So-net無料ブログ作成

因島「浄土寺」参拝 [旅行]

故郷「因島」に同級生と帰省。昨年9月9日。

私が育ったのが田熊町と言う町。

その街の菩提寺が「浄土寺」

我が等身庵の菩提は大浜町の「見性寺」。

友人二人のがここ!浄土寺。

0228-01-jodo.jpg

真言宗のお寺さん

0228-02-jodo.jpg

正式名は「密厳浄土寺」

八朔発祥の地の記念碑なども立っています。

0228-03-jodo.jpg

静かで厳かな雰囲気のお寺です。

綺麗にしています。

0228-05-jodo.jpg

手水場の天井、凄く綺麗な龍の絵

まだ新しい、年月がより素晴らしいものにするか?

誰が書いたのだろう。

0228-06-jodo.jpg

本堂に上がりました。

本尊の阿弥陀如来像ではないようですが撮りました。

由緒正しいお坊さんみたいです。

0228-07-jodo.jpg

お庭の片隅に小さな神室みたいな!

隙間から覗いてみた。

0228-08-jodo.jpg

島野荒神って看板。

手が6本、顔が3面。何者でしょう?

ここ因島ならではの島野が気になるね。

0228-09-jodo.jpg

お庭です。石が配されていい感じ!

0228-10-jodo.jpg

良く分からない亀の像。

ホント良く分からないけど鎮座ましてる。

何か謂れでもあるのだろうか?結構でっかい。

0228-11-jodo.jpg

本殿の裏を歩いてみた。

同級生2人は自分のご先祖様のお墓参り。一人闊歩!

0228-12-jodo.jpg

立派な本堂です。

荘厳な屋根が物語る。

0228-13-jodo.jpg

もう一つ浄土寺の隙間からというか墓地から

垣間見えるのが瀬戸内海。

絶景です。

お墓からの景色は良くなくっちゃ~ね、ご先祖様のために!

nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

河内長野・千代田の「悠」で一献 [グルメ]

小料理屋と言ったほうがふさわしいお店

河内長野の千代田駅のそば

「悠」予約して行きました。コースで!

0226-01-yu.jpg

するとメニューを手書きでテーブルに置いて

お迎えしてくれた。嬉しいものだ!

まずは付き出し3点盛り

0226-02-yu.jpg

締めサバ、きんぴらごぼう

そして絶品が鱧の子の卵とじ。

これで鱧鍋に続いて行くのか~~~

0226-03-yu.jpg

まずは生で乾杯、お決まり。

0226-04-yu.jpg

おつくり盛り合わせ。4人前です。

鯵、鮪、烏賊、鯛そして鱧の湯引き。

今日はなんか鱧絡むぞ。

いや~なかなか良いネタです。

0226-05-yu.jpg

同伴者が獺祭飲んだことない。

悠には置いている。そりゃ~飲んでみよう。

冷ですっきり飲みやすい。

0226-06-yu.jpg

牛すじ大根。良い出汁で煮込み加減も良い。

お酒進みます。

0226-07-yu.jpg

とろり冷ややっこ

あまり口にしない食感ですが、こってり味。

0226-08-yu.jpg

そして出てきました鱧鍋。

玉ねぎがアクセントで良い出汁出ています。

しかもとろみの出汁、美味い。

マジ美味い。お酒進んで

この後の写真は撮り忘れ、飲み食いに集中!

天ぷらとか美味しかったのにすみません。

ご馳走さまでした。

nice!(40)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キッチンドリンカーのクッキング [料理]

去年のクッキングのまたまた紹介です。

料理が好きな訳はキッチンドリンカー

つまみのみが楽しくてクッキング。

2017年1月6日、正月明け。

0224-01-0106.jpg

正月明けなのにこってりか?

0224-03-0106.jpg

酢豚です。豚肉はスライスしたのを丸めて片栗粉をまぶして

事前に挙げて、野菜と混ぜて味付けする。

この方が食べやすいし美味いのだ。

0224-02-0106.jpg

もう一点は茄子の素揚げに生姜をまぶしてポン酢でどうぞ。

ほうれん草を敷きました。癖になる。

続いて1月15日

0224-04-0115.jpg

天ぷら一杯揚げました。

天麩羅の時はいつも沢山になる。

ワインが立っているね。

0224-06-0115.jpg

蓮根、玉ねぎ、ピーマン、エリンギ、他

さつまいもは切ったら紫、びっくり

0224-07-0115.jpg

かき揚げは難しい。

エビフライはおまけ。

0224-08-0115.jpg

バジルサラダ、ワインに合うように!

トマトとバジル、チーズ高相性。

0224-09-0115.jpg

更にワインのお供に、ブルーチーズ。

1月23日に移ります。

0224-10-0123.jpg

久々和か洋か中華か分からないクッキング

0224-11-0123.jpg

豚キムチ、簡単すぎる。

市販のキムチに豚肉を漬け込む。

ちょっと醤油を指しかける。

0224-12-0123.jpg

ニラ玉、巻き込むと出来上がる。

0224-13-0123.jpg

市販の水餃子、良いポン酢が勝負です。

1月26日に!

0224-14-0126.jpg

海老、牡蠣を買ってきて料理

日本酒が合う感じ。

0224-15-0126.jpg

海老、牡蠣は生食用でしたが、沢山あったので

バター炒めにしました。

0224-16-0126.jpg

海老の頭はニンニクでコリコリに炒めてしゃぶる。

0224-17-0126.jpg

これが刺身の海老

0224-18-0126.jpg

こっちは牡蠣酢です。

0224-19-0126.jpg

何故美味しい大根も勝ったので、風呂吹き大根。

買ったのは葉菜の森と言う農家直送、漁港直送のお店。

人気のファーマーズマーケット。

0224-20-0126.jpg

長い桃醤油味で炒めました。

キッチンドリンカー、どんだけ飲んだん?ってとこ!

nice!(55)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

桜珈琲 泉中央店 [グルメ]

桜珈琲、昔はものすごく流行ってたもんだ。

店舗数も増えちゃったね。

0223-01-sakura.jpg

今回は泉中央店に行ってみた。

泉中央からはかなり遠い。

本店は鳳らしいが昔並んで行ってたのは「泉北店」

0223-02-sakura.jpg

どのお店も中央を坪庭にして、枝垂れ桜を配す。

回廊式の喫茶店。

土地が要るから、どの店も遠い場所にある。

南大阪中心に10数店まで展開している。

0223-03-sakura.jpg

店内の設えも凝っている。

また、どの店に行ってもよく似た感じ。

0223-04-sakura.jpg

坐す!机の片隅に喫茶店ならではのシュガー。

もちろん桜仕様です。

0223-05-sakura.jpg

桜珈琲の特典はモーニング。

モーニングなのにお昼の2時までやってます。

0223-06-sakura.jpg

珈琲は460円とお高いですが、プラス2~300円で

モーニングセットに変わります。

0223-07-sakura.jpg

パンサラダを付けました。

0223-08-sakura.jpg

面白い組み合わせでしたが、ま~ま~イケる。

0223-09-sakura.jpg

美味しく頂いていると店員さんが来て

「ピロシキ焼きたてですが如何ですか?」

誘いに乗っちゃった。280円也!

こんな店って、締めるとそこそこ!

ま~ゆっくり落ち着けるので、十分楽しめます。

0223-10-sakura.jpg

レジの横には店頭販売もやってる。

ちょっと広すぎ置きすぎの感が・・・。

南大阪限定のチェーン店みたいです。今のところ。

nice!(57)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

広島空港そばの「三景園」知ってますか?三渓園じゃないよ。 [旅行]

広島三原の臨済宗名刹「佛通寺」の道すがら

三景園を訪れた。

0221-01-sanK.jpg

エントランスから園内を望む。

65歳以上無料、皆証明書を出してね!

0221-02-sanK.jpg

入るや否や大きな池が広がる。

築山池泉回遊式庭園です。

0221-04-sanK.jpg

広島空港開港記念として1993年に造られた。

「山」「里」「海」の3つのゾーンで構成。

海が何といっても素晴らしい迫力「大海」です。

0221-05-sanK.jpg

この庭はどなたが設計されたのか?素晴らしい。

どの角度で見ても、目を見張る飽きません。

0221-08-sanK.jpg

対岸に差し掛かって、入場門方面も素晴らしい。

0221-09-sanK.jpg

石の配置、樹木の存在、水面の映り具合。

絵にも言えない美しさ。

0221-10-sanK.jpg

これを称して中島と橋のコントラスト。

瀬戸内海を連想されたらいいと思います。

0221-12-sanK.jpg

池に向かって親子が座る。寄り集まる鯉の群れ、群れ。

0221-13-sanK.jpg

大群です。パカパカ口開けておねだりしています。

餌に向かってバトルするカープ。

まるで赤ヘル・・・なんちゃってね。

ちなみに6ヘクタールの広さ。約1800坪

東京ドームに換算好きでしょ!1.3倍ぐらい。

0221-14-sanK.jpg

季節のイベントも多いと聞く。

9月なのでまだ紅葉しないが、綺麗とのこと!

3月の梅、ボタン、つつじ、アジサイそして紅葉。

0221-15-sanK.jpg

奥に向かって道が続いたので進むと、水が流れ込む地域に入る。

周りはモミジの木で囲まれる。

0221-16-sanK.jpg

滝が流れています。

自然なのか人口なのかは定かでない。

足立美術館の例もあるしね。

0221-17-sanK.jpg

最後に建物に入り込む。

玄関脇の蹲(つくばい)がお洒落でカッコいい。

0221-18-sanK.jpg

数寄屋風の水上建築「潮見亭」に入る。

お茶の接待はやめて、景色を見ただけ。

0221-19-sanK.jpg

涼しい風が肌に心地よく吹いた。

新しいのに、この趣はGOODです。

広島空港をご利用の時は是非!お勧めです。

nice!(36)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

広島県三原の佛通寺。昨年9月9日 [旅行]

昨年9月に広島因島に帰省。

ちょっと観光、昔遠足で行ったか行ってないか?

三原の山深いところまで訪問、「佛通寺」観光です。

0219-01-butsu.jpg

山水画に出てくるような岩肌の山が迎えてくれる。

秘境と言ってくらい山奥です。

駐車場から見上げました。

0219-02-butsu.jpg

しかも絶壁の岩肌に文字が彫られている。

木、はっ葉が遮るが、垣間見えた「尊」の字

さ~臨済宗「佛通寺」に向かう。

0219-03-butsu.jpg

山門に入る前の道筋、急な階段

「開山堂」の立て札(石柱)

ガンギ坂というも急すぎてたじろいで終わり。

0219-04-butsu.jpg

下からは多宝塔が見えた。

その向こうに開山堂があると思う。

0219-05-butsu.jpg

輪堂です。古い古い書、特に経典などを納めているらしい。

デンと構えている。

0219-06-butsu.jpg

山門に入る手前ではあるが、鄙(ひな)びた庭のような!

0219-07-butsu.jpg

「崑崗池」が名称で雪舟作と言い伝え。

定かではないが、雪舟がいた痕跡は随所に見受けられる。

原型は留めていないので少し残念な池。

0219-08-butsu.jpg

奥には「銀九爆」と謂れの滝。

絶えず流れ落ちて、池に注がれている。

そして山門にやっと向かう。

0219-09-butsu.jpg

この橋の向こうが本殿など境内になる。

0219-10-butsu.jpg

この川を渡って禅をする。

得度するまで帰れない・・・三途の川なんてね。

0219-11-butsu.jpg

立派は橋、立て看板「大本山佛通寺」

さ~渡ります。

0219-12-butsu.jpg

手水場で手を洗うが、迫力ある龍の唾液や~~~。

清めます。

0219-13-butsu.jpg

庫裡のような、侘び寂の世界が待つ。

0219-14-butsu.jpg

境内真ん中が枯山水。

0219-16-butsu.jpg

仏殿の建物。

佛通寺は1397年小早川春平公が創建したお寺。

臨済宗、佛通寺派の総本山

最盛期には西日本中心に3000余の寺を抱える。

応仁の乱を機に荒廃したが、今に続いている。

0219-17-butsu.jpg

鐘楼や仏殿大方丈禅堂など建物も並び建つ。

この達磨太子さんは達磨堂に鎮座。

0219-18-butsu.jpg

こんな感じで境内を飾っている。

0219-19-butsu.jpg

鄙びた地蔵さんなども、おっとと思える場所に

おわします。

実はこの佛通寺は今は禅寺よりも紅葉のメッカで有名。

シーズンになると車も入れないぐらい混雑。

見たいな~、でも混雑も嫌やな~~~。

モミジは見事らしいです。

nice!(56)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

等身庵の料理、キッチンドリンカー [料理]

一昨年の料理ネタが残ってるが、これが年末最終。

でも料理は続いて、昨年年初からまだあるよ。

0216-01-1228a.jpg

12月26日押し詰まっての料理。

クリスマスアフター料理

0216-02-1228b.jpg

鶏の手羽煮込み。

これ簡単、ミツカンと水50%50%で煮込むだけ。

これがマジ美味い。煮てる間、ドリンカー!

0216-03-1228.jpg

納豆にはネギの相性最高なのです。

味も健康にも最適、大根おろしは妙にすっきりします。

0216-04-1228.jpg

お得意、白菜と揚げ豆腐のスープ。

飲んで、最後にぐっと飲み干すのが健康的。

更に押し詰まって12月30日

0216-05-1230.jpg

明日は大晦日、お節を作りながらのクッキング

0216-06-1230.jpg

もう簡単に、ホント簡単に炒めました。

豚肉と白菜、オイスターソースで煮込んで、当てになる。

0216-07-1230.jpg

ぶり大根、お節にも使えるかもね。

ブリの素材が物を言う。

0216-08-1230.jpg

いや~脂が頃合いでグッドでやんした。

年末前に日本酒が進んで良いのか?

てな、呑み助クッキングでした。

nice!(42)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひな人形飾りました [等身庵]

3月3日は上巳の節句(ジョウミノセック)

所謂、ひな祭りです。

0214-01-hina.jpg

我が等身庵も早めに飾りました。

0214-02-hina.jpg

桃の節句?桃はないけどさんしゅうの木飾りました。

切り花なれど、日に日に咲き出す生命力。

0214-03-hina.jpg

京都真太呂のお雛様が我が家の定番。

0214-04-hina.jpg

早く飾って、早くしまう。しまい忘れたら嫁に行きそびれる。

なんて言い伝えは???

もう行ったから帰ってこないように!

0214-05-hina.jpg

このお雛さんは良い顔している。

お気に入りです。

手軽に飾れるし!

これが玄関

0214-06-hina.jpg

リビングのテレビ台は木目込みの小さな雛

0214-07-hina.jpg

多分菱餅の台に坐しています。

ちょっと毛髪が多すぎ?愛嬌愛嬌。

0214-08-hina.jpg

その横おいらの陶芸作品のお雛様

お内裏様とお雛様

0214-09-hina.jpg

リビングのスピーカーの上

0214-10-hina.jpg

ダイニングの装飾台の家具の上にも装飾

英国家具、置時計、クラシックな中に飾られる。

0214-11-hina.jpg

これも私、等身庵の陶芸作品。

焼締めています。無表情が良いのか??

0214-12-hina.jpg

大きな猪口のなかに鎮座ましますお雛様。

鈴になっています。

最後にトイレも例によってディスプレイ。

0214-14-hina.jpg

小さな小さな博多人形のお雛様

トイレに居ます。

日に数回、お目にかかるのがトイレ。

0214-15-hina.jpg

トイレ、もう一品はぶら下がっています。

これお雛様かどうかはわからない。

2月はこのディスプレイで行きます。


nice!(59)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新築は良いよね。 [等身庵]

娘夫妻+孫1が近くにい越してきました。

家建てちゃいました。

0213-01-hagi.jpg

さすが若者、モダンな外観ですね。

0213-02-hagi.jpg

正面玄関の顔。階段上がって玄関。

今は植木が増えています。

0213-03-hagi.jpg

南側の庭から見た新築。

2階のベランダが一面でかっこいい!荷物が入る前に撮ってと言われて。

0213-04-hagi.jpg

リビングから玄関です。

そういえば玄関の正面は撮ってないや。

一応の広さの玄関にキープ出来ているし

奥にはウオークイン靴箱らしきスペース。

0213-05-hagi.jpg

入ってリビング、外庭方向を見たらこんな感じ。

0213-06-hagi.jpg

開け広げて人がいるとこんな感じ。

0213-07-hagi.jpg

ダイニングからの景色はこんな感じ。

0213-08-hagi.jpg

リビングむき出しの階段が目を引く

奥には上がり和室がある。

0213-09-hagi.jpg

階段を上る前に見上げると。

0213-10-hagi.jpg

天井に風を回らせる扇風機

結構家の澱んだ空気を循環させるらしい。

0213-11-hagi.jpg

もう一度リビングの戻ってダイニング方向

0213-12-hagi.jpg

やっぱり最近は進んでいるし、新品は良いね。

羨ましい、わが家が古く感じたよ。

0213-13-hagi.jpg

お決まり洗面所、お風呂もトイレも撮ったが割愛。

0213-14-hagi.jpg

上がり和室の床と窓と押し入れにひと工夫がある。

あかり採りだそうだが、狭いぞ~

0213-15-hagi.jpg

2歳の孫がうれしくて入っていくが、子供やからね。

ま~この空間は明採りオンリー。

さ~2階に上がって3間

0213-16-hagi.jpg

両親の部屋

0213-17-hagi.jpg

子供部屋、何もないが

入居後いったら、荷物やおもちゃで満杯状態。

最後の1枚

0213-18-hagi.jpg

ベランダです。

キャッチボールが出来そうな距離。

南向きなので、洗濯物干す?いや1階外でしょう。

じゃ~どう使う?

色々考えるのも楽しそう。

それにしても最近の住居は良いね~と感心しきり!

nice!(58)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鞆の浦のランチグルメ「@Cafe」 [グルメ]

昨年夏、帰省の途中寄った「鞆の浦」

0131-05-tomo.jpg

観光地としては歴史とモダン、優秀でした。

0131-10-tomo.jpg

港町の行き当たりに常夜燈、その手前の店で家族でランチ。

モダンなカフェ

0210-01-@cafe (2).jpg

常夜燈の前でどっかでらんちしようか?

ふと、見たらこのお店「@Cafe」

0210-02-@cafe.jpg

入場、着席、席から港を見る。

古民家を改装してお洒落なお店だ。

0210-03-@cafe.jpg

ホールの人は女性、料理担当は2名の男性

娘がイケメンと騒いでた。

年配の男性は渋いのだ。

0210-04-@cafe.jpg

そんなことより料理!

2種発注。サラダ、オレンジが新鮮なメニュー

0210-05-@cafe.jpg

サンドイッチ、うめ~。

0210-06-@cafe.jpg

クリームパスタ。

0210-07-@cafe.jpg

ニンニクバター効いて、具材も色々、

楽しめます。

もう1枚。

0210-08-@cafe.jpg

流石瀬戸内海、浅利旨し。

なぜか3枚も撮ってしまった。

0210-09-@cafe.jpg

飲み物は100%果汁。

観光地、鞆の浦は若いお店が登場している。

この新旧のバランスが最適な地。

@Cafeモダンで美味しい、アテンドもGood!



nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー