So-net無料ブログ作成

京都国立博物館までの道「お寺・神社」 [関西小旅行]

宮川町でランチ、恵美須神社のあと

本命京都博物館「国宝展」への道

1116-01-hokoku.jpg

まずは六道の道「六道珍皇寺」

1116-02-hokoku.jpg

閻魔堂の説明

この地はかって葬送する野辺送りの場所

故に閻魔大王を祀るお寺で有名

1116-03-hokoku.jpg

閻魔堂に居る閻魔坐像を覗き見る。

1116-04-hokoku.jpg

その横には閻魔像を作成した小野篁の

本人の等身大の像、これも覗き見る。

1116-05-hokoku.jpg

本堂には薬師如来像(こっそり撮った)

更に歩を進める。

1116-06-hokoku.jpg

歴史いっぱいの飴屋さんが・・・。

幽霊子育て飴。

1116-07-hokoku.jpg

450年前から続く京都で2番目に古いと言うお店

死んだ母親が幽霊になって子育てのため飴を与え

その子は育って高僧になったと言う伝説の飴。

ちょっと寄り道しちゃいました。

1116-08-hokoku.jpg

又寄り道したのが六波羅蜜寺

六波羅探題関係あるのかね。

1116-09-hokoku.jpg

963年創建、空也上人が開いた真言宗の古刹

本堂は重文で、空也上人や平清盛など

優れた彫刻が多数あるが・・・拝観せず。

1116-10-hokoku.jpg

方向寺の鐘を見なくっちゃ~歴史は語れない。

1116-11-hokoku.jpg

びっくりするくらいでっかい鐘

1116-12-hokoku.jpg

天井も鮮やか

1116-13-hokoku.jpg

メインはこれ!

「君臣豊楽」「国家安康」

なんで安泰を安康と書いたのか?

豊臣が栄え、家康が咲かれているとは言いがかり??

この金の横にあるのが豊国神社

1116-14-hokoku.jpg

この唐門こそが国宝

豊国神社は明治(1880年)の再建です。

立派な唐門

1116-15-hokoku.jpg

豊國大明神とある。

調べてみるとこの唐門は

伏見城の遺構で、二条城に移り、更に南禅寺に移って

最後に現在の豊国神社にある

1116-16-hokoku.jpg

豊臣の千成ひょうたんの向こうに

豊国神社

1116-17-hokoku.jpg

ひっそり豊国神社。

何故か豊臣の最後を思わせてしまう神社であった。

外国観光客はどう思うのだろう。


nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 37

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。