So-net無料ブログ作成

春は桜、等身庵の近所の桜 [等身庵]

今年の桜はべらぼうに早かった。

まだ3月なのにピーク過ぎる。

0331-01-aoba.jpg

3月27日

ご近所の民家の前の庭に咲く枝垂れ桜。

0331-02-aoba.jpg

毎年、ソメイヨシノより一足早く咲きます。

ゴージャスです。

0331-03-aoba.jpg

名もなく密かに咲き誇ります。

0331-04-aoba.jpg

ふら~っと写真撮りに来る人がいるぐらいで

ほとんど花見客はいません。

0331-05-aoba.jpg

でもね、私が思うに・・・・

そんじょそこらの桜には負けていません。

0331-06-aoba.jpg

真下に入って見上げる桜

青空に映えます。

0331-07-aoba.jpg

樹齢何年かは不明なれど、大木です。

又来年も楽しませてください。

ひそやかに咲く姿も変わらずありますように!

0331-08-aoba.jpg

この立派な枝垂れ桜の足元にも

密やかタンポポ。

0331-09-aoba.jpg

向こうに目をやると椿かな???

たわわに花をつけていまして、ついついパチリ!

0331-10-aoba.jpg

ちょっと歩くと道路沿いに桜が咲いているのが河内長野。

河内長野はどこに立っても必ず桜の姿がある。

0331-11-aoba.jpg

わざわざ遠くの桜の名所に行かなくても

そこらじゅうで咲いている。

0331-12-aoba.jpg

これは幼稚園の園庭に咲く桜

もうすぐ卒園式、満開ですね。

入園式はちょっと散っちゃってるかな?

0331-13-aoba.jpg

3月30日も近所をカメラもって散策。

更に青空。

今年は良い天気が続きますね。

斜面いっぱいに咲く桜。

我が等身庵の自宅前の斜面ですよ。

0331-14-aoba.jpg

道路両サイドに咲く桜。

こりゃ~桜トンネル。

惜しむらくは電信柱。いらない!

0331-15-aoba.jpg

たわわに咲くブロッサム。

0331-16-aoba.jpg

一面桜過ぎるって表現で良いでしょうか?

シースルーにならないぐらいの花団結。

0331-17-aoba.jpg

こんな感じも良いんじゃないでしょうか?

田園風景と桜、牧歌的です。

0331-18-aoba.jpg

等身庵は住宅地にあるんですね。

その向こうの住宅地の手前に列をなして桜。

遥か向こうが賑やかです。

0331-19-aoba.jpg

さ~最後の1枚は・・・・

そう密やかに咲く枝垂れ桜を

遠くから望遠で撮ったらこんな感じになりました。

雰囲気違うもんですが、やっぱり立派。

nice!(36)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

河内長野「金剛寺」落慶法要素晴らしい。 [河内長野散歩]

落慶法要って

新築改装のお祝いみたいな

お寺さんの一大行事。

0329-01-rakuyo.jpg

それが天野山皇后寺で執り行われる。

昨年国宝に認定された大日如来に合わせて。

0329-02-rakuyo.jpg

幸運なことに今年の桜は早かった。

満開の時期と法要がぴったし!

0329-04-rakuyo.jpg

法要が始まる。

檀家さんの女性たちか?お坊さんを呼んでます。

0329-05-rakuyo.jpg

お坊さん集まりだしました。

赤い傘の下のお坊さんは偉い??

0329-06-rakuyo.jpg

何となく高僧の集まりみたい。

なんか投げてます。お札みたい?

0329-13-rakuyo.jpg

金色のお札

プーっと飛び交ってました。

0329-03-rakuyo.jpg

お坊さんが落慶法要のために集まったみたい。

招待客も多いみたい。

0329-07-rakuyo.jpg

やっぱり沢山の坊さん、整列しています。

0329-08-rakuyo.jpg

真言宗?おsれに決まりはない。

ご先祖様で十分か?こっちが忙しすぎるか?

0329-08-rakuyo.jpg

お坊さんたちは同じ衣装?

0329-07-rakuyo.jpg

お寺さんは良いね。

イベント良いね。

0329-03-rakuyo.jpg

お経が終わったら

0329-09-rakuyo.jpg

金堂へと入っていく。

0329-10-rakuyo.jpg

金堂の中、入っていくとこんな感じ。

3月31日には大日如来さんを見るよね。

0329-11-rakuyo.jpg

法要の前にお稚児さん御列あったみたい。

可愛い。

0329-12-rakuyo.jpg

行列飽きたのか?

良いべべ着て遊んでいます。

0329-14-rakuyo.jpg

後は今後寺の桜の写真、オンパレード。

0329-15-rakuyo.jpg

バックが緑だと桜のピンクが鮮やか。

0329-16-rakuyo.jpg

映える、インスタ映え。

0329-18-rakuyo.jpg

本当に良い時期に訪れた。

0329-19-rakuyo.jpg

池があってそこに赤の塊。

なんと鯉の塊。

で、イベント終わって門外に!

0329-20-rakuyo.jpg

外からはこんな桜が見える。

楼門と枝垂れが凄いね~。

0329-21-rakuyo.jpg

金剛寺は広い

別の屋敷の枝垂れ桜

0329-22-rakuyo.jpg

ここの建物のお庭も良いんだけど、

今回は外から桜を愛でる。

全くの外からだけど綺麗は綺麗!

nice!(34)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

桜のシーズン到来「金剛寺」 [河内長野散歩]

河内長野の名刹「金剛寺」

昨年大日如来さん両側の明王が国宝に認定。

更に金堂の大改装。

その落慶法要を見学に行った。3月27日。

なんと桜の見頃とぴったりこん。

0328-01-kongo.jpg

あまりに素晴らしかったので

今回はその写真、法要は次回に!

0328-02-kongo.jpg

楼門にかかるように枝垂れ桜。

0328-03-kongo.jpg

一本の枝垂れ桜が入口から存在感を示す。

0328-04-kongo.jpg

これは境内から楼門に振り返って。

0328-05-kongo.jpg

一本の枝垂れ桜です。高くそびえる。

0328-06-kongo.jpg

入場の楼門から新装の金堂方向。

法要に招待された方々の向こうに金堂。

0328-07-kongo.jpg

金堂の向こうに御影堂、暖簾とは言わないか?

カラフルな布と桜がマッチする。

0328-08-kongo.jpg

スルー桜でひときわ法要を演出する。

0328-09-kongo.jpg

枝垂れ桜の垂れ下がった桜の向こうに新たな金堂。

絵になります。

0328-10-kongo.jpg

どの角度からどこに向かってもシャッターチャンスです。

0328-11-kongo.jpg

それにしても満開の桜。

予想より早かったのが功を奏して

法要に訪れた我々を喜ばせる。

0328-12-kongo.jpg

金堂の装飾も色鮮やかに変身していた。

桜とばっちりです。

0328-13-kongo.jpg

色鮮やかな柱になりました。

次いで多宝塔とのコンビネーション。

0328-14-kongo.jpg

これも多宝塔に垂れ下がる枝垂れ桜。

弘法大師(空海)も修行をしたとされている。

平安時代末期に高野山の僧・阿観(あかん)が

金堂・御影堂などを建立し、再興した。

よって、多宝塔が立派に立つのだろう。

0328-15-kongo.jpg

絵も言えぬ美しさの多宝塔。

桜とあうあうあう。

0328-16-kongo.jpg

綺麗でしょ!

0328-17-kongo.jpg

ここ天野山金剛寺について!

河内長野市にある真言宗御室派の大本山である。

高野山が女人禁制だったのに対して

女性も参詣ができたため、「女人高野」とも呼ばれる。

0328-18-kongo.jpg

南北朝時代には南朝方の勅願寺とされ、

後村上天皇の行在所(あんざいしょ)ともなった。

貴重な文化財が数多く残されている。

国宝4点をはじめ、重要文化財は数多(あまた)

0328-19-kongo.jpg

御影堂(観月亭)と桜。

この御影堂からは秋に観月の行事が行われる。

0328-20-kongo.jpg

御影堂に際迫る枝垂れ桜。

0328-21-kongo.jpg

ざくっとこんな感じの金剛寺の桜でした。

次回は落慶法要の様子と桜をアップします。


nice!(48)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

等身庵の今最も綺麗な花々 [等身庵]

相方の訳あって、花いっぱいになりました。

春は良いね、花も賑やかで!

でもね最初は1月の等身庵の花から!

0326-01-robai.jpg

蝋梅を飾りました。

0326-02-robai.jpg

ホントに良い香りです。

春先の香りです。

0326-03-robai.jpg

しかも飾っている合間に咲き始める。

そして3月春の花飾りました。

0326-04-garbe.jpg

ガーベラ、スイトピー、バラなど

カラフルに!

0326-05-garbe.jpg

春~~~~と言う感じですね。

0326-06-sanshu.jpg

玄関は白の菊、オールシーズンか?菊。

菊は強い花で長持ちします。

後ろはサンシュウの花。

♫庭のサンシュウの~~木い~~~~♫

0326-07-tsuba.jpg

蕾の椿、日に日に咲いてきます。

相方訳あって花いっぱい頂いて

等身庵春、春、春。

0326-08-presen.jpg

玄関も花いっぱい。

0326-09-presen.jpg

百合とか蘭とか思い切り目立つ派手な花。

0326-10-presen.jpg

飾り甲斐があるという事。

リビングは?

0326-11-presen.jpg

カスミソウに囲まれた花々。

ほとんど洋花ですね。

0326-12-presen.jpg

テレビが端っこに写ってら~~~。

0326-13-presen.jpg

派手やけど、春らしくて良いんじゃない??

階段下

0326-14-presen.jpg

以前のガーベラが元気なので

飾り直して階段下に。

それにしても元気な花々

0326-130-presen.jpg

階段下の地味な場所も派手やかに

こんなに花いっぱいの等身庵は

滅多にない。

良い春が来ました。


nice!(42)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

我が家の庭にも春が来た。 [園芸]

今年の冬は寒かった。

我が等身庵も凍えるばかりだった。

3025-01-0111.jpg

1月11日

目覚めると我が家の庭は雪化粧

3025-02-0111.jpg

南の前の斜面も真っ白

3025-03-0111.jpg

道路は何とか凍結は免れているが、

やばい!の1歩手前でした。

そんな季節も3月になると春が訪れるもんだ。

正月に飾った葉牡丹の鉢

3025-04-0323.jpg

たわわに咲き誇っています。

正月らしさより春らしくなってる。

3025-05-0323.jpg

ただ違うのは葉牡丹がにょきにょきと伸びた。

背も高くなったが、名の花咲きそう。

3025-06-0323.jpg

隣で咲き誇ったのがサクラソウ。

3025-07-0323.jpg

もうもう所狭しと咲いているピンクの花。

3025-08-0323.jpg

ここまで固まって咲くと「お見事!」

これは西洋サクラソウ、日本サクラソウは

もっともっとしめやか!

3025-09-0323.jpg

疎らに咲いている西洋サクラソウの鉢もあったが

これはそれなりにしめやか仕上げ。

3025-10-0323.jpg

更にびっくりする蔵い白い花をいっぱい咲かす。

冬時はポツポツの白い花の数が・・・・

3025-11-0323.jpg

春になるとワンサカ白い花が咲き出して

びっくりや~~~~~。

3025-12-0323.jpg

レンギョウも咲き出した。

これも朝鮮レンギョウで和ではないが

春先の花である。

3025-13-0323.jpg

甘い花の蜜につられているのか?

ムクドリでしょうが、花弁を突っついてる。

3025-14-0323.jpg

純白の馬酔木(あしび)

綺麗であるが、なんで馬が酔うのか?

ふと斜面を見る。

3025-15-0323.jpg

桜のつぼみはまだ固し。

nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

山荘「天の里」でランチは世界遺産の里 [グルメ]

高野山の麓、世界文化遺産「丹生都比売神社」が鎮座

「山荘 天の里」は、その長い歴史と恵まれた自然の風景の中に佇んでいます。

宿泊と同時に食事も充実

0320-01-ama.jpg

遠景をホームページから拝借。

良い佇まいでしょ!ランチに来ました。

0320-02-ama.jpg

夜景の写真もあったのでこれも拝借。

本当に静かな感じ。

クロアチアツアーで知り合った方々とのランチです。

0320-03-ama.jpg

レストランから宿泊施設方面の写真。

各部屋ロッジ風に独立しています。

0320-04-ama.jpg

レストランからのビューは洗練された牧歌的と言える。

ゴルフ場ぽいかも!

0320-05-ama.jpg

清楚な感じが良い、こんな山里に良い雰囲気のレストラン

0320-06-ama.jpg

通路の壁にも装飾物。

0320-07-ama.jpg

棟方志功の絵が厳重に陳列されている。

じっと見る。本物みたいなので確認してみたら、

本物だそうで、良いもの見せてもらった。

0320-08-ama.jpg

この屏風もなかなかな感じ。

レンチに来たのに、芸術品に会える。得したみたい。

0320-09-ama.jpg

高い天井に大きな暖炉がそびえ立つ。

ウォーホールの絵!リトグラフ?

この天の里は寒いからね。暖炉使ってるのか?

0320-10-ama.jpg

暖炉の下の囲炉裏。

そこに山椒魚の置物。

たぶんこの山里に居るんだろうね。

水綺麗そうだし!

0320-11-ama.jpg

やっとメインテーマのランチ

コースを予約してくれていました。

車でしか行けない場所なので、ノンアルコールビールにしました。

コースの説明書

0320-12-ama.jpg

前菜、

カルパッチョ、山の野菜他

0320-13-ama.jpg

自慢の十割蕎麦

0320-14-ama.jpg

蕎麦の香り、コシ、良い感じの蕎麦です。

これお奨め、美味しい。

0320-15-ama.jpg

肉か魚か?肉料理にしました。

お洒落過ぎる盛り付け。

味も負けていない、存分に楽しめます。

0320-16-ama.jpg

ちょっとインスタ映えするように!

0320-17-ama.jpg

パンもここで焼いているとか。

そしてデザート

0320-18-ama.jpg

お洒落~~~~~。

コーヒーが付いてコース終了。

この環境を楽しんで美味しいランチを頂いて

長時間、ゆっくり話せる。

これで2,700円、完璧です。

過ごす時間が貴重でした。

0320-19-ama.jpg

ホームページからコースの全景でした。

隠れた世界遺産「丹生都比売神社」訪問と同時に

是非貴重な時間をお楽しみください。

nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キッチンドリンカー「Tossy」の晩御飯レシピ [料理]

例によって等身庵ことTossyの料理ネタ。

いつもの通りクッキングしながら飲む。

これを楽しみに料理、料理。

去年の3月2日のメニューから

0319-01-0302.jpg

久しぶりに定番ハンバーグ定食

0319-02-0302.jpg

コネコネして、中にチーズを挟みます。

添え物はアボカドにカラシメンタイをまぶします。

そりゃ~、まずはビールでしょう。

0319-03-0302.jpg

これまた定番ポテトサラダ。

もう簡単に作れちゃいます。

炒めるのは玉ねぎと人参、ハムときゅうりはそのまま!

0319-04-0302.jpg

パンプキンスープは以前かぼちゃ湯がいて漉したのが

冷凍庫に眠っていましたから。

さ~日にち変わって3月20日

0319-05-0320.jpg

おっと!3人前プラスありますね。娘と孫が来ていますね。

メインはネギ塩。

0319-06-0320.jpg

鶏肉を少し塩に漬けて、小麦粉を軽くまぶして揚げる。

塩麹とネギそしてオイスターソース。

絡めて食す。万人受け!

0319-07-0320.jpg

もう1点が里芋と烏賊の煮っ転がし。

イモ焼酎がぴったりこん。

0319-08-0320.jpg

冷ややっこですが

キムチを刻んで乗せて、マヨネーズを掛ける。

それだけで豆腐の味が大変身。

玉ねぎスライスを挟むとより美味い。

3月22日

0319-09-0322.jpg

4品もあるぞ!

0319-10-0322.jpg

またしても鶏料理!

鶏は色々味付けで楽しめる。豚もやけど、

牛肉はあまりレシピありません。

よって今日も鶏です。

梅肉のソースを作ってからめ焼く。

進む!

0319-11-0322.jpg

若ゴボウを頂きました。

葉っぱは多く根っこは小さい。

スライスして、味噌ゴマ味で煮るように炒めました。

0319-12-0322.jpg

アボカドは皮剥いて、初めて出来の良さが分かる。

予想はするけどたまに外れる。

単純にわさび醤油で頂きます。

もう1点

0319-13-0322.jpg

ちょっとシイタケが美味しそうだったので

醤油で焼いて香ばしさを加味。

どんこなら良かったのに、でも大丈夫。

3月24日

0319-14-0324.jpg

おやっ!今日も娘孫来ている。

家が近いとすぐ、これや!

0319-15-0324.jpg

又鶏ですね。でも手羽です。

手羽をニンニク醤油でぐつぐつ煮込んで、汁なくなったら完成。

超簡単料理。

0319-16-0324.jpg

エリンギを炒める。エリンギは味がないのでしっかり味付けて!

歯ごたえはマツタケを感じながら!

ま~無理と言わずにご賞味あれ!

0319-18-0324.jpg

この時期、新じゃがでしょ!

ポトフにしました。

飲みのあてには難しい。

0319-17-0324.jpg

こっちで飲もう!

モッツァㇾラが美味い。

ワイン、抜いて~~~~~。

ま~クッキングはクリエイティブで飽きが来ず

楽しめる。飲めるし!

nice!(63)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西條酒造「僧房酒」珍しいお酒を飲んだ~~~。 [グルメ]

河内長野の歴史的な造り酒屋「西條酒造」

そこが珍しいお酒を醸造する。

毎年抽選でしか手に入らない。

知人がくれた。一気に飲んでしまって、

飲んだ後記念写真を撮るの忘れてた。

0318-01-amano.jpg

飲み干した後の無残なボトルとパッケージしか

写真で残せなかった。

失礼ながらその写真でブログ。

0318-02-amano.jpg

ボトルもさることながら、ラベルを読んで下さい。

「豊臣秀吉愛飲ノ復古酒 僧房酒」

仰々しい謂れですね。

0318-03-amano.jpg

「直詰厳封の証」

厳封をあっさり、飲みたい気持ちで開封。

しかも荒っぽく開けちゃったよ。

0318-04-amano.jpg

ボトルにはお酒の説明

注目すべきは「精米歩合90%」凄すぎ。

アルコール度数は15%なれど。

0318-05-amano.jpg

天の種のルーツの調べから行きついた銘酒云々

まー最近のマーケティングでは必要な講釈。

反対側にも講釈

0318-06-amano.jpg

西條酒造の歴史を語っているに等しいが、河内長野の金剛寺に秀吉にお酒を送った

そんな文献があるからね。

それとこの僧房酒の関連は不明。

0318-07-amano.jpg

そうだお酒の味を伝えてなかった。

琥珀色のまったりしたフルーティ過ぎる味。

やっぱり精米90%の成せる技!お米の甘さ!

美味しいんだけど、

辛口好きのオイラには沢山は飲めない。

と言う訳でおまけの1枚

0318-08-amano.jpg

毎月1回、定例の飲み会開催のお店「なお家」のご厚意。

魔王、あの魔王を提供してくれた。

やっぱり飲みやすい。

0318-09-amano.jpg

おいらご機嫌でついつい、魔王をよいしょしてしまった。

近騎亜は美味しいお酒のお話でした。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

摂津富田「きんなべ」で法事 [グルメ]

高槻市富田町界隈は古い町並みが多い。

今回法事でみんなが会して食事をしたのが

歴史的建造物&お庭が素敵な「きんなべ」

0316-01-kinna.jpg

エントランスの門構えからして歴史を感じる

暖簾をかき分けてくぐると!

0316-02-kinna.jpg

蹲(つくばい)がある小さな庭。

0316-03-kinna.jpg

入場して渡り廊下を通って部屋に案内されたが、

そこからの写真。

廊下の向こうはオトイレです。

0316-04-kinna.jpg

庭が素敵と聞いていたが池に水が流れ込んでる。

0316-05-kinna.jpg

建物も古い、明治かな?

縁側の大きなガラス戸の向こう一面がお庭。

灯篭にも灯がともってる。

0316-06-kinna.jpg

どっかの文化財的な雰囲気がする。

豪商のお家だったと女将が言う。

0316-07-kinna.jpg

立派な鯉も悠然と泳ぐ。

女将さん曰く、維持するだけでも大変!

0316-08-kinna.jpg

部屋の調度品も捨てたものじゃない。

額、陶器が大きな床の間に鎮座。

メインはディナー。

来た!

0316-09-kinna.jpg

鍋なんですが、ちょっとしたお通しから。

子持ち鮎の甘露煮とウニをまぶした数の子。

お手製らしく、手の込んだ美味。

向こうの小鉢がたれの「ゴマ」「ポン酢」

0316-10-kinna.jpg

このお店のメニューは1点のみ。

牛シャブ、いい牛です。

まだまだ食べれるが法事なのでね。

0316-11-kinna.jpg

しゃぶしゃぶが終わったところを見張からって

水焚きです。

これもあっさりと美味しい。

0316-12-kinna.jpg

女将自ら取り寄せてくれました。

女将さんと話していると

昔のバブルの時が懐かしいって!

そりゃ~そうだ、ここは接待には最高のお店。

ごちそうさまでした。

nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

橋本市の卵専門店「はしたま」面白い [グルメ]

橋本市と言っても和歌山県の橋本市

そこに卵庵「はしたま」と言うお店がある。

0315-01-tamago.jpg

ちょっと町から離れた場所にポツンとある。

大きな看板

こだわりメニュー「生みたて卵食べ放題」と書いている。

0315-02-tamago.jpg

ここが玄関入り口

玄関は全くの待合室。混んでいました。

昼時の後半時間です。

0315-03-tamago.jpg

玄関の待合室から店内を覗く。

案内されるまで玄関待ちです。

この時点で500円オムライスは完売の張り紙。

0315-04-tamago.jpg

待合室の壁にはメニューや写真で時間を持たせる。

お米と卵に自信ありみたいな!

やっと通されました。

0315-08-tamago.jpg

右が厨房で食堂では皆さんパクパク。

0315-09-tamago.jpg

ま~テーブルと言っても、4人掛けとかじゃなく、

大きなテーブルを区切ってる。効率的に!

0315-06-tamago.jpg

我々はカウンターに通されました。

0315-05-tamago.jpg

明るいです。大きな窓から牧歌的な景色。

そりゃ~鶏も良い卵産むわ。

0315-07-tamago.jpg

カウンターに新鮮な卵が山積み。

これ、幾つ食べても良いんだ。

もう注文できものが3種類だけ。

0315-10-tamago.jpg

と言うことで、これが2種類。

卵焼き200円、卵かけご飯味噌汁付き350円

0315-11-tamago.jpg

こんなに卵尽くしだと

追加の食べ放題まで手が出ない。

確かに美味しい卵、素材で勝負!

0315-12-tamago.jpg

親子丼味噌汁付き500円

リーズナブルな価格じゃないですか。

0315-13-tamago.jpg

こりゃ~皆さん一度挑戦の価値ありですよ。

0315-14-tamago.jpg

おっと、海苔掛けてみよう。

橋本の牧歌的な場所で見つけた「はしたま」

卵の素材で勝負の店素敵でした。


nice!(30)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー