So-net無料ブログ作成
検索選択

等身庵作陶展Vol.2 [陶芸作品]

5月27~29日

等身庵作陶展完遂できました。

その全景をvol.2としてアップ。

0606-01-uke.jpg

和室を使っての展示なのでまずは靴を脱いで

座ってご芳名を頂きます。

0606-02-cha.jpg

和室の小は来ていただいた方の接待と言うか?

お茶を飲んでくつろいでいただく部屋。

その反対が大部屋

0606-03-obeya.jpg

和室小の4倍以上の広さに展示です。

0606-04-obeya.jpg

座って作品を手に取って

感覚を感じ取って

0606-05-obeya.jpg

そう、私のテーマは「用いる楽しさ」

だから手に取ってイメージしてもらう

0606-06-obeya.jpg

等身庵は料理もする。

料理は盛り付けで数段アップする。

0606-07-obeya.jpg

和食の楽しさは器

盛り付け

0606-08-obeya.jpg

壁際にはより楽しい装飾陶器。

0606-09-zogan.jpg

このテーブルは新作

白黒の象嵌(ぞうがん)とアザミの絵皿

0606-10-tanka.jpg

このテーブルは炭化作品

窯にさや鉢、その中に作品と炭を入れて焼きます。

自然の景色が施されます。

0606-12-mesidon.jpg

茶碗のテーブル。

等身庵としては黒の真っ黒の椀に白飯を盛る。

こんなイメージで作陶した。

0606-13-cup.jpg

碗、丼のテーブル向き合って、

カップのテーブル。

フリーカップ・ビアマグ・蕎麦猪口自由に使える。

0606-14-set.jpg

セットものとしてのテーブルだったが

銅鑼鉢に盛り蕎麦、そして蕎麦猪口とセットで並んでいたが

蕎麦猪口だけがはけちゃった。

0606-15-picha.jpg

最近使う人が少ないのは分かっているが

急須中心のテーブル

急須は作るのが楽しくて仕方ない。

0606-16-hachi.jpg

鉢、小鉢のテーブル

鍋でも、お浸しなど入れても!

0606-17-ozara.jpg

大皿、角皿、パスタ皿などなど

用途が楽しいお皿、鉢テーブル

0606-18-ueki.jpg

クロスの上には一輪刺しと植木鉢

自宅の食卓に一輪刺しと野の花

植木鉢も室内用で水受けをお洒落に!

0606-19-macha.jpg

部屋の片隅に秘めやかに抹茶茶碗

楽焼は七輪炭で焼きました。

0606-20-zokei.jpg

壁際の装飾物の棚

立って見てください。

0606-22-zogan.jpg

梯子段のディスプレイ

お得意の象嵌とアザミを乗っけました。

0606-23-azami.jpg

小部屋の床の間のは下絵の作品

多くはアザミの絵

0606-210-zokei.jpg

おまけの棚

POPなイメージで器に花を添えました。

こんな感じで展示しました。

イメージよろしくお願いします。


5月27日~29日作陶展、完遂できました。 [陶芸作品]

2年半振りの等身庵の個展

盛況の中、完遂することができました。

0605-01-tenji.jpg

皆様のお陰です。

準備・開催・撤収とエネルギーを頂いた方々には

深く感謝します。

0605-02-tenji.jpg

もちろんお越しいただいた皆様にも

モチベーションを頂き有難うございました。

0605-03-tenji.jpg

お越し頂けなかった方々からのお花!

嬉しいものですね。

0605-04-tenji.jpg

会場が一気に賑わいます。

大阪の陶芸仲間さんというか飲み仲間さん。

0605-05-tenji.jpg

作品が負けている?名古屋の陶芸仲間さん。

0605-06-tenji.jpg

そんなことは言っこなし、仕事関係の大先生からまで・・・。

ブリザーブドフラワー、大切にします。

0605-07-tenji.jpg

大先輩からも!

さて、今回は会場の雰囲気をざくっと紹介。

0605-08-tenji.jpg

和室の大部屋。

0605-09-tenji.jpg

逆方向から見た和室、奥に床の間

0605-10-tenji.jpg

テーブルは12卓、作品を種類毎に展示ですが、

このテーブルはアザミをテーマの作品と象嵌作品を陳列。

0605-11-tenji.jpg

このテーブルも用途でなく、作風の種類です。

炭化焼成の作品を一気に陳列です。

ほかのテーブルは用途でまとめました。

飯碗・カップ・皿・鉢といった具合に!

0605-12-tenji.jpg

ここは花を飾る用途

手前が一輪挿し、向こうが植木鉢(室内用)といった具合に!

0605-13-tenji.jpg

ディスプレイ台はポップな造形物で楽しんでもらおうという

目論見で、立って見て頂けます。

0605-14-tenji.jpg

座ってお皿のテーブルを前に見た風景。

0605-15-tenji.jpg

急須などセット物のテーブル。

座って、手にとってイメージをしてもらう。

等身庵の作品は「用の美」

使っていただいて良さを感じてほしいのです。

またもう少し詳細の展示風景をアップしたいと思います。


スリランカ最後のアップは「食事とホテル」で締めくくり。 [旅行]

スリランカ、今中国の渦に巻き込まれている。

そんな心配をよそにスリランカの旅、

最終章はスリランカの食事とホテル

0604-01-1d.jpg

深夜にスリランカ着、ホテル直行

夕食は機内食だったのでホテルで朝食が最初のスリランカ料理

でも、ほとんど普通の朝食バイキング

0604-02-2l.jpg

2日目のランチのレストラン

お洒落なお店でした。

0604-03-2l.jpg

初めてでしたが、こんな感じで取り寄せるバイキング形式

ずーっと同じパターンが続くのだ。

0604-04-2l.jpg

内容もどこに行ってもずーっと同じ感じ。

お米、カレーは野菜、チキン、そして野菜などプラス

0604-05-2d.jpg

ビールはスリランカのタイガーかライオン

(ライオンの方が好みでした)

0604-06-3l.jpg

次の日のランチも取り寄せバイキング

パターン全く変わらず。

0604-07-3d.jpg

辛いことは辛い、でもどのカレーを選ぶか?

スリランカ人のガイドさんは「おこちゃまカレー」って

辛くないのをそう言ってた。

0604-08-4l.jpg

4日目のランチはこんなお洒落な所で。

0604-09-4l.jpg

でも内容はほとんど一緒!

ずーっと同じ感じでした。飽きるよね最後には!

0604-10-4d.jpg

4日目のディナーはホテル「アマヤヒルズ」

流石キャンディの高原高級ホテル

同じバイキングでもちょっと違った。

0604-11-5l.jpg

そう、洋で勝負できました。

若干ほっとした感じ。

スリランカカレー美味しいけど

続くと流石厳しかった。

0604-12-5d.jpg

最後の5日目のフライト前の夕食は中華でした。

しかもコックさんは日本人。

美味しかった。日本で美味しい中華食べに行った感じ。

こんな食事でした。

最近、日本ではスリランカ料理はブームとか!

続いて泊まったホテル紹介

0604-13-1.jpg

一泊目はコロンボの隣、ネゴンボのラマダ

プールなんぞあって一見リゾート

0604-14-1.jpg

いや、空港に近いコンビニホテルでした。

だってホテル裏はこの通り、メッチャ庶民派でした。

次泊の途中の休憩所が粋

0604-15-2l.jpg

お洒落なレストランもあるんですね。

0604-16-2l.jpg

スリランカ国旗もあったりして!

でも残念ながら停電でした。

2泊3泊連泊でした。

0604-17-23.jpg

シーギリアロックのリゾートホテル

0604-18-23.jpg

お洒落、海外観光客のためのリゾートホテル

0604-19-23.jpg

コンドミニアムスタイル

3Fの部屋から見下ろすプール

0604-23-23.jpg

このフレスコウォーターヴィラのレストラン

ここでもバイキングでした。

ネタもほぼ一緒!

0604-21-23.jpg

特定の部屋からはなんと

シーギリアロックは遥かに見ることが出来た。

(ホテルの人が見せてくれた?チップ?)

2連泊の間で行ったのがアーユルベーダ

0604-22-3l.jpg

ホッコリ出来過ぎた

1時間半、1万円。寝ちゃったよ。

シロダラーはスリランカ発祥とか。

最後の4泊目のホテルはアマヤヒルズ

0604-24-4.jpg

キャンディ自体が高原、そのキャンディの高原に位置するホテル

若干涼しい、スリランカではね。

ロビーから見下ろすプール(夜到着)

0604-25-4.jpg

部屋もモダーン、上々。

難を言えば、近くの学校でお祭り騒ぎ

夜中の2時ぐらいまで大音響

0604-26-4.jpg

ホテルからのビューは最高だし

花も庭も綺麗なこと綺麗なこと。

0604-27-4.jpg

到着した時見たプールサイド

観光地のプールは皆洗練されていた。

現地の人とのギャップを感じながら

スリランカホテルはグッドでした。


インド洋の真珠「スリランカ」の花・果物

今スリランカは雨季、TVで洪水で大変なことにと報道。

我々が行った4月はセーフ、良い天気の連続。

更に報道!中国の進出に悩むと。

肌で感じ恐れていたことが報道されていた。

そんな深刻なことをよそに旅した感想。

仏教・ヒンズー・キリスト・イスラムの順の信者。

0602-01-hindu.jpg

車窓から何か今までと異なる風景。

0602-02-hindu.jpg

ヒンズー教の大寺院だそうです。

0602-03-hindu.jpg

シバ神はじめ化身的な派手な神様たち

0602-04-hindu.jpg

こんなんはちょっと怖い、ガジュマルの向こうの

冷めた目が怖い。でっかい。

0602-05-temple.jpg

車窓からそこらじゅうに寺院を見れる。

シンハラ語の仏教寺院と思う。

0602-06-budda.jpg

白亜のお釈迦様なのか、湖畔に座しています。

0602-07-budda.jpg

これもお釈迦様立像

0602-08-budda.jpg

山の中腹に金色の座像

本当にそこらじゅうに見れます。

0602-09-rotary.jpg

スリランカの交差点はロータリーが多い。

そこにも像、象の像

そして同じようにそこらじゅうに花が咲いています。

0602-10-flower.jpg

車窓からも花だらけ。綺麗です

サボテンに花が咲き始めています。

でも車窓からなので樹木の花が多い感じ。

0602-11-flower.jpg

道路にせり出すオレンジ色の花のトンネル

0602-12-flower.jpg

ねむの木みたいのも沢山あったが、

これは黄色の花が満開。

0602-13-flower.jpg

テンプルフラワーと言ってました。

一般には「プルメリア」お寺に必ずと言っていい位。

0602-17-flower.jpg

コロンボのお寺に咲いていたゴールデンシャワー

0602-14-fruit.jpg

これたぶんマンゴーでしょう。

熟していないけど日本とは全く違う。(雑ななり方)

ここから果物シリーズ。

0602-15-fruit.jpg

バナナもわんさか、もうじき花咲かせるそうです。

0602-16-flower.jpg

果物じゃないかも!

やしの実が左右、違う色なので撮った。

0602-18-yasi.jpg

オレンジ椰子、このジュース淡白で美味しい

ポカリスエットみたいな味。

呑んだ後椰子を割って、殻のふちをすくっても美味しい。

果物の点滴と言うぐらい元気になるとか!

0602-19-fruit.jpg

道路沿いにわんさかある果物屋さん

0602-20-kashu.jpg

これカシューナッツ、果物の下にあるのが

カシューナッツです。びっくり!

0602-21-doria.jpg

極め付き「ドリアン」

0602-22-doria.jpg

果物の大様、道路沿いでみんな武者ぶるように食べる

食べると何故こんなに美味しいの?

臭いのはどっかに置いて食す。

0602-23-fruit.jpg

マンゴーもパパイヤもオレンジバナナも美味しく頂き

スリランカの花と果物に乾杯


スリランカの町並みと車窓から [旅行]


スリランカの旅、世界遺産の遺跡を求めて!

故に、場所的には三角地帯

近代化から遠い感じの町並みや道路など紹介。

0531-01-road.jpg

街にはシンハラ語が溢れている。

英語も少しね。丸くて可愛らしいシンハラ語。

0531-02-road.jpg

道路は左車線、日本と同じ。

イギリスの植民地が長かったためか!

0531-03-road.jpg

陶器を焼く窯、陶芸家のオイラは気に掛かる。

0531-04-road.jpg

やしをせっせと運ぶ。田舎でしょ!

これが美味しいのですね。

どこでも人は裸足が多い(お寺だけじゃないんだ)

0531-05-road.jpg

やし畑、一面。ここでも柵されていた。獲られるか?

0531-06-road.jpg

田園風景も広がる。

あのスリランカカレー用のパサパサのお米?

0531-07-road.jpg

田植えが始まる。

0531-08-road.jpg

キャンディの街であった雑貨屋さん。

なんとも可愛い

0531-09-road.jpg

コロンボが近くなって町並みはごった返している。

車は日本車が大半なれど・・・三輪車!もいっぱい。

0531-10-road2.jpg

スリランカ版ツクツクとでも言いましょうか。

ほとんどがインド製で排気量はめっちゃ小さい。

色は可愛いし、色々装飾が施されている。

0531-11-road2.jpg

まっすぐすぎる線路、広軌です。

滅多にこないので進入。

イギリス植民地のお陰???の線路。

0531-12-road2.jpg

バスをツクツクが追い越している。稀な景色。

ぶら下がってるのは運転手さんの趣味のぬいぐるみ

0531-13-road2.jpg

三輪車、遅いくせに場所とるから、邪魔邪魔。

0531-14-road2.jpg

ハンドルはオートバイ風。

0531-15-road2.jpg

車のプレートナンバー、普通ジャン。

0531-16-road2.jpg

車窓から市場、メッチャ安いんでしょうね。

0531-17-road2.jpg

随所にある果物屋さん

0531-18-road2.jpg

ちょっと高台へバスを走らすと、見渡す限りジャングル

遠くに山が見える。

0531-19-road2.jpg

超アップ、シーギリアロックみたいでしょ!

残念ながら騙された。嘘つかれた。

こんな山、岩がところどころあるのだ。

0531-20-road2.jpg

コロンボに近づくに連れて、繁華街。

高速道路もあるんだ。

0531-21-road2.jpg

2車線、一方通行。

コロンボの街に入ってバス止まった。

0531-22-road2.jpg

目の前を電車がクロスしていった。

よ~く見ると扉が開いている。

落ちるんじゃないぞ!

以上スリランカの車窓から。


スリランカ最後の街「コロンボ」 [旅行]


スリランカ8つの世界遺産のうち5つを踏破

6日間で最後の街がコロンボ

コロンボは首都ではない。

ただ首都に値するような中心地かな?

0525-01-colo.jpg

イギリス植民地時代の名残か、コロニアルな地区

国会議事堂もある。

0525-02-colo.jpg

主都は「コッテ」という町なのです。

0525-03-colo.jpg

夕陽がコロニアルな街を照らす。

素晴らしい歴史的な街と言えるがすべて車窓から。

ゆっくり歩くと奥深いのでしょうね。

0525-04-colo.jpg

セイロン銀行・・・スリランカ銀行ではないのですね。

びっくりは中国の波が押し寄せていること、ここにも。

0525-05-colo.jpg

建設中のスリランカ1高くなろうとしているタワーが凛としてる。

別名「パイナップルタワー」中国が建設している。

インドの目の前がスリランカなのにね!

0525-06-colo.jpg

これまた建設中の高いビル。

「中国港湾」の看板が・・・

びっくりはこの辺りでの労働者はすべて中国人。

なんでスリランカ人が働いていないの?

金を出すのは良いけど労働者も全て中国?怖い、引くに引けない。

さておいて進む場所。

0525-07-colo.jpg

セイロンが1948年2月4日独立を達成した記念のホール。

そんなことが書かれている。

多分シンハラ語、タミール語、英語

0525-08-colo.jpg

大きな道路十字路の中心に立つ

ライオンが取り囲んでいます。

0525-09-colo.jpg

ホールに立ってみる景色

0525-10-colo.jpg

凛としている。セイロンが独立して

内紛があって、ここ10年でやっと落ち着いてきている。

国名もスリランカに代わって頑張ってほしい素敵な国。

観光地に進む。

0525-11-gangar.jpg

ちょっと変わった寺院

ガンガラメヤ寺院

0525-12-gangar.jpg

びっくりするくらい派手です。

これこそ現代のスリランカ寺院。

見るべきものは大してないけど、参拝者はマジです。

世界中からの貢物が所狭しと置かれていて唖然。

日本からのものも数点見えた。

0525-13-gangar.jpg

これは絶対に日本デザイン。運慶快慶もどき。

なぜここに?

0525-14-gangar.jpg

こっちのお釈迦様の方がスリランカらしくて良い。

0525-15-gangar.jpg

ここにも菩提樹、霊験あらたか。

0525-16-gangar.jpg

絵になるものは随所に!でもいっぱいあり過ぎ。

0525-17-gangar.jpg

こんなんまである。いったい誰?

更にこんなんまで!

0525-18-gangar.jpg

聞いたところ本物の像の頭(剥製)だそうで

見て良いのか悪いのか?

更にコロンボの街を進む

0525-19-goldf.jpg

インド洋に沈む夕日

「ゴール・フェイス・グリーン」海岸です。

0525-20-goldf.jpg

市民の憩いの場らしい、インド洋、夕陽が綺麗。

0525-22-goldf.jpg

今左手には大きく広い埋め立てが進んでいる。

ここも中国が進出で、スリランカ人のガイドさんは不安いっぱいと言ってた。

10年後にはコロンボは地図も変わって中国の街になってるかもって。

ぼやくぼやく

0525-23-goldf.jpg

そんなこともお構いなしで

インド洋に沈む夕日が美しい。

キャンディダンスと象の孤児院 [旅行]


スリランカ、キャンディの街が世界遺産

仏歯寺参拝の後、その横の会場に足を運ぶ

0523-01-kandy.jpg

シンハラ王朝に捧げるダンス

0523-02-kandy.jpg

何処でもあるよねこんなダンス。

例えばインドネシア・バリとかカンボジア

0523-03-kandy.jpg

皿回し上手、しかしスリランカの女性は魅力的

0523-04-kandy.jpg

太鼓の音、男性の躍動、女性の美

結構目を引き付ける。ペラハラ祭りども大活躍!

極め付け

0523-05-kandy.jpg

舞台の下でのファイヤーダンス

0523-06-kandy.jpg

役行者もびっくりや!

そして翌朝

象の孤児院に案内された。

0523-08-kandy.jpg

象は仲間からはぐれると保護しないと死ぬらしい。

0523-09-kandy.jpg

そこで保護した象を育てた孤児院

0523-10-kandy.jpg

マジ言うけど

サファリで野生の像を見た後なので

つまらんと言うか、逆に可愛そうに見える。

0523-11-kandy.jpg

象は賢いから余計可愛そうに見える。

0523-12-kandy.jpg

チェーンとかで家畜じゃん!

0523-13-kandy.jpg

飼いならされているけど悲しそうにも見える。

餌もらったりして動物園じゃん。

0523-14-kandy.jpg

小象もいるけど保護されたのか?ここで生まれたのか?

そして乳をやるところも見ようってか!

0523-15-kandy.jpg

乳をやる飼育員の後を追う子象

0523-16-kandy.jpg

確かにむっちゃクチャの量を飲む

そりゃ~飼育を補助するためには見せることも必要か

0523-17-kandy.jpg

確かに可愛いし、飼育も必要なのは分かる。

近くで見れて迫力も象の凄さも大きさも賢さも感じた!

その中に悲哀も感じた。