So-net無料ブログ作成

上海外灘(ワイタン)の対岸「浦東」(プートン) [旅行]

上海出張2泊3日

1泊目のディナーは外灘の対岸「浦東」で!

1003-01-Ytan.jpg

このレストランでディナー

川の上に浮かんでいるレストラン

「海老海鮮舫」

その客室からのビューをアップ

1003-02-Ytan.jpg

対岸のビル群が外灘(ワイタン)

1003-03-Ytan.jpg

「バンド」とも呼ばれています。

1003-04-Ytan.jpg

観光船が行き来する。

1003-05-Ytan.jpg

何とも派手です。

1003-06-Ytan.jpg

色々な観光船が沢山。

1003-07-Ytan.jpg

このビューを楽しみながら上海料理。

その紹介は次回に取って、

レストランを出ての景色に飛ぶ。

1003-08-Ytan.jpg

流石上海、ビル林立。

しかも綺麗なネオン。

1003-09-Ytan.jpg

ビルの隙間から見えちゃったよ。

上海テレビ塔

1003-10-Ytan.jpg

綺麗なネオン、4色に変化。

正式名「東方明珠電視塔」(オリエンタルパールタワー)

1003-11-Ytan.jpg

上海、観光のメッカですか?467.9m

1003-12-Ytan.jpg

外灘のビルは高くはないけど、重厚感があります。

ライトアップも綺麗。

1003-14-Ytan.jpg

タクシーを捕まえに行くときにも

でっかい高いビル・・・あり過ぎ。

1003-15-Ytan.jpg

上海で1番高いビルがこれ「上海タワー」

632m、通称「泡立て器ビル」

左のビル「注射器ビル」

正式名「ジンマオビル」420.5m

88Fが展望フロア

グランドハイアット上海がホテルとして。

1003-16-Ytan.jpg

本当に高いビル、登って見たくはないけどね。

写真にないが、森ビルも凄いのだ。

nice!(38)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

上海とんぼ返りの出張旅 [旅行]

上海に所用で出張、昨年10月も出張に行った。

関空から浦東空港、1.5Hのフライト(時差1時間)

浦東から体育館のそばにあるホテルへタクで直行

0930-01-shan.jpg

道々ビルなど林立、緑は少ない。

建設中のビルも随所にある。

0930-02-shan.jpg

年々、乗るタクシーの質アップしている。

昔はショックもタイヤもしょぼくて怖かったけど・・・

しかも運転荒っぽい、相変わらず!

0930-03-shan.jpg

車の量は多い、遠くのビルが霞んでる。

PM2.のせいと思うけど。

これも良化されている、一昔前は酷かった。

ホテルに着いた。

0930-04-shan.jpg

これは会社の窓からホテルを撮った。

漢字で華亭賓館、フファンティンホテルという。

良い感じのホテルといえる。

部屋は18階を案内された。

0930-05-shan.jpg

そこからのビューは遠くビル群

林立している。が・・・

0930-06-shan.jpg

青空見えて気持ちいい。

赤い屋根のレジデンスも見える。

もっと真下を見て驚くな~~

0930-07-shan.jpg

空き地、何かをしている。

上海のメインストリートの裏手にあたる。

ここが部屋から丸見え。ほんとの上海は・・・?

0930-08-shan.jpg

アパート

0930-09-shan.jpg

もういっちょ!

洗濯物、壁の雰囲気、びっくりしたかも!

ほんとの上海はどっち?

0930-10-shan.jpg

空き地の奥の小屋には人が常駐。

綺麗とは決して言えない。

0930-11-shan.jpg

実は最後の日の朝にはワゴンが来て何か荷物の選別が始まった。

すぐ終わって、荷物はなくなった。

いったい何しているのか?

では会社から覗く上海のビル

0930-12-shan.jpg

大きな体育館があって、競技しているはず。

ちょうど鹿島アントラーズが来ているとか?

ホテルで聞かされた。

0930-13-shan.jpg

これも会社から、IKEAの大きな看板

上海の表は結構ソフィスケートされだしてる。

地下鉄でもマナーを守る人は着実に増加。

変化は速いので、次訪れたときも楽しみやね。

nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奈良五条のお寺「栄山寺」に国宝が2つ

奈良五条は我が河内長野から近い

その五条に栄山寺と言う真言宗のお寺がある。

1001-01-eizan.jpg

寺の創建は遠く養老3年(719年)

藤原南家初代武智麻呂の開創。

国宝八角円堂と鐘楼がある。

1001-02-eizan.jpg

まずは国宝「鐘楼」に入る。

1001-03-eizan.jpg

4面に菅原道真の撰、小野道風の書など

1001-04-eizan.jpg

龍頭の精巧なこと

平安三絶の鐘とされている。

更に歩を進める。

1001-05-eizan.jpg

七重石塔婆(奈良時代の重要文化財)

1001-06-eizan.jpg

これです。

我が国最も古い石塔婆の1つ、高さ360cm

その前に大日堂が立つ

1001-07-eizan.jpg

塔の堂と言われる。

中に入ってのお参り出来ます。

1001-08-eizan.jpg

中には弘法大師さんなど

庭には曼殊沙華

1001-09-eizan.jpg

本堂は薬師堂

1001-10-eizan.jpg

史跡栄山寺の向こうの建物

1001-11-eizan.jpg

本堂の前に立つのが重要文化財の石灯籠

弘安7年(1284年)の銘がある。

1001-12-eizan.jpg

中には薬師如来坐像寄木造りの重文

横にはこれまた重文の木造十二神将

色々立派な建物・仏像などなど

1001-13-eizan.jpg

本堂を横目に歩を進める

1001-14-eizan.jpg

お寺に神社?よくある話

御霊神社だそうです。入らず。

さて最後が2つ目の国宝

1001-15-eizan.jpg

八角円堂です。

1001-16-eizan.jpg

藤原南家仲麻呂が父母供養のため建立

日本建築史上重要な位置を占める。

1001-17-eizan.jpg

中は写禁だったが、撮ってしまった。

1001-18-eizan.jpg

かなり色あせてしまっているが

天井は装飾画、壁にも重文の装飾画などなど

こんな歴史上重要な位置の建物などが楽しめるとは・・・

流石奈良…五条も捨てがたい

最後の1枚

1001-19-eizan.jpg

お庭ですが、秋も深まると紅葉も綺麗と想像に難くない。

ゆっくり出来ました。

nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

湯の口温泉の帰り「熊野本宮」寄ってみた。 [旅行]

湯の口温泉、瀞峡ジェット船観光

帰路に着くが、ちょっと寄り道

0929-01-hongu.jpg

三重県?和歌山県?熊野古道、世界遺産

鳥居を抜けて・・・

0929-02-hongu.jpg

階段を登る

0929-03-hongu.jpg

御建創二千五十年

神を父、母を仏にいただき云々って襷のご門を潜る

そこが・・・

0929-04-hongu.jpg

熊野本宮大社御社殿に入場

0929-05-hongu.jpg

熊野三山(本宮・速玉・那智大社)の中心社殿

0929-06-hongu.jpg

全国3000以上の熊野神社の総本山でもある

振り返ると御門

0929-07-hongu.jpg

荘厳である、菊のご紋も存在を!

御社殿の外の社殿の中

0929-08-hongu.jpg

飾られているのはサッカーのユニフォームじゃないですか~

そりゃそうだ!

0929-09-hongu.jpg

この登りが目に入らぬか

0929-10-hongu.jpg

しかもダブルの八咫烏ののぼり

0929-11-hongu.jpg

獅子と八咫烏、どっちが迫力

遠い昔「神武天皇」が熊野詣の時に

神武天皇を案内したのが八咫烏

今では日本サッカー協会のシンボル

これは皆さん知ってるよね

0929-12-hongu.jpg

八咫烏のポストもあるぐらいシンボルです。

3本足のカラス、なぜかは分からない。

次いで大斎原(おおゆのはら)の鳥居

0929-13-hongu.jpg

でっかいでしょ!

日本1高い(33.9m+幅44m)

実は平成12年建築のコンクリート

鳥居をアップで見ると・・

0929-15-hongu.jpg

ここにも3本足の八咫烏の紋章

ふと山に目をやる

0929-16-hongu.jpg

スっかと伸びる杉の山

東山魁夷の絵みたい。

そして大阪に帰路を取る、細い道、山に添って川に沿って走る。

0929-17-hongu.jpg

おっと突然滝「十二滝」の看板

結構高い所から落ちてきている。

0929-18-hongu.jpg

国道の横に落ちる滝など見ながら

温泉旅終了!

nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

我が家のすぐそばにも彼岸花「河内長野・日野」 [河内長野散歩]

我が等身庵からすぐそこの田園

河内長野・日野に行った。

まずは石川の上流の橋を渡る

0925-01-higan.jpg

河川からして彼岸花が咲く

0925-02-higan.jpg

凛としています。

田園を歩く

0925-03-higan.jpg

稲もたわわに実っています。

0925-04-higan.jpg

あぜ道に添って真っ赤な帯の曼殊沙華

0925-05-higan.jpg

温室にはキュウリがたわたに・・・・。

0925-06-higan.jpg

真っ赤な絨毯みたいでレッドカーペットや。

0925-07-higan.jpg

歩いてみたいけど、いっぱい過ぎて歩けない。

だから綺麗です。

0925-08-higan.jpg

稲とのコントラストGOOD!

0925-09-higan.jpg

一気に秋が来た。

0925-10-higan.jpg

実るほど首を垂れる稲穂・・・でっせ!

0925-11-higan.jpg

それにしても夏の終わりは一気!

秋が来たーっ。

0925-12-higan.jpg

秋が!

0925-13-higan.jpg

それにしても彼岸花の赤、

自然の中に真っ赤大好きです。

0925-14-higan.jpg

最後の1枚、稲刈り真っ最中でした。

流石河内長野は田園風景、牧歌的!

nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

湯の口温泉、瀞峡そして千枚田に寄ってみた。 [旅行]

日本には千枚田は結構存在する。

湯の口温泉でパンフレットを見た。

0924-01-senmai.jpg

丸山千枚田、日本の原風景

寄って行こうか!

0924-02-senmai.jpg

丁度稲刈りの前だしね。

0924-03-senmai.jpg

斜面に広がる段々畑は田んぼです。

0924-04-senmai.jpg

丸山千枚田と描かれている。

0924-05-senmai.jpg

う~ん、田舎って感じですが

一枚一枚の田んぼは狭いね。

0924-06-senmai.jpg

案山子も田んぼを守っています。

0924-07-senmai.jpg

そう、ここは持ち主を募って

貸農園みたいな仕組み

これで千枚田が歴史を繋いでいるのですね。

夕方とか水を張った田んぼとかも良いんだろうな。

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

瀞峡ジェット船、上瀞に向かう [旅行]

三重県からジェット船で和歌山と奈良の

3県の県境へ向かう瀞峡

そこの建築物を横目に一旦下船。

0919-01-doro2.jpg

少し歩く、階段を登って見る。

今は喫茶だけやっているとのこと。

0919-02-doro2.jpg

水の色は深い緑

0919-03-doro2.jpg

この建物の手前まで行って見下ろす。

良い景色

0919-04-doro2.jpg

乗ってきたジェット船、停泊中。

瀞峡の断崖の岩に囲まれて!

0919-05-doro2.jpg

流れもかなりあるようだ。

0919-06-doro2.jpg

ちょっといい雰囲気の親子、娘夫妻と孫

0919-07-doro2.jpg

鴨も3羽すーいすい。

さ~上瀞に向かって再出発

0919-08-doro2.jpg

するとすぐそこに!

0919-09-doro2.jpg

吊り橋です。

見上げるのは良いが、渡るのは勘弁!って感じ。

こりゃ~絶対恐いわ。

0919-10-doro2.jpg

ここから上瀞峡

0919-11-doro2.jpg

奇岩が続く

0919-12-doro2.jpg

深緑の水と岩、絶景。

0919-13-doro2.jpg

自然の力はすごいね。

0919-14-doro2.jpg

奇岩を横目にずんずん進む。

0919-15-doro2.jpg

奇岩まだまだ続く

0919-16-doro2.jpg

でも同じような断崖、奇岩に

ちょっと飽きてきたとこに、ほれ!

0919-17-doro2.jpg

滝が流れていて、目を見張る。

良い雰囲気を醸し出す。

そんなところで・・・・

0919-18-doro2.jpg

ジェット船も加速して一気に帰路に!

そうそう、レジャーやろうけど

立ってるカヌーみたいなのに乗る人を

追い越した。気持ちよさそう。

10人ぐらいの団体で乗っていたのだ。

そのうちの一人を追い越した写真です。



nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー