So-net無料ブログ作成

ロンドンの中央とでもいうかウエストミンスター寺院 [旅行]

ウエストミンスター寺院を訪れる。

テムズ川方向、国会議事堂がそこにある。

0731-01-Wminst.jpg

天気もよろしいようで、そびえたっている。

0731-02-Wminst.jpg

ロンドンバスが前を横切る。

英国のキリスト教寺院。歴史的すぎる。

0731-03-Wminst.jpg

ゴシック様式が際立つ。

0731-04-Wminst.jpg

観光客の列も半端ない。

入場料いるし、時間もないので外観だけ楽しむ。

0731-05-Wminst.jpg

入場門は閉じられている。

観光客は並んで別の入り口から入る。

有名な人が祀られているし、ダイアナ妃の葬儀執り行われた。

0731-06-Wminst.jpg

裏手に回ったら、すごい建物

ヘンリー7世記念聖母礼拝堂

0731-07-Wminst.jpg

屋根の上で眩しく輝くのは風見鶏??

0731-08-Wminst.jpg

寺院の一角も裏手から望める。

0731-09-Wminst.jpg

木立に囲まれていい感じ。

0731-10-Wminst.jpg

一休みでもしながら懺悔しますか?

暑い日でしたので、木陰が涼やか!

0731-11-Wminst.jpg

ゴシック様式だけに建物の装飾にも見どころある。

0731-12-Wminst.jpg

紋章なのか?

さすヨーロッパ含めイギリスの建造物は見飽きない。

次は国会議事堂(ビッグベン)方面に!

nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

St.James'S Park バッキンガム宮殿真ん前にあります。 [旅行]

バッキンガム宮殿で近衛兵の交代式を見る。

少し時間があったので小粋な公園歩いた。

0730-01-Bpark.jpg

バッキンガム宮殿を囲むように

バカでっかいハイドパーク、花の無いグリーンパーク

そしてこのオアシスのようなセントジェイムズパーク

0730-02-Bpark.jpg

宮殿サイドから池向こう側を見る。

大きなクレーンが立つ。工事中?

0730-03-Bpark.jpg

ズームしてみると建物風情がある。

ちょっとクレーンを外してみました。

0730-04-Bpark.jpg

池に沿って歩を進めると

鳥たちが日向ぼっこ

0730-05-Bpark.jpg

川面に佇む鳥もいる。

こんな都会の真ん中に野生の鳥たち。

0730-06-Bpark.jpg

すぐそこのベンチに平気で泊まる鳥、人を怖がらない。

0730-07-Bpark.jpg

静かに黒鳥!

0730-08-Bpark.jpg

当然ながら私もいるよと白鳥

0730-09-Bpark.jpg

白鳥の親子、白い白鳥の親について行く

まだ産毛の子白鳥3羽

0730-10-Bpark.jpg

鴨もスーイスイ。

素晴らしい鳥たちの楽園なのだ!この公園。

0730-11-Bpark.jpg

木もびっくりするくらいでっかい。

分かるかな~木陰に佇む人影が。

0730-12-Bpark.jpg

池の真ん中に橋が架かっていて、

その橋から逆サイドの宮殿が見える。

0730-13-Bpark.jpg

アップにしました。

閑静に見えるけど、宮殿の回りには観光客で

ワンサカワンサカですよ。

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロンドン来たらバッキンガム宮殿マストでしょ! [旅行]

ロンドンのブラウンズホテルで待ち合わせ。

ビール飲んで歓談して、ホテルから出てもまだ明るい。

9時過ぎだというのに!

グリーンパークを散策していきついた先が

バッキンガム宮殿

0727-01-buckin.jpg

光り輝くスタチュー。

バッキンガム宮殿の前の広場に立つ。

0727-02-buckin.jpg

当然ですが宮殿の門は閉まってる。

垣間見た。

0727-04-buckin.jpg

衛兵がすくっと立っている。

なんとなく安心した。

0727-03-buckin.jpg

グリーンパーク方面に立派な門扉。

カナダゲートと言うらしい、オーストラリアゲートもある。

かっての英国連邦の省庁の一つかも!

翌日またしてもツアーでバッキンガム宮殿

0727-05-buckin.jpg

なんと晴天です。6月28日のこと、暑いです。

梅雨もなく英国のベストシーズン。

0727-06-buckin.jpg

宮殿フォトベストスポット、すごい人だかり。

午前中の近衛兵の交代式を見る目的の人。

0727-07-buckin.jpg

赤いゼラニュームが艶やかに咲く。

この天気の黄金の輝き、眩しい。

0727-08-buckin.jpg

誰をモデルにしているのか?戦士とライオンか!

0727-09-buckin.jpg

宮殿の前は凄い人だかりになっている。

そろそろ衛兵第1弾の登場です。

0727-10-buckin.jpg

遠目に第1弾が入場するのが撮れた。

この場所の陣取りは過酷らしく我々は別の場所陣取る。

0727-11-buckin.jpg

第2段の営舎から見ることに!

営舎前の広場で楽器の音合わせ

0727-12-buckin.jpg

識者も真剣に音合わせ。

それにしても暑そうや!

0727-13-buckin.jpg

営舎目の通路では騎手が道を監視。

この人は衛兵じゃないポリスや!

0727-14-buckin.jpg

もう1頭とポリスに先導されて

来た来た!真っ赤な近衛兵。

鼓笛隊が戦闘です。

0727-15-buckin.jpg

我々の陣取った真横を通過していきます。

0727-16-buckin.jpg

綺麗に整備されて粛々と進む近衛兵。

揃ってるのは列だけでなく

身長も同じぐらいに揃っている。

0727-17-buckin.jpg

バッキンガム宮殿正門に向かって粛々と進む。

あ~過ぎて行った。

追いかけない、次の観光地に行こう。

0727-18-buckin.jpg

さようなら、バッキンガム宮殿。

最後に1枚撮ったのは旗が立ってるのを撮った。

旗が立つ時、エリザベス女王は不在の旗印。

この日はいらっしゃらなかったようですね。

nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

セントポール大聖堂Vol.2 ドーム登っちゃいました。 [旅行]

セントポール大聖堂はでっかい。

装飾も荘厳、芸術的にも素晴らしい。

質素なイメージには程遠いと思いきや!

0724-01-St.P2.jpg

十字になってる、その両サイドのドアがこれ!

2天使がドアの門番している。

階下に、地下に降りた。

0724-02-St.P2.jpg

質素な感じで落ち着ける。

0724-03-St.P2.jpg

地下にもお祈りをする場所があるのだ。

心を込めて懺悔をるには持って来い。

0724-04-St.P2.jpg

サイド1階に戻る、やっぱり荘厳。

ここから再度チェックを受けて階段挑戦。

高さ111mのドームまで行こう。

0724-05-St.P2.jpg

ギャラリーと書かれた中段までの階段は広い。

まだ高さ30mのところから見下ろす。

0724-06-St.P2.jpg

ぐるっと回れるし、遠くのビル群も見渡せる。

しかもいい天気この上なし。

0724-07-St.P2.jpg

緑の広場で寛ぐ人たちも一望。

0724-08-St.P2.jpg

テムズ川に掛かる人のための橋が見えた。

参考までにドームから同じ橋を見ると・・・

0724-16-St.P2.jpg

よ~く見るとやっぱり高い所からのビュー。

0724-09-St.P2.jpg

ギャラリーからトップまでの階段はこんな感じ、

高所恐怖症のオイラには結構きつかったが頑張った。

引き返せない。528段踏破

0724-10-St.P2.jpg

大聖堂の正面を見下ろす。

大聖堂前の広場は見えない、下からドーム見えないはずだ。

因みに大聖堂の奥行は157mもあります。

0724-11-St.P2.jpg

ドームの回廊のフェンスを額にして街を望む。

0724-12-St.P2.jpg

遠くのビル群を見る。向こうの方が高いか!

近くに見えますが望遠で近づけています。

0724-13-St.P2.jpg

大聖堂の横の尖塔の広場を真下に見下ろす。

イベントステージと観客席がアートです。

0724-14-St.P2.jpg

テムズ川に掛かる橋の上にロンドンバスが列をなす。

ロンドンブリッジかな?

0724-15-St.P2.jpg

たぶんロンドンで一番高いビル。

構造はシンプルらしい、だって地震の心配ないからね。

ここロンドン!

0724-17-St.P2.jpg

ま~こんな感じのビューを高い所から楽しめました。

セントポール大聖堂圧巻でした。


nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

セントポール大聖堂、行ってみた。 [旅行]

シテイオブロンドンにある大聖堂。

会社のそばにあるので行ってみた。

0723-01-St.P.jpg

St.Paul'sという駅があって、そこから歩くと

ビルの間から大聖堂が見える。

0723-02-St.P.jpg

正面に行くまでの広場に尖塔が立つ。

広場に人がたむろしている。イベント?

0723-03-St.P.jpg

大聖堂の正面に立つ。

ドームは奥にあり過ぎて見えません。

0723-04-St.P.jpg

見上げつと素晴らしい彫刻物、

先端に立っているのは誰?

0723-05-St.P.jpg

両サイドにある尖塔、装飾も素晴らしい。

それにしても良い天気、青空です。ロンドンなのに!

0723-06-St.P.jpg

建物のの横から見るとかろうじてドームが見える。

ローマのサン・ピエトロ大聖堂に次ぐ大きさとか

0723-07-St.P.jpg

中に入りました。

荘厳、厳か、写真撮るのも気が引ける雰囲気。

でもみんなが撮っている。

0723-08-St.P.jpg

天井がびっくりするほど高い。

しかもその装飾たるや!息を飲む。

0723-09-St.P.jpg

真ん中にでっかいよ~ドーム。

直径34ートルだとか。

0723-10-St.P.jpg

差し込む陽のビーム。

何かが舞い降りてきそうな。

0723-11-St.P.jpg

何度同じ写真を撮ったか。

シャター押さざるを得ない。

0723-12-St.P.jpg

そうそう、入場料は20£

日曜日は無料だとか、荷物チェック厳しい。

0723-13-St.P.jpg

黄金に輝く天井の装飾

0723-14-St.P.jpg

この聖堂はカトリックではなく、英国国教会の聖堂なのです。

最初の建物は604年、1666年のロンドン大火で焼失。

その後の大聖堂です。

0723-15-St.P.jpg

様々な装飾を楽しむことができます。

天井画も素晴らしい。

0723-16-St.P.jpg

ちょとグロテスクにも見える。

0723-17-St.P.jpg

ステンドグラス

0723-18-St.P.jpg

近代アートの十字架

目を引きました。

0723-19-St.P.jpg

陽が差し込む。

彫刻が浮かび上がる。

英国ではウエストミンスターが高貴かも、

それに比してSt. Paul’s は庶民派かも。

チャーチルの葬儀やダイアナ妃の結婚式が執り行われた。

そいsてドームに登りました。次回に!

nice!(48)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大英博物館、広すぎてVol.3 (これで終わり) [旅行]

大英博物館を流れに任せて鑑賞した。

エジプト、ギリシャ、アジア圏、日本と

本国イギリスはないの??

0722-01-GBmus3.jpg

あったよ~、ウエッジウッドかな?

説明聞くとイギリスの陶芸も凄い。

0722-02-GBmus3.jpg

こんなのも並んでいるが、ヨーロッパなんでしょうね。

0722-03-GBmus3.jpg

あった、これこそイギリスの騎士の兜

顔面まで覆いつくす鎧兜。

装飾品ですな~これは!

0722-04-GBmus3.jpg

マイセンにも似ているもののイギリス陶器の陳列。

0722-05-GBmus3.jpg

う~~んこれぞウエッジウッド。

英国の一級品なのか?鎮座ましてます。

0722-06-GBmus3.jpg

胸像4種、顔が面白い

0722-07-GBmus3.jpg

船が展示されていたが、この部屋は

芸術的な時計の部屋ですが・・・

0722-08-GBmus3.jpg

ここに時計がある。

色々な仕掛けが面白いんでしょう。

0722-09-GBmus3.jpg

部屋いっぱいの時計がある。

精巧かつ意匠も素晴らしい。

0722-10-GBmus3.jpg

チェスまで展示されているけど

素晴らしい象牙で出来ている。

ワシントン条約違反ですね。

0722-11-GBmus3.jpg

この悲しげな顔が存在感!

0722-12-GBmus3.jpg

こんな顔もある。

海賊で髭が動く、パイレーツ of カリビアンやね。

0722-13-GBmus3.jpg

モザイク画、どこの国の作品か?

これもどこからか集めて来たな!

0722-14-GBmus3.jpg

意匠の優れたものには目がないオイラ

Funny and fun な作品

0722-15-GBmus3.jpg

黄金、装飾品の数々も所狭しと展示される。

純金の歴史はいつから?

0722-16-GBmus3.jpg

エジプトの絵、保存状態は最高に良い。

体が正面で顔が右を向くのはエジプト模様。

0722-17-GBmus3.jpg

モザイクじゃないけどペルシャ的な!

0722-18-GBmus3.jpg

南米の展示物か?

私は個人的には南米の意匠が好き。

奇抜、想像を超えた意匠。素晴らしい。

0722-19-GBmus3.jpg

もうたくさん見た!見た!

時間も無くなってきた。

イヤホンガイドに従って観賞したら

あと1日は要るね。

大英博物館有難う!

これからソーホーでチョコレート買いに行く。

そして観光地はセントポール大聖堂。

nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大英博物館、広すぎてVol.2 [旅行]

ロンドンに来たらやっぱり大英博物館は外せない。

まず、行ったのがエジプト中心の展示場

続いて歩を進めるとギリシャ

0721-01-GBmusi2.jpg

ミニパルテノンじゃないですか!

見上げます。

0721-02-GBmusi2.jpg

レリーフの彫も深い。

戦闘意識が高いのか?戦士が多い。

0721-03-GBmusi2.jpg

ギリシャ部屋の感じを見て下さい。

両サイドにレリーフ、奥の部屋に行ってみよう。

0721-04-GBmusi2.jpg

銅像を展示しているが、満足なのは見当たらない。

0721-05-GBmusi2.jpg

顔がない。女神か?

ヘッドホンマークは説明アナウンスあります。

有料ですが便利、マストアイテム。

0721-06-GBmusi2.jpg

対面の部屋にも像が並ぶ。

比較的保存状態が良い。迫力満点。

ギリシャ現地で見て見たものだ。

0721-07-GBmusi2.jpg

それにしても女体は素晴らしい。

見ろのヴィーナスを彷彿とさせる。

続いてアジアのスパーンに!

0721-08-GBmusi2.jpg

中国の展示物は陶器中心で

ビックリ目が眩むほど沢山ある。

0721-09-GBmusi2.jpg

唐三彩風の鬼!

0721-10-GBmusi2.jpg

仏像も撮ったが、どこの?中国?

アジアであることには間違いないが・・・

0721-11-GBmusi2.jpg

アジアの展示会場の風景

広い、すっきりしてる。

0721-12-GBmusi2.jpg

これはヒンズー教の神様

黄金で出来ている。

素晴らしい。

0721-13-GBmusi2.jpg

韓国の展示会場もあって、ほとんどが陶器

0721-14-GBmusi2.jpg

日本の会場に来た。

法隆寺の国宝の仏像がなぜここに???

レプリと書いてあってホッとする。

0721-15-GBmusi2.jpg

日本の展示物は、陶器は少なく生活に密着した

民芸品が多く展示されていた。

良い感じでありました。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

やっぱり大英博物館でしょ! [旅行]

そりゃ~ロンドン来たら大英博物館でしょう!

0720-01-GBmusi.jpg

入り口からしてパルテノン宮殿風!

0720-02-GBmusi.jpg

個々の正面から入っていきます。

持ち物検査はありますがフリーです。

0720-03-GBmusi.jpg

その柱の間に看板があって、特別展は「マンガ」

へ~~、日本語やん、それがテーマか!

特別展は入場料必要!時間もないし金もないしやめた!

0720-04-GBmusi.jpg

ここが最初の入場場所、

凄い人です、何故なら説明イヤホン借りる。

だから、スペイン語も中国語も韓国語もそして

私は日本語を有料で借りる。ここは並ぶ!

0720-05-GBmusi.jpg

会場に入る前からこんな展示物。

アナウンスもここから始まる。

0720-06-GBmusi.jpg

そして入って真っ先に見なくっちゃ~いけないのが

エジプトのロゼッタストーン。

精気の発見!それがここ大英博物館にある。

0720-07-GBmusi.jpg

ラムセス2世かな?エジプトでは図書にある。

ここ大英博物館にもある。

0720-08-GBmusi.jpg

ミイラも結構十分楽しめる。

いや~ツタンカーメンの遺跡が

エジプト博物館に会って良かった。

0720-09-GBmusi.jpg

こんな成功で小粋な遺跡が紀元前とは

やっぱり古代は素晴らしい。

0720-10-GBmusi.jpg

レリーフの数々も展示されていた。

これまたエジプト話だが・・・・

エジプトでは現地にレリーフが物語るから、現地が良い。

0720-11-GBmusi.jpg

まさしくエジプト

そういえば最初に展示を見たのがエジプトでした。

0720-12-GBmusi.jpg

初めて見る像の4体。

まるでプレデターやね!

フォープレデターズがハモります。

0720-13-GBmusi.jpg

部屋の間に鎮座ましてました。

体が馬、羽根がある、顔は人間。

摩訶不思議な象が2体、何処の遺跡?

次の部屋に行った。

0720-14-GBmusi.jpg

なんとモアイ像が居た。

思ったより小さい、

イースター島に合ったものなんでしょうね。

0720-15-GBmusi.jpg

後ろにも割ると更に面白い文様。

初めて見る物です。

大英博物館まだまだ続きます。


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロンドンタワーを外観で楽しんだ。 [旅行]

タワーヒル駅のそばのホテル

タワーブリッジと共に散策で楽しめるのが

ロンドンタワー(ロンドン塔)

0719-01-Ltower.jpg

ホテルから地下鉄に向かう、その向こうに

立つロンドンタワーが見える。

0719-02-Ltower.jpg

テムズ川の反対側になる。

裏と言っていいのか!

0719-03-Ltower.jpg

左に進んで、右折した景色。

要塞らしく見える。

向こうにタワーブリッジが見える。

0719-04-Ltower.jpg

タワーブリッジサイドからのロンドン塔はまるで要塞。

0719-05-Ltower.jpg

タワーブリッジの真ん中から見た。

シティの大きな建物の下に、ロンドンタワー。

0719-06-Ltower.jpg

若干異彩を放つ。

ここで歴史が踊ったと言う。

0719-07-Ltower.jpg

こんなショットも撮れました。

木立ちの向こうにロンドンバスとロンドン塔

0719-08-Ltower.jpg

ホテルを出て駅に向かうと正面にロンドンタワー

0719-09-Ltower.jpg

もう少しアップにします。

おとぎの国のお城みたいでしょ1

0719-10-Ltower.jpg

シンデレラ城じゃないですよ。

天気もいいし、青空に映えますね。

さ~、ロンドン塔の近くに足を運んでみよう。

0719-11-Ltower.jpg

今度は右に折れて左折したら正面!

お堀(枯れた)、城壁とやっぱり要塞に見える。

イギリスの国王や女王陛下のお住まい。

0719-12-Ltower.jpg

観光客が入場のために並んでいる。

結構な人ですが、オイラは入らなかった。

入場料30£以上だし、時間も合わなかった。

0719-13-Ltower.jpg

どうも入り口らしい方から撮る。

紫色の花が景色を際立たせる。

0719-14-Ltower.jpg

テムズ川沿いに歩を進める。

ズ~~~ッと要塞です。

0719-15-Ltower.jpg

説明の看板もあります。

0719-16-Ltower.jpg

寄ってみるとなんと日本語ですね。

0719-17-Ltower.jpg

看板の向こうのロンドンタワー

色んな顔を持ってます。

0719-18-Ltower.jpg

これがシンデレラ城みたいに見えた塔。

流石世界遺産、外からでも見所充分。

中の所蔵のお宝は見れないけど!

nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タワーブリッジを歩いて散策 [旅行]

ホテルがタワーヒルズ駅のそば

0717-01-towerB.jpg

だからロンドンタワーとタワーブリッジがすぐそこにある

0717-02-towerB.jpg

ホテルに到着してまず、歩いて渡った先がレストラン。

0717-03-towerB.jpg

よって観光第1号がタワーブリッジ。

橋のらんかんのものが

中世を思わせる。

0717-04-towerB.jpg

見上げると橋の建造物

瀟洒ないで立ち。

0717-05-towerB.jpg

橋の中央に差し掛かって見上げるとさらに

2本のブリッジ、いつ渡るのだろうね。

0717-06-towerB.jpg

橋の中央からテムズ川の上流を望む。

丁度夕焼けが綺麗です。

これがロンドンか~~~というタイミング。

ロンドン着いて4時間後。

0717-07-towerB.jpg

橋を渡って、タワーブリッジを振り返る。

桟橋の船は良いとしても、

シテイのへんてこな建物が中央に鎮座。邪魔!

0717-08-towerB.jpg

翌朝、目覚めて散歩して橋の袂まで降りる。

一望!こっちからのビューが良い。

0717-09-towerB.jpg

背の高い船が通る時、本当に跳ねるらしい。

その局面には出くわさなかった。

0717-10-towerB.jpg

涼しい風を浴びながら、タワーブリッジ。

0717-11-towerB.jpg

橋に立つタワーがカッコいんでしょうかね。

0717-12-towerB.jpg

尖塔が金色だし、ゴシック様式なのか?良い建物。

0717-13-towerB.jpg

橋のたもとにやってきました。

見えるのは昨日ディナー頂いた桟橋あたり。

0717-14-towerB.jpg

パノラマ撮影でワイドに撮った。

テムズ川、伝統的なタワーブリッジ、

そして近代的な建物、これがロンドン。

0717-15-towerB.jpg

そう、超モダンと言って良い。

地震のない国なので、シンプルに積み上げれば建つ。

でもやっぱり、古風、伝統の国であって欲しい。

nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー