So-net無料ブログ作成

梅田のクリスマスディスプレイ [関西小旅行]

大阪梅田で飲み会まで時間がある。

ちょっとぶらり歩いたら、やっぱり間違いない。

1129-01-umeda.jpg

阪急電鉄サイドからJR大阪に向かう。

ルクアのビルの窓一面がツリー、

でっかいし綺麗。

1129-02-umeda.jpg

その陸橋から西に向かうが、何とも夕日がきれい。

右のグランフロントは今年のカラーが赤。

夕日と相まって綺麗。

大阪駅に向かう。

1129-03-umeda.jpg

「光り輝く時空(とき)の祝宴」。

これは時空の広場の装飾。

1129-04-umeda.jpg

床一面の光に雪だるま、可愛いね。

1129-05-umeda.jpg

エスカレーターで登って見渡す。

ドーム屋根から つるす天井装飾や床面に「シャンパン」をモチーフにした装飾

1129-06-umeda.jpg

光につつまれる 祝宴空間を演出します。

というのがキャッチフレーズ、でもここ数年変化ない。

1129-07-umeda.jpg

グランフロントに向かいます。

2Fの渡り廊下からは樹木のイルミ。

1129-08-umeda.jpg

階下に降りて、フラットから見たほうが綺麗かも!

冷たい風が頬をよぎるが、寒くない。

そしてグランフロントに潜入。

1129-09-umeda.jpg

今年の目玉ルージュのツリーを

最上階から見下ろす。

豪華さが赤で協調される。

徐々に階を下っていきます。

1129-10-umeda.jpg

なんとも贅沢な空間です。

1129-11-umeda.jpg

2Fからのビュー、これが場所的には良いか??

さらにフラットスペースに到着。

1129-12-umeda.jpg

かなりの高さを誇っています。

見つめる人たちも何故か幸せそう。

1129-13-umeda.jpg

近づいてみる。

真紅のベルベットみたいで心豊かになるみたい。

おっと、ここで「早く来い!」の無粋なTEL.

茶屋町界隈に行こうとの計画はここでシャット。


nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

師走近づく「梅田のイルミ」賑やかに! [関西小旅行]

会社の地下にオブジェクト

1127-01-ilumi.jpg

会社ビルの地下の広場に今年も登場、

もうこんな季節なのか~!

地上に出てみたら・・・

1127-02-ilumi.jpg

工事中の阪神ビルの前にもパープルのイルミネーション。

1127-03-ilumi.jpg

夕暮れのオフィスビルのライトと空がきれい。

ヨーロッパの白夜っぽい。

1127-04-ilumi.jpg

阪急百貨店、毎年綺麗です。

1127-05-ilumi.jpg

この通路は広い、天井高い

毎年似たディスプレイながら

綺麗です。

1127-06-ilumi.jpg

少しマイナーチェンジはしているね。

1127-07-ilumi.jpg

ショーウインドウは目を引きます。

1127-08-ilumi.jpg

今年は

Share! Happy Christmas

1127-09-ilumi.jpg

妖精なのか?小人なのか?

メルヘンですね。

1127-10-ilumi.jpg

子供が覗いているのが良いね。

プレゼント運んでいるとでも思っているのか?

1127-11-ilumi.jpg

ウインドウは全部で7~8あるね。

嗜好を凝らしています。毎年夢運んでいる。

1127-12-ilumi.jpg

ウインドウに映ってる。

いらないもの「新生銀行」の文字が映ってる。興ざめ!

1127-13-ilumi.jpg

でもいい、子供が楽しんでいれば!

子供もよく見えるように

手前に踏み台を置いている。親切。

1127-14-ilumi.jpg

こんな感じで~~

Merry Christmas!!

追加の写真

11月13日東京出張で日比谷駅に向かう時

1127-15-ilumi.jpg

丸の内に向かってイルミネーション

1127-16-ilumi.jpg

一足早いクリスマスを東京で感じました。

これからもっとすごいんでしょね。


nice!(44)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コクブロ「京セラドーム」登場 [イベント]

11月18日京セラドーム

15時開場、17時開演

すごい人

どうせ写真は撮れないので会場の前で!写真スポット。

1124-01-kobu.jpg

柱に2人の顔が貼られていた。

まずは2人セットにして!

1124-02-kobu.jpg

黒田さん

でっかいのがさらにでっかい

1124-03-kobu.jpg

小渕さん、可愛いけど才能いっぱい。

1124-04-kobu.jpg

シーズンですね。ツリーの下にもコブクロ

今回のコンサートのテーマは「心」

京セラはドーム。

1124-05-kobu.jpg

やっぱりでっかいね。存在感ある。

1124-06-kobu.jpg

ドームにどんどん人が吸い込まれていく。

おいらたちもご多分に漏れず、吸い込まれていく。

1124-07-kobu.JPG

すご~い人、小渕様曰く45,200+人吸い込んだ!

開園前なので、ちょっと失礼してスマホで。

1124-08-kobu.jpg

中央の土俵見たいのがステージです。

花道が4方向に延びて、さらにサークルステージ。

飛び回ってファンサービス。

1124-09-kobu.jpg

我々は外野席、スクリーンが真正面。

コブクロは小さく見えるが、

モニターでばっちり。すごく見やすくてよかった。

そりゃ~近いほうがいいに決まっている、生ライブやもんね。

1124-10-kobu.jpg

さすがKOBUKURO、エンターテイナー。

歌声響く、歌(詩)心に響く、生声も凄かった。

遠くても皆の一体感が生まれて

良いライブでした。

(翌日日曜はエグザイルNAOTO、登場。

こいつはちょっと悔しい。)


nice!(45)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハルカス「北斎展」見ごたえあり、でもいっぱい。 [イベント]

阿倍野ハルカスで「北斎」展

サブタイトルはー富士を超えてー

11月19日で終わる。

18日に慌てて行った。

1123-01-hokusai.jpg

いっぱいの人であろうと覚悟しての訪問。

ハルカス美術館は16階。

1123-02-hokusai.jpg

エレベーターから「テンシバ」天王寺公園を望む。

1123-03-hokusai.jpg

もう少し上がると「大阪のビル群」

良い景色、ハルカス最上階はもっと良い。

1123-04-hokusai.jpg

ハルカス美術館の受付です。

まずは受付で入場券を購入して

予約券を受け取って、1時間後にやっと入場できるとは・・・。

近鉄百貨店で時間をつぶす。

やっと入場しても凄い人、必死で閲覧。

1123-06-hokusai.jpg

会場は第6章まで分かれていた。

これはパンフから、赤富士、見事!思ったより小さかった。

大英博物館からの作品が多い、色々な所から集めてた。

1123-07-hokusai.jpg

北斎の晩年30年に焦点、世界中から

肉筆画66点、版画91点など、202点を展示。

見ごたえ十分です。

1123-08-hokusai.jpg

第1章 画壇への登場から還暦

第2章 富士と大波

第3章 目に見える世界

第4章 想像の世界

第5章 北斎の周辺

第6章 神の領域

1123-09-hokusai.jpg

北斎の大波は絶品

この鷲掴みの大波、北斎ならではの表現力

1123-10-hokusai.jpg

北斎がなぜ、大波はこんな景色に見えたのか?

ビデオでこれを検証していた。

1123-11-hokusai.jpg

超高速のカメラでプロがやっとカメラに収めた。

そうだ!北斎の目、そして表現力は絶品や!

感服!

沢山の北斎に会えて良かった。

1123-12-hokusai.jpg

出口前の販売店も沢山の人達。

版画も売ってる。

1123-13-hokusai.jpg

版画!こんなとこで販売してる。

これでさえ見ごたえ十分。

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

我が金剛寺改修のお披露目 [河内長野散歩]

驚いちゃ~いかんよ!

このたび我が河内長野の古刹「金剛寺」

大紹介。

1120-01-kongo.jpg

大阪市内で見たポスター、頑張ってるね!

300年ぶりの大改修完了のお披露目会。

早速、訪れた。

1120-02-kongo.jpg

いつもフリーで駐車なのにあふれてた。

オイラも外の道路、いっぱいの路駐、これだけいると大丈夫。

正門である楼門(ろうもん)に向かう。

1120-03-kongo.jpg

楼門に進むが紅葉がチラリ!

金剛寺は真言宗御室派の大本山。(仁和寺が総本山)

1120-04-kongo.jpg

やっぱり紅葉綺麗、お庭に行けばよかった。

今年なんと!国宝に指定された大日如来がご本尊。

ご宗祖は弘法大師空海

1120-05-kongo.jpg

多宝塔が見えてきた。

奈良時代に行基が開き、弘法大師修行の聖地でもある。

南北朝時代、南朝の拠点として

後醍醐天皇や後村上天皇、所縁の地。

楼門には阿吽の仁王さんが立つ。

1120-07-kongo.jpg1120-06-kongo.jpg

大迫力である。

時々、どこかの展示で旅によく行ってた。

今回は居た。

1120-08-kongo.jpg

楼門の向こうが本堂など。

さすが賑わっています。

1120-09-kongo.jpg

振り返ってでっかい楼門

春は枝垂れ桜が覆いかぶさるように咲き誇る。

織田信長や豊臣秀吉との縁もある。

1120-10-kongo.jpg

多宝塔、高野山や空海さんを思わせる。

1120-11-kongo.jpg

その向こうにスロープから小さな舞台のような???

1120-12-kongo.jpg

そう、御影堂

ここから、中秋の名月を眺める。

(毎年イベントある)

1120-14-kongo.jpg

そして大改修のひとつ金堂(本堂)

正面から

1120-13-kongo.jpg

この金堂の中にあるのが・・・・

大日如来坐像

脇を固めるのが、降三世明王坐像と不動明王座像

この3体が今年3月10日国宝に指定された。

1120-15-kongo.jpg

ネットから借りてきました。

今開催中の京都国宝展の目玉(4期通じて展示)

存在感はぴか一でした。

1120-16-kongo.jpg

座っていても高さは4メートルを超える迫力。

両脇侍

1120-17-kongo.jpg1120-18-kongo.jpg

この金剛寺には国宝4点、重要文化財37点。

この如来さんたちを3戸とみるか1個とみるか?

もう1点は延喜式巻き14(写本)です。

紹介した建物はほとんど重文。

如来さんは今後もいつもは見られないそうですよ。

調べてみよう。

河内長野の国宝

観心寺の木造如意輪観音座像など合わせて自慢の逸品。

素晴らしいお寺が再現されて超ハッピー!

nice!(49)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

姫路「御座候」工場見学の後のランチ [グルメ]

今年の春、孫2人連れて姫路城

その前に姫路駅そばの「御座候」の工場見学

工場見学を楽しんだ後は、敷地内のレストラン

1119-01-goza.jpg

入場したら壁一面に花を彩った絵を見ながら食事

1119-02-goza.jpg

外を見ると階下に日本庭園、窓越しに見ながら食事

1119-03-goza.jpg

なかなか手の込んだ回廊式庭園と見た。

この景色はレストランかいる前、フラットなビュー。

1119-04-goza.jpg

これは2階レストランの窓からの見下ろすビュー

御座候の工場敷地内、結構余裕の感じ。

1119-05-goza.jpg

池の奥には滝も流れている。(多分人工)

で、食事は4人。

1119-06-goza.jpg

赤飯のランチ定食。

御座候は、小豆が命、その小豆の赤飯。

1119-07-goza.jpg

天麩羅うどんセット、アツアツです。

コーンが添えられて、子供は喜ぶが・・・・

1119-08-goza.jpg

餡かけうどんと赤飯の握り

1119-09-goza.jpg

これも赤飯の定食。

追加で!

1119-10-goza.jpg

自慢の小豆(あずき)のソフトクリームをデザートで!

(工場見学は試食も何もなし、卑しい意見だけど

正直ちょっと残念!)

レストランを出て日本庭園を散歩

1119-11-goza.jpg

やはり和、だって御座候は大判焼

この名称は地方によって異なる。

今川焼、太鼓饅頭などなど。だから和のお庭

1119-12-goza.jpg

春だったのでツツジ満開

(姫路城の桜は5分咲きでした)

1119-13-goza.jpg

カッコ良かった、ミズゴケで覆われた川。



nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年の地蔵寺紅葉はもうひとつ。 [河内長野散歩]

今年も定番紅葉行きました。

1117-01-jizo.jpg

名勝「地蔵寺」

うん?ちょっと様子が違う。

1117-02-jizo.jpg

でも紅葉のメッカなのでそれなりに紅葉

(最後の写真と比較して!)

1117-03-jizo.jpg

赤がまばら。

去年とほぼ同じ日、1日違うだけ。

11月12日訪問

1117-04-jizo.jpg

紅葉狩りの人は一言お断りを入れて鑑賞ください。

入場して、ドアフォンであいさつ。振り返る。

1117-05-jizo.jpg

門が額さながら!

1117-06-jizo.jpg

ここは絶好調の良い紅葉が楽しめた。

1117-07-jizo.jpg

別の角度、狭い処からの紅葉ビュー

1117-08-jizo.jpg

毎年のフォトジェニック?今年の流行語で。

布袋さん?大黒さん?

もう1枚は

1117-09-jizo.jpg

誰?ネロとかシーザーとか?

不思議な顔の瓦、鬼瓦と言えるか??

1117-10-jizo.jpg

地蔵寺の紅葉はこの鐘楼とのコントラストが良いのだ。

1117-11-jizo.jpg

小高い丘に鐘楼を目指して登って行こう。

1117-12-jizo.jpg

敷き詰められたモミジの絨毯を…踏みにくい。

綺麗すぎて、カッコ良い。

1117-13-jizo.jpg

良い枝ぶりです。枝垂れる紅葉。

今年は黄色が弱いのだ。

1117-14-jizo.jpg

鐘楼と紅葉。

1117-15-jizo.jpg

昨年の迫力に及ばない、寂しい感じ。

1117-16-jizo.jpg

侘び寂びの紅葉狩り。

さ~去年の写真と比較を。

1117-18-jizo.jpg

去年の地蔵寺、高台の鐘楼を見上げる。

1117-19-jizo.jpg

鐘楼の回りの紅葉。

昨年の方が綺麗であることは間違いない。

さて、来年の地蔵寺はどうだろう。


nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京都国立博物館までの道「お寺・神社」 [関西小旅行]

宮川町でランチ、恵美須神社のあと

本命京都博物館「国宝展」への道

1116-01-hokoku.jpg

まずは六道の道「六道珍皇寺」

1116-02-hokoku.jpg

閻魔堂の説明

この地はかって葬送する野辺送りの場所

故に閻魔大王を祀るお寺で有名

1116-03-hokoku.jpg

閻魔堂に居る閻魔坐像を覗き見る。

1116-04-hokoku.jpg

その横には閻魔像を作成した小野篁の

本人の等身大の像、これも覗き見る。

1116-05-hokoku.jpg

本堂には薬師如来像(こっそり撮った)

更に歩を進める。

1116-06-hokoku.jpg

歴史いっぱいの飴屋さんが・・・。

幽霊子育て飴。

1116-07-hokoku.jpg

450年前から続く京都で2番目に古いと言うお店

死んだ母親が幽霊になって子育てのため飴を与え

その子は育って高僧になったと言う伝説の飴。

ちょっと寄り道しちゃいました。

1116-08-hokoku.jpg

又寄り道したのが六波羅蜜寺

六波羅探題関係あるのかね。

1116-09-hokoku.jpg

963年創建、空也上人が開いた真言宗の古刹

本堂は重文で、空也上人や平清盛など

優れた彫刻が多数あるが・・・拝観せず。

1116-10-hokoku.jpg

方向寺の鐘を見なくっちゃ~歴史は語れない。

1116-11-hokoku.jpg

びっくりするくらいでっかい鐘

1116-12-hokoku.jpg

天井も鮮やか

1116-13-hokoku.jpg

メインはこれ!

「君臣豊楽」「国家安康」

なんで安泰を安康と書いたのか?

豊臣が栄え、家康が咲かれているとは言いがかり??

この金の横にあるのが豊国神社

1116-14-hokoku.jpg

この唐門こそが国宝

豊国神社は明治(1880年)の再建です。

立派な唐門

1116-15-hokoku.jpg

豊國大明神とある。

調べてみるとこの唐門は

伏見城の遺構で、二条城に移り、更に南禅寺に移って

最後に現在の豊国神社にある

1116-16-hokoku.jpg

豊臣の千成ひょうたんの向こうに

豊国神社

1116-17-hokoku.jpg

ひっそり豊国神社。

何故か豊臣の最後を思わせてしまう神社であった。

外国観光客はどう思うのだろう。


nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京都宮川町をぶらり [関西小旅行]

京都国立博物館で国宝展を見よう。

その前にランチ、宮川町を目指す。

京都の面影を映す路地をぶらり。

1110-01-miyagaw.jpg

狭いね。不満を言えば電信柱が邪魔!

1110-02-miyagaw.jpg

一軒一軒、すだれとか面白い。

ここの家ののぞき窓の下に何か?

アップ

1110-03-miyagaw.jpg

何じゃこれは!古都の深さとしておこう。

1110-04-miyagaw.jpg

昔の面影いっぱい。

1110-05-miyagaw.jpg

間口が狭く奥行き深いのが京都。税務対策とはね。

1110-06-miyagaw.jpg

お茶屋さんの玄関

1110-07-miyagaw.jpg

実は目指したランチがここ!

中華「蜃気楼」本日休日!

よく調べていけばよかったとは、後の祭り。

1110-08-miyagaw.jpg

やはり、ここにも人力車、芸者さんもいたよ。

1110-09-miyagaw.jpg

こんな看板のお店もあったが、なぜかパス。

1110-10-miyagaw.jpg

京都って町は、角角に国交祀っている。

地元のお守り。

1110-11-miyagaw.jpg

宮川町の歌舞練場。

京都には3つ歌舞練場があって、そのひとつ。

その前に鎮座しているのが、元祖「恵美須神社」

1110-12-miyagaw.jpg

しっかり鳥居に恵比須顔が張り付いている。

1110-13-miyagaw.jpg

やっぱり恵比須顔はふくよか。

お金をあごの下のざるに投げ入れる。

思ったより簡単に入っちゃった。

1110-14-miyagaw.jpg

恵比寿、戎、蛭子、ここは恵美須神社。

漢字は難しい。

1110-15-miyagaw.jpg

恵美須神社の遠望。びっくりは賽銭箱の大きさ。

横すべて賽銭箱でした。

ということは正月のお参りは半端ない。

1110-16-miyagaw.jpg

右手にも神社、

ビルの谷間に近い。

1110-17-miyagaw.jpg

ざくっとこんな感じ。

神社の屋根の間からはビルが迫る。

そして、裏手に回ってくださいの看板。

1110-18-miyagaw.jpg

小さな賽銭箱の向こう狭いところを覗く。

垣間見えるのはそれこそ

福を呼ぶ戎さん。

この字は大阪の呼び名かな~~~。

nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京都国宝展行ってきました。 [イベント]

京都国宝展は4期に分かれて開催。

11月2日第三期に行ってきました。

1108-01-kokuho.jpg

入場して中庭に大看板、

皆記念にここで写真撮っていました。

1108-02-kokuho.jpg

京都国立博物館はやっぱり建物も良い。

当然展示会場は写真厳禁。

1108-03-kokuho.jpg

会場の中から博物館の外を見る。

広くて綺麗です。

ここから外を見ながら並ぶ。

1108-04-kokuho.jpg

10月3日から11月26日まで4期に分かれて開催

もう第3期なのに凄い人の群れだ。

1108-05-kokuho.jpg

ここまでは入場制限。

そこに本日の見所、一番小さい国宝「印」縦横2.5cm

入場後は全く写真NG,スマホ広げている人も駄目って言われてた。(笑う)

ph_national_wood[1].jpg

HPから拝借したも大日如来坐像、不動明王坐像、降三世明王坐像

我が河内長野の金剛寺の

本年度見事に国保に指定されました。

それが展示一際、目立ってました。

3時間居ましたが、流石国宝一斉に展示、4期とも見たかった。

外に出て写真

1108-06-kokuho.jpg

このピンクに顔を出して、観光地やん!

1108-07-kokuho.jpg

外からの写真しかない。

京都国立博物館の建物で楽しんで下さい。

1108-08-kokuho.jpg

国宝は写真駄目だったからね。

噴水の向こうに彫刻。

1108-09-kokuho.jpg

ロダン、考える葦でした。結構いるよね。

出口からの博物館。

1108-10-kokuho.jpg

流石!もう1枚。

1108-11-kokuho.jpg

良い天気でしょ。

振り返ると京都らしい建造物

1108-12-kokuho.jpg

なにやろ?アップしてみよう。

1108-13-kokuho.jpg

さすが観光の街、旅館でした。

外国人にはたまらんやろうな~~。

オイラ日本人でも止まってほっこりしたいわい。

nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー