So-net無料ブログ作成

キッチンドリンカーの料理は美味い。か? [料理]

写真が残ってる、料理の写真。

キッチンドリンカーのための料理。

昨年9月22日から残ってる。

1030-01-0922b.jpg

手抜き料理はスーパーで買った魚の粕漬け。

フライパンホイールに乗っけて焼くだけ。

1030-02-0922c.jpg

キノコの酒蒸し、流行りのゆずポン酢で食べる。

これも手抜き料理や!

1030-03-0922d.jpg

鶏の野菜炒め、鶏がらスープで炒めて餡にします。

1030-04-0922e.jpg

定番生サラダ。

続いて9月27日

1030-05-0927a.jpg

さ~、ビール飲むぞ~、第3のビール

1030-06-0927b.jpg

ぶり大根、鰤はアラでリーズナブルに!

この方が脂があって美味いのだ!

1030-07-0927c.jpg

ほれ、このように、見た目はもうひとつ。

なれど、美味い方が良い。

1030-08-0927d.jpg

ただただ刻んで和える。ネタは・・・、

お新香、穴子(市販)、大葉、ゴマ、以上

明石の魚の棚の寿司屋のレシピ。

1030-09-0927e.jpg

定番、生サラダ。

9月28日

1030-10-0928b.jpg

ミスジを見つけたので、ミニステーキ。ミスジに凝ってる。

1030-11-0928c.jpg

時々作る「カプレーゼ」、いつもながら安定して美味い。

食べるとイタリア人になったような気がする。

1030-12-0928e.jpg

だとすると、ワインは必須。

手前のポテトはコンソメに漬けてから揚げる。

塩振って食す。

9月30日

1030-13-0930a.jpg

地味料理かな??

1030-14-0930c.jpg

ナスを軽く煮ます。

豚肉、玉ねぎ、非常に相性抜群です。

大葉を乗っけて美味さ倍増。

1030-15-0930d.jpg

シシャモを焼いて、甘酢を掛けて!

1030-16-0930e.jpg

定番、生サラダ。

4日間の料理写真でしたが、

キッチンドリンカー等身庵は生サラダ好きみたい。

アルコールにはそんなに合うとは思わないけどね。

ワッハッハー!

nice!(39)  コメント(1) 

難波「ピエーノ・ヴィバーチェ」 [グルメ]

大阪ナンバ歌舞伎座跡地の裏の繁華街

ピエーノ予約したがNG。

同じ通りに支店「ヴィバーチェ」があるんだ。

1028-01-pianoV.jpg

予約OK、カジュアルで美味しいイタリアン。

1028-02-pianoV.jpg

カウンターと奥に座席3席。

奥にしようと思ったが2席をうるさそうなサラリーマン風(男ばっかり)

占拠してたので、カウンターに座す。

(余談だが、カウンター万席で奥に座ったカップルは

早々に出ていった。可哀そうだった。)

1028-03-pianoV.jpg

流石イタリアンの店、メニュー板の向こうには

イケ面シェフが腕を振るう。

1028-04-pianoV.jpg

まずはメニューを見ながら生ビールから!

1028-05-pianoV.jpg

ワインも豊富に並んでいる。

手短なものから。

1028-06-pianoV.jpg

フィッシュカルパッチョ、

うん、間違いないと確信。

1028-07-pianoV.jpg

ワインリスト、豊富にあるしリーズナブルなボトルも

ハウスワインも準備されている。

1028-08-pianoV.jpg

赤ワインをボトルで注文

1028-09-pianoV.jpg

カルパッチョの海老の頭

ニンニクオイルで焼いてくれて、ボリボリ美味い。

1028-10-pianoV.jpg

シーザーサラダはアボカド中心

1028-11-pianoV.jpg

ニンニクバターのパン

ワインに超合う。ワインがすすむ君

1028-12-pianoV.jpg

カウンターにポーク燻製が鎮座

頼んでみよう。

1028-13-pianoV.jpg

生野菜の上に載せて、ソースを掛けて

更にさらにワインがすすむ

1028-14-pianoV.jpg

いい加減にしなくっちゃ~~~、

でお店お奨めのアップルのピッツァで締めました。

予想を超えて美味いピッツァ

お奨めの意味は分かったよ。

nice!(57)  コメント(1) 

続く「旧閑谷学校」素晴らしい [旅行]

国宝や重要文化財の宝庫「閑谷学校」

なんと日本遺産の第1号として認定されています。

岡山藩主「池田光政」を祀った閑谷神社の横

1027-01-sizuta2.jpg

一段高い場所にあるのが「孔子廟」

中には孔子さんが祀られていて、年に数度ご開陳。

前に立つ木は「楷の木」珍しい。

右が赤く、左が黄色に紅葉します。

1027-03-sizuta2.jpg

さぁ、国宝「講堂」に入場します。

1027-04-sizuta2.jpg

講堂の目の前にある「公門」これも重文

藩主が臨学の際に使われる御門ですね。

1027-06-sizuta2.jpg

屋根にしっかりと備前焼、紋、湿気よけの空気穴

1027-07-sizuta2.jpg

廊下に上がって外を小窓から、

銀杏がちょうど額のように、紅葉はまだまだ。

1027-08-sizuta2.jpg

庭と学校を囲む石塀も絵になる。

1027-05-sizuta2.jpg

講堂内部に移りますが、この窓のようなもの、

「花灯窓」という意匠(デザイン)寺院(特に禅宗)でよく見られますが、

ここ閑谷学校も花灯窓

1027-09-sizuta2.jpg

内部は10本の欅の丸太の柱が支える。

1027-10-sizuta2.jpg

床もピカピカ、拭き漆の反射ですね。

手入れが行き届かないとこうはいかない。

1027-11-sizuta2.jpg

花灯窓とのコントラストが素晴らしい。

1027-12-sizuta2.jpg

この中には観光客は立ち入り禁止です。

勉強の時には解放される??

1027-13-sizuta2.jpg

ちょっとぼやけたけど由緒正しい額と書らしいです。

ボランティアガイドさんのお話。

1027-14-sizuta2.jpg

講堂の廊下からお庭を挟んで鶴鳴門と公門

ほんとに閑静で学ぶにはもってこい。

奥に歩を進めて

1027-15-sizuta2.jpg

ドンドン進む。石塀はやっぱり素晴らしい。

1027-16-sizuta2.jpg

資料館があるとのこと。

1027-17-sizuta2.jpg

かっては学校としても使われていたが、今は資料館として。

壁がうっすらピンクなのが気になる。

ほかにも文庫の蔵や習芸斎と言って

武士平民に加えて農民も学べるという

民主的な良い学校です。

nice!(57)  コメント(1) 

旧閑谷学校行ってきました。 [旅行]

岡山、備前に観光地あり「閑谷学校」

友人と3人で帰省の前に寄ってみた。

閑谷学校の手前に滝

1025-01-sizuta.jpg

呑吐滝…絶対学校の学生が飲み過ぎたのや~~~、不謹慎。

学校の手前のお堀

1025-02-sizuta.jpg

石の橋が感じよく、期待が膨らんできた。

1025-03-sizuta.jpg

鯉、閑谷学校のお堀にピッタリです。

さ~登校しましょう。

1025-04-sizuta.jpg

校門「鶴鳴門」重文、ここ閑谷学校重要文化財いっぱいです。

1025-05-sizuta.jpg

ここからは入れません。

閑谷学校は1670年岡山藩主「池田光政」が創建。

庶民のための学校を山深き地に建てたので

名前は「閑谷学校」

1025-06-sizuta.jpg

入場したのは右横のこの門から、

観光ガイド、ボランティアが待ってくれていた。

案内してもらうと更に興味そそられる。

1025-07-sizuta.jpg

池田光政を祀った「閑谷神社」

1025-13-sizuta.jpg

閑谷神社の建造物には、色々秘密ある。

1025-14-sizuta.jpg

もちろん、屋根はすべて備前焼

1025-15-sizuta.jpg

屋根の下に丸い筒、一般には気付かない。

空気抜き、湿気を防ぎます。

ボランティアガイドの説明なければ見逃すところ。

1025-16-sizuta.jpg

瓦と瓦の間に丸い瓦。

横に走る瓦も高く積んでるし、紋も並ぶ。

最初の神社からして凄く手の込んだ建造物。

1025-08-sizuta.jpg

左に鎮座ましているのが国宝「講堂」

1025-09-sizuta.jpg

備前焼の講堂、学びの舎

1025-10-sizuta.jpg

孔子を祀った聖廟、重文です。

孔子ならではの一番高い所にあります。

後ろの塀に注目!

1025-11-sizuta.jpg

閑谷学校を囲む塀、300年経っても整然と囲う。

密閉の石、隙間なく草木も生えません。

一周765m

1025-12-sizuta.jpg

建築を承ったのが家臣「津田永忠」

その碑かな?

津田永忠は命を受けて30年かけて完成させた。

よって完成したのは1701年

素晴らしい学校の紹介は次回へ続く。



nice!(27)  コメント(2) 

おっさんズ作陶展、雨風にも負けず完遂総括 [陶芸作品]

おっさんズ作陶展総括します。

1019-01-ossan.jpg1019-02-ossan.jpg

20日から22日準備は19日

さ~はりきって!

天気予報は秋雨前線、それを刺激する台風21号

10223-01-ossan4.jpg

玄関先で、来訪者を待ち受ける大花器。

10223-03-ossan4.jpg

ススキを朝取りで飾る。

1020-20-ossan2.jpg

壁を装飾してくれたのがMtysさん

雰囲気を盛り上げてくれて感謝感謝!

1019-04-ossan.jpg

入って右、Tossy作

1019-07-ossan.jpg

正面右、Kuboさん作品、個性の塊

1020-14-ossan2.jpg

正面右角、Yoshidumiさん作品

明りを中心に突き詰めた作品。

1019-11-ossan.jpg

左手がHoriuchiさん作品

工夫を凝らした楽しい作品

以上4人のおっさんたちの作品展

1021-02-ossan3.jpg

部屋の真ん中のテーブルには皆さんの作品

ここでお茶接待もしてくれました。

流石ギャラリーホンダ、グッドサービス。

1021-01-ossan3.jpg

入って右手には棚ディスプレイ

ここも皆さんの作品陳列。

1021-09-ossan3.jpg

渋いのもあれば!

1021-15-ossan3.jpg

ポップな作品も!

1020-07-ossan2.jpg

でっかいスカイツリーも!

1020-15-ossan2.jpg

エミールガレ?みたいな芸術作品も!

展示は良かったけど、初日はなんとか曇天!

後の2日はズ~~~~ッと雨、雨最後の日なんかはびっくりするぐらいの雨

台風21号がすぐそこに!

10223-04-ossan4.jpg

会場はこんな感じで、ゆっくり見ていただけて良かった。

ほんねはもう少し天気に恵まれたかった。

そうであれば、もう少し賑わったかもね。

でも想像以上のお客様が来てくれて感謝です。

最後に全員写真

10223-05-ossan4.jpg

恥ずかしいので科をは隠して

おっさん4人プラス壁絵のMtysさん紅一点

まずはめでたしめでたし。

nice!(54)  コメント(0) 

おっさんズ作陶展2日目、雨の中盛況 [陶芸作品]

おっさんズ作陶展秋雨前線&台風21号

雨が1日中、降りしきったけど盛況でした。

1021-01-ossan3.jpg

棚のディスプレイが最新に変わってた。

1021-02-ossan3.jpg

ギャラリー中央の机は作品と

喫茶スペース

1021-03-ossan3.jpg

Kuboさんのわんこが先頭で引っ張る。

ここからTossy作品アップ

1021-04-ossan3.jpg

渋い赤の土に下絵でアザミ、粋です。

1021-05-ossan3.jpg

来年の干支「犬」と白い器に呉須、施す。

可愛い!

1021-06-ossan3.jpg

象嵌で汽車ポッポ、更に可愛い。

1021-07-ossan3.jpg

黒の鉢に白化粧、黒でも真っ黒に仕上げたい。

すると白化粧が映える。

1021-08-ossan3.jpg

渋い炭化作品と波模様の花ポット鉢

1021-09-ossan3.jpg

炭化、薪窯作品、やっぱり焼き締めは飽きないね。

1021-10-ossan3.jpg

白に呉須の鉢、鍋の取り鉢として作陶した。

1021-11-ossan3.jpg

来年の干支「犬」お手しています。

台座の絵が浮き出る仕組み。

1021-12-ossan3.jpg

Kuboさんのコーナーも様変わりしてた。

1021-13-ossan3.jpg

Yoshidumiさん大得意のランプ。

ここには色んな趣向が凝らされる。

1021-14-ossan3.jpg

更に徹底して追及したランプ。

エミールガレ風のランプシェード

1021-15-ossan3.jpg

Horiuchiさんはカップか造形物が得意!

駒回るし、通天閣も鎮座ましてる。

1021-16-ossan3.jpg

そうそう、こんなカップも皆さんに取ってもらうのを

待っているように感じた。

さ~明日が最終日。

nice!(36)  コメント(0) 

おっさんズ作陶展初日を迎えました。 [陶芸作品]

本日10月20日が作陶展の初日

1019-01-ossan.jpg

無事開催スタート出来ました。

1020-20-ossan2.jpg

陶芸仲間と言っていいのか?M女史が壁一面を

飾ってくれました。何しても上手い。

舞い降りてきた天女に運を委ねる。

では作品に移ります。

1020-01-ossan2.jpg

Tossy作、あざみがポイント

1020-02-ossan2.jpg

白の器、使い易さと可愛らしさ

1020-03-ossan2.jpg

最近の新作「象嵌」に凝っています。

1020-04-ossan2.jpg

真っ黒な作品、真っ黒が味噌!

1020-06-ossan2.jpg

渋い薪窯と単価の作品

奥のナスも良い模様。

1020-07-ossan2.jpg

Kuboさんの作品たち

スカイツリーたち

1020-08-ossan2.jpg

しっかりした花器は堂々と!

1020-09-ossan2.jpg

まずは飾ってみて具合をチェック!

1020-11-ossan2.jpg

若干やり直して、太鼓橋にぐい吞み達

1020-10-ossan2.jpg

鉄板に重厚感あふれる花入れ達

1020-12-ossan2.jpg

Yoshidumiさんの作品たち

釉薬研究の結果の器たち、趣向凝らして!

1020-13-ossan2.jpg

カラフルな釉薬と弾けるカップ。

1020-14-ossan2.jpg

Yoshidumiさん渾身のランプ達

LEDを使ったり、光穴の角度を変えたり

目に優しいランプシェード。

1020-15-ossan2.jpg

まるでガラス・・・ミレ、ミューラーだったかな?

1020-16-ossan2.jpg

Horiuchiさんの作品たち

カップなど用の作品、たくさん並ぶ。

1020-17-ossan2.jpg

色々使用できる、嗜好を凝らした作品群

1020-18-ossan2.jpg

大物もある、ランプもさることながら

通天閣、対面にスカイツリー、面白い。

1020-19-ossan2.jpg

最後の1枚、棚に急須ETC

4人の作家、個性の展示。

来られて、生で見て、手に取って

ホントはそうして楽しんでもらいたい。

後2日!

nice!(35)  コメント(2) 

作陶展「おっさんず」始まります。 [陶芸作品]

本日作陶展準備しました。

明日から始まります「おっさんズ作陶展」

1019-01-ossan.jpg

4人展です。詳細は・・・・。

1019-02-ossan.jpg

3日間、堺市深井「ホンダギャラリー」で開催。

本日展示会場、飾り付け終了。

遠景にてザクっと紹介。

1019-03-ossan.jpg

入って右の棚は、余裕のあるディスプレイ

1019-04-ossan.jpg

右から時計反対周り。

Tossyの空間

1019-05-ossan.jpg

逆サイドからテーマ別のディスプレイ

1019-06-ossan.jpg

正面からの空間。

壁一面にMTすさんの装飾が秋らしく。

1019-07-ossan.jpg

KBさんの間は存在感重厚感まんまん。

1019-08-ossan.jpg

またまた逆サイドから!

YZさんの器も同様に・・・。

1019-10-ossan.jpg

YZさんとHUさんの空間

YZさんはもうもうランプ、光の間、器のHUさん

1019-11-ossan.jpg

小粋な使える器がわんさか並びます。

正面から

1019-09-ossan.jpg

真ん中のテーブルの作品と窓際の作品群。

1019-12-ossan.jpg

その角、YZさんの光の間

1019-13-ossan.jpg

もう一度見てほしい「壁装飾」

最後の1枚

1019-14-ossan.jpg

中央の平机、整然と並んだ手前の空間は

そう、お茶を飲んで寛いで欲しい。

是非是非本物を見て・・・

手に取って楽しんで欲しいのです。

nice!(37)  コメント(0) 

我が家のディスプレイ、今年初めのね! [等身庵]

等身庵の玄関ディスプレイ

今年の初めのをアップしてなかった。

1月19日

1013-01-0119.jpg

お正月の続きのリビング

松、梅、菜の花が正月の名残り。

1013-02-0119.jpg

白は蘭の花、長持ちします。

1013-03-0119.jpg

ダイニングの飾り棚のディスプレイ

蘭、松そして横には干支の酉(とり)

2月3日

1013-04-0203.jpg

節分、関西だけののか?

玄関にイワシの頭と柊(ひいらぎ)?

3月3日

1013-05-0305.jpg

ひな祭りのリビングディスプレイ

1013-06-0305.jpg

名前は分からないがピンクの可愛い花

1013-07-0305.jpg

玄関には黄色の花

フリージア、ネコヤナギ、ひょっとしてサンシュウ???

3月21日

1013-09-0321.jpg

百合とかメジャー登場です。

又、時期を見て等身庵ディスプレイご期待ください。

nice!(44)  コメント(0) 

駅前にはない「駅前寿司」を楽しむ [グルメ]

南海高野線金剛駅からそんなに近くない、

「駅前寿司」で美味しい寿司を頂こう。

1012-01-ekima.jpg

歴史はある駅前寿司、固定客も多い。

なぜ駅前なのかは分からない。

1012-02-ekima.jpg

歴史もあってこだわりもある。

ネタで勝負!というところか?

1012-03-ekima.jpg

駅前寿司一家のイラストが壁に。

大将がなくなって、息子が引き継いでいる。

なくなった大将の奥様が接客。

息子の若大将の嫁が娘の友達

そんなコネで家族(娘の旦那はいない)で寿司三昧。

1012-04-ekima.jpg

とりあえずビール乾杯

1012-05-ekima.jpg

まずは刺し盛り。

何度も言うけどお皿が小さすぎる。

ネタの価値が下がると!

このネタだと大きい器に盛ると映えるのに。

先代のこだわりで皿変えられないと言う。

1012-06-ekima.jpg

カウンターのほかにテーブル席があって家族でもOK!

1歳半の孫も頑張っている。

ここからネタです。

1012-07-ekima.jpg

ご自慢のウナギ、本日のお勧めだそうで、

おすすめ通り美味かったんだな~これが。

1012-08-ekima.jpg

ウニ軍艦、ハゲの肝添え

ネタとしては美味すぎでしょう。

1012-09-ekima.jpg

つなぎで茶碗蒸し。

グッドタイミング!

1012-10-ekima.jpg

ねぎとろ巻き、定番。

1012-11-ekima.jpg

鯛、トリ貝+

握りの圧もちょうどいい。

若大将、デビュー間際にしてはやるね。

引継ぎが良かったのか、ネタもいい感じ。

なんやかんやとよく飲みよく食べた。

1012-12-ekima.jpg

これ食べてとサービスで出てきたオレンジ。

締めには最高とパクパク。

終わろうかと思いきや・・・

1012-13-ekima.jpg

試作なので味見コメントを!と言って出て来たのが、

エビアボカド・・・。

さすが若大将、ヤングなネタに挑戦か~食す。

エビが美味い、味が濃い、美味すぎる。

美味いけど、こんなネタのエビにしては上等すぎる。

なんて言ってしまった。

さらにもう一言、

お酒定番燗はいいけど、おいしい純米の地酒とか

置いてくれたらもっと弾むのにね。


nice!(63)  コメント(0)