So-net無料ブログ作成

国宝5城、やっと制覇「犬山城」 [旅行]

日本の国宝のお城

犬山城に来た。

木曾川に掛かる犬山城

0428-01-inu2.jpg

城山と違って、少しだけ登ってお城に!

松本城、彦根城、姫路城、松江城

そして最後の訪問が犬山城。

別名「白帝城」

0428-02-inu2.jpg

お城の大門が入場場所。切符拝見!

訪問時期は4月16日、お城の雰囲気は・・・・

0428-03-inu2.jpg

スルー新緑です。

桜は終わっちゃてますが・・・・

0428-04-inu2.jpg

綺麗なハナミズキが犬山城を映えさせていました。

0428-05-inu2.jpg

真下まで来て見上げる国宝犬山城。

天守の創建は天正(1573~92)頃、慶長5(1600)、6年説

いずれにしろ現存する天守の中では最古と言われる。

0428-06-inu2.jpg

天守土台の石垣から我々を迎えてくれる。

高さ5m、自然石を積み上げた野面積みと言う技法。

0428-07-inu2.jpg

1階です。4室に区切れていて、納戸の間などがある。

急な階段を登って行く。

0428-08-inu2.jpg

2階、模型が鎮座ます。

0428-09-inu2.jpg

日本の大名の配置や禄高の札が壁一面に!

徳川の初期の時代の大名が書かれていた。

0428-10-inu2.jpg

3階からは窓もあって木曾川を望む。

0428-11-inu2.jpg

大門とお城の間の庭を見下ろす。

0428-12-inu2.jpg

天守からも同じ方向の写真。

花水木が真っ盛り。春満開です。

0428-13-inu2.jpg

天守閣から木曾川の流れを見下ろせる。

鵜飼いも行われている。

0428-14-inu2.jpg

川上の方向はこんな感じ!

当時の城主が見ていた景色なんでしょうね。

そこで最後に城主ですが、

織田信長の叔父の織田信康の築城。

羽柴秀吉はこの城から徳川家康と戦った。(小牧長久手合戦)

成瀬正成が城主となり、代々成瀬氏が受け継いだ。


nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

犬山城下町散策 [旅行]

平日月曜日、割合人出あった。

0427-01-inu3.jpg

狭い街だけど、碁盤状で整備されている。

浴衣姿の人がぽつぽつ。

0427-02-inu3.jpg

江戸風情の街並み、店舗が並ぶ。

比較的若い人が多い。

0427-03-inu3.jpg

飛騨牛の寿司屋さんの前で並ぶ人、やっぱりね!

0427-04-inu3.jpg

五平餅店は本日休業。「山田五平餅店」

お昼時なのでランチ。

0427-05-inu3.jpg

軽食でいいやと言うので入ったお店。

0427-06-inu3.jpg

「なつかしや」と言うお店、雑貨屋さんの奥が食堂。

カレーとオムライスを頂いた。

夜もあるからね。

0427-07-inu3.jpg

犬山城下町の中の旧家「旧磯部屋住宅」

なんと入場無料なのです。

0427-08-inu3.jpg

奥行深いのは京都風。

0427-09-inu3.jpg

江戸時代の町家だそうで、登録有形文化財。

0427-10-inu3.jpg

蘇った江戸時代の木造家屋。

母屋は幕末の建築。

0427-11-inu3.jpg

なまこ壁の蔵もあったりして、奥行は数十メートル。

ここ磯部家の蔵

0427-12-inu3.jpg

その磯部家に陳列されてたのがこれ!

五月人形のレツレツ

0427-13-inu3.jpg

こんなディスプレイもあった!

なんか福岡柳川で見たことあるような、

暖簾みたいな飾りがあった。

犬山ではどんなんかと不思議が残った

この磯部家を後に!

0427-14-inu3.jpg

犬山城下から見上げると

盛りの向こうに犬山城が見れた。

その犬山城に向かおう。

0427-15-inu3.jpg

この神社を抜けると犬山城、近道らしい。

0427-16-inu3.jpg

この神社を撮り過ぎて犬山城だけど

ここ三光稲荷神社を詣でて行こう。

0427-17-inu3.jpg

どうもどうも稲荷らしく狐の神社か?

0427-18-inu3.jpg

多分狐さんで何かいいことが、

皆ここで何かを祈念しているような場所だった。

0427-19-inu3.jpg

おまけですが神社が並んであった。

針綱神社がこれ!

こっちの方が霊験新たかっぽい。

0427-20-inu3.jpg

この時期人出は少なかったけど、

山車(やま)の大切な神社だと思うが・・・・

良く分からなかったね~~~。

次回こそ国宝犬山城、登ります。

nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

犬山城下町周遊 [旅行]

国宝「犬山城」を見たくって来た。

平日、月曜日なので空いていたのか?

駐車場は空いていた「ミュージアム」に車うをおいてぶらり。

だからまずは「城とまちミュージアム」を覗く。

0426-01-inu.jpg

入場切符は4点セットがお得と言うんで

犬山城も含めたセット切符購入、入場。

0426-02-inu.jpg

犬山城を背に街並みのジオラマ。

ほぼ碁盤の目に沿った街並み。

壁には・・・城の写真

0426-03-inu.jpg

大きな犬山城の写真。それを写メル。

木曽川からの写真なので、撮れない角度。

ミュージアムを出て次!

0426-04-inu.jpg

立派な門をくぐると「からくり展示館」

0426-05-inu.jpg

からくり人形の仕掛けが見える。

実物大です。どこで活躍するのか?

次に見たのが

茶坊主?からくり人形がお茶運ぶ。

0426-07-inu.jpg

土日が実演だったが、たまたま練習に来ていた。

その練習を見せてくれた。

面白かった。すごい仕掛け、動き。

お茶運んでくれて、受け取ったら引き返していった。

0426-08-inu.jpg

更に実演を見せてくれたのが車山のからくり操作。

これも練習らしく、3回目だそうで

手際が悪いのが返って面白かった。

実際はこの部屋に数人が入り乱れて、からくり操作するという。

0426-09-inu.jpg

山車の3階(トップ)人形の白い顔、変身を見た。

それっ!!

0426-10-inu.jpg

瞬時に黒い顔の翁に変身。

熟練者は目に留まらぬ速さで変身。

今回は練習なので目に留まって、楽しかったよ。

次いで訪れた3件目は「どんでん館」

0426-11-inu.jpg

犬山祭りはユネスコ無形文化遺産に指定。

1635年以来継承された犬山伝統のお祭り。

13輌の車山(やま)のうち4輌展示。

車山とかいて「やま」われわれは山車と書いて「だし」

というんだけどな~~

0426-12-inu.jpg

立派です。夜は提灯が覆い尽くされます。

ここからはどんでん館のDVDをカメラで撮ってみた。

0426-13-inu.jpg

犬山の城下町に繰り出す車山

0426-14-inu.jpg

観光客も曳く人も凄い熱気が伝わる。

0426-15-inu.jpg

豪華絢爛13輌の車山。

3層のやま、笛太鼓に合わせて3層目のからくりが舞う。

0426-16-inu.jpg

車山の下では凄いパワーで引き手が頑張る。

路地を90度方向転換するときに

車山を担いでどんでん返し!だからどんでん!

0426-17-inu.jpg

1層目で笛太鼓は小兵のみんな。

0426-18-inu.jpg

2層目がからくり人形師

隠れて見えません。そこがみそ!

0426-19-inu.jpg

3層目の試乗会ではからくり人形が繰り広げる動き。

目を見張ると思います。

DVDで見ていただけですがね。

からくり展示で練習実演見ていて良かった。

0426-20-inu.jpg

13輌すべてにからくりがあるのは凄い伝統。

そりゃ~ユネスコも無形文化財にするよね。

守らねば!

nice!(63)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西浦温泉「天空の宿 末広」でほっこり! [旅行]

陶芸の里「常滑」散策の後は

お宿に

0424-01-suehi.jpg

三河湾の突起半島にある

天空の宿末広 到着

ギフトブックの中からセレクトしたお宿。

最近はお返しのギフトブックの選択範囲も広くなったね。

0424-02-suehi.jpg

夕刻、日の入りより早く到着。

部屋の窓からの一望。

0424-03-suehi.jpg

海を経由して陸上を望むと

風力発電の風車が回ってる。波高し!

0424-07-suehi.jpg

その日は天気は非常に良かったものの

風がびゅんびゅん!

0424-08-suehi.jpg

空にはトンビが強風の中、輪を描いて飛ぶ。

ほ~い~のほい!

0424-04-suehi.JPG

屋上の見晴らしの最高の場所が足湯場。

左が女性の湯。

0424-05-suehi.jpg

右手が男性用、殿方の湯と看板。

0424-06-suehi.jpg

あまりの強風に誰もいないので写真撮れた。

綺麗やしゆっくりできたが、首までつからないと

風で飛ばされる。パンツ飛んでいた。セーフやったけど。

0424-09-suehi.jpg

さ=待望の夕日ですぞ~~~。

0424-10-suehi.jpg

沈みかけているが、なんか怪しい雲がいる。

0424-11-suehi.jpg

う~ん、夕日に違いないけど雲間に入った~~~。

0424-12-suehi.jpg

綺麗は体感したけど

いささか期待外れ!期待し過ぎ!

ま~気を取り直して夕食

0424-13-suehi.jpg

レストランに移動してテーブル席に座す。

畳の上にテーブル椅子スタイルは良いね。

もう既におかれていたメニュー。

0424-14-suehi.jpg

のどぐろ?赤穂鯛?ま~煮つけです。

なんか身が閉まり過ぎなのは何故?

0424-15-suehi.jpg

刺身4種盛は美味しく頂きました。

エビ美味し。

0424-16-suehi.jpg

温かいものが出てきました。

アワビの姿焼き?っていうのか

柔らかくておいしかったです。

0424-17-suehi.jpg

深海魚「目光のから揚げ」

三河湾の名物料理。

ま~ゆっくり、飲んで食べました。

朝飯はこれ!

0424-18-suehi.jpg

見た目は綺麗に飾っている。

手前の空間に来た~~~

0424-19-suehi.jpg

ご飯、卵焼き、焼き魚。

なんか、せっかくダイニングで食べるには

もう少しほくほくを頂きたい。

特に文句じゃないんだけど希望!

これ本音!

おまけに朝部屋からの三河湾

0424-20-suehi.jpg

良い天気で、一望は気持ちいい。

0424-21-suehi.jpg

この天気これから行く犬山城が楽しみ

続く

nice!(56)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

常滑でランチ「NI:NO」 [グルメ]

常滑を訪れる前に決めていた、

ランチはNI:NOで

0422-01-nino.jpg

ナビでセットしていたが、通り過ぎてしまった。

陶芸会館に駐車して歩で探してやっと見つかった。

もう古民家改装

0422-02-nino.jpg

こじゃれた1Fが小物屋さん。

常滑焼がメイン

0422-03-nino.jpg

ガラスや七宝焼きもあったよ。

ま~、地震が来たら一発やね!

ランチは2階に上がって頂く。

0422-04-nino.jpg

階段の空間がこれ!

まったく古民家カフェそのものの設え。

0422-05-nino.jpg

設えと言うか、ディスプレイかな?

机も椅子もそろい物は皆無。

それがカフェらしくて良いのかも。

0422-06-nino.jpg

窓の向こうの家の壁には蔦が絡まる。

そんな空間でランチは期待すすむ。

0422-07-nino.jpg

箪笥の上では猫ちゃんが招いている。

「いらっしゃい」

0422-08-nino.jpg

ランチはこのボードから選ぶしかない。

AとBでいこう。

0422-09-nino.jpg

嬉しいことにAもBも前菜から。

0422-10-nino.jpg

器もお洒落!

一品づつ楽しめる。POPな前菜。

0422-11-nino.jpg

生野菜サラダも付いてきました。

外国人客も多いのか?英語で

Chopsticks お箸の使い方の説明。

0422-12-nino.jpg

パンとB「あさりと野菜たっぷりのクラムチャウダー」

0422-13-nino.jpg

こんな感じで野菜たっぷり。

食すとあさりの香りがぷ~んと、良い感じ。

0422-14-nino.jpg

Aはごはんとチキン、新たまねぎ、タケノコと

キャベツのトマトソース煮込み。

0422-15-nino.jpg

春本番、旬のお味です。

0422-16-nino.jpg

器が良いなと思ったら

お皿の端にNI:NOのロゴが彫られてる。

流石凝っていると言うか、焼き物の里のカフェでした。

nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

六古窯の一つ「常滑」散策Part,2 [旅行]

行きたいと思っていた常滑

やっと行けた~~~。

0421-01-toko2.jpg

大きな窯、大きな煙突。

沢山煙突。立ってますが現役はいるのか??

0421-02-toko2.jpg

散策中の道路の壁、苔むしている、羊歯も生える。

レンガかと思いきや、焼き物ブロック。

渋いね~~

0421-03-toko2.jpg

土管の壁は種々様々。

散歩も楽しめます。

0421-04-toko2.jpg

この壁も全部土管です。

白の縦の筒も陶器で出来ていました。

0421-05-toko2.jpg

流石常滑、陶芸教室の手前の壁も土管。

粋な設え。

0421-06-toko2.jpg

ショップやカフェが立ち並ぶ小径もお洒落!

0421-07-toko2.jpg

小粋な雑貨屋で陶芸作品、品定め!

0421-08-toko2.jpg

窯の前でカフェもできる。

0421-09-toko2.jpg

大きな窯の上には小窓。

煙道か?薪投入口か?今はフクロウが店番。

更に歩く

0421-10-toko2.jpg

ふと道路サイドに・・・何?金魚。

0421-11-toko2.jpg

よ~く見ると土管が金魚鉢。

面白い陶器屋さんです。

0421-12-toko2.jpg

お店に入ると、中に窯が、その奥に

大きなお面、翁(おきな)やね。

この窯の入り口に大きなパネル。

0421-13-toko2.jpg

大きな般若の前に並ぶ写真、有名人のショットがいっぱい。

例えば!

0421-14-toko2.jpg

ほとちゃんやブラマヨなどいっぱい。

有名人がいっぱい常滑に来ている。

しかもこの大きな般若の前に来ている。

0421-15-toko2.jpg

ということで、相方を同じように撮ってみた。

常滑散策はのんびり楽しませてくれた。

nice!(58)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

やっと訪れた陶芸の里「常滑」 [旅行]

六古窯のひとつ「常滑」

地の利も悪くなかなか行けてなかった。

今回ちょっとしたことで西浦温泉宿泊

手前の常滑、待望の陶芸の里に来れた。

まずは陶磁器会館に駐車。

0420-01-toko.jpg

その一角で若手作家の展示があった。

0420-02-toko.jpg

陶磁器会館の展示販売物と比べて、遥かにモダンでスマート。

これが現代の常滑焼なのだ。

0420-03-toko.jpg

伝統的は朱泥の急須は有名だが・・・

炭化にしたり、趣を変えていい作品が並んでいた。

さ~会館を後にぶらり散歩スタート。

0420-04-toko.jpg

すぐのところの壁に登板、子供たちのウエルカムボード。

上には土管が並ぶ。

常滑らしさが出迎えって感じ!

0420-05-toko.jpg

早速、窯と煙突が道の横に立つ。

窯はなんともでっかい。広い。

0420-06-toko.jpg

陶器のお店がちょこちょこ並ぶ。入ってみたら

面白い急須が並ぶ。

面白いデザイン。

0420-07-toko.jpg

そうだ!人間国宝「山田常山」もういないけど、

ポスターで残ってる。

今は3代目山田常山が頑張っているんだったけ??

0420-08-toko.jpg

ここは最近整理された土管坂。

0420-09-toko.jpg

綺麗すぎるけど、風情がある。

道路にも焼き物が敷き詰められているね。

0420-10-toko.jpg

こっちが古くからの土管坂、本命です。

歴史的にはいつからなんでしょうね。

平安時代栄えたというが・・・。

散歩道は綺麗に整備され歩きやすい。

0420-11-toko.jpg

外国の陶芸家のオブジェも並ぶ。

用の美じゃなく、アートな陶芸。

0420-12-toko.jpg

そう、こりゃ~日本の伝統作家には無理かもね。

面白い自由な発想!

そこら中にある煙突。

0420-13-toko.jpg

もう使っていない証拠、ツタが絡まる。

煙突の背が高い。

おいらは信楽や丹波、備前で慣れていてその違いにびっくり。

0420-14-toko.jpg

窯もどでかい!

立って歩けるし、こりゃ~窯詰め楽やけど

どんだけ沢山の作品焼くんや。

0420-15-toko.jpg

正面も横に長い。

焚き口がこんなにたくさんある。

どうやって焚くのか興味津々。

0420-16-toko.jpg

しかもこの窯は上り窯になっている。

大量生産、土管とか大きいもの焼いたのかな?

0420-17-toko.jpg

ちょっと狭い窯の部屋もあって

ちょっとほっとする。

お店の前に転がっていた作品たちを3点

0420-18-toko.jpg

水槽に亀が寝転がってる。

面白い、起き上がれない。

0420-19-toko.jpg

お地蔵さんの頭、

焼き締め炭化、可愛い。

0420-20-toko.jpg

もう一点

何とも可愛い地蔵菩薩。

修行しているようには見えないが、無垢。

常滑続く!


nice!(56)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

等身庵の主課題「陶芸作品」久々のアップ [陶芸作品]

何か月ぶりだろう、陶芸をアップするのは!

作陶には相変わらず、勤しんでいる。

写真を撮ってなかっただけ。

久々に面白い作品を作ったので撮った。

0418-01-toge.jpg

その作品がこれ!

角皿に象嵌(ぞうがん)施しました。

コトバンクから象嵌とは?

金属・陶磁・木材などの材料の表面に

他の材料(同種のこともある)をはめこむこと。

有名なのは螺鈿(らでん)など、木材に貝殻を嵌め込んでいます。

私は陶土に異なる色の陶土を嵌め込んだ象嵌です。

0418-02-toge.jpg

黒の角皿に青の山並みと

満月を嵌め込みました。

0418-03-toge.jpg

こちらは色を変えて山並み、手前に針葉樹!

綺麗に仕上がりましたが、

家族曰く「お皿としては使いにくい!」

0418-04-toge.jpg

白の作品。

台形の箱は陶筥(とうばこ)という手法の作品。

宝石とか鍵(キー)を入れたりします。

0418-05-toge.jpg

可愛い系のフリーカップ。

そこそこ人気です。特に家族では娘から高評価!

0418-06-toge.jpg

ほら!メルヘンでしょ!だからね。

0418-07-toge.jpg

黒の入れ子の鉢

見込みに白化粧を垂らし描く。

0418-08-toge.jpg

5枚を少しずつ小さく仕上げて収納しやすいように!

それを入れ子と呼びます。

0418-09-toge.jpg

大きさが色々あるのはその時々で使い勝手が良い!

大きさを揃えるのと又違う楽しさがある。

0418-10-toge.jpg

赤でこれまた入れ子の作品。

白化粧でドット模様を施す。

0418-11-toge.jpg

大鉢・中鉢・小鉢と揃っています。

0418-12-toge.jpg

同じサイズにろくろを曳いた赤の中皿セット。

6寸皿といった大きさ。

0418-13-toge.jpg

白化粧でポップな雰囲気を!

6寸皿は概ね直径18㎝!

最後の紹介はマグカップ

0418-14-toge.jpg

頼まれてネームを入れて作りました。

カフェで似合う風合いを狙っています。

0418-15-toge.jpg

こちらはネームは居れていませんが、

ビアマグです。

350mlのビールがちょうど入るぐらいですかね!

グーッとやって下さい。

あ~又品もう少し紹介せねば!


nice!(59)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

料理は楽しい。特にキッチンドリンクが! [料理]

毎度の料理ネタの写真が残ってる。

知ってますか?料理に著作権はないって!

だから本屋ネットからメニュー拝借。

去年の3月28日のメニュー

0412-01-0328.jpg

シンプルに2品。

ネタ的にはお酒飲めます。ワインが良いかも。

0412-02-0328.jpg

炒めた鶏とアボカド、玉ねぎ入れて

とろけるチーズをのっけて、グリルで焦がす。

イタリアンな感触、よって赤ワイン。

0412-03-0328.jpg

ワインには合わないけど許して~~。

納豆に大根おろしをのっけます。

邪道かも!粘りなくなりあっさり食べます。

刻みネギは必須です。

3月29日

0412-04-0329.jpg

焼き鳥と巻きずし、居酒屋メニューです。

0412-05-0329.jpg

焼き鳥を串刺ししたものの抜いちゃった。

すみません邪道です。

焼鳥屋の味にはならない。

でもそこそこ美味いのは塩加減が大切。

0412-06-0329.jpg

麻婆豆腐、市販のルーに混ぜるだけ。

最近のクックドゥーとかはマジ美味い。

0412-07-0329.jpg

この時期、春の野菜は美味い。

サラダ大好き。

4月10日

0412-08-0410.jpg

芋焼酎がネタに最適です。

0412-10-0410.jpg

エビフライ、たいして良いエビじゃなくてもいいのだ。

フライ、揚げたては美味いぞ、バナエイエビなれど。

タルタルソース必須です。

0412-11-0410.jpg

春の新じゃがをほくほく食すには・・・

ベーコンと炒めてバターを乗っけてみた。

0412-12-0410.jpg

もう1品は鶏の肝を甘辛く煮た。

生姜で臭みを消して、日持ちもする。

当分酒の肴でテーブルに乗る。

4月11日

0412-13-0411.jpg

鶏の胸肉を使って酢豚風に仕上げた。

0412-14-0411.jpg

酢豚やから豚のはずを胸肉にチェンジして!

酢の効いた野菜、胸肉進みます。

0412-15-0411.jpg

生野菜に手製のドレッシング。

シーザーサラダ風のドレッシング。

酸味を聞かせて、少し甘みも加えてね。

0412-16-0411.jpg

春は茗荷が店頭に並ぶ。

春の息吹を感じながら、つんとした味楽しむ。

4月14日

0412-17-0414.jpg

冷蔵庫にひれ肉が座ってた。ひれとんかつやね。

0412-18-0414.jpg

ひれのとんかつは定番、絶対的に安定感あり!

とんかつソース、キャベツにも!

ジューシーなお味です。

0412-19-0414.jpg

生サラダが

とんかつのしつこさを吹き飛ばす。

又最後に一言

料理のクリエイティブさを楽しみながら

つまみ飲む楽しさは2乗3乗の効果を生む。

任せて~~~~~。

nice!(75)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

等身庵の庭にも春!小さい桜が咲いた。 [等身庵]

我が等身庵、ぽかぽか陽気につられて

小さい花が咲く

外の道から覗く等身庵の花3連

0410-01-niwa.jpg

ソメイヨシノが散って、すぐを楽しめる。

0410-03-niwa.jpg

超低木の桜みたいに咲く。

八重の桜みたい。

0410-02-niwa.jpg

垣根からせり出すように咲く

0410-04-niwa.jpg

ブロッサムです。ソメイヨシノが散るのを見るために咲く

そんなタイミングです。

0410-05-niwa.jpg

品種は知らないんですが、桜みたい!

その向こうに咲くのが・・・

0410-06-niwa.jpg

濃い色の桜?桃?

はなすおう(花蘇芳)、枝にへばりついて咲く。

0410-07-niwa.jpg

その向こうにはボケの花

青空に真っ赤な花を咲かせています。

0410-08-niwa.jpg

今年は鉢植えのシャクナゲが頑張って咲いた。

0410-09-niwa.jpg

7輪咲きました。

シャクナゲは石楠花と書く。

5月高野山の金剛峯寺の前で咲き誇る。それだ!

0410-10-niwa.jpg

りんどうみたいな花

0410-11-niwa.jpg

霞草じゃないけど、樹木系の白い花。

丸まると小手毬。

0410-12-niwa.jpg

シャガがひっそり咲いていた。

しらずしらず春を運んでいる。

0410-13-niwa.jpg

ムスカリがそこら中に咲いている。

さすが、球根の紫色の花。

0410-14-niwa.jpg

洋の桜草がもう所狭しと咲く。

結構長く楽しませてくれる。

0410-15-niwa.jpg

こっちは芝桜、ちょっとした狭いところに咲く。

広~~~いところ一面に咲くと豪快綺麗。

等身庵の芝桜はあかん!こんだけや。

0410-16-niwa.jpg

ツル系の植木にちっちゃく紫色の花をつけた。

最後の1枚

0410-17-niwa.jpg

植え替えもせず、ほっといたら白い花。

イチゴの花です。

実をつけるのか?肥料もなし。

実より花を楽しもう。

nice!(49)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー