So-net無料ブログ作成

英国では他国料理が多いが「PUB」はイングランド風 [旅行]

イギリス料理は美味くないという都市伝説!

EUの影響で大陸から美味しい料理が流れてきた。

グリニッジの街でランチを頂いた。

0831-01-greenW.jpg

切らkに入れるパブに決めた。

0831-02-greenW.jpg

まず席を確保してカウンターに並ぶ。

料理は注文したら席に運んでくれる。

飲み物は自分で席に運ぶ。

0831-03-greenW.jpg

それがイギリスのPUBの作法。

飲み物が追加でほしくなったらカウンターに並ぶ。

0831-04-greenW.jpg

こんなんが出てきました。

片田舎のPUBだけど美味い。

0831-05-greenW.jpg

サンドイッチ、豪華です。ポテトもふんだんに!

お店の人がケチャップとマヨネーズを持ってきてくれました。

愛想の良さも高ポイント。

0831-06-china.jpg

その夜はソーホーのチャイナタウンに行って

お店を探した。

0831-07-china.jpg

ここのチキンの丸焼きは超有名らしい。

しかし、脂っぽいのはちょっと!で河岸を変えよう。

0831-08-indea.jpg

ホテルのそばのインド料理にした。

内を注文するかよくわからないが、やっと注文。

0831-09-indea.jpg

お店のインド人は親切だ!

どう見てもカレー、チキンカレーだ。

0831-10-indea.jpg

タンドリーチキンは定番、しかも旨い。

0831-11-indea.jpg

予想通りのナンが来た。

ほんわかイケる、日本で食べるのと変わらないね。

0831-12-indea.jpg

卵の乗ったぱさぱさの食べ物はご飯ではある。

変な味付けがあって、慣れる必要あり!

0831-13-indea.jpg

さて、この食事はホテルのバイキングの朝食。

毎朝同じ中で選んで、最後は飽きた。

でも良い感じでセレクトできた。

イギリス料理、イタリアン、スペイン、インド、中華

多国籍料理が今のイギリス料理!

0831-14-pub.jpg

イギリス最後の夜は、ここのPUBで乾杯

0831-15-pub.jpg

しかも、FISH & CHIPSにギネスビールで

最後のブリティッシュナイト楽しみました。

イギリスではBill please 米国ではCheck Please

FINISH


nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

英国スペイン料理とイタリアン [旅行]

イギリス料理は特筆無しだけど

最近英国での食事は結構いけると…

0829-01-spain.jpg

グリーンパーク駅からのスペイン料理に

個室、壁の穴っぽいお店。B1です。

0829-02-spain.jpg

ベーコン??ショッパク美味い。

0829-03-spain.jpg

赤ワインで乾杯

0829-04-spain.jpg

タコのアヒージョ鍋

0829-05-spain.jpg

ポテトの上にチキンだったかな??

0829-06-spain.jpg

な、なんとうなぎの稚魚のアヒージョ。

鰻不足しているのにいいのかな??

0829-07-spain.jpg

やっぱりスペイン料理

締めはパエリヤ、美味い。

イギリスのディナー捨てがたし。

0829-08-cococho.jpg

昼間土産ゲットはソーホーの手作りチョコレート屋さん

0829-09-rucoletta.jpg

次の夜のディナーはイタリアン

赤のドアをくぐって2階に上がる

0829-10-rucoletta.jpg

ここでもやっぱり赤ワインから!

0829-11-rucoletta.jpg

とりあえず突出しっぽく

オリーブのソルト漬け、ワインにピッタリ。

0829-12-rucoletta.jpg

チーズのこってり焼きにバジル

うめ~~~

0829-13-rucoletta.jpg

サラダ、前菜として言う事なし。

0829-14-rucoletta.jpg

酸味の効いたサーモン

イタリアン安心です。

0829-15-rucoletta.jpg

締めのパスタ、ボンゴレロッソ

0829-16-rucoletta.jpg

もうお腹いっぱいのパスタ。

おしゃれな・・・スパゲッティじゃないパスタ

EUのお陰でイギリスの料理はメッチャ美味しくなっている。

イギリス料理は美味くないは都市伝説。

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

英国料理は予想外の美味しさ [旅行]

ヒースロー空港からホテル。

すぐタワーブリッジを渡ってディナー

0828-01-towerB.jpg

川沿いのイタリアン

イギリス料理はさえないとの伝説

0828-02-towerB.jpg

とりあえずビール

生ぬるくない!スカッと冷えて美味しいじゃん

0828-03-towerB.jpg

サラダもイケてる。

サーモン、トマト、アボカド、グッドバランス

0828-04-towerB.jpg

定番カルボナーラ。

英国でイタリアンなれど美味しい。

翌日、ランチ

0828-06-fishC.jpg

イギリス料理と言えばコールドビーフ、ドーバーソール。

フィッシュ&チップスが定番なので頼んでみた。

これまた想像以上の美味しさ

レベル上がってるんじゃない?

0828-05-fishC.jpg

町中にも、こんな感じでテイクアウトのお店に

FISH & CHIPS

その翌日のランチはちょっと豪華に

0828-7-fortN.jpg

シティにある歴史的な建造物の中でランチ

0828-08-fortN.jpg

相当な歴史のある建物。

ビルの中に入ると中は全くの吹き抜け

0828-09-fortN.jpg

センターにデンと構えているのが

Fortnum & Maison

紅茶で有名、ちょっと敷居が高い。

0828-10-fortN.jpg

前菜で済まそう。

軽くと思ったが結構重かったね。

0828-11-fortN.jpg

もう1点、コールドビーフも結構食べ応えあり!

0828-12-fortN.jpg

締めはやっぱり定番「紅茶」

こんなティポットで運ばれてきた。

カップの下のコップが怪しい。

0828-13-fortN.jpg

こんな感じのカップ&ソーサーポットに早変わり。

ちょっとカップの飲み口にポットが乗る。

違和感を感じつつ飲むアールグレイ




nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロンドンスーベニア(英国土産) [旅行]

1週間の英国出張と観光

その成果のお土産

0826-01-SV.jpg

ざくっとこんな感じです。

0826-02-SV.jpg

3本の筒はフォートナムメイソンのクッキー

ヒースローで残ポンドでゲット

0826-03-SV.jpg

フォートナムメイソンは紅茶かな、やっぱり。

0826-04-SV.jpg

手製のチョコレート10枚、他もチョコ

白い箱はハフキンスのFadge、超甘お菓子

0826-05-SV.jpg

可愛いぬいぐるみ

ピーターラビットと大英博物館のベア(ロゴ付き)

0826-06-SV.jpg

グリニッジ天文台のキャップとキーホルダー

0マークは子午線の標

ロンドンマークの車のバッグ

0826-07-SV.jpg

ハフキンスのバッグ、イギリス国旗がベース

0826-08-SV.jpg

孫3か月にピッタリの服、小っちゃいです。

横の猫とポリスは英国博物館売店で!

0826-09-SV.jpg

大きなテーブルクロスみたいだけど

アフタヌーンティのためのクロスです。

電話ボックス、ブラックキャブ、ロンドンバス

ビッグベン、ロンドンポスト、ロンドンアイ

0826-10-SV.jpg

アーチー誕生記念のクロスです。

0826-11-SV.jpg

私の孫の誕生から遅れる事、5月6日生まれ

孫は令和元年元旦(5月1日)でした

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロンドンに着いて街並みを紹介 [旅行]

ロンドンヒースロー空港に到着して

ホテルに向かう。

0824-01-london.jpg

ブラックキャブに乗って高速を走る。

車窓からロンドンを味わう。

0824-02-london.jpg

中心までの道はひっそり。

中心地と野ギャップはまだ分からず。

0824-03-london.jpg

中心地に入ってきたら一気に混んできた。

ブラックキャブと2階建てバス

0824-04-london.jpg

ショップには英国国旗、来たね~~と実感

0824-05-london.jpg

バス観光の車窓のフォト

流石の歴史

0824-06-london.jpg

威風堂々

0824-07-london.jpg

BARの小窓にも花、粋そのもの

0824-08-london.jpg

都会のど真ん中のビルにも花飾り、余裕。

0824-09-london.jpg

大英博物館手前のビル

英国国旗が当然みたいにたなびく

0824-10-london.jpg

この凄い長屋は何者か?

屋根にも同じ煙突が並んでる。

0824-11-london.jpg

あった~~~電話ボックス、歴史です。

0824-12-london.jpg

大きな交差点の前のビル

0824-13-london.jpg

アップで見るとHARRY POTTER

何か謂れがありそうだ!

0824-15-london.jpg

車窓からハイドパーク

0824-16-london.jpg

ビル街の真ん中ロータリー風

0824-17-london.jpg

きっとカナダ大使館

0824-18-london.jpg

これぞロンドン

堂々としたビルの前に2階建てバス

0824-19-london.jpg

工事もしていて、クレーが動いてる。

新築か?改装か?

0824-20-london.jpg

街のど真ん中にバッキンガム宮殿の衛兵

ここで視察?スタンバイ

観光客がたむろしてる。

0824-21-london.jpg

そうここがHORSE GGUARDS AVENUE

地名です

0824-22-london.jpg

2階建てバスと素敵なビルジング

0824-23-london.jpg

こんな洒落た2階建てバス

時代の流れに沿って新装バス

カッコ良い。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コッツウォルズ「ストウオンザウォルド」最後の観光地 [旅行]

コッツウォルズ一帯でもっとも高地(標高およそ250メートル)

に位置するストウ・オン・ザ・ウォルド

0820-01-stow.jpg

7つの主要道路が合流する交通の要衝。

0820-02-stow.jpg

古くはヘンリー1世の命を受けて市場が開かれた。

0820-03-stow.jpg

947年まで起源をさかのぼることができるイングランド最古の「inn」

0820-04-stow.jpg

「The Porch House」もあり、

現在も宿泊施設兼パブとして人々を迎えている

0820-05-stow.jpg

年に1度、羊毛と家畜を取引する市場が設けられていた。

0820-06-stow.jpg

マーケット・スクエアは四方が建物に囲まれ

伝統的な建物もある。

0820-07-stow.jpg

建物に組み込まれた牧師さん

0820-08-stow.jpg

十字架や尖塔も立つ

0820-09-stow.jpg

広場の裏にあるセント・エドワーズ教会

0820-10-stow.jpg

is Open なので入場した。

0820-11-stow.jpg

綺麗なステンドグラスがある。

0820-12-stow.jpg

質素な教会内部だが、ステンドグラス、綺麗!

0820-13-stow.jpg

ボートンオンザウォーターにもあった花輪

人名と花輪、何か意味あるのか??

0820-14-stow.jpg

黄金のイーグルが守り神??

0820-15-stow.jpg

でっかいパイプオルガン・・・と思う。

0820-16-stow.jpg

外に出る。

扉と木とが一体化した入り口、映画で使われたとか。

0820-17-stow.jpg

セントエドワード教会の裏

0820-18-stow.jpg

その裏庭にはポツンポツンとお墓。

0820-19-stow.jpg

こんなのもあるし、何か文字が刻まれてる。

土葬に違いない、出てくるぞ~~~。

教会から外に出たら

0820-20-stow.jpg

清楚な建物、ホテルなんでしょうね。

昔の羊毛産業の商人が泊まっていたのか?

0820-21-stow.jpg

ストウオンザウォルドを後にしようとした時、

お庭で和む?寛ぐ?人たち発見

やっぱり、なんか余裕を感じるね、この町。

nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コッツウォルズで一番人口の多い「ボートンオンザウォーター」 [旅行]

コッツウォルズ象徴の「バイブリー」に次いで

来たのがボートンオンザウォーター

0819-01-borton.jpg

街の真ん中を流れる川が象徴

0819-02-borton.jpg

川を挟んでこの町の文化がある。

0819-03-borton.jpg

イタリアのベニスみたいと言われるがホント?

でもホントに沢山の人が川で和んでる。

0819-04-borton.jpg

この町の重任か?観光客か?

効くところによるとこの町の住人はリッチらしい。

0819-05-borton.jpg

柳の下に居るドジョウじゃないよ。

羨ましいね。

0819-06-borton.jpg

川、橋のたもとに塔

0819-07-borton.jpg

塔のたもとには花輪、この花輪、よく見かけた。

0819-08-borton.jpg

モータリングミュージアムの入り口の看板

苔むしたヴィークル、カッコイイ。

0819-09-borton.jpg

結構広い通路と住宅地

0819-10-borton.jpg

だから人口が多いってことか!

小粋な住宅を見てね

0819-11-borton.jpg

ちょっとしたショップもコッツウォルズ風

0819-12-borton.jpg

バラの花がやっぱりね

0819-13-borton.jpg

道路標識と花飾り

コッツウォルズ来たな!って思う。

0819-14-borton.jpg

個人宅なんでしょうけど、大きな花が咲く

0819-15-borton.jpg

住宅のドアも可愛いけど

ドアの上に座す戌の置物はなんともカッコ良い。

0819-16-borton.jpg

COTSWOLD POTTERY

コッツウォルズの陶房があった。

見ると和の陶芸、話すと日本で修行したらしい。

中の写真は撮れなかったけど、益子風やった。

0819-17-borton.jpg

住宅、垣根の間の門

その間の庭がイングリッシュガーデン

0819-18-borton.jpg

住宅地の道路、実は誰も歩いてない

普段観光客もいないみたい。

そんな空間に入り込んでしまった。

0819-19-borton.jpg

でもそんな空間にある小粋な住居

遭遇出来てラッキーでした。

0819-20-borton.jpg

良いでしょ!

ボートンオンザウォーターの街、リッチな住居

川の回りだけじゃない素晴らしいボートンオンザウォーター

nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

世界遺産コッツウォルズのベストは「バイブリー」 [旅行]

コッツウォルズ「バーフォード」に次いで

0816-01-bibu.jpg

この写真が定番「バイブリー」に来ました。

生で見て、感激!

0816-02-bibu.jpg

本当にイギリスの田舎町そのもの。

ここを散歩、良い気分

ちょっと散策を紹介。

0816-03-bibu.jpg

川が流れています。

バイブリーの田舎町を縦断

0816-04-bibu.jpg

川に沿った小径、粋でしょ!

0816-05-bibu.jpg

馴れ馴れしい白鳥

0816-06-bibu.jpg

鴨もいる、つがいか~~~。

0816-07-bibu.jpg

人間もいる。

ベンチで休むサイクリスト、これもつがいや。

0816-08-bibu.jpg

橋、流石バイブリー

0816-09-bibu.jpg

大きな建物もある。公民館みたいな役割もしてる。

0816-10-bibu.jpg

バラの花もさり気なく

0816-11-bibu.jpg

イングランドガーデンの発祥かもね。

0816-12-bibu.jpg

最初のバイブリーの写真の場所に来ました。

近くで見てもやっぱりバイブリー

0816-13-bibu.jpg

バラの花が随所に咲く

0816-14-bibu.jpg

ほらこんな感じで庭いっぱいにバラの花

0816-15-bibu.jpg

庭で弓矢で遊ぶ少女、良い雰囲気が撮れた

0816-16-bibu.jpg

ナショナルトラストの管理下置かれてる

0816-17-bibu.jpg

縦断する川沿いに立つコッツウォルズの建物

0816-18-bibu.jpg

紫の花のボールがぶら下がってる。

新酒出来たのサインじゃないよ

0816-19-bibu.jpg

建物の色合いが統一されていて侘び寂びでもある

0816-20-bibu.jpg

ガーデニングが上手

何度見ても見飽きない

0816-21-bibu.jpg

住んでみるとどんな感じなのかね~~

0816-22-bibu.jpg

外観はそりゃ~そりゃ~絵にも描けない美しさ。

0816-24-bibu.jpg

やっぱり薔薇の感じとコッツウォルズの壁、屋根の感じ

訪れて良かった

0816-25-bibu.jpg

美味しいレーズンのアイスクリームを食べながらの

バイブリー散策、

グッドメモリーの一幕に!

nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子供孫と盆休みのイベントは疲れる [イベント]

盆休み、息子が孫を連れて我が家に!

娘も孫を連れて我が家に!

1泊2日、どう過ごす。

0815-01-pool.jpg

例年の如く、来たらすぐ橋本のプールに

0815-02-pool.jpg

良い天気で良かった。

0815-03-pool.jpg

橋本市民プールは大人気

場所がない

0815-04-pool.jpg

流れるプール、いっぱい流れてる。

0815-05-pool.jpg

テントの場所、やっと見つかる。

狭い場所で水分補給

0815-06-pool.jpg

まずは水に慣れるためにシャワーのプール

0815-08-pool.jpg

つかってみるが浅すぎかもね。

0815-09-pool.jpg

じゃーこっち、やっぱり流れるプール

0815-10-pool.jpg

ご機嫌に流れる

0815-11-pool.jpg

噴射する箇所があってそこは早い。

0815-12-pool.jpg

中途半端に浅い

3歳の孫がジャンプしながら流れられる。

0815-13-pool.jpg

オイラには浅す中途半端に疲れる。

1時間おきに休憩があり

3クール半で退散、楽しかった。

疲れた。

nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏と言えば花火「紀の川花火」は見ごたえ十分 [イベント]

イギリスツアーアップを中断して

夏のイベント花火

和歌山橋本の紀の川花火行ってきました。

0813-01-hanabi.jpg

昨年に続いて紀伊清水から少し歩いて

紀の川土手に陣取る

0813-02-hanabi.jpg

夕陽があっという間に山に沈むと暗闇になる

8時に一気に花火

0813-03-hanabi.jpg

少し見上げる。

0813-04-hanabi.jpg

花火が開いて少し遅れて

ど~~~んと爆音

0813-05-hanabi.jpg

お腹に響く花火の音

0813-06-hanabi.jpg

連発は応えられないね

0813-07-hanabi.jpg

白い5輪以上の花火が連発

0813-08-hanabi.jpg

真っ赤な花火

0813-09-hanabi.jpg

下からひゅ~~と登ってパッと咲く

0813-10-hanabi.jpg

綺麗な色の競演

0813-11-hanabi.jpg

少し風もあって、煙停滞せず綺麗!

0813-12-hanabi.jpg

ば~~んと開いて小さくまた咲く

0813-13-hanabi.jpg

シンプルな伝統的なこれぞ花火

0813-14-hanabi.jpg

カラフル花火

0813-15-hanabi.jpg

これまた嫌いな色に広がる

0813-16-hanabi.jpg

見飽きないうちにフィナ~レ近づく。

連発を期待しよう。

0813-17-hanabi.jpg

ジャンジャン上がりだして

フィナ~レ近いと感じる。

0813-18-hanabi.jpg

うわ~これでもかとテンションアップアップ!

0813-19-hanabi.jpg

これでもかこれでもが続いて

続いて最高潮に達したところで

静寂に変わって拍手が起こった。

いや~これで2019年花火、ありがとう。

nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー