So-net無料ブログ作成
検索選択

関西の超秘湯「入之波温泉山鳩の湯」 [温泉]

 
関西の数少ない秘湯の中でも、随一と言える湯。
 
入之波温泉(しおのはと読む)「山鳩の湯」
 
1030-01-sioO.jpg 
 
ダム湖の一角が温泉宿。
 
1030-02-sioO.jpg 
 
斜面に建造物、これが温泉宿なんでしょうね。
 
でも宿なれど、日帰りで使う。
 
我が家からは車で2時間弱。
 
1030-03-sioO.jpg 
 
駐車して、山鳩の湯はトップから下って行く。
 
1030-04-sioO.jpg 
 
玄関が見下ろされる、その先が受付。
 
@700円でゆっくり過ごそう。
 
1030-05-sioO.jpg 
 
風呂は階段を下る下る。
 
見上げた先が通って来た受付。
 
源泉口から流れ出る湯がカラフル
 
1030-06-sioO.jpg 
 
秘湯、結構山奥、湯も良くなければ秘湯とは言えない。
 
1030-07-sioO.jpg 
 
行くまでが遠いけど、行きつけば満足は保証。
 
温泉場の写真を撮るのは難しい。
 
1030-08-sioO.jpg 
 
着替え場からこっそり。
 
茶色の世界です。
 
1030-09-sioO.jpg 
 
温泉の効能はびっしり、でも鉄分豊富っぽい湯です。
 
ネット拝借…鉄分のゴリゴリ。
 
1030-20-yama.jpg 
 
まじ、凄い湯のイメージ満載。
 
午前中に到着してひと風呂浴びて、ここ!
 
 1030-10-sioO.jpg
 
湯上りの昼ご飯耐えられない。まあ~食堂ですかね。
 
メニューも山のネタ、豊富。
 
1030-11-sioO.jpg 
 
しし肉、鹿肉、かも、あまご、あゆ。
 
秘湯らしさ満載のメニューから・・・
 
1030-12-sioO.jpg 
 
釜飯とうどんを頼もう。同時に食べたい。
 
何と釜飯が30分かかる。
 
同時に出して!と頼んだら釜の状態見て
 
その時頼め!だとさ 
 
1030-13-sioO.jpg 
 
あまご釜飯、うまく炊けました。
 
1030-14-sioO.jpg 


まぜまぜして 、食す。美味~~~~い。
 
予想外にびっくり美味し!
 
1030-15-sioO.jpg 
 
山菜うどんも良い出汁が出て、マジ美味い。
 
地産地消の美味さか?本当に美味いのか?
 
でも満足して、ゆっくりして午後のひと風呂No.2。
 
こんなのが露天風呂(ネットから)
 
1030-19-@2x.jpg 
 
午前の風呂、午後の風呂を満喫して休憩所で休む。
 
その壁には・・・・
 
1030-16-sioO.jpg 
 
色紙いっぱい、特に関西の芸人が多い。
 
更に
 
1030-17-sioO.jpg 
 
何故か相撲取りの手形がいっぱい。
 
鶴竜の手、そんなに大きくない。 
 

つるスベ榊原温泉でほっこり! [温泉]

 
三重県「榊原温泉」は清少納言ゆかりの湯?
 
お伊勢さん湯ごりの地とか言われているけど、
 
そんなんどうでも良い。
 
いい湯なんだから!
 
0815-01-sakak.jpg 
 
お泊りは「湯元 榊原館」
 
去年予約していたが、台風で風呂が川に浸かって
 
先方からキャンセルされた。今年リベンジです。
 
チェックイン・・・受付で昨年の謝罪があった。
 
さ~て、入場・・・ロビーから滝が落ちているのが見える。
 
0815-02-sakak.jpg 
 
そしてお部屋6Fに通された。
 
ビュー一転!
 
0815-03-sakak.jpg 
 
田舎の田んぼ、牧歌的。
 
はて~??? さては滝はこの田んぼの水か~~~。
 
お風呂は6F屋上に露天と1Fに大浴場+露天風呂
 
まずは6F露天に…通路を進みます。
 
0815-04-sakak.jpg 
 
誰もいなかったので写真1枚
 
0815-05-sakak.jpg 
 
暗くなると幻想的です。
 
1Fの風呂、特に源泉が最高の湯、ぬるいんやけどね。
 
ぬるぬる、スベスベ名湯です。
 
さ~て、湯の話からほっこり食事です。
 
0815-06-sakak.jpg 
 
親子3人、部屋食です。
 
0815-07-sakak.jpg 
 
美味しい、左の牛肉、柔らかくて・・・Good
 
先付け、向付(刺身が美味い)。 
 
お酒、サービスで。
 
0815-08-sakak.jpg 
 
ピントぶれてる、味?どうだったっけ?
 
揚げ物が出て、次いで炊き合わせで茄子と合鴨です。 
 
0815-09-sakak.jpg 
 
焼き物はニジマスの塩焼き。
 
0815-10-sakak.jpg 
 
飯ものが来て、もうお腹いっぱい。
 
0815-11-sakak.jpg 
 
なのに、ウナギの温泉茶漬けが出て、食べちゃったよ。
 
0815-12-sakak.jpg 
 
古代米がベースです。
 
ついでに翌朝食事も紹介。
 
0815-13-sakak.jpg 
 
ここのお米はイセヒカリ、まじ美味しいですね。
 
0815-14-sakak.jpg 
 
朝食バランスよく、またまたしっかり食べちゃった。
 
カミさん、ムスメ体重増えたとぼやきつつ満足してた。
 
ましてや、お湯には大満足していて、
 
娘の手の指の荒れが治ったらリピートやね。 
 
 

平湯温泉「深山桜庵」でひんやり、ほっこり! [温泉]

奥飛騨温泉郷

平湯温泉の深山桜庵の雪見露天風呂

これが目的の中心の旅

さ~入ろう。といっても風呂の中の写真撮影

お断りの看板

更衣室から露天風呂を見下ろすことが出来た。

0130-01-oanB.jpg

内湯~ドア~階段~露天風呂~積雪~笠が岳

絶景である。

0130-02-oanB.jpg

流石寒い湯気が視界を曇らせる。

夜の風呂、誰もいない・・・チャンス

こっそり、カメラを持って露天に入場。

階段から撮る

0130-04-oanB.jpg

良い感じでしょ!

透明で若干ぬめりを感じる単純温泉。

内湯。

0130-05-oanB.jpg

深い処、寝湯、木枠の風呂が落ち着きます。

0130-06-oanB.jpg

入って右手に露天風呂

0130-07-oanB.jpg

左手奥が洗い場、そして湿ったサウナ

これが大浴場。

その他に無料の貸切の内湯と露天風呂。

内湯は空いていれば順にOK。

露天風呂への通路・・・異次元への路。

0130-08-oanB.jpg

貸切露天風呂は予約制です。

そりゃ~行って空いてないと悲惨です。何故なら・・・

0130-09-oanB.jpg

長靴を履いて雪の中を少し歩きます。

0130-10-oanB.jpg

思い切り雪の中です。

鍵を開けて露天風呂の小屋に突入。

0130-12-oanB.jpg

森の中の露天、雪にも囲まれて想定通りで嬉しい。

若干見苦しいでしょうが、こんな感じでほっこり。

0130-13-oanB.jpg

そうなんです、この一瞬を求めての旅でしたから!

念願かなって、我が部屋に戻る。

0130-14-oanB.jpg

そこには釜風呂が・・・入ることは入ってみたけど。

窓を開けると半露天になりますが、

流石もう満足したので浸かるだけ。

温泉良いね。JAPAN感じました。


奥飛騨温泉は「深山桜庵」でほっこり! [温泉]

雪見温泉を求めて、奥飛騨の平湯温泉へ。

お宿は2度目の「深山桜庵」

大阪から高速バスで一直線。

高田旅館前で下車して、宿まで歩く。

0129-01-oanH.jpg

バスターミナルではスノーマンが歓迎。

これら国旗のお国の人達が…実はいっぱい、国際的????

歩くこと1分でお宿の入り口に着く。

0129-02-oanH.jpg

立派な看板前も雪がお迎え…雪見温泉期待出来るぞ~~~~!

0129-03-oanH.jpg

2度目、再訪の「深山桜庵」結構気に入っってます。

チェックインして、正面の窓から見えたのが・・・・。

0129-04-oanH.jpg

いい天気!遠くの山の稜線がくっきり綺麗。

0129-05-oanH.jpg

笠ヶ岳が・・・・良いね、いいね。2897m。

0129-06-oanH.jpg

手前の丸い窓からの景色。

もう雪見温泉は約束されたようなもんだ!

0129-07-oanH.jpg

氷柱(つらら)も凄い、刃物に見えるのはオイラだけか???

0129-08-oanH.jpg

森?林?は雪だらけ、ウサギとかウロウロしていそう。

部屋に通されました。

正面の窓からして、雪で覆われているよ。

0129-10-oanH.jpg

深山桜庵はホテルと日本旅館の良いシステムを取り入れて、

我々にはちょうど良い。仲居さんがいないのが良い。

0129-11-oanH.jpg

入室したらもう半ベッドが完成している。

別室で、リビングと別れて寛げる。

0129-12-oanH.jpg

だからテレビも2台、リビングからは雪しか見えない。

座るとね。

立って、窓から外を見る。

0129-14-oanH.jpg

夕刻なのでいい天気、雪景色がくっきり良い感じ。

絵も言えぬ。

0129-15-oanH.jpg

雪景色って良いね。すべてを覆い隠すから!

しかしここまで隠さなくても綺麗なんやけど。

そうだ部屋にも温泉付いています。

0129-13-oanH.jpg

露天じゃないけど、窓開けると外やから!

半露天と言うやつかもね。

温泉はいる前に、お宿の施設。

0129-17-oanH.jpg

バーと言うか、カフェと言うか?

ちなみに珈琲は勝手に飲めます。(部屋にも持ち帰れる)

0129-18-oanH.jpg

普段はアテンダーが居るのか居ないのか?

我々がお邪魔した時は留守に付き、勝手に珈琲頂く。

0129-19-oanH.jpg

廊下の片隅にこんな空間(部屋)もあったりして!

静かに読書?または懺悔でもするか?

そうそう、夜のサービス。

0129-20-oanH.jpg

蕎麦のサービスありますが、お腹に相談して

二人で1杯頂きましたが、美味しかったよ。

さ~、次回は深山桜庵の温泉風呂紹介や~~~。


GW最後は那智勝浦で温泉三昧 [温泉]

GW、何とかちょっとでも遊びたい。

ネットで色々宿を検索する。

方向は山越えの奈良和歌山

何とか見つけたのが那智勝浦「ホテル中の島」

良い写真をHPから拝借したのがこれ!

0508-01-naka.jpg

島ひとつがホテルだ。

ついでにもう一枚露天風呂を拝借。

0508-02-naka.jpg

海に面して、お洒落&風光明媚

さて、十津川、新宮経由勝浦港に到着。

桟橋から中の島を望む。

0508-03-naka.jpg

写真の通りや~、歩いては行けないね。

0508-04-naka.jpg

船でホテルに向かう、降りると宿しかない。

3号館2階の部屋に通された。

部屋から外を見た景色がこれ!

0508-05-naka.jpg

綺麗でしょ、海も山もそして船が浮かんで粋。

そして、食事前に温泉入る。マジ良い湯ですわ。

実は屋上に登って景色を見ようと思ったら、

男性の露天風呂が丸見え、ちょっと撮ってみよう。これだ!

0508-08-naka.jpg

アップにしてチェックしたけど、

美味い具合にやばい個所がないから載せたよ(笑)

その屋上の手すりに停まってた。

0508-09-naka.jpg

鋭いね~、近づいたら逃げた、野生や。

そして、夕陽の海岸です。

0508-06-naka.jpg

露天前、岩場の景色もどうぞ!

0508-07-naka.jpg

さて、温泉を楽しんだ後、食事です。

0508-10-naka.jpg

勝浦なのでマグロを期待!

0508-11-naka.jpg

あれっ!こんな感じで良いの?

でも味は良かったよ。

0508-12-naka.jpg

この焼いた鯛の料理はGoodでした。

他にはおまけで定番てんぷら。

0508-13-naka.jpg

料理はリーズナブルでそれなりなり。

本当に満足したのが温泉。

難点は接客とHPの写真ほど綺麗じゃない施設かな?

でもリーズナブル・・・これに尽きるか!


白浜温泉「海ゆう庭」で遊ぶ [温泉]

30年ぶりの白浜温泉

宿泊先の宿は「海ゆう庭」

海側から山方面のシーン

0206-01-yado.jpg

白浜温泉パークと書いてますが

これもお宿「海ゆう庭」の一部でした。

そして部屋に案内されて海を望む。

0206-02-yado.jpg

ほら、塔が裏から・・・向うに海。

その足元に部屋露天風呂

0206-03-yado.jpg

まあ、ベランダに露天と言う感じ???

スルーして海。

0206-04-yado.jpg

ちょっと、カメラ目線を上げる。

0206-05-yado.jpg

アップで海を…荒れている。

低気圧直撃、白浜なのに超寒い。

0206-06-yado.jpg

ほら海荒れてる、白波激しい!

でも夕焼けは部屋から綺麗。

0206-07-yado.jpg

部屋露天ばかりじゃないよ。

敷地内には幾つかのお風呂場がある。

0206-08-yado.jpg

その一つは人が少なくてPhoto出来た。

洗い場です。

0206-09-yado.jpg

石段上がるとそこは湯船です。

流石、良い湯&雰囲気もある。

0206-10-yado.jpg

前にも紹介した檜木の桶露天風呂

0206-12-yado.jpg

堪能、堪能。湯の国紀の国

なんか世界遺産に頼ってるのには???

0206-11-yado.jpg

湯の名が熊野古道の風呂は…う~ん

ちょっと遠いかも・・・

素直に良い湯を楽しめました。


白浜温泉、露天風呂から夕陽! [温泉]

30年以上振りだろうか?白浜温泉

白浜をお知らせする最初が夕陽!

4時45分ごろに入湯。

0201-01-yuhi.jpg

泊った宿に沢山の湯処がある。

その中で夕陽が一番の露天風呂に浸かって

夕陽を待つ。

0201-02-yuhi.jpg

水平線上に雲…ちょっとまずかも!!

5時になったが、まだこんな感じ。

0201-03-yuhi.jpg

アップにすると雲間から夕陽のビーム!

のぼせてきた!

でも、ここまできたら意地で待つ。

0201-04-yuhi.jpg

おや~っ、雲間から日の光が…

0201-05-yuhi.jpg

雲よ!あっち行け~~~~。

0201-06-yuhi.jpg

う~ん、暫くしたら又雲間に!

その間、ず~っと露天風呂に浸かったまま。

0201-07-yuhi.jpg

温泉の良い気分より、夕陽が見たい。

ほのかに最後のあがき。

出た~・・・・完璧じゃないけど夕陽です。

0201-08-yuhi.jpg

アップにしますね。

0201-09-yuhi.jpg

海、雲、夕陽って言うところでしょうか。

0201-10-yuhi.jpg

ま~何となく満足して

露天風呂を後にしました。

次回はクエ鍋かな??


カフェ経由 温泉三昧 [温泉]

奈良五条にある「金剛の湯」につかりたい。

大阪から和歌山県橋本経由で奈良県に入ると

そこは五条 3府県を15㎞で踏破する。

温泉の前にカフェ「スプーン」 ↓

07122-01-spoon.jpg

こんなところと言っちゃ~失礼ですが、

こんなところにホント素敵な雰囲気のカフェにお立ち寄り。

07122-02-spoon.jpg

店内の風景です。 ↑

椅子がバラバラでも違和感なし。

07122-03-spoon.jpg

テーブルの飾りもシンプルでGoo! ↑

07122-04-spoon.jpg

さりげなく小道具が飾られています。 ↑

07122-05-spoon.jpg

遠くで作業するお洒落なウエイトレスさん

出てきました。 ケーキ軍団 ↓

07122-06-spoon.jpg

ケーキセット注文で、手作りケーキをこの中からセレクト ↑

なんか、嬉しいのだ。

07122-07-spoon.jpg

この綺麗で美味しいケーキは珈琲と ↑

07122-08-spoon.jpg

こちらのケーキはチャイと共に ↑

で、ここのトイレは素敵ですよ。 ↓

07122-09-spoon.jpg

ほらっ! ガラス張りのトイレなんて・・・。

清々しく出来るのだ。 (笑)

請求シートの登場です。

07122-10-spoon.jpg

てんとう虫に「お前が払え!」とつつかれている感じ。

最後まで洒落ている。

Cafeを後にして、目的の「金剛の湯」到着 ↓

07122-11-spoon.jpg

「リバーサイドホテル」の別館で、えっ、ここ?という処にある日帰り温泉です。

良い湯なのに、穴場と言うか本当にゆっくりつかれますが、疲れは取れます。

07122-12-spoon.jpg

ぬるっとした湯で、少し青みがかった感じが良いです。

07122-13-spoon.jpg

露天とサウナ以外は何もない。

本当に温泉を楽しむには絶好と言えます。

穴場温泉「金剛の湯」お勧めです。


奈良、入之波(しおのは)温泉知ってます? [温泉]

奈良、川上村の大迫ダムに沈み、復活した温泉に行ってきました。

入之波温泉(「しおのは」と読みますが、読める人はかなりの温泉通)鳩の湯です。

すごい山の中の秘湯の雰囲気があります。

110207-b1-yamabato.jpg

河内長野から吉野山をスルーして70㎞ 到着です。

駐車場から山鳩湯を見降ろします。

110207-b2-yamabato.jpg

男湯露天が見えちゃったりして・・・・。 ↑

入り口がここ ↓ 階段を下りてから受け付けです。

110207-b3-yamabato.jpg

脱衣場から湯船を覗くと… 茶色く変化!何もかも。 ↓

110207-b4-yamabato.jpg

2m超の上から湯がドバドバ落ちています。

110207-b5-yamabato.jpg

泉質は「含炭酸重層泉」透明から空気に触れて茶色になります。

150m掘ると39℃の湯が湧き出ているそうです。

もっと分かりやすい写真をネットから拝借しました。

露天風呂です。 (↓ ネット写真)

110207-b9-yamabato.jpg

濃厚な温泉が造りだした芸術を鑑賞ください。(↓ ネット写真)

110207-b10-yamabato.jpg

露天風呂からの眺望も素晴らしいです。 ↓

110207-b8-yamabato.jpg

ほっこりして、休憩所でのんびり過ごせます。

いっぱいの色紙に混じってこんなものが飾ってあった。 ↓

110207-b7-yamabato.jpg

あ~、その通り!

(サービス1番だけ、ちょっと疑問・・・サービスは秘湯では期待しないからOK)