So-net無料ブログ作成

阿寒湖温泉に到着 [旅行]

北海道支援流氷ツアーの1泊目

阿寒湖温泉に着きました。

0131-01-omaemizu.jpg

お宿は「御前水」湖の前ですが

玄関は裏側でした。看板にも雪。

0131-02-kotan.jpg

夕食の前に、阿寒湖温泉街をラウンドしてから。

木彫りのお店が連なる。

0131-03-kotan.jpg

昔風の熊やアイヌの人は少なくなって

モダンな木彫りが中心となっているものの

今の生活にはフィット感は乏しいかも。

0131-04-kotan.jpg

阿寒湖アイヌコタンは、36戸・約120人が暮らすアイヌコタン(集落)です。

その集落に来ました。

0131-05-kotan.jpg

入口にイヌワシなのか?木彫りがライトアップ。

迫力あって、飛びかかって来そう。すごくでっかい。

0131-06-kotan.jpg

コタンには民芸品の制作・販売を営むお店が並ぶ。

建物も粋なものが並ぶ。

0131-07-kotan.jpg

阿寒湖アイヌシアター『イコ』の前

ここもライトアップされている。

0131-08-kotan.jpg

めっちゃでっかいシロフクロウが我々を見下ろす。

リアルに迫力あり。

0131-09-kotan.jpg

雪国にぴったりの建築物。

浮かび上がる。

0131-10-kotan.jpg

コロポックルとはアイヌの伝承に登場する小人である。

アイヌ語で、一般的には「蕗の葉の下の人」という意味と解される。

その小人も木彫りになる。

0131-11-kotan.jpg

そんな街並みを、寒い中楽しんでホテルへ戻って

温泉三昧といこう。

0131-12-hotel.jpg

その前に夕食。

北海道を期待したけど、支援ツアーなのか?

期待は裏切られたが・・・

0131-13-hotel.jpg

公魚(わかさぎ)は美味しかった。

やっぱりね!

0131-14-akan.jpg

早朝、ロビーから阿寒湖が望める。

0131-15-akan.jpg

ワカサギ釣りのテントが可愛い。

全面凍ってる。この朝はマイナス10度くらい。

(翌日はマイナス22度を指すとの情報)

0131-16-akan.jpg

それにしても湖なのか?どこだかわからない。

0131-17-akan.jpg

でも可愛いことには変わらない。

テントの中は温かいのか??

氷はどれくらい厚いのか?

冬の風物詩と言えますね。

nice!(55)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

流氷を見るのがメインのツアー、北海道行って来た。 [旅行]

流氷南下してくれるかな~~?

心配しながら1月26日伊丹空港に。

1130-01-itami.jpg

J-AIR 小さい飛行機。JALではある。

1130-02-itami.jpg

なんと新千歳空港に行くのに青森経由とは?

読売旅行が直行便取れなかったみたい。

1130-03-itami.jpg

ま~行ければ良いか?飛んだ。

伊丹・豊中辺りは住宅で賑やか。

1130-04-itami.jpg

雲の上に到着、やっぱり青空。

1130-05-yuki.jpg

どんどん進むと眼下に雪山。

北に進んでいると確信。

1130-06-niiga.jpg

日本海から東北の海岸を陸に向かって飛んでいる。

新潟の着たあたりか?青森近い。

1130-07-aomo.jpg

着陸、やっぱり青森空港は雪深い。

1130-08-aomo.jpg

空港ビルに赤い看板で「AOMORI」ってある。

そしてトランジット30分で新千歳に再度飛び立つ。

1130-09-tugaru.jpg

津軽海峡をひとっ飛び。

1130-10-sappo.jpg

新千歳空港に降り立つ。

青森空港より雪が少ない。

さすが北海道「ROYCE」のロゴ看板。

1130-11-sappo.jpg

バスを待つ間の新千歳空港。

まったくの青空が広がる。いい天気この上なし。

北海道ツアーは天気に左右されるからね。風は冷たい。

1130-12-akanhe.jpg

今日は観光はなく阿寒湖温泉に一気に向かうのみ。

高速をどんどん進むが、両サイド雪、わくわくしてきた。

1130-13-akanhe.jpg

久し振りや~~こんな雪を見るのは!

真っ白、ふわふわ。

1130-14-akanhe.jpg

高速を一気に行くので、トイレ休憩もきっちりとってくれる。

そのSAも雪だらけ。

1130-15-akanhe.jpg

SAで用足して、何かちょっと気になるのが

北海道の美味!ジャガイモのチーズ乗せ。

思ったよりも美味しくて正解でした。

1130-7-akanhe.jpg

遠くの山の景色も雪景色、そして広大です。

青空と純白の雪。最高のコントラスト。

1130-16-tomam.jpg

突然、高層ビル!トマムです。

星野リゾートで再ブームに!

1130-18-akanhe.jpg

雪の大地、もう北海道に来ていると実感!

雪は綺麗です。

2度目のトイレ休憩は足寄町。

チーズやワインなど売り倒していました。

1130-20-ashoro.jpg

足寄(あしょろ)は商売上手というかやり過ぎ感あり。

だって松山千春の街、仕方ないか!

1130-19-akanhe.jpg

川や林や平野、雪いっぱいだが

その風景、見て飽きません。

そろそろ阿寒湖温泉が近づく。

nice!(32)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

淀屋橋レトロビル散策2 [関西小旅行]

淀屋橋レトロビル散策、半分ぐらい歩いた。

神農さんを参拝して次のビル

0125-01-husimi.jpg

伏見ビル、さり気なくレトロ

0125-02-husimi.jpg

見上げると面白いデザイン

0125-03-husimi.jpg

エントランスがあったので入ってみたら

面白い。

0125-04-aoyama.jpg

隣の青山ビル

蔦が枯れているシーズン、夏場はどうなんだろう。

ショップが並ぶ。

0125-05-konisi.jpg

地図には旧小西住宅とある。

確かにビルデはない。旧家やね。

0125-06-nomura.jpg

でっかいビルや~~~

高麗橋野村ビルディング

0125-07-nomura.jpg

ちょっとズームで入り口の看板

そして意匠。

0125-08-sumigin.jpg

地図にはレトロビルとは記されてないけど、

三井住友銀行大阪中央支店

超立派な威厳を感じる

0125-09-arai.jpg

新井ビル(五感ともいうらしい)

五感とは有名なお菓子のお店で、デパートでも見る。

0125-10-arai.jpg

入ってみたら販売店舗、レストランだった。

見上げるとレトロの雰囲気満載。

0125-11-daisho.jpg

レトロじゃない近代ビルになった

大阪証券取引所ビル

正面に五代友厚が立つ。

0125-12-retro.jpg

はす向かいに北浜レトロビルジング。

ティーカップの看板、やかんに見える。

0125-13-retro.jpg

ここのクッキーかアフタヌーンティールーム狙いか?

結構並んでいたのでスルーした。

0125-14-rion.jpg

中之島に掛かる難波橋

何故かライオンが座っている。

淀屋橋方向に

0125-15-kosei.jpg

壁面が立派な光世証券ビル

本当にレトロの最終ビルもイケる。

向こうが中之島の土佐堀川

0125-16-kosei.jpg

入って反対を見るとこんな感じ

0125-17-kosei.jpg

この光世証券にも五代友厚候が・・・

今度は座ってた。童顔でした。

0125-18-kokai.jpg

疲れてお茶をしました。

土佐堀川の対岸には中央公会堂。

これこそ歴史遺産のビルジングなり!

淀屋橋レトロビル散策、楽しかったよ~~

nice!(57)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

淀屋橋レトロビル散策 [関西小旅行]

淀屋橋・本町のレトロビル散策開始。

緒方洪庵の適塾を皮切りに、さ~スタート。

0124-01-gransanktas.jpg

グランサンクタス淀屋橋

0124-02-operadomenu.jpg

オペラ・ドメーヌ高麗橋。

赤レンガが素晴らしい。

0124-03-dm+church.jpg

隣の日本基督教団浪花教会と並んでいる。

0124-04-sibakawa.jpg

芝川ビル、やっぱりレトロ!

0124-05-sibakawa.jpg

エントランスの壁の装飾・意匠が素晴らしい。

アールデコ風かもね。

0124-07-panf.jpg

すぐそこ湯木美術館で利休をやっていたので覗いた。

0124-06-yunoki.jpg

狭い美術館、料亭「吉兆」の先代の貯蔵品の美術館。

今回は丁度利休・長次郎など

0124-08-senba.jpg

船場ビルの全景・

0124-09-senba.jpg

中には入れませんでした。

入り口のドアの窓から見た景色、夢がある。

0124-10-ikoma.jpg

生駒ビル、1Fは店舗みたいでしたが休業。

見上げるとスマート

0124-11-ikoma.jpg

1F店舗の窓の上には鳥?フクロウ?

何かいる。

0124-12-ikoma.jpg

生駒ビル、カッコいいので道路を隔てて全景。

0124-13-ikoma.jpg

時計といい、屋上壁面のデザイン、見入ります。

ここまで来たら神社参拝。

0124-14-sukunaH.jpg

少彦名神社(新納さん)にお参り!

0124-15-sukunaH.jpg

流石道修町にある。

医薬の神・ 少彦名命と薬祖神・神農様をお祀りする

当社には毎年沢山の医師・薬剤師等の方々が御参拝。

0124-16-sukunaH (320x240).jpg

本堂を見上げると青空にクレーン。

都会のど真ん中に神社。

0124-17-sukunaH.jpg

道修町は薬の街である。

一休みの参拝後、もう少し散策続く。


nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

淀屋橋ラウンドの第1段は「適塾」見学から! [関西小旅行]

夜の飲み会の約束!

昼間の過ごし方、ブログで見つけた。

0122-01-ogata.jpg

ブログの作者が歩いた地図。

これを頼りにラウンド。

0122-03-ogata.jpg

淀屋橋の地下鉄を上がったら、すぐビル街。

土曜日なので閑散としている。

地図の逆回りなので適塾から攻めるか~~~。

0122-04-ogata.jpg

ビル前にシルバーの像が4つほど立っている。

維新の前後のイメージの像!

0122-05-ogata.jpg

この立派な建物、何?適塾?

かと思いきや<違ってた。

0122-06-ogata.jpg

なんとも立派な入場門、玄関。

大阪愛珠幼稚園でした。超歴史的!

しかも「銅座の跡」でもある。

0122-08-ogata.jpg

その横が適塾でした。

0122-09-ogata.jpg

講釈がいっぱい!そりゃ~適塾やもんね。

0122-07-ogata.jpg

横の公園には緒方洪庵の銅像が!

0122-02-ogata.jpg

入場パンフレット!

洪庵の業績(病学通論)、洪庵の教育

適塾をめぐる人々

0122-10-ogata.jpg

塾なのに立派な中庭。

橋本佐内、大村益次郎、ご存知福沢諭吉

大島圭介もいた。

0122-11-ogata.jpg

良い居宅です、ここで研究していた?

0122-12-ogata.jpg

しっくりした良い部屋じゃないですか?

資料がいっぱい。写禁。

そりゃ~大阪大学の適塾。仕方ない。

0122-13-ogata.jpg

勉学に励む若者の姿を思いやる。

維新の話でも盛り上がってたんでしょか!

0122-14-ogata.jpg

2階が塾生たちの勉学の場!

は知らなかったには刀傷、と思う。

0122-15-ogata.jpg

その塾生の勉学の2階からの景色!

今はビル群!景色も全く違うものに!

0122-16-ogata.jpg

見下ろせば井戸!

良い時代、激動の時代を垣間見た。

0122-17-ogata.jpg

又見上げたら母屋の屋根!

その向こうが立派なビルが建ってるとは

福沢諭吉も想像できたか????


nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

曽根の寿司屋「英楽」行って来ました。 [グルメ]

去年のことですが、
大阪狭山市の伝統の店「駅前寿司」が移転しました。
0120-01-erak.jpg
なんと、まったく違う場所、曽根駅に新店舗開店。
しかもお店の名前も変わって「栄楽」
あいさつ代わりに行ってきた。
0120-02-erak.jpg
カウンターだけの、7~8人のお店。
カウンターは一枚板で仕上がってた。
奥にメニューがある。
0120-03-erak.jpg
寿司屋じゃないね、和食屋さんや!
そこそこ!
0120-04-erak.jpg
なくなった親父さん(先代大将)の息子と
大将の奥さんで切り盛り。
心機一転、阪急沿線の曽根駅で勝負か?
後ろの壁の桶は先代愛用の寿司桶がメニュー板に。
0120-05-erak.jpg
ホタルイカ、ネタは良い。
0120-06-erak.jpg
カワハギの刺身、
肝がふんだんにあって、肝醤油以外でも、刺身で!
こりゃ~美味いに決まってる。
0120-07-erak.jpg
ホンマグロの3種盛。
赤身、中トロ、大トロと来たね。
0120-08-erak.jpg
これは食べねば、のどぐろの塩焼き。
ブームではある。
それなりの美味しさで、ちょっと工夫が欲しいとこ!
0120-09-erak.jpg
ちょっと遠い。
イモ焼酎飲んで、ほろ酔いで
1.5時間かけて河内長野に帰ったよ。

続きを読む


nice!(56)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4月作陶展開催決定、黒の作品 [陶芸作品]

4月20日から3日間

等身庵6回目の作陶展開催決定した。

先だって作品

0117-01-kuro.jpg

黒の入れ子の作品。

入れ子とは大きさが少しずつ小さくなって重なること。

0117-02-kuro.jpg

黒に銅の入った釉薬で小鉢。

緑っぽくなります。

0117-12-kuro.jpg

象嵌と言って、粘土に違う色の粘土を重ねて

絵にしました。銅鑼鉢と蕎麦猪口

0117-04-kuro.jpg

マグカップ

0117-05-kuro.jpg

大鉢、DMにしようかな~~~~~。

0117-06-kuro.jpg

三島大皿、印を押して白化粧泥をうめます。

0117-07-kuro.jpg

菓子鉢で良いかな?

0117-08-kuro.jpg

フリーカップ、ビールでも珈琲でもお茶でも!

0117-10-kuro.jpg

小皿ではあるが・・・

0117-11-kuro.jpg

カップ&ソーサーのソーサーでもある。

0117-13-kuro.jpg

鎬の飯茶碗、粉引です。

0117-15-kuro.jpg

フリーカップ、花器に使っても良い。

0117-16-kuro.jpg

これこそ一輪挿し、

小粋に飾って欲しい。

0117-17-kuro.jpg

丼鉢です。

私的に結構気に入った釉薬の妙。

蕎麦とかうどんの味がアップしますよ。黒土ベースの作品でした。

nice!(58)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久々の等身庵の料理ネタ [料理]

料理ネタをアップします。

昨年3月のレシピです。

0115-01-0315.jpg

3月15日頑張ってみた。

0115-02-0315.jpg

若干中華風になった。

0115-03-0315.jpg

レンコンをすりつぶすと粘りが出る。

ネギ、片栗粉などをまぶして団子状を平たくして

焼いただけ。チジミよりおいしい。

茄子があったので一緒に焼く。

0115-04-0315.jpg

鶏のみぞれ煮。

大根おろしを沢山作って、鶏と一緒に煮ます。

ポン酢とか柑橘の汁を加えてグッドに!

0115-05-0315.jpg

口休めにきゅうりのたたきを昆布と共に!

お酒のちょっとしたアテです。

次いで3月24日

0115-06-0324.jpg

おやっ、3人分ありますね。

0115-07-0324.jpg

色取りはまずまず。

0115-09-0324.jpg

メインディッシュは鶏をソテー、

柔らかくして片栗粉をまぶして焼く。

ちょっと味付けと紫蘇を振り載せる。

0115-08-0324.jpg

サブメインディッシュはジャーマンポテト。

春先になると新じゃがが美味しい。

0115-10-0324.jpg

定番サラダにはチーズを乗っけて!

0115-11-0324.jpg

口休めはお浸し、ほうれん草を湯がきました。

だし醤油を掛けるだけ。

創作クッキングは自由気儘。

nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

千早赤阪村の水仙の里 [河内長野散歩]

隣の村の千早赤阪村に水仙が咲いている。

0114-01-suisen.jpg

毎年行っている。去年はもっと遅かった。

遠くに水仙の畑が見える。調子良さそうだ!

0114-02-suisen.jpg

うんうんいい感じで咲き誇ってる感じ!

0114-03-suisen.jpg

いい香りが漂うがブログではお伝えできない。

0114-04-suisen.jpg

大人しいワンコ撮影会もしていた。

まじ、気持ち悪いぐらいじっとしている。

0114-05-suisen.jpg

横には、刈り取っていないミカンがたわわに!

おいているんだろうね。

0114-06-suisen.jpg

水仙に戻る、一重の日本水仙にまちがいない。

0114-07-suisen.jpg

みんなやっぱり陽の方を向いている。

ほんとし、向こうを向いている。フンッ!と感じ。

陽の光には正直やね!

0114-08-suisen.jpg

ポツンと咲いている水仙も良いけど、たわわも良い!

水仙郷とか言われる名所は多々あるね。

淡路島とか伊豆下田の爪木崎とか!

0114-09-suisen.jpg

ここは風情を楽しんでほしい。

葛城山の麓に一本の木

0114-10-suisen.jpg

水仙をスルーして青空と一本の木

0114-11-suisen.jpg

穏やかな環境と凛とした水仙

0114-12-suisen.jpg

見上げるとそこは・・・・。

0114-13-suisen.jpg

同じく見上げると・・・・

0114-14-suisen.jpg

ここのシャッターポイントはこの木と水仙のコントラスト。

と勝手に思ってる。

なんとなく寒さの中、心が和みました。

0114-15-suisen.jpg

ここの千早赤阪の推薦の里から大阪が見渡せます。

その向こうは六甲山の山並み。

0114-16-suisen.jpg

スマホで撮ったので限界があるが、アップしてみました。

高いビルがあべのハルカス。

やっぱり群を抜いている。

0114-17-suisen.jpg

もっと近くで見えたのがPLの塔。

もう見慣れてきましたが、ユニークです。

1月13日、良い天気の花日和。

nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

作陶展迫る!陶芸作品「白の作品」 [陶芸作品]

4月等身庵の作陶展開催が決まった。

0113-01-siro.jpg

その際、展示する白の作品群を紹介します。

まずは中鉢!菓子鉢にも最適。

0113-02-siro.jpg

取り皿、5寸皿!非常に便利。

食がどんどん進む!

0113-03-siro.jpg

マグカップ、呉須がポイントの作品群。

思ったより軽い、手に取ってほしい。

取っ手が決め手!とっても素敵、なんてね。

0113-04-siro.jpg

飯碗、白米がより白く!

0113-05-siro.jpg

同じく飯碗、可愛い感じ!の絵を描く。

0113-06-siro.jpg

マグカップ、留まる鳥。電線かも。

0113-07-siro.jpg

三角の変形鉢。使用方法は幾多も!

0113-08-siro.jpg

皿セット。直径27cm。

絵が可愛い8寸皿。

0113-09-siro.jpg

サラダボール

こんな感じで展示します。

nice!(48)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー