So-net無料ブログ作成

ブエノスアイレス、カミニートは [旅行]

ブエノスアイレス、最後の観光地

アルゼンチンタンゴの発祥地「ボカ」地区に向かう。

0630-01-camini.jpg

グランドがある。あれ~~

ボカジュニアーズじゃないかい。

0630-02-camini.jpg

正しく、かの有名な南米のサッカークラブ

ボカジュニアーズのロゴやないですか~~

0630-03-camini.jpg

もうサッカーファンには、すいだの場所。

治安はよくなさそう~なムードがバスから匂う。

0630-04-camini.jpg

バスで少し進むと世界遺産「カミニート」

賑やかになって来た。

0630-05-camini.jpg

カラフルな店、ベランダから覗くアルゼンチンニスト

0630-06-camini.jpg

ここからは、カラフルな写真を一斉アップ。

0630-07-camini.jpg

トタン屋根、壁の家、ただただ派手なペンキ。

0630-08-camini.jpg

ここからがカミニートのストリート

右手に絵を販売、買っちゃたんだけどね。

0630-09-camini.jpg

これは何?楽器演奏してるやん。

ここ「ボカ」ってアルゼンチンタンゴの発祥地なんですよね。

0630-10-camini.jpg

なんか知らないけど壁に張り付いたレリーフと看板

看板は「caminito」カミニートと書いている。

0630-11-camini.jpg

ボカジュニアーズでも紹介したが主役は・・・

あのあの「マラドーナ」でしょう。

0630-12-camini.jpg

カミニートの街にもやっぱりいた。

背番号「10」そっくりさん!人畜無害です、この人は!

0630-13-camini.jpg

ここがカミニートのメッカですね。

どっちに歩いて進むか?

0630-14-camini.jpg

折り返したらこんなストリート。

0630-15-camini.jpg

まっすぐ進んだら~~良かった…港です。

ボカは港町ですから。

0630-16-camini.jpg

戻ってみたらマラドーナらしき人がまだ頑張ってる。

0630-17-camini.jpg

それにしてもなんで家がカラフルなのか?

0630-18-camini.jpg

色々なお店が出ています。ちょっと買った。

港に来た船のペンキを、端数のペンキを塗った。

0630-19-camini.jpg

船から頂いたペンキを塗った、足らない。

別の頂いたペンキを塗った。

結果カラフルになった。

0630-20-camini.jpg

やっぱり壁にも面白い絵画、カラフルな絵画。

タンゴのダンサーに加わる相方。

0630-21-camini.jpg

窓からは何かがのぞく。

派手としか言いようがない。楽しすぎる。

0630-22-camini.jpg

お店も路面で賑わう。中ではタンゴ踊ってる。

昨夜見たステージのタンゴとは違い過ぎる。

というのは昨日のショーが凄すぎた。

0630-13-camini.jpg

おまけのメジャーの場所のツーショット

nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブエノスアイレス観光2段はお墓と本屋 [旅行]

ブエノスアイレスのコロン劇場や

大統領官邸、サンフランシスコ大聖堂の間に

高級住宅街にある墓地観光。

0629-01-reco.jpg

これが墓地の入場ゲート

雰囲気違うね!

0629-02-reco.jpg

狭き門なれど誰でもはいれるみたい。

0629-03-reco.jpg

きっちりと区画が決まっていて

両サイドにお墓が立ち並ぶ。

0629-04-reco.jpg

小ぶりの瀟洒な教会みたいなのが中央に鎮座。

0629-05-reco.jpg

どのお墓も競うように豪華な造り。

様式もバロック、ネオ、ゴシックと多彩。

0629-06-reco.jpg

アルゼンチンの歴代大統領など歴史上の偉人たちのお墓

1881年創業なのでそこそこの歴史。

0629-07-reco.jpg

やっぱりそうか~~

アルゼンチンのファーストレディ「エビータ」のお墓

0629-08-reco.jpg

オペラなどでも有名、今でも花をたむける。

0629-09-reco.jpg

このに入るにはやっぱり相当の財力が必要。

しかし、さびれたお墓もあって悲哀もある。

0629-10-reco.jpg

そこにひときわ大きな木、松のようだけど、

枝ぶり全く違う。南米特産か?

0629-11-ateneo.jpg

続いて訪れたのも高級住宅街にある本屋さん。

「エル・アテネオ」

0629-12-ateneo.jpg

入ってびっくり世界で2番目に美しい本屋。

1番はどこかは知らないけどそう言っていた。

0629-13-ateneo.jpg

中央の周りも本ばっかりだけど、客席でしょ!

0629-14-ateneo.jpg

装飾も半端ない。(大迫は言ってない)

0629-15-ateneo.jpg

天井画、もう劇場と言わざるを得ないでしょう。

0629-17-ateneo.jpg

こんな装飾まで壁に貼りついている。

金もふんだんに使われている。

0629-18-ateneo.jpg

お判りでしょうが、もともと劇場の建物を改修して本屋に!

だから本棚の向こうはステージ

0629-19-ateneo.jpg

カーテンの向こうステージではお茶飲める。

丁度黒い服の客なのでバイオリニスト?

楽譜台はひょっとしてメニュー?

0629-20-ateneo.jpg

上にどんどん上がっていって、見下ろせます。

やっぱり劇場の雰囲気。

0629-21-ateneo.jpg

ずら~~~っと本の陳列。

0629-23-ateneo.jpg

雄大!劇場が良かったのか?本屋が良かったのか?

世界で最も美しい本屋と表現を変えましょう。

nice!(43)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アルゼンチンのブエノスアイレスは南米のパリと言われてる。 [旅行]

昨夜、アルゼンチンタンゴディナーショーを堪能した。

今朝はブエノスアイレス市内観光。

南米のパリと言われている由縁に会おう。

0628-01-buenos.jpg

バスで最初にコロン劇場に向かう。

街の雰囲気は欧米風、スペイン統治時代の名残りかね。

0628-02-buenos.jpg

世界三大劇場のテアトロコロン劇場の全貌です。

中には入れませんでした。非常に残念!

スカラ座、オペラ座とここコロン劇場。凄い劇場です。

0628-03-buenos.jpg

更にバスで観光、凄く混んでる。

0628-05-buenos.jpg

バスから見た銅像、軍人ぽい、スペイン人か?

余談であるが、後ろの電線には驚き!

0628-06-buenos.jpg

こんな素敵な建物が随所にある。

0628-07-buenos.jpg

公共の建物で説明あったと思うが失念。

0628-08-buenos.jpg

ゴシック建築?バロック様式?それにしても洋館。

南米のパリと言われる由縁に会えた。

0628-10-buenos.jpg

青空にオベリスクが尖塔としてそびえ立ってる。

この通りをシャンゼリゼに例えているのだ。

世界1広いストリート、8Χ2=16車線もあるのだ。

0628-11-buenos.jpg

5月広場の大木、こんなのは日本では見れない。

0628-12-buenos.jpg

白亜の建物、教会?南米ではカテドラルと言うが、

ちょっと雰囲気違うけど、美しい。

0628-13-buenos.jpg

バスから歩道を写メ。

これ、置物、実物大の置物、コミカルや!

0628-14-buenos.jpg

道路の真ん中に大きな公園が並行してあるのが素晴らしい。

そこにも大木が木陰を作る。

根っこら枝が凄く横に広がってる。

0628-15-buenos.jpg

路線バス連なっています。

0628-16-buenos.jpg

5月広場に向かって歩く。

通りの両サイドに歴史を語る建物が並ぶ。

0628-17-buenos.jpg

遠くに見え高層ビルの街。

プエルトマデイロ、港町である。

今は近代的な高層ビルが立ち並び、高級ホテルやオフィスが!

旧から新を望む!

0628-18-buenos.jpg

五月広場の向こうに瀟洒な宮殿みたい。

0628-19-buenos.jpg

そして、ここが目的の大聖堂。

メトロポリタン大聖堂。

壁の飾りが何とも可愛い。

0628-20-buenos.jpg

ほぼ、全景の大聖堂、残念ながら中には入れませんでした。

翌日から何かイベントがあるらしい。

現職のローマ法王フランシスコの出身の大聖堂でもある。

0628-21-buenos.jpg

こっからもオベリスクが見えるのが又面白い。

0628-22-buenos.jpg

アルゼンチンの大統領官邸。

アメリカのホワイトハウスに対しピンクハウス。

0628-23-buenos.jpg

元大統領夫人(ファーストレディ)エビータが

ベランダから歌った記録もある。

0628-24-buenos.jpg

最後の1枚。

広いストリート、沿って公園、その向こうに

さり気なく瀟洒な建物、これが南米のパリ、ブエノスアイレス。


nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブエノスアイレスでアルゼンチンタンゴ聞きながらディナー [旅行]

イグアスから空路ブエノスアイレスに!

ホテルチェックインしてすぐ

ディナーショー

0627-01-tango.jpg

アルゼンチンタンゴのお店です。

ブエノスアイレスは南米のパリと呼ばれています。

0627-02-tango.jpg

もちろん初体験。

わくわくで店内に突入。

0627-03-tango.jpg

歴史のある店内の装飾。演奏が始まるまでは写真OK!

今のうちに店内を撮る。

0627-04-tango.jpg

アルゼンチンタンゴはラ・ボカが発祥。

ボカジュニアーズで有名でもある港町

0627-05-tango.jpg

どうもこのお店のロゴみたい。

「ガラ・タンゴ」というお店でしょう、きっと。

0627-06-tango.jpg

雰囲気はあまり経験したことない。

飲まれないように観賞しよう。

0627-07-tango.jpg

奥にバーコーナーみたいな。

演奏が始まる前に飲んで食べて・・待つ。

0627-08-tango.jpg

歴史的なダンサー?

もしくは仕切り屋さん、アルカポネみたいな!

歴史を紐解くとやくざも絡んでいるらしい。

若干やばい感じのアルゼンチンタンゴ。

0627-09-tango.jpg

ダンサー、演奏者を待つステージ。

席に置かれたワイングラスを通して。

0627-10-tango.jpg

結構広い。実はここで6人の男女がダンス。

演奏、歌、ラ・クンパルシータなどなどや~~

0627-11-tango.jpg

真ん中に鎮座しているのが、

タンゴに欠かせない「バンドネオン」

小粋にハットを乗せて演奏者を待つ。

どうもこの演奏者がタンゴのヒーローみたいだ。

0627-12-tango.jpg

そろそろディナータイム。

その前にその楽器「バンドネオン」について!

アコーディオンに似ているが違う。

非常に演奏難しく「悪魔が作った楽器」と言われている。

0627-13-tango.jpg

演奏が始まる前にディナー始まった。

やっぱりね。パンから・・・・

0627-14-tango.jpg

ディナーコースの中にワインも含まれていて嬉しい。

デキャンタでどんどんワイン入れてくれます。

ボリューミーと言われている。

0627-15-tango.jpg

スープ、美味しい。

0627-16-tango.jpg

サラダ、こんなショーのごはん期待出来ないこと多いが、

結構期待出来そうな。

0627-17-tango.jpg

これでもかというぐらい出てきだしたぞ~~~

メインはまだだと言うのに!

0627-18-tango.jpg

出た~、ステーキ、超赤身、300gはある。

流石赤身、少し硬いけど肉の味が

噛めば噛むほど沁みて来て美味い。

肉食ってるな~~~って感想。

0627-19-tango.jpg

お洒落なデザートも出てきます。

アルゼンチンタンゴのダンス紹介したかったが、食事紹介や!

0627-20-tango.jpg

ダンスが終わって、はける時にやっと写真撮れた。

お送りしてくれた。

0627-21-tango.jpg

お店を出ると名残惜しい。

まじめな話、見る前に思ってたより数倍素敵でした。

キレ、迫力、それと息が合わないとそんなシャープに踊れない。

そんな演技演奏、食事、堪能しました。

0627-22-tango.jpg

夜道を少し歩くと、交差点に置物。

これぞ、現代のアルゼンチン

nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イグアスの滝、最後のアップはヘリコプター [旅行]

イグアスの滝を存分に楽しんだが、

最後の楽しみがヘリコプターからの鑑賞。

0622-01-iguheri.jpg

このヘリコプターに乗るらしい。

実は私、等身庵は高所恐怖症

特に橋、ベランダみたいに飛び込めそうなのが苦手とくる。

0622-02-iguheri.jpg

葉書の姿とチケットを写メる。

これ悪魔のののど笛の上を遊覧する姿。

期待に胸膨らむのと怖いのと!

0622-03-iguheri.jpg

操縦士2人を除くと6人乗りなので、ツアー仲間です。

別に希望したわけではないけど、

我々2人が操縦士横の前の席に誘導された。

正直ラッキー、他の4人に申し訳ないけど!

飛んだ、思ったほど怖くない。段々余裕!

0622-04-iguheri.jpg

ジャングルの遠くに水しぶき?水煙?

0622-05-iguheri.jpg

おっ!滝が垣間見えてきた。イグアスの滝だ!

0622-06-iguheri.jpg

お~~凄い、近づいて来た。

0622-07-iguheri.jpg

お~~、一望だイグアスの滝、広い!

ジャングルの中に赤い屋根。

0622-08-iguheri.jpg

ここだ!我々が昨夜泊まった絶好のホテルに違いない。

「ベルモンドホテルダスカタラタス」

0622-09-iguheri.jpg

ホテルの前の滝、横一列で全貌。

0622-10-iguheri.jpg

再度ホテル、ハッキリホテル。

その真ん前に雄大な滝、絶好でしょ!真ん前。

0622-11-iguheri.jpg

一面ジャングル、雄大な滝ぽっかり空いた穴に落ち込む滝やね。

0622-12-iguheri.jpg

旋回して滝の上部に来た。

0622-13-iguheri.jpg

ここが悪魔ののど笛に違いない。

アルゼンチンサイドからの橋が続いているのが見える。

0622-14-iguheri.jpg

旋回してどんどん近づく。

0622-15-iguheri.jpg

なんかヘリコプターへの恐怖心はどっかに行った。

0622-16-iguheri.jpg

私の席は操縦士に接する位置、見晴らし絶好です。

0622-17-iguheri.jpg

操縦席をスルーして悪魔ののど笛が見える。

0622-18-iguheri.jpg

雄大、綺麗、豪快、しかも虹が見える。

正しく悪魔ののど笛です。

0622-19-iguheri.jpg

アルゼンチンサイドの橋げた。

上空から見るイグアスの滝楽しめました。

0622-20-iguheri.jpg

さ~~上空からの悪魔ののど笛。

アゲイン!

もう大満足で帰路に着いた。

ふと遠くを見ると町

0622-21-iguheri.jpg

ジャングルの向こうにイグアスの街。

このギャップに初めてのヘリコプター、大満足。

おまけの情報だけどセスナにも乗るからね。

nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イグアスの滝、出発場所に戻りました。 [旅行]

イグアス簿滝のブラジル側の遊歩道の終点。

そこから、バスでホテルの前の出発点に戻ります。

0621-01-iguazu4.jpg

シャトルバスですね。2連結。

出発地点、朝は霧で見えにくかったからね。

見直しできる。

0621-02-iguazu4.jpg

うわ~~~、霧晴れてる。水しぶきが霧みたい。

人・・観光客も増えている。

0621-03-iguazu4.jpg

いや~やっぱり雄大ですね。

0621-04-iguazu4.jpg

見渡すとこんな感じ、周りはジャングル。

0621-05-iguazu4.jpg

2段の滝が良いですね。

0621-06-iguazu4.jpg

滝つぼの先の川に小屋?何のため?

0621-07-iguazu4.jpg

0621-08-iguazu4.jpg

滝の2段屏風みたい。

0621-09-iguazu4.jpg

0621-10-iguazu4.jpg

写真では白糸の滝の親分みたいですが、

実物は全く荒々しい。

0621-11-iguazu4.jpg

滝の上、アルゼンチンサイドに遊歩道がある。

悪魔ののど笛につながる遊歩道や!

0621-12-iguazu4.jpg

出発地点の霧の晴れたイグアスの滝でした。

(最初のブログ記事読めば霧のこと分かります)

ここでブラジルサイドのイグアスの滝完了。

次は締めくくりとしてヘリコプターからです。

0621-13-iguazu4.jpg

そこから見えるホテル

当初の予定で止まる予定だったメリアイグアス。

結果ブラジルのダスカタラタスホテルでLuckyでした。

nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イグアスの滝、まだまだ続きます。 [旅行]

イグアスの滝、爆音など臨場感・迫力に押され気味!

0620-01-iguazu3.jpg

ま~比較にはならないけど・・・

華厳の滝の千倍はある。

本当に比較にならない。

0620-02-iguazu3.jpg

人とともに撮るのが分かり易い。

0620-07-iguazu3.jpg

そんな訳で写真撮り過ぎた。

0620-03-iguazu3.jpg

よって何をアップしようか?考えるほど捨てがたい。

0620-04-iguazu3.jpg

だから、いいや!写真連続載せます。

0620-05-iguazu3.jpg

こんな感じでワンサカですね。

0620-06-iguazu3.jpg

河童着て万歳。ちっちゃな存在です。

0620-08-iguazu3.jpg

左右100mは完全に超えている。

0620-12-iguazu3.jpg

高さだけでも30mは超えていると思う。

0620-09-iguazu3.jpg

壮大そのものでしょ!

奥の隠れている滝場所が悪魔の喉笛

アルゼンチンサイドから見えます。

0620-10-iguazu3.jpg

逆にこの地点はアルゼンチンサイドからは見えません。

0620-11-iguazu3.jpg

ここの方が真下から360度見れるから絶品です。

0620-14-iguazu3.jpg

手前の滝、虹、向こうの滝。

向こうの滝の一部が悪魔です。

(ここはヘリコプター上空から紹介します。)

0620-15-iguazu3.jpg

ここで終了地点、エレベーターで昇ります。

その最終地点から滝を見た写真。

大迫力!としか言いようがない。

0620-16-iguazu3.jpg

0620-17-iguazu3.jpg

滝ツバメが滝に向かって飛んで突入している。

大丈夫?でも繰り返し飛んでは突っ込んでいる。


0620-18-iguazu3.jpg

では最後の見納めイグアスの滝のビュー。

(実は最初の地点に戻るから再度アップしますけどね)

朝早すぎたのでエレベーター作動していない。

歩いてバス乗り場に向かう。

0620-19-iguazu3.jpg

バス乗り場から対岸のアルゼンチンサイド撮った。

歩道があって人の列。

0620-20-iguazu3.jpg

ここが終点悪魔の喉笛の上みたい。

ここはヘリから見渡せたので状況は改めます。

こんな感じでホテル前から遊歩道を滝に沿って歩いた。

終点の滝に圧倒されました。

もう少しイグアスの滝お付き合いください。

nice!(39)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イグアスの滝、第2段 [旅行]

ホテルの前のイグアスの滝、朝、霧に霞む。

霞んだイグアスの滝を見ながら遊歩道を進んでいこう。

0619-02-iguazu.jpg

霧も少しずつ晴れてきているように感じる。

0619-03-iguazu.jpg

2段の上の滝もはっきり見えてきた。

0619-04-iguazu.jpg

荒々しさも迫って来た。

0619-05-iguazu.jpg

大きさ、爆音の凄さを伝えたい。

0619-06-iguazu.jpg

遊歩道もアップダウンあり、

高い所からは、水源の川?ダムみたなも見える。

0619-07-iguazu.jpg

0619-08-iguazu.jpg

赤い花をスルーしてイグアスの滝

この辺からブラジルサイドの頂点に来る

0620-09-iguazu3.jpg

落ちる滝の上に来た。

川になって流れる横からも滝が流れ落ちる

0620-10-iguazu3.jpg

晴れてきた。くっきりと虹。絵も言えぬ美しさ

0620-11-iguazu3.jpg

ここ頂点、大迫力です。

0620-12-iguazu3.jpg

この橋を歩いて滝の真下まで行く。

しぶき、全身にウケます。要はびしょぬれ!

0620-14-iguazu3.jpg

パノラマ写真、この橋をカッパ着て進む。

左手が頂点の滝、大パノラマ。

その向こうが「悪魔ののど笛」と言われる滝。

0620-13-iguazu3.jpg

橋から振り返って下流方面

このビューも滝だらけ

360度イグアスの滝と言った感じ。

0620-16-iguazu3.jpg

足元から流れ落ちる滝

0620-17-iguazu3.jpg

荘厳なり

0620-18-iguazu3.jpg

滝と虹

0620-19-iguazu3.jpg

こんなきれいな虹は珍しいそうな。

いつも虹は掛かるらしいが、180度半円くっきりは珍しい。

0620-20-iguazu3.jpg

0620-21-iguazu3.jpg

0620-22-iguazu3.jpg

水量は半端ない。大迫力。

0620-23-iguazu3.jpg

0620-24-iguazu3.jpg

このビューポイントには我々が一番乗り。

独り占めできたラッキーさ!

あのホテルのお陰かも!

0620-24-iguazu3.jpg

霧も晴れたし天気もいいし、

豪快な滝をびしょぬれになりながら

独り占め、爽快な良い気分。

nice!(26)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イグアスの滝、やっと会えます。 [旅行]

ラッキーな宿泊先が

ダス・カタラタス、イグアスベルモンドホテル

ブラジルサイドの公園内にある。

0616-01-cataratas2.jpg

ピンクの5つ星ホテル。

朝ひんやりした中ホテルを出る。

0616-02-cataratas2.jpg

早朝集合でイグアスの滝にそって歩く予定。

0616-03-cataratas2.jpg

私たちの部屋はこの並びの2階、

夜だったので滝の音しか聞こえなかった。

0616-04-cataratas2.jpg

少し歩いてホテルを見かえると良い天気っぽい。

0616-05-cataratas2.jpg

ところが滝の方向は・・・霧。霧。

見えるかな?とガイドさん心配顔。

ここはジャングルなので豹や鳥などいろいろ居るよ。

0616-06-cataratas2.jpg

と、聞いているさなか木に停まった鳥。

慌てて撮る

0616-07-cataratas2.jpg

なんともうまく撮れた。偶然ながら鼻高々。

さ~幸先良し。

滝に向かおう。

0616-08-cataratas2.jpg

ジャングルはこんな感じで朝もや。

0616-09-cataratas2.jpg

見下ろすと滝がかすかに見える。

0616-10-cataratas2.jpg

あ~晴れてほしい。

ここは公園の中なので我々が一番乗り。

一番客でも我々より1時間は遅い。

0616-11-cataratas2.jpg

2段滝も朝もやの中。靄よ上がれ~~~。

一般の観光客はゲートが空いて、バスでここに来る。

0616-12-cataratas2.jpg

客のいない間にいっぱい見たい。

0616-13-cataratas2.jpg

少しずつ晴れてきたような感じはある。

イメージは十分つかめる。

0616-14-cataratas2.jpg

ブラジルサイドからアルゼンチンサイドの滝を見てる。

こっちからの滝が90%楽しめるらしい。

0616-15-cataratas2.jpg

川底はもや晴れて来た。

実はまたここに戻ってく予定なので・・・

0616-16-cataratas2.jpg

その時はきっともっと迫力感じるはず。

0616-17-cataratas2.jpg

ここからは写真ばっかりになりますが、

まず最初のビューを列挙。

0616-18-cataratas2.jpg

0616-19-cataratas2.jpg

0616-20-cataratas2.jpg

0616-21-cataratas2.jpg

シャッターチャンスばっかりなので、

もう押すばっかり。

0616-22-cataratas2.jpg

0616-23-cataratas2.jpg

0616-24-cataratas2.jpg

爆音やしぶきをお伝えできると

そりゃ~臨場感味わえるのに。

0616-25-cataratas2.jpg

0616-26-cataratas2.jpg

0616-27-cataratas2.jpg

ここから、滝を眺めながら遊歩道を進んで

ブラジルサイドの素晴らしい滝に向かいます。

時価もイグアスの写真ばっかりですが、

アップします。

nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イグアスベルモンドホテル ダス・カタラタスのディナー [旅行]

急きょ、変更して5つ星ホテルに宿泊。

まだラッキーさが分かっていない内に

ディナーは別館でバイキングをどーぞ!

0617-01-igudina.jpg

暗い庭をダイニング棟を目指して歩く。

振り向いたら

0617-02-igudina.jpg

ロビー館の尖塔がライトアップ

0617-03-igudina.jpg

上がってみたいけど、上がれるのかどうかも分からない。

上がるとイグアスの滝が見えるに違いない。

滝の音は聞こえる。

0617-04-igudina.jpg

広いダイニング棟。

バイキングの料理内容も若干違う・・・そう感じる。

0617-05-igudina.jpg

丁度8人が並んで食せるようにセットされている。

0617-06-igudina.jpg

メインディッシュと言える肉が、びっくりする美味さ。

0617-07-igudina.jpg

ブラジルのシュラスコみたいに串刺しの肉を

ナイフで削って持ってくれる。

そうや、ここはブラジル。

シュラスコに違いない。

塩加減、焼き加減、柔らかくて満足。

0617-08-igudina.jpg

当然と言う訳じゃないけど

ピスコサワーは外せませんでした。

0617-09-igudina.jpg

今までのバイキングとはネタが違う。

サーモンもどっしりして、ソースが良い。

0617-10-igudina.jpg

フルーツ、ヨーグルトなども良い感じでお皿に盛れました。

やっぱり良いホテルなんだ!

ついでと言う訳じゃないけど朝のバイキングも紹介します。

0617-14-igudina.jpg

目覚めてダイニング棟に歩く爽やかな感じ。

0617-15-igudina.jpg

廊下から見る外庭の景色。

今朝もこの庭を歩いてダイニング棟へ!

0617-11-igudina.jpg

朝食もすっきりセレクトできる。

朝1番でイグアスの滝を見に行くので、割合早い。

0617-12-igudina.jpg

パンも美味しいし、充実しています。選び放題。

0617-13-igudina.jpg

果物もふんだん。

南米はフルーウ大国。

と言ってもスイカや葡萄って慣れ親しんでる。

種いっぱいのマンゴーみたいのが美味しい。

予定が押せ押せなので、2連泊したかった。

ダス・カタラタスホテル

nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー