So-net無料ブログ作成

俱楽部で出来た作品紹介 [陶芸作品]

等身庵としてじゃなく個人的に参加している倶楽部

そこで出来た作品プラスを紹介します。

造形で季節外れのひな人形

0517-01-toge.jpg

炭化焼成で高さ10㎝余りのペア

0517-02-toge.jpg

顔は書いていません。

印象派というか、空想の世界観で見てください。

0517-03-toge.jpg

中どんぶり鉢。使いやすい。

ここからは土味を生かした作風に仕上げた。

0517-04-toge.jpg

同じく飯茶碗。

見込みは透明釉薬で、外を民芸っぽく!

0517-05-toge.jpg

湯のみですが、若干ですが唐津風。

0517-06-toge.jpg

フリーカップ。

古民家風のカフェに合うべく作陶。

0517-07-toge.jpg

菓子鉢でも良いし、料理を盛り付けて

取り寄せて皆で食す。

飽きの来ない作品と自負!

次いで白の土

0517-08-toge.jpg

形、大きさはグラタン皿!

呉須でドット模様でライン状に。

0517-09-toge.jpg

6枚セットで作ってしまったよ。

ちゃんと重なりますからご安心を。

0517-10-toge.jpg

これまた呉須で可愛い絵を施したスープカップ。

パンプキン?コーン?コンソメ?すーぷにしますか?

0517-11-toge.jpg

呉須の使い方各種といったところ。

取っ手は全塗り、胴体に刷毛目。

マグカップですね。

呉須じゃないけどこんなんもね。

0517-15-toge.jpg

角の板皿ですが、下絵の具を十字に!

0517-16-toge.jpg

4色を塗り分けて、鰯の焼いたんでも乗っけてください。

0517-17-toge.jpg

こっちは最近ハマっている象嵌のフリーカップ

いつもながら私にしては可愛すぎる。

民芸調とは離れて来た。

0517-14-toge.jpg

さんま皿です。1辺30㎝以上あります。

ど~~ンと脂の乗った秋刀魚乗っけて下さい。

最後はクラブにある織部釉薬。

0517-12-toge.jpg

粘土をただただタタラで伸ばして板皿。

これも30㎝以上はある。

0517-13-toge.jpg

総織部なので、溝に釉薬が入り込み

絵や線を浮き上がらせます。粋な!と言わせたい。

追記

明日から南米ツアーです。

2週間ほどお休みします。

nice!(58)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

等身庵キッチンドリンカー、献立 [料理]

等身庵、家事の中で料理が一番面白い。

最もクリエイティブやからね。

料理しながらドリンカー

その楽しみも含めて献立紹介。

去年4月26日のこと

0518-01-0426.jpg

和食です。日本酒かな?

0518-02-0426.jpg

もやし豚巻き、コスパで美味い。

味付けも塩胡椒だけ。

0518-03-0426.jpg

コンニャク、ダイコン、鶏肉煮込み

ホッコリ大根沁みてます。

0518-04-0426.jpg

塩サバ焼き、定番。

4月27日

0518-05-0427.jpg

ドイツ料理かな?ビールですね。

0518-06-0427.jpg

だって、ジャーマンポテトはジャーマン?

ドイツ?

0518-07-0427.jpg

ねぎ味噌レタス乗せ。

レタスがパリパリ、美味しいのだ!

4月30日

0518-08-0430.jpg

日本人定食こそハンバーグ

0518-09-0430.jpg

普通にミンチなどこねこねして焼く。

大切なのは添え物とソース。

ソースは焼いた後の肉汁で・・・。

5月11日

0518-10-0511.jpg

市場(葉菜の森)の魚屋に寄って仕入れた魚料理。

0518-11-0511.jpg

舌平目をソテー

頭の方、若干グロテスク

0518-12-0511.jpg

胴体の方も、こちらは美味しそうに舌平目。

0518-14-0511.jpg

こちら絶品、ハゲの刺身

肝が沢山で、肝醤油で頂きました。

いや~~~絶品なのです。

0518-13-0511.jpg

おまけの一品

魚の卵の煮付けも作ってみました。

つまみにもってこい。

5月12日は盛り盛り

0518-15-0513.jpg

天ぷらどっと盛り合わせ

0518-16-0513.jpg

葉菜の森の魚屋さんの海老のテンプラ
0518-17-0513.jpg
茄子、マイタケ、お芋さん、ピーマン
何でも天ぷらにしよう。
食べきれなくても冷凍しよう。
我が冷凍庫にはうどんも常備。
困ったときは天麩羅うどん。


nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

和泉市の久保惣美術館行ってきました。 [イベント]

知人が久保惣美術館で日本画の展示をする。

案内を頂いた。(割引券付き)

絵も見たいし、久し振りに久保惣にも行ってみたい。

0516-15-kubos.jpg

久保惣正面の全景です。

写真撮らなかったので、ネットから拝借しました。

展示物もさることながら建物はじめ環境が良い。

入って建物のすぐ前がお庭です。

0516-01-kubos.jpg

池が綺麗な庭です。新緑に映えます。

バランスも手入れも良く出来ています。

0516-02-kubos.jpg

睡蓮が咲いている。もっと咲くらしい。

シャクヤクかな?凛と咲いている。

0516-03-kubos.jpg

久保惣は広い。新館の横を進む。

第6展示室まで行こう。市民ギャラリーや茶室も向こうに!

0516-04-kubos.jpg

市民ギャラリーを過ぎて、黒竹など粋な~~~。

0516-05-kubos.jpg

市民ホールが見えてきた。

本日休館でした。

0516-06-kubos.jpg

本館のロビーです。

これまた粋でしょ。

この本館の展示物のガイド受けて良かった。

0516-17-kubos.jpg

これを見ることが出来てラッキーでした。

青磁鳳凰耳花生 銘万声(京都・毘沙門堂門跡伝来)南宋時代 

国宝です。写真は撮れないのでこれもネット拝借。

素晴らしい青磁花入れですね。

(久保惣には国宝2点、もうひとつは歌仙歌合です)

もう一つ見れて良かったのが・・・これ!

0516-18-kubos.jpg

  • 宮本武蔵が書いたと言われる。
  • 紙本墨画枯木鳴鵙図(こぼくめいげきず)
  • また久保惣の施設庭に戻ろう。
  • モズですね。宮本武蔵は剣豪のみならずです。
  • 0516-07-kubos.jpg
  • 枯山水の庭、新緑が綺麗。
  • 0516-08-kubos.jpg
  • 川の向こうに茶室、手前にもひっそり茶室があった。
  • 本館庭園内にある惣庵(非公開)
  • 0516-09-kubos.jpg
  • 橋の向こうに茶室があって公開している。
  • 聴泉亭
  • 0516-16-kubos.jpg
  • 二代目久保惣太郎氏が、表千家不審菴、残月亭を写して建てた茶室

0516-10-kubos.jpg

平成18年、国の登録有形文化財建造物に選ばれてる。

本日公開中で上がることが出来た。

0516-11-kubos.jpg

部屋が沢山あって、本茶室も他にも・・・・。

0516-12-kubos.jpg

この奥の茶室へは庭からの躙り口があるとか説明受けた。

展示物や庭、茶室を堪能して市民ホールで

知人たちの日本画も拝見した。

力作に感心して、心もリフレッシュできた。

0516-13-kubos.jpg

そして新館の展示物を見る。

そのロビーも広々としてホッとする。

床が鏡のように庭の新緑を移し2重に楽しめる。

0516-14-kubos.jpg

その奥でコーヒーを飲んで久保惣美術館フィニッシュ!

こんな久保惣は素敵と思います。

和泉市の財産です。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奈良入之波温泉で食事して温泉、帰りに芝桜。 [関西小旅行]

前回紹介した入之波温泉でほっこり。

0512-01-sio3.jpg

風呂に浸かるばっかりでなく休憩所もある。

0512-02-sio3.jpg

寝転がって昼寝して又入る、って感じ。

昼食も充実している。

0512-03-sio3.jpg

ここがダイニング窓側はお座敷ですが、

手前はテーブル席です。

0512-04-sio3.jpg

足の悪い我々はテーブル席に陣取る。

ビール頂き、もう出来上がった感じ!

メニューは・・・

0512-05-sio3.jpg

玄関にいたイノシシじゃないけど、猪鍋(ししなべ)

臭みもなく、柔らかくて味も良い。

思った以上に美味しかった。

0512-06-sio3.jpg

それに次いでの名物が釜飯。

お風呂に入る前に注文していて

1時間後に上がってくると出来上がってるシステム、合理的。

0512-07-sio3.jpg

山菜釜飯と鴨の釜飯をそれぞれ注文して、分けて味比べ。

どっちも美味いが、個人的嗜好から山菜!

又もうひと風呂浴びて帰路に着いた。

ここから指向がガラッと変わる。

0512-08-sio3.jpg

綺麗な芝桜でしょ!

0512-09-sio3.jpg

走っていると「匠の聚」(たくみのむら)の看板

0512-10-sio3.jpg

しかも今芝桜が満開と説明書き

0512-11-sio3.jpg

ま~車だしひとっ走り寄ってみようと寄り道。

0512-12-sio3.jpg

結構山道をどんどん上がっていった先に立派な建物が突如現れた。

しかも芝桜が満開本当や!

0512-13-sio3.jpg

説明によると

芸術家が森のアトリエで暮らし

アートを創り出す空間を提供しているとか。

0512-14-sio3.jpg

今は8人の作家さんが暮らしているらしい。

0512-15-sio3.jpg

工房、陶芸教室、ギャラリー、宿泊コテージなど施設も充実。

陶芸教室は閉まっていたが設備はきっちりしていたね。

カフェもあったが、道の駅でアイス食べたばかりでパス。

0512-16-sio3.jpg

ありゃ~写真横向いちゃった。

階段の上にも芝桜は咲いていて、見上げると山にはまだ桜。

0512-17-sio3.jpg

芝桜じゃなく山桜でした。

今回のネタは

好対照的なべたな温泉とアートの世界でした。

nice!(59)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奈良吉野の入之波温泉、最高です。 [温泉]

私の個人的意見ですが

関西の日帰り温泉は多々あるが、ここが最高!

「入之波温泉・山場湯」

「しおのはおんせん・やまばとゆ」と読む。

0511-01-sio.jpg

大迫ダム沿いの細い道路をひた走る。

ダムの景色も楽しみながら進む。

0511-02-sio.jpg

入之波温泉は本来ダムの下、

でも発掘したらまた出て来たのが山鳩湯

0511-03-sio.jpg

ここがエントランス。駐車場から

階段を下って玄関。珍しい場所にある。

0511-04-sio.jpg

迎えてくれたのがこいつ!

イノシシ怖そう。でも食べちゃった(次回紹介)

0511-05-sio.jpg

温泉の効能です。

ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉で鉄分カルシウムを多く含む。

温泉場には階段をどんどん下る。

0511-06-sio.jpg

階段踊り場からダムが見えた。

新緑に湖面の青が映える。

0511-07-sio.jpg

朝一番、お客はほとんどいない。

頑張って写メしました。

鉄分の多い温泉が一目でわかる。

0511-08-sio.jpg

お風呂のなに?渕ドロドロじゃないですか。

入ると深い、腰のあたりまできます。

ちょっと浸かって外に出る。

0511-09-sio.jpg

露天風呂エリアから大迫ダム

絶景です。

0511-10-sio.jpg

ダムの水面の色がエメラルド。

そして新緑、遠くの山に山桜・・・といったところ。

0511-11-sio.jpg

温泉の水がダムに向かって流れている。

そのあともなんとも茶褐色。

温泉の成分・・・物が固まったと見た。

0511-12-sio.jpg

ごらんあれ!露天風呂の茶褐色。

0511-13-sio.jpg

ヒノキもくそもあったもんじゃない。

ドロドロなれど、結構温泉はサラサラ、薄い塩味。

毎分500L、39℃

冬場は加温しているらしいがそれ以外はそのまま

源泉かけ流しです。

0511-14-sio.jpg

ちょっとヌーディですが気持ちよさそうな仲間たち。

4人で独り占め(4人締め?)

0511-15-sio.jpg

春爛漫新緑、爽快な風に包まれて

良い湯に浸かる爽快感。

だから、個人的意見ですが

関西の日帰り温泉No.1指名です。

0511-16-sio.jpg

掃除しても掃除しても温泉成分がくっつくみたい。

この雰囲気がさらに温泉情緒を増す。

ここは1日中、浸かって休んで食事して又浸かる。

その食事は次回紹介します。

関西に居れば絶対行かねば、温泉好きは!

nice!(66)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リサイクル公園はラベンダー [河内長野散歩]

時間があったら行ってみる。

行けば何かが咲いている、リサイクル公園

今回は4月20日

0510-01-recyc.jpg

中央のヤシの木がリサイクル公園のシンボル

手前のオレンジ色はポピー。

0510-02-recyc.jpg

近くで見ると疎らに咲いている。

もう終わりに近いかもね!

0510-03-recyc.jpg

写真を撮る角度で、まだまだ見れるポピー。

0510-04-recyc.jpg

そのポピーの反対側からシンボル椰子を煮るとラベンダー満開。

0510-05-recyc.jpg

4月20日の見頃はラベンダーに違いない。

0510-06-recyc.jpg

紫色が鮮やかなラベンダー。

2種類あるようだ。

0510-07-recyc.jpg

こっちはもう1種類のラベンダー。

絨毯みたいに敷き詰められている。

0510-08-recyc.jpg

若干淡いパープル。

清楚な感じ、ラベンダーって草じゃなく木?

0510-09-recyc.jpg

花より高く枝があるので淡く見えるのか?

0510-10-recyc.jpg

手前が淡いラベンダー、その向こうに濃い紫。

更にその向こうは、派手なカラーの花畑。

行ってみる。

0510-11-recyc.jpg

深紅、ピンク、黄色に白。

これもポピー、それよりけしの花と言おう。

0510-12-recyc.jpg

凄い色の数々、これこそ作られたカラー。

自然の花では考えられない。

クローンでもないけど、混血にしてクローンかもね!

公園内を更に散策。

0510-13-recyc.jpg

ねぎの一種だろうけど、ネギ坊主が紫色に!

0510-14-recyc.jpg

紫色のネギ坊主は鮮やかに綺麗。

0510-15-recyc.jpg

黄色の蔓薔薇が咲き誇っています。

何とか言うバラですが、結構住宅などでも咲いている。

0510-16-recyc.jpg

純白のオオデマリ。

コデマリに比べて大威張り!

最後の1枚も紫

0510-17-recyc.jpg

何の花でしょうか?芝桜みたいに地面を這いながら咲いている。

一面紫で、今回は紫か派手な色でした。

nice!(42)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

金剛山でBBQ [イベント]

ちょっとしたイベントで家族が集まって

お祝いBBQ

日にちは4月22日、場所は金剛山の会場。

11時にロープウェイ乗り場に集合。

0508-01-kongo.jpg

と思いきや、第1駐車場は長蛇の列。

さすが早春の日曜日。

0508-02-kongo.jpg

駐車場脇からのビューも綺麗。

小さな滝が落ちて、桜が掛かる。

荷物が多いので???ロープウェイ。

0508-03-kongo.jpg

千早駅(708m)から金剛山駅(975m)まで全長1322m

1966年開通、50年以上も前じゃないですか~~~。

0508-04-kongo.jpg

乗り込む、結構な人、つり革もあります。

景色を楽しみながら進む。

0508-05-kongo.jpg

ちょうど山桜が綺麗です。

0508-06-kongo.jpg

新緑と相まって、爽快な気分で進む。

0508-07-kongo.jpg

孫3人も調子いい。

ここから10分ぐらいで香楠荘やミュージアム。

0508-08-kongo.jpg

その地点で待ち受けるゆるキャラ、名前は知らない。

イベントがあるみたいで、ゆるキャラ登場でした。

BBQ会場までは2歳の孫の寄り道で30分以上は掛かったね。

0508-14-kongo.jpg

場所はこんな感じ。

開放的です。BBQ道具は管理棟に取りに行く。

食材、飲み物、燃料は持参しました。

0508-09-kongo.jpg

まずはみんなで火を熾す(おこす)

やる人はやる、やらない人はやらない。

いつものペースです。

0508-10-kongo.jpg

焼く人は焼く、見る人は見る。

食べたい人はひたすら待っている。

0508-11-kongo.jpg

今回のイベントの主役がステーキ好きなので、

一枚奮発して和牛。

でも一口食べたら、後は分配してた。

美味いね~~~~~。

0508-12-kongo.jpg

カメラマン入れて総勢9名

賑やか!楽しい。

0508-13-kongo.jpg

シャボン玉で遊ぶ。

0508-18-kongo.jpg

バドミントンで遊ぶ。

飲む、ぷらぷらする。

0508-15-kongo.jpg

つつじも満開!

0508-16-kongo.jpg

新緑も綺麗。

良いイベントだったと主役も喜んでいた。

ここはお勧めのスポットとなりました。

おまけの1枚

0508-17-kongo.jpg

香楠荘の玄関の写真。

1000m近い施設。

宿泊も食事も、そして日帰り入浴も出来ます。

温泉ではないけど、雲の上のお風呂です。

ちなみに金剛山の標高は1125m

そこは神域のため入れない。奈良県です。

金剛山は奈良御所市と大阪千早赤阪村に跨っています。


nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春、等身庵、近辺散策 [河内長野散歩]

4月28日GWの初日

特に予定のない等身庵

蓮華を求めて近辺を散策

0509-01-renge.jpg

都会の人には馴染みがないし、

最近蓮華畑なんか見ることもないやろね。

0509-02-renge.jpg

田んぼを耕す前、一面蓮華が咲いています。

これが良い肥料になるんだとか??

0509-03-renge.jpg

しかし一面ピンクは圧巻です。

昔ワンコと散歩した時、蓮華畑を走り回ってた。

春爛漫。

0509-04-renge.jpg

そして田んぼの斜面にはアザミ。

清楚な感じで好きです。

0509-05-renge.jpg

棘があるのは何故??

人間に刈られるのを避けるため??

散策は山の方に向かう。

0509-06-renge.jpg

河内長野は山がいっぱい。

岩湧山から流れる急流。

0509-07-renge.jpg

名もなくただただ流れて滝になっている。

結構絵になっている。

様になっている。

0509-08-renge.jpg

この景色は小さな橋の上からのもの、

振り返ると滝が見える。

しかも上からの滝です。

こんな春爛漫の河内長野散策でした。

nice!(36)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

熊川の宿、瓜破の滝、道の駅経由帰路に就く [旅行]

三方五湖レインボーラインを通って

若狭を経由して熊川の宿を目指し大阪にバック。

要は鯖街道を通ってみたかった。

熊川の宿の前にここによる。

0507-01-uriwa.jpg

瓜破の滝に行ってみよう。

全国銘水100選にもなっている。

0507-02-uriwa.jpg

流れに沿って歩く。左手に天徳寺。

橋の向こうがお寺さん。どんどん進む。

0507-03-uriwa.jpg

流れが銘水らしくなってきた。

そうそう、駐車場の横の水汲み場には人だかりだった。

0507-04-uriwa.jpg

鳥居が立っている。

苔むしている。ここか~~~。

0507-05-uriwa.jpg

岩の割れ目に水が流れ落ちる風情。

瓜が割れるほど冷たいということから「瓜破の滝」

0507-06-uriwa.jpg

苔が群生して、ひんやりと。

0507-07-uriwa.jpg

幾重も地層が自然のフィルターとなり、

長い歳月でろ過されたミネラルたっぷりの水。

0507-08-uriwa.jpg

階段にも水が流れ落ちているが、何の階段?

人が上がれる様子はない。

0507-09-uriwa.jpg

瓜破の滝全景です。

霊験あらたかな静寂に包まれました。

良い滝で、来て良かった。

0507-10-uriwa.jpg

帰路は、ちょっと天徳寺さん。

0507-11-uriwa.jpg

四国88か所の石仏あり!

北陸33観音霊場の6番札所でもある。

お寺さんより庭の方素敵だった。

0507-12-uriwa.jpg

吾妻屋、池、あやめが綺麗に咲くんだろうね。

想像難くなし!

0507-13-uriwa.jpg

池の鯉が見事。

餌を求めて寄ってくる。

0507-14-uriwa.jpg

4月後半なのに桜咲く。

ノムラ紅葉赤く色づく(紅葉ではないのだ)

0507-15-uriwa.jpg

桜の向こうの山は新緑映える。

そしてすぐそこが熊川の宿

0507-16-uriwa.jpg

若狭と京都を結ぶ鯖街道の重要宿場町。

屋敷跡もあって情緒もふんだん。

0507-17-uriwa.jpg

平日火曜日ということもあってか?ひっそり!

車から降りず、ゆっくり走らせて観光。

横着過ぎて御免なさい。

この旅で最後に寄ったのが道の駅「熊川宿」

0507-18-uriwa.jpg

駐車場から山を見る。

もうもう見事な新緑に包まれる山山。

0507-19-uriwa.jpg

どうしても食べたかった焼鯖寿司。

いや~美味しかったね。

これがランチ。

0507-20-uriwa.jpg

おともにうどん。

関西風のうどんです、京都風なのかもね!

御馳走さまで、この旅終わり。

750㎞走破の2泊3日。2府5県を股に掛けた。


nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三方五湖レインボーラインで山頂公園へ [旅行]

虹岳島温泉宿泊の翌早朝、レインボーラインを走る。

有料道路である「1,040円」

駐車場から更にロープウエイかケーブルカーで山頂へ

0505-01-mikata.jpg

往復券を買って、登りはロープウェイで。

一気に梅丈岳山頂へ!

0505-02-mikata.jpg

三方五湖の全景を見下ろせる。

レインボーラインは昭和43年完成、最高のビューポイントが待つ。

0505-03-mikata.jpg

水月湖、日向湖、久々子湖、菅湖&三方湖

一望です。

0505-04-mikata.jpg

ここからは360度パノラマです。

しかも見下ろす気持ち良さ!

0505-05-mikata.jpg

水月湖は汽水、水面は鏡みたいに波静か!

0505-06-mikata.jpg

遠くに見える建物、馴染みを感じる。

望遠で!

0505-07-mikata.jpg

秘湯の湯「虹岳島温泉」

0505-08-mikata.jpg

うわ~、良いね。昨夜のお宿を見下ろせるとは。

0505-09-mikata.jpg

ず~っと向こう「久々子湖(くぐしこ)」

その向こうは日本海なのだ。

0505-10-mikata.jpg

沿岸には建物が並び建ってる。

漁村なのか?

0505-11-mikata.jpg

山頂にはこの時期水仙が満開で斜面を飾る。

そして見下ろす湖

0505-12-mikata.jpg

オブジェも湖を見下ろす。

メヴィウスの輪というアート

0505-13-mikata.jpg

温泉じゃないが足湯もあったりして

ほっこりして~~って!

リラックスしすぎ。

0505-14-mikata.jpg

そうだ、足元の新緑も綺麗。

0505-15-mikata.jpg

こちらは眼下に日本海。波静か!

桜が満開(4月17日のこと)

0505-16-mikata.jpg

真っ白な花を通して日本海。

何の花?桜?梅?桃?たぶんそのどれか!

0505-17-mikata.jpg

このレインボーラインを登って来たのだ。

凄いUターンが分かる。

そして360度ビューを満喫して帰路に着く。

0505-18-mikata.jpg

復路はケーブルカー、独占しました。

最前列から見下ろす。

いや~絶景でした。

nice!(48)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー