So-net無料ブログ作成

奈良五条のお寺「栄山寺」に国宝が2つ

奈良五条は我が河内長野から近い

その五条に栄山寺と言う真言宗のお寺がある。

1001-01-eizan.jpg

寺の創建は遠く養老3年(719年)

藤原南家初代武智麻呂の開創。

国宝八角円堂と鐘楼がある。

1001-02-eizan.jpg

まずは国宝「鐘楼」に入る。

1001-03-eizan.jpg

4面に菅原道真の撰、小野道風の書など

1001-04-eizan.jpg

龍頭の精巧なこと

平安三絶の鐘とされている。

更に歩を進める。

1001-05-eizan.jpg

七重石塔婆(奈良時代の重要文化財)

1001-06-eizan.jpg

これです。

我が国最も古い石塔婆の1つ、高さ360cm

その前に大日堂が立つ

1001-07-eizan.jpg

塔の堂と言われる。

中に入ってのお参り出来ます。

1001-08-eizan.jpg

中には弘法大師さんなど

庭には曼殊沙華

1001-09-eizan.jpg

本堂は薬師堂

1001-10-eizan.jpg

史跡栄山寺の向こうの建物

1001-11-eizan.jpg

本堂の前に立つのが重要文化財の石灯籠

弘安7年(1284年)の銘がある。

1001-12-eizan.jpg

中には薬師如来坐像寄木造りの重文

横にはこれまた重文の木造十二神将

色々立派な建物・仏像などなど

1001-13-eizan.jpg

本堂を横目に歩を進める

1001-14-eizan.jpg

お寺に神社?よくある話

御霊神社だそうです。入らず。

さて最後が2つ目の国宝

1001-15-eizan.jpg

八角円堂です。

1001-16-eizan.jpg

藤原南家仲麻呂が父母供養のため建立

日本建築史上重要な位置を占める。

1001-17-eizan.jpg

中は写禁だったが、撮ってしまった。

1001-18-eizan.jpg

かなり色あせてしまっているが

天井は装飾画、壁にも重文の装飾画などなど

こんな歴史上重要な位置の建物などが楽しめるとは・・・

流石奈良…五条も捨てがたい

最後の1枚

1001-19-eizan.jpg

お庭ですが、秋も深まると紅葉も綺麗と想像に難くない。

ゆっくり出来ました。

nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

湯の口温泉の帰り「熊野本宮」寄ってみた。 [旅行]

湯の口温泉、瀞峡ジェット船観光

帰路に着くが、ちょっと寄り道

0929-01-hongu.jpg

三重県?和歌山県?熊野古道、世界遺産

鳥居を抜けて・・・

0929-02-hongu.jpg

階段を登る

0929-03-hongu.jpg

御建創二千五十年

神を父、母を仏にいただき云々って襷のご門を潜る

そこが・・・

0929-04-hongu.jpg

熊野本宮大社御社殿に入場

0929-05-hongu.jpg

熊野三山(本宮・速玉・那智大社)の中心社殿

0929-06-hongu.jpg

全国3000以上の熊野神社の総本山でもある

振り返ると御門

0929-07-hongu.jpg

荘厳である、菊のご紋も存在を!

御社殿の外の社殿の中

0929-08-hongu.jpg

飾られているのはサッカーのユニフォームじゃないですか~

そりゃそうだ!

0929-09-hongu.jpg

この登りが目に入らぬか

0929-10-hongu.jpg

しかもダブルの八咫烏ののぼり

0929-11-hongu.jpg

獅子と八咫烏、どっちが迫力

遠い昔「神武天皇」が熊野詣の時に

神武天皇を案内したのが八咫烏

今では日本サッカー協会のシンボル

これは皆さん知ってるよね

0929-12-hongu.jpg

八咫烏のポストもあるぐらいシンボルです。

3本足のカラス、なぜかは分からない。

次いで大斎原(おおゆのはら)の鳥居

0929-13-hongu.jpg

でっかいでしょ!

日本1高い(33.9m+幅44m)

実は平成12年建築のコンクリート

鳥居をアップで見ると・・

0929-15-hongu.jpg

ここにも3本足の八咫烏の紋章

ふと山に目をやる

0929-16-hongu.jpg

スっかと伸びる杉の山

東山魁夷の絵みたい。

そして大阪に帰路を取る、細い道、山に添って川に沿って走る。

0929-17-hongu.jpg

おっと突然滝「十二滝」の看板

結構高い所から落ちてきている。

0929-18-hongu.jpg

国道の横に落ちる滝など見ながら

温泉旅終了!

nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

我が家のすぐそばにも彼岸花「河内長野・日野」 [河内長野散歩]

我が等身庵からすぐそこの田園

河内長野・日野に行った。

まずは石川の上流の橋を渡る

0925-01-higan.jpg

河川からして彼岸花が咲く

0925-02-higan.jpg

凛としています。

田園を歩く

0925-03-higan.jpg

稲もたわわに実っています。

0925-04-higan.jpg

あぜ道に添って真っ赤な帯の曼殊沙華

0925-05-higan.jpg

温室にはキュウリがたわたに・・・・。

0925-06-higan.jpg

真っ赤な絨毯みたいでレッドカーペットや。

0925-07-higan.jpg

歩いてみたいけど、いっぱい過ぎて歩けない。

だから綺麗です。

0925-08-higan.jpg

稲とのコントラストGOOD!

0925-09-higan.jpg

一気に秋が来た。

0925-10-higan.jpg

実るほど首を垂れる稲穂・・・でっせ!

0925-11-higan.jpg

それにしても夏の終わりは一気!

秋が来たーっ。

0925-12-higan.jpg

秋が!

0925-13-higan.jpg

それにしても彼岸花の赤、

自然の中に真っ赤大好きです。

0925-14-higan.jpg

最後の1枚、稲刈り真っ最中でした。

流石河内長野は田園風景、牧歌的!

nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

湯の口温泉、瀞峡そして千枚田に寄ってみた。 [旅行]

日本には千枚田は結構存在する。

湯の口温泉でパンフレットを見た。

0924-01-senmai.jpg

丸山千枚田、日本の原風景

寄って行こうか!

0924-02-senmai.jpg

丁度稲刈りの前だしね。

0924-03-senmai.jpg

斜面に広がる段々畑は田んぼです。

0924-04-senmai.jpg

丸山千枚田と描かれている。

0924-05-senmai.jpg

う~ん、田舎って感じですが

一枚一枚の田んぼは狭いね。

0924-06-senmai.jpg

案山子も田んぼを守っています。

0924-07-senmai.jpg

そう、ここは持ち主を募って

貸農園みたいな仕組み

これで千枚田が歴史を繋いでいるのですね。

夕方とか水を張った田んぼとかも良いんだろうな。

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

瀞峡ジェット船、上瀞に向かう [旅行]

三重県からジェット船で和歌山と奈良の

3県の県境へ向かう瀞峡

そこの建築物を横目に一旦下船。

0919-01-doro2.jpg

少し歩く、階段を登って見る。

今は喫茶だけやっているとのこと。

0919-02-doro2.jpg

水の色は深い緑

0919-03-doro2.jpg

この建物の手前まで行って見下ろす。

良い景色

0919-04-doro2.jpg

乗ってきたジェット船、停泊中。

瀞峡の断崖の岩に囲まれて!

0919-05-doro2.jpg

流れもかなりあるようだ。

0919-06-doro2.jpg

ちょっといい雰囲気の親子、娘夫妻と孫

0919-07-doro2.jpg

鴨も3羽すーいすい。

さ~上瀞に向かって再出発

0919-08-doro2.jpg

するとすぐそこに!

0919-09-doro2.jpg

吊り橋です。

見上げるのは良いが、渡るのは勘弁!って感じ。

こりゃ~絶対恐いわ。

0919-10-doro2.jpg

ここから上瀞峡

0919-11-doro2.jpg

奇岩が続く

0919-12-doro2.jpg

深緑の水と岩、絶景。

0919-13-doro2.jpg

自然の力はすごいね。

0919-14-doro2.jpg

奇岩を横目にずんずん進む。

0919-15-doro2.jpg

奇岩まだまだ続く

0919-16-doro2.jpg

でも同じような断崖、奇岩に

ちょっと飽きてきたとこに、ほれ!

0919-17-doro2.jpg

滝が流れていて、目を見張る。

良い雰囲気を醸し出す。

そんなところで・・・・

0919-18-doro2.jpg

ジェット船も加速して一気に帰路に!

そうそう、レジャーやろうけど

立ってるカヌーみたいなのに乗る人を

追い越した。気持ちよさそう。

10人ぐらいの団体で乗っていたのだ。

そのうちの一人を追い越した写真です。



nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

瀞峡ジェット船乗ってきました。 [旅行]

南紀・熊野川・北山川

瀞峡めぐりをしよう。

0917-01-doro.jpg

予約したウォータージェットが来た。

お宿「清流荘」のすぐそこで乗船

0917-02-doro.jpg

乗るや否やスピード。

鮎釣の人達を横目に猛スピードで進む。

0917-03-doro.jpg

船内のビュー、早い席も広い。

0917-04-doro.jpg

この辺は船底が川の底を擦りながら進む。

2重底だそうです。だから大丈夫!

0917-05-doro.jpg

振り向くと良い景色、熊野川支流。

0917-06-doro.jpg

ちょっとずつ岩場が見えてきた。

0917-07-doro.jpg

杉の林立する川の横を横目に見ながら進む。

0917-08-doro.jpg

面白い岩が見えてきた。

川の水は綺麗ですね。

0917-09-doro.jpg

船の波が景色をアップ。

0917-10-doro.jpg

ウォータージェット船は屋根が開く仕組みです。

このビューは天井から見た岩場

0917-11-doro.jpg

ザクッとこんな感じ

0917-12-doro.jpg

下瀞のワンシーン

0917-13-doro.jpg

色々岩に名前がついていますが、ここは窟ですね。

年中温度低いらしい。

0917-14-doro.jpg

見上げる岩場

0917-15-doro.jpg

夫婦岩とか亀岩とか屏風岩とかあるのです。

0917-16-doro.jpg

バックビュー、この方が下瀞の雰囲気出ている。

0917-17-doro.jpg

建物が見えてきた。

断崖絶壁の上にある元旅館、今は珈琲だけ飲めるそうです。

ここは和歌山県、奈良県と三重県の県境。

0917-18-doro.jpg

ノスタルジー満載の建造物

0917-20-doro.jpg

停泊です。田戸乗船場。下瀞と上瀞の間です。

そこからのビュー

0917-19-doro.jpg

この田戸乗船場で一旦下船します。

写真?アイスを食べた、美味しかった。

次回は上瀞峡への旅をアップします。

nice!(35)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

熊野川本流は雄大、鮎釣場です。 [旅行]

湯ノ口温泉と入鹿温泉「清流荘」

それが目的の旅

その道々、くねくねと曲がる熊野川沿いを走る。

0915-01-kuma.jpg

河川も石で広い。

0915-02-kuma.jpg

川の流れは速い。

0915-03-kuma.jpg

引き込まれた川の水たまり。

綺麗、透き通った水、めだかがいっぱい。

0915-04-kuma.jpg

くねくねは熊野川の特徴か?

0915-05-kuma.jpg

景色も良い。

川と迫ってくる山並み、空気も透き通っている。

ぽつんと見える人影

0915-06-kuma.jpg

釣り人発見、ここは熊野川本流。

そしてお宿「清流荘」翌日瀞峡ジェット乗るため川に!

0915-12-kuma.jpg

ここは熊野川の支流です。名前は失念。

まじ奥深い山並みと川。

0915-07-kuma.jpg

河川にブルドーザーが鎮座。

孫が車両大好き、ほったらかしなので乗ってみる。

0915-08-kuma.jpg

親子、超ご機嫌でした。

0915-09-kuma.jpg

熊野川支流に目を移す。

水量多い、しかも流れも速い。

鮎釣メッカです。

0915-10-kuma.jpg

ボートがすーっと川上に向かう。

0915-11-kuma.jpg

釣り人もいっぱい。

解禁されて、沢山の人が川の中に。

0915-13-kuma.jpg

流も早く、友釣りだそうです。

大きな鮎が釣れるので有名らしい。

0915-14-kuma.jpg

竿長い、大きな網もって、流れも速く

結構挑戦的な釣みたい。

マニアには応えられないみたい。

これからジェット船に乗って瀞峡行きます。

nice!(45)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

井ノ口温泉へはトロッコで行こう [温泉]

入鹿温泉「清流荘」から井ノ口温泉に行きたい。

0913-01-trooko.jpg

熊野の秘湯へ行くにはトロッコが面白い

しかも

0913-02-trooko.jpg

清流荘泊り客には湯めぐり手形

トロッコと温泉がセットで販売。

さ~始発駅に行こう

0913-03-trooko.jpg

自転車に乗った観光客

0913-04-trooko.jpg

トロッコの線路を自転車で行く。

そんなツアーもありか~~。

行く先は一緒。

0913-05-trooko.jpg

われわれはこっちです。


可愛い、思ったよりかなり小さい。

0913-07-trooko.jpg

運転席です。

昔、実際の用途は銀山か銅山の発掘用だった。

0913-06-trooko.jpg

さ~乗り込もう。

0913-09-trooko.jpg

ムッチャ狭い!瘦せなくっちゃ。

0913-10-trooko.jpg

出発してすぐトンネル、2つ続いて

抜けたら到着でした。

0913-11-trooko.jpg

到着駅からの眺め、一番奥が井ノ口温泉。

非常に良い温泉で、もう一度行きたい。

今回ももっと長く浸かっていたかった。

約45分後往復便の出発時間。

0913-12-trooko.jpg

慌てて井ノ口温泉駅に戻って

又トロッコで清流荘方面に戻る。

0913-13-trooko.jpg

出発を待つトロッコ!

0913-14-trooko.jpg

息と違って帰りは持参した浴衣でバック。

トンネルは涼しかった。

又清流荘で温泉三昧や~~~。

nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

入鹿温泉「清流荘」お世話になりました。 [温泉]

三重県、和歌山県と奈良県の県境

三重県にある温泉宿「清流荘」に泊まった。

0912-01-seiryu.jpg

綺麗な温泉宿、玄関です。

0912-02-seiryu.jpg

湯ノ口温泉はトロッコで行く温泉。

お宿は入鹿温泉です。温泉2つ楽しめます。

0912-03-seiryu.jpg

ロビーも綺麗です。新築したと聞きました。

部屋に案内されました。

0912-04-seiryu.jpg

お孫ちゃんもフラフラご機嫌な座敷。右隅にいるよ。

半畳の畳は琉球畳??

ここに布団を敷いて2人寝る。

0912-05-seiryu.jpg

ベッドで二人寝る。

合理的で綺麗なお部屋、落ち着けます。

部屋からのビュー!

0912-06-seiryu.jpg

熊野川の支流の河川敷が見えます。

アユ釣り真っ盛りでした。

0912-07-seiryu.jpg

更に部屋からの岩壁には蔦が・・・

紅葉を待っていた。

0912-08-seiryu.jpg

玄関前の広場で孫と遊べるね。

遊んだね。

お宿の食事はダイニングへ移動して食します。

0912-09-seiryu.jpg

入場したら、すでに並んでいました。

0912-10-seiryu.jpg

最近のお洒落なダイニングの夕食と部屋食の中間って感じ。

もう少しあったかく調理したばっかりのが希望。

0912-11-seiryu.jpg

この写真は雉酒(キジシュ)

ここでしか味わえないと言うので注文。

雉の身を燻して、お酒に!

河豚のヒレ酒と似て非なるもの。

鶏の油もお酒と交わりまったりまろやか!

しかも香ばしい味、想像以上に美味しかった。

nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

和歌山、三重の温泉旅のランチは「風庵」 [グルメ]

湯ノ口温泉ってご存知ですか?

そこへ向かう道の途中でランチは蕎麦屋

場所は谷瀬の吊り橋からすぐ。

その名は

0911-01-huan.jpg

蕎麦甘味処「風庵」です。

11時オープン、ついたのは11時15分位

0911-03-huan.jpg

入場して、振り返って逆方向の風庵暖簾

0911-04-huan.jpg

表には木の看板が良い感じ!

部屋の雰囲気

0911-05-huan.jpg

天井高く、空間素晴らしい。

0911-06-huan.jpg

清々しいので外の空間で食すことに。

その部屋への窓に映る山並み

実際はもっと清々しい

0911-07-huan.jpg

秋が近い、トンボがいっぱい飛んでいた。

0911-08-huan.jpg

そこから室内に向かう景色

0911-09-huan.jpg

孫がテーブルに石を置いて遊んでいた。

その景色

そうだメインは蕎麦屋さん

0911-10-huan.jpg

メニューです。それはブルシン、注文しやすい。

うどんもあるのだ!

さ~何を頼んだか?

大人4人と孫は1歳10ヶ月の一応5人

0911-11-huan.jpg

トロロ掛けそば

0911-12-huan.jpg

掛けそば定食、山菜蕎麦が付いています。

0911-13-huan.jpg

ざるそば定食ですが、大食いの奴は蕎麦大盛りです。

最後はうどんですが細麺でした。


0911-14-huan.jpg

茸うどんですが、孫がひょっとして蕎麦アレルーギーなら

困っちゃうので、うどんにしたとの事

全体図

0911-15-huan.jpg

この風庵の蕎麦は結構美味しい。

場所も和歌山の山奥なので雰囲気も含めて

満点の蕎麦屋。

nice!(47)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー