑いけどスカッとしてる。

0709-18-cuzco.jpg

スルー「サントドミンゴ教会」異国情緒満載!!

0709-19-cuzco.jpg

高台の教会から下りて、後ろを見るとレンガ造りの教会。

0709-20-cuzco.jpg

やっぱりスペイン風。 

ドン・キホーテとかサンセバスチャンが似合いそう。

0709-21-cuzco.jpg

サントドミンゴ教会をパノラマでど~ぞ!

さ~、一個の観光を終えてマチュピチュに向かう。

引き返すので、残の観光地、又あっぷ。

nice!(29)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リマからクスコ3400mの街へひとっ飛び [旅行]

ペルーの首都「リマ」で数泊した

最後の観光地マチュピチュに向かうため

クスコに向かう

0702-01-cuzco.jpg

アンデスの高地のインカ帝国の首都に向かう。

又飛行機、眼下にはアンデスなのか山!

0702-02-cuzco.jpg

山並の上に雲が浮かんでいる。

こんな山の中でも多分人は住んでいる。

0702-03-cuzco.jpg

畑、道路、市松模様みたい。

0702-04-cuzco.jpg

どんどんクスコに近づくにつれて

山も高く険しくなってくるが住まいもある。

0702-05-cuzco.jpg

山にはもう植物・・・木は生えていない。

そんな山に向かうくねくねの道が印象的。

0702-06-cuzco.jpg

クスコの空港に着いた。

高山病に気を付けて!と酸素ボンベは頂いた。

飛行機の窓からのクスコの街。

裸の山の中腹までいっぱいの家屋。

0702-07-cuzco.jpg

ここがインカ帝国の元首都だったのか?

ワクワクして高山病に掛かるなんて程遠かった。

0702-08-cuzco.jpg

この街並みの感じ好きです。

0702-09-cuzco.jpg

空港ロビー、壁にインカ帝国のモチーフ。

0702-10-cuzco.jpg来たなって感じ!

黄金の帝国らしいね。

0702-11-cuzco.jpg

受付カウンターはこのロゴ

まるまるペルー、Tシャツにも紺このザインが多用。

可愛いね!

0702-12-cuzco.jpg

空港の外に出て、うん!田舎の空港って感じ!

0702-13-cuzco.jpg

真ん中がペルーの国旗。

右のレインボーカラーがインカ帝国の国旗?

これからクスコを観光して、マチュピチュに向かいます。

今夜はマチュピチュ村で泊まる。

nice!(40)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナスカの地上絵の後、イカの街でランチ。 [旅行]

セスナに乗ってイカ空港からナスカの地上絵

海の街イカにてランチ

0707-01-pisco.jpg

3階建てのビルの3階まで歩いて登って店内に!

0707-02-pisco.jpg

山側の街を望む。

0707-03-pisco.jpg

店内ではカウンターお向こうで若者が働く。

0707-04-pisco.jpg

海側、すぐそこが太平洋。

まっすぐ行くと日本に行きつくかもね。

0707-05-pisco.jpg

サラダ出てきました。

コーンはじめ、食べ易い、口に合う。

0707-06-pisco.jpg

ピルスナービール。

クスケーニャじゃないのを頼む「CALIAO」って???

0707-07-pisco.jpg

定番ピスコサワー。

ここ「イカ」がピスコサワー発祥の地。

ここで飲むのが最高の地産地消。

0707-08-pisco.jpg

なんでしょう?炒飯みたいのが出てきた。

悪くはないけど、慣れてる方が良い。

0707-09-pisco.jpg

これもペルーの定番「ルクマのアイス」

0707-10-pisco.jpg

3階から太平洋を望む。

0707-11-pisco.jpg

碗なのか穏やかです。

0707-12-pisco.jpg

漁船でしょうね、停泊中。

0707-13-pisco.jpg

雨が少ないこの辺り。

山の方に進むとからっとした砂漠が続く。

又豪華バスで、400㎞先のリマに戻る。

諸るともうディナー。

0707-14-limaD.jpg

今宵はリマメリアホテルでディナー。

ワインをボトルで頼んだらソムリエっぽく。

苦労しながらオープン。

0707-15-limaD.jpg

ペルーはチリと競争相手、ペルーワインです。

ピスコは蒸留葡萄酒、ワインは醸造葡萄。

そこそこイケる。美味いかも!

0707-16-limaD.jpg

料理もお洒落に盛り付け!

0707-17-limaD.jpg

肉料理とポテト。

これこそスペインベースの料理か!

0707-18-limaD.jpg

デザート、ムース?プディング?

南米の料理は想像以上に美味しいのだ。

想像次第!

nice!(49)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー