So-net無料ブログ作成

網走から一気に定山渓温泉へ(最後の夜) [旅行]

網走を堪能して、今夜は

札幌の奥座敷「定山渓温泉」で最後の夜。

0228-01-jozanh.jpg

今まで気持ちいい位のいい天気が変わった。

気温も上がり、湿った雪が高速道路を襲う。

たち悪いべた雪に近い。

0228-02-jozanh.jpg

トイレ休憩で寄ったSAの雪だるま。

もうすぐ雪まつり。

0228-03-jozanh.jpg

札幌市内を横切る。

豊平川に沿って川上に向かう。

上流が定山渓温泉。

(豊平川は鮭が登る川)

ホテルに着いた。でっかすぎ!

0228-04-jozanh.jpg

部屋の真下が豊平川、橋も白い。外出せず。スリップ注意!

0228-05-jozanh.jpg

それにしても大きなホテル、若干落ち着かない。

バイキングの客層、外国人多過ぎる。

0228-06-jozanh.jpg

ネタの種類は豊富、味はこんなもん!

ただただ落ち着かない。

実はお風呂も広すぎるし、落ち着かない。

層雲峡温泉の夜さを思い出す。

翌朝、雪の中を小樽に向かう。

0228-07-otaruh.jpg

どんどん、下って行きますが真っ白です。

0228-08-otaruh.jpg

べた雪なのか?バスの運転席の窓もこんな感じ!

小樽、大丈夫かな~~。

0228-09-otaruh.jpg

最終日だけ天気に恵まれてないか?

こんな経験がないと北海道の冬と言えない。

0228-10-otaruh.jpg

大きなダムを見下ろしながら、どんどん進む、下る。

0228-11-otaruh.jpg

面白い、ループ橋を回った。

周りが真っ白なのでテンション上がる。

0228-12-otaruh.jpg

真っ白な広場に一軒家が可愛い。

その向こうにループ橋が見える。

バスから見下ろすとかなりビビった。

そろそろ小樽です。

天気はどうなるか???

nice!(32)  コメント(0) 

旭山動物園から定山渓温泉に向かう途中「雪の美術館」寄った。 [旅行]

旭山動物園を満喫して、ラーメン食べて

札幌の奥座敷「定山渓温泉」に向かう。

ガイドさんが指さした。

0225-01-snow.jpg

北海道の銘菓「白い恋人たち」の看板

そこに温度計「1.9℃」表示、あったかいらしい。

0225-02-snow.jpg

更に指さした先がお城みたいな建物

ここに寄るらしい。

0225-03-snow.jpg

行程表には書いていないぞ。

駐車した横は立派なスキー場。

結構閑散!

0225-04-snow.jpg

更に瀟洒な洋館

0225-05-snow.jpg

看板があったが今はもう閉鎖しているとか!

寂しい

優佳良繊工芸館、歴史的な織物「ユーカラ織り」の館

0225-06-snow.jpg

その正面が目的地「雪の美術館」

0225-07-snow.jpg

シンデレラ城みたいな建物

0225-08-snow.jpg

ほら!SNOW MUSEUM

入場

0225-09-snow.jpg

地下に向かう螺旋階段

雪の結晶を彷彿とさせる六角形

0225-10-snow.jpg

地下から見上げる螺旋階段

美しい!

0225-12-snow.jpg

地下に降りると氷瀑が実際にある。

0225-11-snow.jpg

ただ、温度を保つため囲われている。

0225-13-snow.jpg

様々な雪の結晶のモチーフの部屋

気温などによって化粧の形様々

0225-14-snow.jpg

綺麗!また不思議な形。

どれもこれも六角形

0225-15-snow.jpg

更に進むと雪の舞台と客席!

広い!

0225-16-snow.jpg

見上げる天井にも天井画

青空、舞台は雪で囲われていた。造花ならぬ造雪。

0225-17-snow.jpg

客席から舞台を見る。

結婚式・披露宴も催される。

おまけの1枚

0225-18-snow.jpg

雪の美術館を出たら

雪のカマクラ、杯って写真撮れ獲れと言われて

このポーズ、失礼しました。

nice!(51)  コメント(0) 

ペンギンのお散歩の後の旭山動物園観察 [旅行]

ひと騒動のペンギンのお散歩。

さ~、他の面白い動物たちを見なくっちゃ~。

0223-01-asahi2.jpg

これも旭山動物園の見せ場

アザラシ

0223-02-asahi2.jpg

楽しそうに泳ぐ姿はストレスなさそうです。

そんな飼育してるのだろうね。

0223-03-asahi2.jpg

その上からも見れるのだ。

0223-04-asahi2.jpg

目の前に居る白クマ君。

0223-05-asahi2.jpg

動きがユニーク。

0223-06-asahi2.jpg

大きいね~。

0223-07-asahi2.jpg

雪の中を嬉しそうに歩くコース決まってる。

0223-08-asahi2.jpg

雪の上でじゃれるレッサーパンダ

0223-09-asahi2.jpg

こっちは黒い方の熊。

獰猛そうです。

0223-10-asahi2.jpg

これは近くでのっしのっし。

シマシマが本当に綺麗。

0223-11-asahi2.jpg

ライオンじゃないけど十分百獣の王。

0223-12-asahi2.jpg

こりゃ~阪神タイガースどころじゃない。

セ界のチャンピオン(阪神と違う所)

0223-13-asahi2.jpg

真っ白なフクロウ

とぼけた顔してすましている。

0223-14-asahi2.jpg

こっちはミミズク(フクロウの仲間)

耳があるからミミズク??

0223-15-asahi2.jpg

網走、オホーツクを飛ぶオオイヌアワシだったか?

孤高の鳥。

0223-16-asahi2.jpg

旭山動物園ならではの北海道の動物盛り沢山。

キタキツネ

0223-17-asahi2.jpg

チンパンジー

何処の動物園でも見れるが・・・

0223-18-asahi2.jpg

旭山動物園ならではの仕掛けで見る人を飽きさせない。

噂ではほかの動物園も頑張りだしたとか!

しかし、旭山動物園流石の仕掛けで群を抜く。

冬の動物園雪と交わりGOOD!でした。

nice!(44)  コメント(0) 

有名な動物園「旭山動物園」来たぞ~~~! [旅行]

層雲峡の氷瀑を見て、一路旭川に向かう。

0220-01-asahi.jpg

気温低くて凍った層雲峡から雪深い旭川に!

道路横の雪の量も徐々に多くなる。

0220-02-asahi.jpg

線路を横切る。線路にも雪、レールは見える。

0220-03-asahi.jpg

屋根の上の雪も豪雪地帯と言う感じになる。

北海道でも寒さ、多岐に渡る。

旭川は雪かな???

0220-04-asahi.jpg

と言う間に旭山動物園、到着。

団体なので東門、高い場所にある。

0220-05-asahi.jpg

旭川の街が一望、

それどころか遠くの山並みがくっきり。

0220-06-asahi.jpg

まずはペンギンのお散歩を目指してどんどん下る。

雪の向こうがペンギンのお散歩の道。

0220-07-asahi.jpg

ズームで見ると、そりゃ~びっくり

ペンギンのお散歩道に沿って人だかり。

そんなに良いのかね~~、待ちぼうけで人だかりを避けて

0220-08-asahi.jpg

観光客のいないカバの館を独り占め。

迫力、ほとんど人いない、皆ペンギン。

0220-09-asahi.jpg

へ~~、カバって水の中では超早い動き。

0220-10-asahi.jpg

これぞ、旭山動物園の醍醐味。

0220-11-asahi.jpg

本来ならキリンの親子が見れるはずが、出てきたのは父親。

奥さんのこと好きすぎて子供と仲悪いらしい。

よって、今日は父親だけのお目見え。

0220-12-asahi.jpg

そうこうするうちにペンギンのお散歩始まってる。

0220-13-asahi.jpg

そんなに必死でスタート位置を確保することもないね。

途中でも十分ペンギン楽しめる。

0220-14-asahi.jpg

何が良いんだろうね???なんでこんなに人気??

それにしても、このいで立ちは可愛すぎる。

0220-15-asahi.jpg

ペンギンの数に比べて人間の数、凄すぎ。

外国人が多過ぎはオーロラ号にも負けず劣らず。

0220-16-asahi.jpg

先頭のペンギンが動かないと次のペンギンも進まない。

そんな習性があるらしく、可愛く整列。

0220-17-asahi.jpg

う~~ん、可愛い。

こりゃ~仕方ないね、人だかりも分かるわ。

0220-18-asahi.jpg

綺麗な顔立ち。男前でしょ?

男か女か不明ではあるけどね。

ここまでの旭山動物園、流石です。

もっと動物いたからね、次号へ

nice!(36)  コメント(1) 

冬の層雲峡の醍醐味 [旅行]

層雲峡温泉で泊まったお宿は

「層雲閣グランドホテル」

露天風呂が絶景でした。氷瀑に入ってる感じ!

0218-01-soun.jpg

朝部屋から見た景色。

0218-02-soun.jpg

険しい山が迫ってきます。

0218-03-soun.jpg

起きて窓から外を見ると

青空に白銀の世界!良いですね~~。

ちょっと進んだところに観光スポット

0218-04-soun.jpg

大雪山国立公園なんですね。

0218-05-soun.jpg

我々はその銀河の滝、不動岩、流星の滝

ここを見に、ホテルからバスで5分。

0218-06-soun.jpg

まずは銀河の滝

全面凍ってます。

0218-07-soun.jpg

これぞ氷瀑。

0218-08-soun.jpg

もう微動だにしません。

0218-09-soun.jpg

看板のある標識はこれしかなかった。

一応ポーズ決めています。

0218-10-soun.jpg

よ~く見ると滝の下の方で

少し水流れている。

ちょっと流れる水がある方が風情!

0218-11-soun.jpg

風情と言えばこちら。

石狩川、流れています。

0218-12-soun.jpg

でも少しずつ凍ってる。

0218-13-soun.jpg

リング?UFO?面白い。

自然の創り出すアート(芸術)

0218-14-soun.jpg

続いて流星の滝

こちらはしっかり看板撮りました。

0218-15-soun.jpg

こちらも氷瀑。

0218-16-soun.jpg

青い感じ!氷瀑らしくこんもり凍ってる。

寒そう!これまたアート。

0218-17-soun.jpg

滝を観光してバスで旭川に向かう。

国立公園を走る、その両サイドは層雲峡。

0218-18-soun.jpg

車窓から遠くの山、真っ白です。

荒々しい岩肌さえ覆っている。

0218-19-soun.jpg

ガイドさんの案内で写メはセブンイレブン

高梨沙羅ちゃんの両親経営のコンビニ。

国立公園内なのでシックな出で立ち。

カラーご法度、禁制だそうで地味。

0218-20-soun.jpg

車窓から層雲峡の岩が・・・

ガイドさんが説明してくれたけどね~~~

0218-22-soun.jpg

見た目は荒々しい。

写真でその表現は困難!

0218-23-soun.jpg

絶壁の上に岩が乗っかる。

0218-24-soun.jpg

砦みたいに岩が3本立っている。

0218-26-soun.jpg

青空なくなってる。変わりやすい天候。

0218-27-soun.jpg

屏風みたいな岩が露出。

層雲峡は四季折々楽しめる。

0218-28-soun.jpg

白樺の向こうに絶壁に岩肌面が連なる。

春・夏は花とかきれいに咲いて

皆を迎えてくれる。

冬は皆を拒絶しているような雰囲気。

圧倒されて向かう先は旭山動物園。

nice!(57)  コメント(0) 

層雲峡氷爆祭り、面白い。 [旅行]

層雲峡温泉について食事の前に

祭りに行った。

0216-01-hyobak.jpg

寒い中(マイナス10℃)歩いて10分。

遠くにライトアップに会場が見えてきた。

0216-02-hyobak.jpg

層雲峡氷瀑まつり。

氷瀑ってどう言うこと?

0216-03-hyobak.jpg

入場してすぐ左が氷のトンネル

0216-04-hyobak.jpg

ライトが神秘的ですが・・・・

0216-05-hyobak.jpg

見上げたら怖いくらいの氷の迫力。

長い時間担当者が水を撒いて作ったらしい。

それにしても怖い、恐怖。

0216-06-hyobak.jpg

一応落ちても刺さらないようにはしているらしい。

よく見ると削ってる。

0216-07-hyobak.jpg

その行きついた先が屋上

ここから氷瀑祭りの全貌が見えた。

ま~寒そうな中にも祭りらしさが見える

0216-08-hyobak.jpg

この氷の絶壁に登れる。

よ~く見るとロープが垂れてる。

オイラは無理、厳しすぎ!

0216-09-hyobak.jpg

写真スポットだそうです。

良く分からない熊みたいなのが温度計持つ。

マイナス10℃の看板、ほんと?

0216-10-hyobak.jpg

神社もあります。

外国人には楽しそう。

0216-11-hyobak.jpg

中に入ると賽銭箱ならぬ、お金を引っ付ける。

面白い、簡単に引っ付いた。

0216-12-hyobak.jpg

お酒飲める、バーです。

机もテーブルも氷、心はあったかい?ことはないかも。

実は閉まってた。売り切れか?

0216-13-hyobak.jpg

氷のトンネルがず~~っと続く。

まさに氷瀑。

0216-14-hyobak.jpg

それこそ氷の世界。

ディズニーのアナと雪の女王の世界。

0216-15-hyobak.jpg

十分楽しんで、お土産屋そして飲み喰い場もあって楽しめる。

外からのライトアップ会場。

0216-16-hyobak.jpg

翌朝、バスで出発した時

その会場の横を通った景色は氷の塊。

0216-17-hyobak.jpg

あ~~こんな氷の塊を作卯手祭りしたんや!

マイナス10℃の世界を楽しみました。

寒いのは雪より氷なんやね。

nice!(41)  コメント(0) 

網走から層雲峡へ向かう [旅行]

網走はオホーツク海沿いだから寒かった。

これからこの日の宿のある層雲峡に向かう。

0214-01-sounhe.jpg

良い天気の中、まっしぐら。

白銀の世界、太陽がまぶしい。

0214-02-sounhe.jpg

左手の白い世界は網走湖

凍ってます、真っ白です。湖面に足跡、ウサギか?

0214-03-sounhe.jpg

雪深いこの辺り、人も住んでいる。

このシーズンどうして暮らしているのか?

0214-04-sounhe.jpg

いずれにしろ白銀の世界

歩いてみたい、足跡残したい。

0214-05-sounhe.jpg

ごらんの通り、道路も真っ白。

運転手さんは平気な顔してドライビング。

0214-06-sounhe.jpg

ちょっと高台を走る。

0214-07-sounhe.jpg

陽がだんだん沈んできている。

日影がだんだん長くなる。

0214-08-sounhe.jpg

かまぼこみたいな建物、何?

サイロ違う形ですよね。

0214-09-sounhe.jpg

サイロは確か円筒状。

こんなかまぼこみたいな建物がぽこぽこある。

0214-10-sounhe.jpg

遠く向こうに綺麗な形の山が見える。

富士山みたいでしょ!

0214-12-sounhe.jpg

トイレ休憩は道の駅、ほとんど閉店。

向こうの建物は動物がいるらしいがスルー

0214-13-sounhe.jpg

お~~~、夕日。

バスの斜め前に沈む夕陽。

ムッチャ綺麗じゃないですか

0214-14-sounhe.jpg

白銀に夕日がピンクに差し込む。

向こうの山、富士山みたいのが又見えた。

0214-15-sounhe.jpg

そうなんです。蝦夷富士とはこのこと。

どこでも富士もどきはあるが、シャープでしょ。

0214-16-sounhe.jpg

川を通る。

冬の凍てつく川は寒いやろな~~~。

0214-17-sounhe.jpg

層雲峡の旭岳が見えると言われた。

陽が沈み、どれがどれだかわからない。

0214-18-sounhe.jpg

凍てついたダムの貯水が見えると言われシャッター押す。

確かにそんなに見える。

もう日も沈むころ層雲峡温泉に着く。

nice!(59)  コメント(1) 

天都山展望台から網走360度! [旅行]

網走流氷を堪能して、海鮮丼食べて

網走刑務所を覗いたあと、向かった先が

天都山展望台

0212-08-tento.jpg

山の上から網走が360度展望できる

天気も最高!

オホーツク流氷館もある。その屋上が展望台に。

0212-11-tento.jpg

まずは入場料を払って流氷館に!

目的はクリオネ。

0212-12-tento.jpg

まずは北端の地の寒さと流氷を再現。

流氷の上にはキタキツネもいるらしく、

標本キツネが本物の流氷の上に立つ。

0212-13-tento.jpg

この氷は本物で、室温も氷点下(マイナス15℃)をキープ。

夏に来ると実感するかも!

この時期は外も氷点下だからね。

0212-14-tento.jpg

アシカ君も展示。

濡れタオルを回して、凍って立つ実験も!

それは過去にもやったことあるね~~。

0212-15-tento.jpg

いたいた!クリオネ。

確かに透明、そして動きも可愛い。

0212-16-tento.jpg

そんなクリオネがうじゃうじゃ居た。

獰猛なんだってね。

オホーツクに居る可愛い魚などが居た。

0212-17-tento.jpg

この魚動かずじっとして

しかも折れ曲がってる。

0212-18-tento.jpg

どうみてもオッサン!

名前は失念。

0212-19-tento.jpg

可愛いんだか?怖いんだか?フウセンウオで正しい?

貝の中で、こいつもジッとしてる。

0212-20-tento.jpg

魚ひょうきんやね。ナメダンゴで正しい?

オホーツクの寒い海、氷の下で暮らしているのか?

イッカクとかオヒョウとかでっかい魚の下で

じっと、ちょこちょこしてるのか。

0212-01-tento.jpg

展示物とDVDを見て屋上展望台に!

時間もなく焦って見た景色。

0212-02-tento.jpg

流氷があって、青い空、青い海、最高のビュー。

さっきまで、オーロラ号に乗って航行してた所です。

0212-04-tento.jpg

絵にかいたような展望。

あ~時間ないけど、もっと見たい気分で写真撮る。

0212-05-tento.jpg

やっぱり素晴らしい。

この景色に出くわせたのはラッキーなり。

0212-06-tento.jpg

網走の町も見下ろせる。

流氷、結構陸に近いね。

0212-07-tento.jpg

映ってないけど、鳥が飛んでいる。

イヌワシとか!

0212-09-tento.jpg

360度展望なので反対も見てみた。

白銀や!

0212-10-tento.jpg

網走川が流れていて、

右手に網走刑務所があるはず。

この時期グッドな網走爽快になった。

nice!(43)  コメント(2) 

網走刑務所を覗かない手はないかも! [旅行]

網走流氷をラッキーなことに満喫して上陸。

お腹がすいた、昼食の時間です。

0211-01-aba.jpg

マーケットみたいなところに案内されて、2階にGO!

やっぱ、海鮮丼ぶりに出くわさない事には許せない北海道。

0211-02-aba.jpg

海鮮満載です。

ちょっと高い方にはホタテが入っていました。

0211-03-aba.jpg

もう一つにはウニ混じりのカニが代わりに乗っかる。

いやぁ掛け込む醍醐味ですね。満足!

2階が食堂、階下に降りたら水槽。

0211-04-aba.jpg

海産物のお店でした。毛ガニ君が~~~

0211-05-aba.jpg

でっかいタラバガニ、じつは蟹でない。

ヤドカリの仲間と言えば、でも肉厚は醍醐味。

0211-06-aba.jpg

お土産のせんべいなどはパッケージで勝負!

網走監獄差し入れ!脱獄犯「五寸釘寅吉」

誰や!

このお店から川を渡るとその刑務所です。

0211-07-aba.jpg

徒歩で足元を気を付けながら歩いて行った。

この川が網走川、謂れがありそうな!

0211-08-aba.jpg

ここがエントランスですが、ここまで!

囚人の作品ショップは閉まってた。

0211-09-aba.jpg

レンガ造りに網走刑務所の看板

そして寒そうな環境!

0211-10-aba.jpg

しつこく2か所も看板。

ここが本当に番外地なのか?

0211-11-aba.jpg

鉄格子じゃないけど、

入口、割合オープンですが、入れません。

0211-12-aba.jpg

門の隙間から刑務所の社屋を撮る。

レストランですよと言っても通じる感じ!

網走、外は寒いが、中はどうなんかな?

0211-13-aba.jpg

一応デスクがあったので刑務官になった?

もしくは取り調べられてる??

0211-14-aba.jpg

展示物作品も陳列。

陶器がメインでしたが、いい作品もある。

ここの刑務所は今は比較的

刑の軽い囚人がいる。

定員に達していないとか、予約如何ですか?

0211-15-aba.jpg

実は別の場所に網走刑務所展示場がある。

そこは入らずに天都山に登った。

天都山への途中がその入口ゲート

0211-16-aba.jpg

網走刑務所展示場はかっての刑務所を再現。

今と違って、昔の

過酷な刑務所生活を再現しているらしい。

今回のツアーではスルーでした。


nice!(41)  コメント(1) 

網走流氷、もう1回、良かったので! [旅行]

網走流氷に運よく出会えた。

もう2回もアップしたが、もう一回。

0209-01-ryuhy3.jpg

目の当たりに見る流氷に興奮してしまった。

最初デッキで、冷たい風を感じながら眺めた。

0209-02-ryuhy3.jpg

少し余裕が出てきたのでオーロラ号を歩き、

様々な所から流氷を眺める。

0209-03-ryuhy3.jpg

暖かい室内から見る流氷も気持ちいい。

0209-04-ryuhy3.jpg

オーロラ号横の低い所も穴場!

もう、手を延ばせばすぐそこに流氷。

乗れそうな錯覚を覚える。

0209-05-ryuhy3.jpg

しかもラッキー、上天気!

しかし気温は低い。

0209-06-ryuhy3.jpg

これが最も流氷に近い穴場の舟横。

0209-07-ryuhy3.jpg

ほぼ、海面と同じに近いぞ~~~。

0209-08-ryuhy3.jpg

船尾のオーロラ号が流氷をかき分けて

進む船跡。

0209-09-ryuhy3.jpg

船の先端には立てないが船尾には立てる。

0209-10-ryuhy3.jpg

大海原、全面流氷!

0209-11-ryuhy3.jpg

並走するオーロラ2号と!

0209-12-ryuhy3.jpg

一直線のコバルトブルーの海、

そして横たわる流氷。

0209-13-ryuhy3.jpg

全く変わらない景色が続く、そして続く。

0209-14-ryuhy3.jpg

迫力もある。

0209-15-ryuhy3.jpg

ハスの葉を思い浮かべる。

0209-16-ryuhy3.jpg

眩しい、引き返しだすと太陽の位置が変わる。

オーロラ2号が逆光の向こうに!

0209-17-ryuhy3.jpg

1時間ラウンド。

陸が見えてきた。流氷満喫して

お腹いっぱいでもうすぐ帰港。

0209-18-ryuhy3.jpg

なんか、陸の方が寒いような気がする。

0209-19-ryuhy3.jpg

悲しみ本線オホーツク海

0209-20-ryuhy3.jpg

帰港しました。

2019年網走流氷第1段は1月26日絶好調でした。

その後の流氷状況は分かりません。

ありがとうございました大自然!

nice!(56)  コメント(1)