So-net無料ブログ作成
検索選択
ショップ ブログトップ
前の10件 | -

因島サービスエリア [ショップ]

因島帰省から帰阪。

すぐそこ、因島サービスエリアで昼食

尾道ラーメンで!

サービスエリアからのビューは布刈瀬戸。

1003-08-inno.jpg

ここでは因島大橋を紹介しよう。

1003-10-inno.jpg

なかなか良い橋なんですよね。

何が良いかというと・・・・

1003-09-inno.jpg

サービスエリアでありながら、因島大橋の説明。

1003-12-inno.jpg

吊り橋の構造の説明と、建設当時は東洋1の吊り橋でした。

では建設当時とはいつなのか?

1003-13-inno.jpg

1983年(昭和56年)なんですね。

しまなみ海道に先立つこと何年前なんでしょうね。

今からもう33年も前なのです。

因島大橋歴史です。

ここからはサービスエリアの展示?売り物紹介。

1003-14-inno.jpg

島の物産展ですね。

1003-15-inno.jpg

因島地元の産物はやっぱり「はっさく」

1003-16-inno.jpg

それと、タコの干物。

しこしこ噛むとメッチャ美味い。

1003-17-inno.jpg

八朔ゼリー、何故か美味しいんです。

はっさく大福はなかったけど、こいつも美味い。

おまけの1枚

1003-18-inno.jpg

しまなみ海道Tシャツは橋と魚なんや。

それにしても我が因島は33年前から繋がってるんですよ。

本州、尾道とね。


最近のもらい物特集 [ショップ]

ちょっとしたものをもらって嬉しい。

我が家に届いた最近のものを撮った。

定番母の日

0830-01-haha.jpg

やっぱりカーネーションでしょう!

インドネシアで買った自転車と、メキシコで買ったソンブレロのおっさんと。

父の日誕生日でゲットした。

夫婦から靴。

0830-02-titi.jpg

息子夫婦から帽子

0830-03-titi.jpg

67歳の誕生日にしちゃ~若くないけ?

とか言いながらもらったからを言い訳に若ぶってる。

ここからは沖縄の土産です。

0830-04-okina.jpg

古酒(クースー)、泡盛です。

0830-05-okina.jpg

泡盛はサトウキビでなくお米からできています。

念のため・・・43度。

その前にあるのは、是非にと頼んだ土産「豆腐よう」

0830-06-okina.jpg

ムッチャ好きです。

0830-07-okina.jpg

まあ、ちょっと甘辛い高級なチーズと思ってください。

ブランデーなんかも入っているはず。

泡盛、進む進む!!

次いで

0830-08-okina.jpg

うみぶどう、食感とつゆが決め手。

絶対常温で、冷蔵庫に入れたらへなっとなります。

次いで

0830-09-okina.jpg

ジーマーミー豆腐、まるでピーナッツです。

こんな沖縄土産。やっぱ文化が違うと土産も珍しくて良い。

おまけの一品。

0830-10-amano.jpg

河内長野、西條酒造の天の酒の限定酒「僧房酒」

豊臣秀吉愛飲の酒の復古版とか曰くが多い酒。

でも琥珀色した日本酒です。

抽選で買えるとか・・・

以上、最近の頂き物グッズ紹介でした。


奈良五條に美味い豆腐屋あり [ショップ]

奈良県五條市は伝統の街

面白いお店も沢山ある。

金剛の湯、温泉も行き付けだ。

住宅街に豆腐屋がある。

1203-01-iseya.jpg

名前は「伊勢屋」人気のお店です。

中に入ると普通に豆腐が並んでいる。

1203-02-iseya.jpg

店頭の向こうに休めるテーブル席がある。

1203-03-iseya.jpg

どうもここの店主は坂本龍馬が好きらしい。

そのテーブルに座るように勧められた。

試食が出来るらしい。

出てきたのが・・・・。

1203-04-iseya.jpg

美味しい豆乳の横のお皿に

豆腐各種・・・5種類。

1203-05-iseya.jpg

ざる豆腐、ごま豆腐、尾から、コロッケとか

お腹いっぱいになりそうな。

やっぱり買っちゃった。

自宅で夕食に出されました。

1203-06-iseya.jpg

普通の豆腐が美味い、マジ美味い。

豆から作られることを実感できる味。

コロッケも美味しい。

1203-07-iseya.jpg

お皿の空いた所は刻みキャベツが置かれる席。

豆腐ばっかりでの夕食はやっぱり物足りないので・・・。

1203-08-iseya.jpg

もやしの豚巻でバッチリ

この豆腐屋「伊勢屋」大いにお勧めです。

裏切りません。試食も嬉しい。


鶏と卵、面白い土産 [ショップ]

イギリスからのお土産がメッチャ受ける。

奇想天外な感じのスーベニア

床に寝ているのは・・・。

0826-01-cock.jpg

そう、ニワトリです。

0826-02-cock.jpg

生き倒れ?後ろから・・・

0826-03-cock.jpg

股間から、何か白い物体が・・・・

このニワトリ、触感はぷにょぷにょです。

胴体をぷにょっとつまむと・・・・。

0826-04-cock.jpg

出てくる更にぷにょの卵が噴出

見て見て、黄身もあるのだ。

0826-05-cock.jpg

いや~受けたね~。孫の男の子は大喜び。

孫の女の子は気持ち悪~いって敬遠してた。

口直し?見直しで屋根裏の物体を!

0826-06-cock.jpg

同じ鳥でも・・・さ~どっち?


等身似庵の紹介のさなか、「Tiger」情報です。 [ショップ]

最近大阪市内を写す機会が多い。

先日もキタからミナミを闊歩した。

キタはソフィスケートされているように思う。

24-01-tiger.jpg

中之島から橋下さんの市庁舎を望む。 ↑

そこにも芸術的オブジェがある。

24-02-tiger.jpg

なんとも文化的でほっとする。

橋下さん、もっと文化に理解を!

自分で自信を持って評価して!・・・・こりゃ~危険かも。

橋下さんの最も苦手とするところやもんね。

アメ村に足を入れる。ミナミの芸術はイケてる。

24-03-tiger.jpg

何年前からあるのやろ?黒田征太郎氏の壁画。

未だに斬新なのは何故だろう。

アメ村に来た理由、「Tiger」を覗きに来た。

その前にアメ村のシンボル「三角公園」

24-04-tiger.jpg

ここのすぐそこに「ポリボックス」、お構いなしの雰囲気

24-05-tiger.jpg

粋でワイルド。

お店もイケてる。アメリカンやね。

24-06-tiger.jpg

Display が ・・・体が割れてる。

24-07-tiger.jpg

But、目指す「Tiger」はオランダから日本初出店

アメリカじゃないの?)

24-08-tiger.jpg

ほら!看板に「コペンハーゲン」って書いてるでしょ。

店舗内を覗く、人もいない。

24-09-tiger.jpg

そりゃ~そうや、まだ5時過ぎなのに本日の入場は終了だってさ。

しかもしかも、明日(24日)明後日(25日)は臨時休業。

ガードマンのおっちゃんが必死で説明してたよ。

24-10-tiger.jpg

売れ過ぎ、在庫再投入のためだって。凄いね、このヒット。

オランダの社長は大阪が好きらしく

天下の東京をさておいて大阪に日本1号店だって!

今年中に3号店まで大阪に出すらしい。

TVで見た、この店の雑貨、面白そうやもん。

24-11-tiger.jpg

更に場違いなショップ、見つけた。

アメリカ村の入り口に佇む「エルメネルド・ゼニヤ」

イタリアの高級ブランド

ここはちょっと淋しそう。ミスキャストかも!

又、等身似庵(因島・生口島に戻りますからね。


英国スーベニア [ショップ]

今、イギリスが旬のはずだ。

なんたってオリンピックまで1ヶ月もない。

そのイギリスの土産グッズ達。

なんてったって、ユニオンジャック

ストラップです。UKそしてGB

02-01-england.jpg

ミニクーペもそれだ!

02-03-england.jpg

オリンピックのマスコットもユニオンジャック

これも携帯ストラップ。ぶら下げています。

02-10-england.jpg

このマスコットというかキャラクター

いったい何者?

02-09-england.jpg

それとロンドンと言えばこれ!

02-02-england.jpg

バッキンガム宮殿のこの人

02-04-england.jpg

これは磁石になっていて、

ほれ!冷蔵庫にへばりついています。

02-05-england.jpg

そして、等身庵も好きなのが

Beetles

02-06-england.jpg

Tシャツ、しわくちゃですみません。

まだある、ウエッジウッドの動物達

02-07-england.jpg

そして、ハロッズで仕入れたクマさん

02-08-england.jpg

昔の奴(左)に最近(右)加わったけど、

ちょっと質落ちたんじゃないの?


プレゼント・頂き物は嬉しい [ショップ]

忘れちゃいけない父の日

何事もなく過ぎ去った。

その月曜日、プレゼントが舞い込んだ。

父は家でくつろいで・・・・と言うことか。

ジャージとテコパン(ステテコ)、洒落てる。

0624-01-gift.jpg

テコパンって今流行ってるようですよ。

そして、面白いものを頂きました。

香りは全くの珈琲、飲むと全くのお茶

その名も「ちゃ~ひ~」

0624-02-gift.jpg

オイラがトマトフェチを知っていて買ってくれたトマト

完熟、超美味いです。

なんか2件のトマト作り名人のトマト、ゲット&イート。

0624-03-gift.jpg

売り出すや否や売り切れだそうです。

早めに行ってゲットしてくれたらしいです。

ほら!美味そうでしょ!

0624-04-gift.jpg

城崎温泉旅行のお土産

海苔と雲丹のコラボ商品。

う~ん、こんなんもありかな??

0624-05-gift.jpg

一緒にくれたのが出石そば、有名です。

0624-06-gift.jpg

もうひとつ、小豆島出身の方から頂いた麺尽くし。

0624-07-gift.jpg

麺つゆも付いて、夏が来るぞ~。

小豆島にはソーメン屋さんが沢山あるそうで、

食べ比べ、3メーカー

0624-08-gift.jpg

最後は、お米を頂きました。

何とネーミング「世界遺産米」

0624-19-gift.jpg

合掌造りで有名な白川の郷、

世界遺産は3か所の合掌造り、その相倉地区。

五箇山の世界遺産枚をご賞味ください。

「すぐ売り切れる幻の米」と言って頂きました。

もらい物は夢がある。

でも Give and Take でね。


枝風通「F²(エフツー)」スタジオのショップと庭 [ショップ]

エフツーでランチを楽しんだ後、

隣接するショップを覗いて、庭を愛でた。

ショップには小粋な雑貨がいっぱい。

0620-01-f2.jpg

陶器、ガラス、鉄器が並んでいる。

0620-02-f2.jpg

壁にはリース。

0620-03-f2.jpg

陳列の見せ方が上手い。

陶器もこんな感じで!

0620-04-f2.jpg

そして庭に出ると・・・・

そこは英国風ガーデンというのか?

0620-05-f2.jpg

雑然と、でも小気味良くまとまっている。

0620-06-f2.jpg

小道具も適切に鎮座ましています。

0620-07-f2.jpg

ほら!ベンチまで。

0620-08-f2.jpg

花も咲いていました。(形跡あり)

0620-09-f2.jpg

真っ白な紫陽花も・・・

0620-10-f2.jpg

梅雨時のそよ風に吹かれながら

一息付いてきました。


河南「F²」に隣接するショップ [ショップ]

河南にあるレストラン「F²」(枝風通)

そこは、庭園とショップがある小粋な空間

0216-1-f2S.jpg

庭園は自然な感じを生かした颯爽とした庭。

すーっと風が吹く景色が似合いそうな庭です。

レストラン看板の下には鉢植えも。

0216-2-f2S.jpg

こんな感じの池?50cm角の池に2匹の蛙・・・。

0216-3-f2S.jpg 

そして、レストランに隣接するショップを覗く

0216-4-f2S.jpg

入り口横は花にまつわる雑貨

その奥に入る。

0216-5-f2S.jpg

食器など陶器を中心とした展示

0216-6-f2S.jpg

鉄器も、木製もあって、結構見ごたえある。

0216-7-f2S.jpg

でもレストランと同じ食器「砥部焼」がいっぱい。

0216-8-f2S.jpg

新しいが伝統的な砥部焼「シャンとしている」

そのショップの片隅には図書スペース

0216-10-f2S.jpg

時間があったら、いつまでも座って居たい。

壁にこんなものが・・・・。

0216-9-f2S.jpg

どこまでもお洒落なスペース

又行こう!!!


超素敵なカフェ「櫻櫻」vol.2 [ショップ]

前回のブログで超素敵なカフェ「櫻²」(さくらさくら)

今回は2回目の紹介です。

前回のエクステリア・インテリアに続いて…

ランチと器を中心に紹介します。

まずは前回に続いていらっしゃいから ↓

0903-01-sakura.jpg 

着席して、というかうろうろしながら着席して

カレーのセット注文

というか、ランチメニューは海老、夏ともうひとつのカレーのみです。

まずは食前酒(お酒がダメならソフトドリンク) ↓

0903-02-sakura.jpg

いや~、聞きしに勝る器のセレクション。

そしてサラダとおしんこ??? ↓

0903-03-sakura.jpg

やっぱり、素敵な器に感激です。 

作家さんの作品を選んで出してくれています。

そして、メインのカレー 海老カレーです。 ↓

0903-04-sakura.jpg

大きなエビに見た目も、そして味も一流でしたよ。

もうひとつのカレーは夏カレー ↓

0903-05-sakura.jpg

揚げた玉ねぎを中心にさっぱりした美味さ満載

器に感心したが、カレーも捨てがたい(完敗ってところ)

デザートのアイスクリーム ↓

0903-06-sakura.jpg

器は陶器作家さんだけでなく、ガラス作家さんのものも。

そして、最後に珈琲が…やっぱカップが素敵過ぎ。 ↓

0903-07-sakura.jpg

何もかも素敵です。 ↓

0903-08-sakura.jpg

もうひとつの珈琲カップ他です。

そして、ついつい、隣の珈琲セットの器も写真に! ↓

0903-09-sakura.jpg

いや~

味、雰囲気、器。。。なんもかもがお気に入りでした。

近かったら、いつでも行くのに

旅の途中の素敵なカフェは行きにくい。


前の10件 | - ショップ ブログトップ