So-net無料ブログ作成

高岡・富山に行ってきた。 [旅行]

ニューヨークから帰って1週間後出張です。

次は高岡と富山に出張。

高岡は一度行ったが印象薄くほぼ初めてに近い。

まずはその道中を紹介。

1127-01-takao.jpg

大阪からサンダーバードで金沢に向かう。

最初の停車駅が新大阪。

1127-02-takao.jpg

京都を過ぎてあっという間に琵琶湖の西を走る。良い天気!湖の対岸にそびえる近江富士。

1127-03-takao.jpg

本当にすっきりとした秋晴れ!

1127-04-takao.jpg

鯖江の手前で大きなドーム。

造りが斬新なのか?仏様の頭みたい。

1127-05-takao.jpg

ほら!メガネの里鯖江の看板が!

やっぱりメガネがマーク。

1127-06-takao.jpg

福井駅通過、昔はベンチに恐竜が座っていたのに、

少し寂しいね。

1127-07-takao.jpg

福井を過ぎると山並みが綺麗。

1127-08-takao.jpg

線路沿いにはセイタカアワダチソウが繁殖。

在来種の黄色い花、もう日本中を席巻してる。

1127-09-takao.jpg

びっくりするぐらい青空の車窓からのビュー。

雲がやっぱり浮かんでる。

1127-10-takao.jpg

田んぼの向こうにクレーンと何か建ってる。

1127-11-takao.jpg

そうなんです。北陸新幹線の工事。

金沢から舞鶴まではせっせと工事進んでる。

そっから先は見通せない。

1127-12-takao.jpg

びっくりする存在感の観音さんがにょきっとお迎え。

1127-13-takao.jpg

加賀温泉駅での出来事でした。

むっちゃ大きいとしかない感想。

1127-14-takao.jpg

川を渡るともうすぐそこが金沢。

1127-15-takao.jpg

やっとこさ駅プラットフォームに入っていく。

1127-16-takao.jpg

あ~間違いない終点金沢です。

高岡は近いけど、北陸新幹線に乗り換えよう!

1127-17-takao.jpg

一駅だけなので10分ぐらいで到着です。

新幹線からの景色ほとんど見えない。壁が高い~~。

1127-18-takao.jpg

高岡は泊まるのは初めてです。

ホテルの窓からの夕刻の景色です。

これから高岡の夜を散策します。

1127-19-takao.jpg

朝目覚めてのホテルの窓からのビューがこれ!

高岡駅周辺です。

(新幹線の新高岡駅はもっと山沿い)

1127-20-takao.jpg

流石、山が綺麗でした。霧??

1127-21-takao.jpg

高岡から富山には在来線

第3セクター「あいの風とやま鉄道」に乗ります。

田園風景を横目に進みます。

1127-22-takao.jpg

山並みと田園情緒豊かな景色を愛でながら富山に向かう。

高岡の良い処をお楽しみに!



nice!(45)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

等身庵のクッキングは楽し! [料理]

等身庵のクッキングは楽し!

作る楽しさ!食す喜び!

昨年11月3日のメニューから。

1126-01-1103.jpg

少しイタリアンなメニュー。

1126-02-1103.jpg

手羽元がメイン、料理は簡単すぎる。

ポン酢と水を半々にして煮込むだけ。

とろみが出てきたら食べ頃です。以上!

1126-03-1103.jpg

大好きカプレーゼ!

イタリアの国旗の色と同じ。

塩を振って、オリーブオイルをたっぶりかけて

冷蔵庫で30分は冷やしてください。

11月30日

1126-04-1130.jpg

最近のワインお手頃感があって楽しめる。

1126-05-1130.jpg

ひれ肉をソテーしてしぐれ煮。

紫蘇を振りかけて、またまたポン酢です。

1126-06-1130.jpg

自作の回鍋肉!味付けは味噌ベースでいい加減。

市販のソースも良いけど、自分で調合も良い。

年明けて今年の1月9日

1126-07-0109.jpg

カラフルなサラダがPOPなイメージで楽しそう。

1126-08-0109.jpg

鶏肉とエビを片栗粉で丸めてまずはソテー。

梅と紫蘇でソースを作ってからめていい味に!

1126-09-0109.jpg

ジャガイモを千切りにして軽く湯がいて

キムチと和えて炒めます。

色取りは水菜、何とも美味い。

1126-10-0109.jpg

トマト中心のサラダに緑を乗せる。

これこそPOPな雰囲気が漂う。

1月25日

1126-11-0125.jpg

今回はソテーがブームだったような!

1126-12-0125.jpg

トンカツ用の豚肉の筋を切って塩コショウ!

ソテーと同時にとろけるチーズを乗っけて蒸し焼き。

1126-13-0125.jpg

鶏の肝がお安く手に入ると

そう、鶏肝の甘露煮風!簡単レシピ。

1126-14-0125.jpg

おまけのじゃこおろし。

1126-15-0125.jpg

そして菊菜のお浸しもおまけ!

菊菜?全国的には春菊が正解なのか?

作る楽しさはすべてシンプル料理でした。


nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

教林坊の紅葉ライトアップは早かった。 [イベント]

滋賀県の紅葉ツアーの最後のスポットは教林坊

1125-01-kyorin.jpg

駐車場から山里に向かう坂道を・・・歩く。

暗い中を灯に誘われて進む感じ。

1125-02-kyorin.jpg

静かな山里にひっそり立つ教林坊。

当たりは真っ暗!紅葉のライトアップを目指します。

1125-03-kyorin.jpg

ここも又紅葉には早かったけどお楽しみください。

1125-04-kyorin.jpg

入場は総門です。

推古13年(605年)聖徳太子によって創建された由緒あるお寺。

1125-05-kyorin.jpg

モミジのライトアップ、真っ赤を期待していたが・・・。

侘び、寂びの隠れ里、石の寺「教林坊」と呼ばれる。

1125-06-kyorin.jpg

2千坪の境内をうめる約3百本の紅葉とそれを取り囲む竹林

そのコントラストが素晴らしい。

1125-07-kyorin.jpg

天気も良く紅葉を見上げると

そこに月の光が差し込む。

1125-08-kyorin.jpg

順路に従って回遊すると遠州庭園を見下ろせる。

1125-09-kyorin.jpg

昼間も良いのじゃないかと思わせるが、

今回はライトアップを目指した。

1125-10-kyorin.jpg

敷地内には書院や本堂、経堂などが立つ。

1125-11-kyorin.jpg

本堂の仏像たち。

1125-12-kyorin.jpg

聖徳太子さんの説法岩と書かれてた。

1125-13-kyorin.jpg

庭園は枯滝・鶴・亀などの巨石を配した

桃山様式を象徴する池泉庭園!

1125-14-kyorin.jpg

教林坊の公開は春のGWの土日祝日と

秋の11月1日から12月10日までの年2回のみで、この時ライトアップ。

1125-15-kyorin.jpg

因みに、かの白洲正子さんが数度来訪されて

かくれ里石の寺として紹介して有名。

1125-16-kyorin.jpg

余りに紅葉がまだだったので、

パンフレットを見てピークを想像して

また絶対来たいと言う思いにひたる。

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

胡宮神社は紅葉よりも夕陽が綺麗でした。 [旅行]

滋賀の紅葉ツアーに参加。

彦根城の玄宮楽々園に次いで訪問したのが

1122-01-konomi.jpg

胡宮神社!フリーパスです。

1122-02-konomi.jpg

鳥居をくぐって振り返ると紅葉していた。

1122-03-konomi.jpg

参道の両サイドがモミジのトンネル。

あれ!ちょっと早かった??

1122-04-konomi.jpg

ちょっとした広場に地蔵さんらしきものが並ぶ。

エプロンしていて、可愛らしい。

円空スタイル???

1122-05-konomi.jpg

一部綺麗な紅葉が見れる。

日に輝いてもいる。

1122-06-konomi.jpg

参拝客?紅葉狩り?沢山の人でですが、

紅葉はまだ疎ら、少し早かったかもね。

1122-07-konomi.jpg

馬の銅像と紅葉!

1122-08-konomi.jpg

おっと、馬の銅像の後ろに輝く夕陽。

1122-09-konomi.jpg

タイミングは丁度日没。

こりゃ~夕陽も楽しめるぞ。

1122-10-konomi.jpg

早い、夕陽が沈むのが早い。

1122-11-konomi.jpg

あっという間に山の向こうに!

しかしいい天気に恵まれて凄く綺麗な夕陽に会えた。

(2日前の天気予報まで雨だったのにラッキー)

1122-12-konomi.jpg

そうそう、胡宮神社は「このみや神社」と読むそうです。

「こきゅう神社」だとばかり思ってた。

その社もライトアップ、これは赤です。

1122-13-konomi.jpg

ライト青に変わりました。綺麗です。

1122-14-konomi.jpg

さ~バスに戻る景色です。

鳥居の向こうも紅葉。

1122-15-konomi.jpg

場所によっては綺麗に紅葉、まだのところはまだまだ緑。

この神社は入場料要りません。

タイミングがもっと遅かったら絶対もっとキレイ。

来年再挑戦するか?どうしよう。

nice!(58)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バスツアーで紅葉狩り [関西小旅行]

阪急トラピクスのバスツアーに参加してきました。

土曜日雨の予報が一転好天気!

三重でランチをして北に向かって滋賀県で

紅葉狩りというコースです。

1119-01-genkyu.jpg

12時前に伊賀上野のドライブインでランチします。

西名阪を経由したので三重県からスタートです。

1119-02-genkyu.jpg

なんと、松阪牛・松茸の食べ放題、そして

飲み放題付きという豪華さ!

内容はこんなもんでしたが、ハイボールで酔っちゃった。

1119-03-genkyu.jpg

山を越えていくと野洲あたり、近江富士を目の前に進みます。

そろそろトイレタイムお願いします。

そして着いたのが国宝「彦根城」

1119-04-genkyu.jpg

今回はお城ではなく、

お城を見上げるお庭の紅葉を楽しみます。

1119-05-genkyu.jpg

名勝「玄宮楽々園」

良いお庭です。紅葉も色づいて良い風情。

1119-06-genkyu.jpg

石庭と真っ赤なもみじ。これです!

1119-07-genkyu.jpg

延宝5年(1677年)、4代藩主井伊直興により造営が始まり、

同7年に完成したと伝えられ、昭和26年には国の名勝に。

1119-08-genkyu.jpg

庭園部分を玄宮園、御殿部分を楽々園と称しています。

池に浮く石の配置が絶妙です。

1119-09-genkyu.jpg

玄宮園は、広大な池水を中心に、

池中の島や入江に架かる9つの橋などにより、変化に富んだ回遊式庭園。

1119-10-genkyu.jpg

浮島良いでしょ!

遠くの山も、霞むが紅葉して借景を楽しめる。

1119-11-genkyu.jpg

玄宮園は、園内を見渡す好所に建てられた数寄屋建築である

「八景亭」から近江八景とも!

1119-12-genkyu.jpg

借景と言えば、国宝彦根城の天守閣は

何よりの借景です。

そして楽々園に入ります。

1119-14-genkyu.jpg

入るとすぐそこに石を配置した

枯山水のような石庭がまつ。

1119-15-genkyu.jpg

真っ赤な紅葉とのコントラストも良い!

楽々園が御殿部分。

1119-16-genkyu.jpg

ここがお屋敷でゆっくり座し庭を楽しむ。

1119-17-genkyu.jpg

ここではお茶をたしなむことも出来ます。

(別料金!)

以上で玄宮楽々園を楽しんで次の観光地に!

1119-18-genkyu.jpg

その駐車場への道々で、なんとカンザクラが咲いていました。

綺麗に可愛らしい桜ですね。

(桜の下で猿回しが頑張ってた!)

1119-19-genkyu.jpg

今回お城には登らなかったので、

井伊さんとの歴史的な巡り合わせはなかった。

でも、かの有名な「ひこにゃん」には

どら焼き姿でお目にかかりました。

nice!(59)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナイアガラオンザレイクの街、散策。 [旅行]

200年以上以前のイギリスの風景を

今も残すカナダで最も美しい街と言われる。
1115-18-lake.jpg

ナイアガラオンザレイクと言う町

1116-01-lake2.jpg

1972年から5年間アッパーカナダの首都とでした。
1116-02-lake2.jpg

その中心的な場所の時計台。

斜め前に立つのがPrince of Wales Hotel

1116-03-lake2.jpg

イギリスの皇室の方々も泊まる超有名なホテル。

1116-04-lake2.jpg

ここでアフタヌーンティーを召し上がる。

馥郁たる時間を過ごすのはお洒落。

そんな時間はなかった。

1116-05-lake2.jpg

多分、この町に謂れのある人に違いない。

ジェントルマンと言うにふさわしいスタチュー。

1116-06-lake2.jpg

レンガ造りの建物は1800年代のものか?

こんな街並みの建物はショップが多い。

1116-07-lake2.jpg

チョコレート屋さんとか!

色々なショップ、クリスマスだけのグッズとか、

女性たちは時間足りないぐらい楽しむそうです。

1116-08-lake2.jpg

古くからの州議会場跡が図書館になっているとか

1116-09-lake2.jpg

路地裏にプチホテルのような建物があってり。

可愛いし、カナダ、英国、米国の国旗が立つ。

1116-10-lake2.jpg

ホテルの看板、名前はAngel Inn

食事、イングリッシュバー、ワインバー併設。

1116-11-lake2.jpg

これは図書館になった建物の正面入り口。

1116-12-lake2.jpg

この街並みを馬車でパカパカも良いかも!

縦門、街並みだけじゃありません。

1116-13-lake2.jpg

街並みに花が綺麗に咲き誇る。

リッチというか、余裕の成せる技。

1116-14-lake2.jpg

ゴルフ場や公園も、ここが公園への入り口。

やっぱり余裕を感じる。

そこからアメリカ国境へ戻る途中の住宅地に足を入れる。

1116-15-lake2.jpg

カナダのビバリーヒルズ。芦屋六麓荘。

1116-16-lake2.jpg

富豪が済む町だそうで、走ってもらいました。

敷地が広いのは当然として、車庫何台分あるんや~~~!

1116-17-lake2.jpg

一言!

ビバリーヒルズは道路から建物は見えないぐらい奥まっていたが、

ここはオープンな感じで裕福さを垣間見た。

あ~ナイアガラ近辺はこんな感じなのだでDONE!



nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナイアガラオンザレイクという街、人気です。 [旅行]

カナダで最も美しい街と言われる

ナイアガラオンザレイクに居ます。

1115-01-lake.jpg

エリー湖の北、オンタリオ湖の湖畔の町に来ました。

1115-02-lake.jpg

湖の向こう岸はアメリカUSAです。

1115-03-lake.jpg

まず湖畔の公園の前で下車しました。

そこに瀟洒な建物と前を通る馬車!

観光用とはいえ、英国風。

1115-04-lake.jpg

オンタリオ湖、五大湖の中で最小と言えども

四国とほぼ同じ大きさ!深さも5湖中2番目に深い。

1115-05-lake.jpg

アメリカ側の要塞です。

カナダサイドの昔のイギリス軍への要塞ですが、今は???

1115-06-lake.jpg

アメリカ軍もそこには駐屯中。

国境ってこんなもんですよね。日本は幸せ・・・ボケ??

1115-07-lake.jpg

この湖畔からトロントまで泳いでみよう・・・

という人がいるんですね。追記:魚取れません、禁漁。

1115-08-lake.jpg

52㎞を泳いだ人の看板です。日本人は見当たらなかった。

オンタリオ湖を証明するために撮った。

これしかオンタリオ湖と書かれた標識がない。

1115-09-lake.jpg

全く平坦なゴルフ場の横を通って町に向かう。

車道もゴルフ場っていう感覚。

1115-10-lake.jpg

紅葉が美しい。

1115-11-lake.jpg

200年以上以前のイギリスの風景を

今も残すカナダで最も美しい街と言われる。

1115-13-lake.jpg

人工1万4000人ほど、

今なお、ほとんどイギリス人であるとか!

1115-14-lake.jpg

時計台です。

1972年から5年間アッパーカナダの首都とでした。

1115-16-lake.jpg

その時の首都のシンボルの時計台。

バックの建物は、今はワイン屋さん。昔???

1115-17-lake.jpg

クイーン通りに鎮座し続けています。

向こうの建物は旧州議会館、現図書館。

国旗もきっちり立っている。

1115-18-lake.jpg

こんな感じでクイーン通りのど真ん中。

エリー湖との標高差はマイナス100m

その間のナイアガラ川と滝を楽しんだらやっぱこの街でしょ。

次回も街並み紹介ます。


nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナイアガラオンザレイクへの途中、ワイナリー見学 [旅行]

ナイアガラの滝を楽しんで夜のフライトまで時間がたっぷり。

ナイアガラオンザレイクに行こう。

1113-01-wine.jpg

ワイン畑が続く。

1113-02-wine.jpg

カナダ車のプレートナンバー。

ONTARIO「オンタリオ」なんですね。

1113-03-wine.jpg

ワイナリーに着きました。

看板「シャトー・デ・シャルム」

1113-04-wine.jpg

流石瀟洒なワイナリーの建物

1113-05-wine.jpg

エントランスです。

1113-06-wine.jpg

前庭です、非常に綺麗に手入れが行き届いてます。

道路を隔てて、そこにもカッコいい建て物。

1113-07-wine.jpg

聞いてみるとワイナリオーナーの自宅らしい。

年老いたご夫婦の2人暮らし。

1113-08-wine.jpg

裏庭はバラの花があるけど、その先は

もう葡萄畑です。

1113-09-wine.jpg

このワイナリーには日本人のスタッフがいて

親切に案内してくれました。

1113-10-wine.jpg

ワイナリー地下深く入って、樽の整列を見る。

結構な量が保管されている。

1113-11-wine.jpg

良い樽、かぶりたい。

地下の貯蔵を見た後、試飲楽しみです。

1113-12-wine.jpg

地元の人なのか?既に沢山の人がテイスティグ中。

負けてはならぬ、慌てることはない。

1113-13-wine.jpg

ワイナリーのネームの入った机に陣取る。

スタンディヌグです。

1113-14-wine.jpg

まずは赤、美味しい飲み方を教えてもらいながら試飲。

白に次いでお待たせのアイスワイン。

高級ワイン、甘いワイン。赤白とは違う。

1113-15-wine.jpg

ワイナリーを後にしてオンザレイクに向かう途中。

メイプルの木の向こうに白い建て物。

1113-16-wine.jpg

世界で最も小さい教会だそうです。

中に入れました。

1113-17-wine.jpg

ホンマに小さい。MAX4人かな!

1113-18-wine.jpg

懺悔には最適かも!

聖書が厳かに置かれている。

1113-19-wine.jpg

道の駅みたいな雑貨屋さんの店先。

カボチャがいっぱい。

カナダの旗とアメリカの旗、ここはカナダ!

nice!(48)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

隠れた紅葉の里「地蔵寺」今年は最高でした。 [河内長野散歩]

とうとう紅葉のシーズンを迎えました。

毎年我々が目指すが河内長野の山寺の地蔵寺。

1111-01-jizo.jpg

先週覗いたらまだ青かった。

1週間後の11月10日、こんな様子に変わってた。

それくらい近い場所にあるお寺。

1111-02-jizo.jpg

この地蔵寺は名前を出したくないけど出しちゃった。

それぐらい隠れた紅葉スポット。

1111-03-jizo.jpg

お寺の紅葉らしく鬼瓦がある場所に

大国さんか布袋さんか?福神さんが立ち、バックに紅葉。

1111-04-jizo.jpg

丁度真っ盛りの紅葉に出会えて良かったよ。

1111-05-jizo.jpg

落ち葉になっているとちょっと残念やからね。

1111-14-jizo.jpg

こんな感じも良いけど、

やっぱり真紅の葉がぶら下がっていて欲しい。

1111-06-jizo.jpg

それにしても赤く染まったね。

1111-07-jizo.jpg

このお寺の拝観客は毎年少ない。

今回訪問した時は誰も居なかった。

1111-08-jizo.jpg

紅葉、この綺麗な紅葉独り占めや~~~。

それこそこのお寺の素晴らしいところ。

だから実はお寺の名前は出したくなかった。

1111-09-jizo.jpg

お寺の中に小高い丘があって、

その小山に紅葉が真っ赤、黄色に燃え盛る。

1111-10-jizo.jpg

鐘楼とのコントラストお楽しみください。

1111-11-jizo.jpg

煩悩を打ち砕く鐘、そこに広がる真紅の紅葉。

絵にも言えない美しさ!

1111-12-jizo.jpg

紅葉、光に当たるとより鮮やか。

浮き出てる。

1111-13-jizo.jpg

緑から赤へのグラディエーションが良いでしょ!

赤のバックが緑、素晴らしい。

1111-15-jizo.jpg

ちょっとパノラマで撮ってしまいました。

1111-16-jizo.jpg

もう少し赤とお付き合いください。

1111-17-jizo.jpg

シャッターチャンスというか

写メスポット満載です。

1111-18-jizo.jpg

このお寺の歴史は知らないけど

この鄙びた木とモミジの赤!

今年の紅葉狩りは大成功でした。


nice!(37)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カナダのナイアガラの町はどんな感じなのか? [旅行]

アメリカサイドのナイアガラの町は

もう一つ元気がない。

橋を渡ってカナダサイドの町はどんなんだろう。

1109-01-Ncity.jpg

凛と立つでっかいタワー。

「CASINO」が随所にあって娯楽の町。

1109-02-Ncity.jpg

ヒルトンホテルの手前にHard Rockカフェ、

そこに続く路上に星「JOHN LENNON」

他にもBillyJoel と楽しめる。

1109-03-Ncity.jpg

そのヒルトンホテルから街並み臨む。

縦のストリートに娯楽の殿堂が・・・・。

1109-04-Ncity.jpg

このストリートの両サイドが賑やか通り

1109-05-Ncity.jpg

逆方向を下るとナイアガラ川に突き当たる。

滝にも突き当たる。

1109-06-Ncity.jpg

こんな感じで賑やか!

1109-07-Ncity.jpg

やっぱり奇抜さや原色で目を引かねばね。

カナダよりアメリカンな感じ!

1109-08-Ncity.jpg

ここがカジノの入り口の前のロビー

誰でもフリーに入れました。

(実はトイレ借りました。)

1109-09-Ncity.jpg

カジノのフロアから見下ろす。

木の向こうにはナイアガラフォールズ。

1109-10-Ncity.jpg

ゆっくりできる公園みたいな空間もある。

1109-11-Ncity.jpg

リスも何かを加えて定番のポーズ。

夜になります。

1109-12-Ncity.jpg

そんなに賑やかなわけではありません。

皆部屋の中に籠ってるか、カジノか!

1109-13-Ncity.jpg

タワーもライトアップ。

1109-14-Ncity.jpg

明るくされていますが、町は緑も多く

少し寂しいかな?

治安は全く大丈夫ですね。

1109-15-Ncity.jpg

この建物は綺麗です。

実は大きなカジノとショッピングモールのビル。

多くの人や車が出たり入ったり。

カジノがあっても治安問題ないのでは?

野党の皆さん、どう思います?

nice!(46)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー