So-net無料ブログ作成

大阪狭山の「キングパスタ」でランチ [グルメ]

ちょっと軽飯しよう。

相方が行こうと言った店がここ

1106-01-kingPa.jpg

閑静でおしゃれな佇まいのキングパスタ

1106-02-kingPa.jpg

モダンでスマートなエクステリア。

期待出来そうな予感。

1106-03-kingPa.jpg

店舗内に突入。天井も高い

結構混んでいたが

1106-05-kingPa.jpg

窓際のカウンターに案内された。

正面の窓からのビューも良い。

ここベストポジション。

1106-06-kingPa.jpg

これは冬場のことでしたので芝が茶色。

あったかい時期なら外でパスタも良いかも!

1106-07-kingPa.jpg

パスタランチのメニューで!

パスタはセレクト、サラダ、フォカッチャ、スープ。

これで1000円プラス税

1106-08-kingPa.jpg

個室もあって、その壁には上等ランチのポスター。

2100円だそうです。

1106-09-kingPa.jpg

サラダとスープがまず出てきた。向こうにフォカッチャ。

1106-10-kingPa.jpg

紀州南高梅と小貝柱、菜の花和風だし、大葉風味

1106-11-kingPa.jpg

ペペ玉、粗挽きソーセージ、ほーれんそうのオイスターソース、半熟卵を乗せて。

1106-12-kingPa.jpg

おまけで150円でドリンク頼めます。

ホットコーヒーでしょう。

大阪狭山のキングパスタでした。


nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

我が河内長野のだんじり、頑張ってる! [河内長野散歩]

10月8日、家で寛いでいたら

ぴーひゃら、どんどんと祭りの音色

気になって外に出た。

1105-01-danjir.jpg

なんか我が家の横の道を横切るだんじり。

1105-02-danjir.jpg

子供たちが曳いている。

声も可愛いかもね。

1105-03-danjir.jpg

これが加賀田のだんじり

中学生が頑張って曳いているかもね。

1105-04-danjir.jpg

でもでも、皆で声を力を合わせて坂道登る。

1105-05-danjir.jpg

あ~過ぎちゃった。

河内長野界隈はこの時期だんじり祭りだらけ!

岸和田を手始めに秋まつりが随所で開催。

でも、我が家の横を曳かれるだんじりはメジャーじゃない。

昨年の河内長野だんじりがこれ!

1105-06-danjir.jpg

駅前に集まるだんじり軍に遭遇したのが昨年

ポリスも出てくる迫力。

(渋滞、交通の邪魔でしかないと言う人もいる)

1105-07-danjir.jpg

だんじり、凄い装飾です。

この装飾のだんじりが町内を練り走る。

1105-08-danjir.jpg

上がってるねだんじりの屋根に!

1105-09-danjir.jpg

えいさ~と言いながら坂道を一気に下る。

1105-10-danjir.jpg

赤装束は迫力増す。

骨らは本気のだんじりや!

1105-11-danjir.jpg

ま~例年は(今年も)なかなか荘厳なだんじりが

町毎に競って練る。

競争も激しい、こんな河内長野のだんじりでした。

nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夕焼けが気持ち良い。 [等身庵]

11月1日、帰宅。南海電車

三日市町駅に着いて、見上げる夕空。

1104-01-yuhi.jpg

西の空が茜色

1104-02-yuhi.jpg

ついつい見惚れて写メした。

ついでであるが、我が家からの夕陽の写真

1104-03-yuhi.jpg

7月12日の我が等身庵から西の空

丁度太陽が山にかかる。

1104-04-yuhi.jpg

太陽が沈んでしばらくしたら

黄金色が茜色に代わって、雲が紫に。

1104-05-yuhi.jpg

7月19日西の空が真っ赤でした。

1104-06-yuhi.jpg

アップにして撮ったら、赤色が更に赤に!

1104-07-yuhi.jpg

もうまるで火事状態の夕焼け。

7月29日

1104-08-yuhi.jpg

この日の夕焼けも真っ赤

1104-09-yuhi.jpg

雲が右から左へ流れて、その雲に

沈んだ太陽が夕焼けを作る。

1104-10-yuhi.jpg

その夕焼けの手前にたなびく雲は

なんかパープル?

そしてもう一つ、9月14日

1104-11-yuhi.jpg

この日は茜色から紫色へのグラデュエーションが見事!

1104-12-yuhi.jpg

最後に一言。

こんなきれいな夕陽を見ながら

料理をしながら、キッチンドリンカーは

堪えられません。

nice!(33)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「カトルヴァン」という個性的なレストラン [グルメ]

河内長野の天野山の近くに隠れたレストラン

名前からはフレンチ。

事前予約なくしてはいけないレストランです。

予約して行きました。

1102-01-katol.jpg

予約時間に迎えられて部屋に!

一軒家がお店で、到底お店があるとは思えないし、

座っての屏風は中華料理?

1102-02-katol.jpg

その上の欄間は和食?

1102-03-katol.jpg

床の間らしきところには雑然と装飾物。

すみませんがこれらを見ただけでお腹いっぱいに。

1102-04-katol.jpg

何を伝えたいんか意味不明!

Oさんの紹介で予約したが、想像を大きく超えている。

1102-05-katol.jpg

メニューは1品、このコースのみ。

フレンチですよね?

店名がカトルヴァン、フランス語で80ですよね。と店主に確認。

ワイン豊富にあるとメニュー。やっぱりフレンチ?

1102-06-katol.jpg

店主はフランス料理ではなく我流料理と言う。

ただフランス好きの栄養管理士と言ってた。

フランス好きが高じて6ヶ月ぐらいフランスで暮らしていたのが自慢。

1102-07-katol.jpg

特製のクッキーからお食べください。

1102-08-katol.jpg

とりあえずビール、でもノンアルでハーフ&ハーフ

まずは前菜盛り合わせ

1102-09-katol.jpg

いや~びっくり盛り盛りの盛り合わせ。

1102-10-katol.jpg

時計回りに説明してくれたが時計以上。

12品以上はある。回って食べるうちに忘れてしまう。

正直言うと、盛り過ぎは何かが薄れる。

1102-11-katol.jpg

パンです。焼いているようです。

ねっとり。

1102-12-katol.jpg

肉料理

1102-13-katol.jpg

魚料理

1102-14-katol.jpg

デザート1

1102-15-katol.jpg

デザート2

店主がシャベルシャベル、料理もお腹いっぱい

話もお腹いっぱい。

部屋の装飾。

何ともまとまりのない面白いお店でした。

主人の好みがきつすぎた。

こんなお店もあるんですね。

ご馳走さまでした。

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

隠れた名刹「普門寺」高槻にある [関西小旅行]

臨済宗妙心寺派

「慈雲山 普門寺」

高槻富田にある名刹を秋10月初めに訪れた。

1031-01-humon.jpg

萩の花が迎えてくれた。

京都黄檗寺の隠元禅師で有名とのこと。

隠元さんとはインゲン豆の謂れの明のお坊さん

1031-02-humon.jpg

隠元禅師の作った石畳の向こうには本堂(方丈)の屋根が見える。

創建は明徳元年(1390年)

1031-03-humon.jpg

細川春元・足利14代将軍義栄の居城でもあり、

お寺であり、お城でもある。

広大な土地であったと思われる。

1031-04-humon.jpg

石庭が見事である。

お寺さんから説明を受けた。

1031-05-humon.jpg

力説されたのは、長年廃寺となっていたのを

現在の住職が再興したという。

1031-06-humon.jpg

非常に歴史的価値の高いお寺。

酷い廃墟を再興維持している。

かっての寺領は失われ、檀家もいないとのこと。

廃墟の写真も見せられての力説でした。

良い枯山水のお庭です。

1031-07-humon.jpg

縁側でお庭を眺めながらお茶の接待を受けました。

干菓子頂きました。

1031-08-humon.jpg

ちゃんとお菓子にはプリントされていました。

普門寺

1031-09-humon.jpg

方丈の内部に案内されて説明を聞く。

1031-10-humon.jpg

ご本尊は釈迦如来、説明書には

隠元禅師が中国より渡来された。

唐時代の釈迦如来、脇仏右荷葉尊者・左阿難尊者は

中国の名高い仏師范道生作、と。

1031-11-humon.jpg

襖絵も廃墟と主に荒れ放題、

でも見事なもので

1031-12-humon.jpg

端っこには「狩野?信筆」としるしが!

もったいない襖絵です。

1031-13-humon.jpg

普門寺仏殿に掲げられていた額

隠元さんの額だそうです。

1031-14-humon.jpg

方丈の横にあるお庭

角ばっています。

1031-15-humon.jpg

写経堂の前のお庭は昭和の名庭園といわれている。

1031-16-humon.jpg

方丈の裏手にある庭は国の重要文化財指定。

阿武山を借景に作られた池泉式枯山水庭園。

枯山水としては異色の様式の貴重な遺構です。

こんな立派なお寺が高槻にあったとは!

インゲン豆で有名といったが、

同じような例としては「たくあん」

nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー