So-net無料ブログ作成

ホーチミン、ホテルからのビュー [旅行]

ホーチミン空港について最初に向かったのが宿泊先

1215-01-hotel.jpg

ルネッサンスリバーサイドホテルサイゴン

長い名前です。

前回と同じホテル。

1215-02-hotel.jpg

まずはチェックイン、前回から少し改装されている。

チェックインしていると日本人スタッフが

来てくれて、メッチャ親切に説明してくれた。

1215-03-hotel.jpg

ロビー横のバーでウエルカムドリンクを頂いた。

ソフトドリンクですよ。

14階のリバーサイド側にランクアップしてくれた。

1215-04-hotel.jpg

サイゴン川を見下ろす。

1215-05-hotel.jpg

乾季に入ったばっかりだが、どんより曇ってる。

1215-06-hotel.jpg

川下なのか?川上なのか?ビル群が林立。

曇りか?単車の排気ガスが原因か?

1215-07-hotel.jpg

大きな運送船以外も、地元の船も走ってる、川を!

地元感満載で走ってる。

川の手前の道路も見下ろせる。

1215-08-hotel.jpg

真下、凄い迫力で走ってる。

よーく見るとほとんど単車。

1215-09-hotel.jpg

ま~比率で言うと15:1

勿論1が車、車間も狭い。怖い国や!落ち着かん。

1215-10-hotel.jpg

部屋から廊下に出ると、ろの字型の建物の中央

空間にず~っと、提灯ぶら下がる。

1215-11-hotel.jpg

真下を覗く、ホント恐い、吸い込まれそう。

1215-12-hotel.jpg

でも、夜は綺麗に輝いている。

綺麗です。ベトナムの提灯は有名や。

さて、時間変わって・・・

1215-13-hotel.jpg

夜のサイゴン川、昼間のどんよりした川の水が見えない。

だから綺麗????

1215-14-hotel.jpg

丁度こんな船が進む。

観光船なのだろうか?

上海みたいに観光できる時代が来ると良いね。

又時間が変わって、朝。

1215-15-hotel.jpg

朝は巨大な貨物船が列を組むように進んでいる。

1215-16-hotel.jpg

きっと向こうに、大きな倉庫でもあるのか?

本当に早朝です。5時台。

ちょっと手前を撮る

1215-17-hotel.jpg

桟橋みたいな手前は水が進まず、ナニコレ?

ゴミがいっぱい。これがサイゴン。

1215-18-hotel.jpg

でも国旗がたなびく、星が国旗、左はひょっとして

軍旗または共産党?セットですね。

朝日が上がりだす。

1215-19-hotel.jpg

なかなか良い景色のサイゴン川になって来た。

1215-20-hotel.jpg

さ~朝日を見たので、朝食とって

チェックアウトして空港行こう。

これからフエ空港に向かうぞ。

良いホテルでした。

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ベトナム・ホーチミンに到着、2泊します。 [旅行]

ホーチミン空港、正式にはタンソンニャット空港

日本が寒かった分、メッチャ熱い。(2℃ 対 32℃)

1214-01-hoti.jpg

タクシーの後部座席から社外を見渡そう。

タクシーはビナサンタクシーを探して乗った。

1214-02-hoti.jpg

あっという間に周りは単車、一瞬で囲まれている。

空港出たばっかりです。

1214-03-hoti.jpg

4年前と何も変わらない。

好き放題の運転、もうバトルです。

1214-04-hoti.jpg

ほ~ら、信号変わると猛ダッシュで向かって来た。

2日もいると慣れるんですね、これが!

1214-05-hoti.jpg

車窓から見たお店「フォー」かな?

路面の開けっ放しのお店ばっか!

1214-06-hoti.jpg

ホテルに着いた、前のロータリーもクルマや単車ラッシュ。

因みにタクシー代は・・・メッチャ安い。

150,000ドン、約750円

ドンコイ通り迄40分は走ってます。

1214-07-hoti.jpg

翌朝目覚めて、ホテル周りをラウンド散歩

高いビルが・・・見上げる。

なんか?テラスみたいな帽子のツバみたいな?何それ!

1214-08-hoti.jpg

ちょっとレトロなホテルもポチポチ。

シグロ?人力車?ツクツク?に乗ったおじさんが

散歩中、ず~と付いてくる。乗れって!

1214-09-hoti.jpg

路上で朝飯を食べる現地の人達。

そこらじゅうにたむろしています。習慣なんでしょうね。

あまり清潔感感じない。全く感じない。

そして合間時間に中心地を歩いた。

1214-10-hoti.jpg

でっかい歩道専用の広場と言うか、道路の公園。

突き当たりにもレトロな建物。

ゆったり賑わっている。

1214-11-hoti.jpg

振り返って歩行者道路公園に旗、国旗か?

ベトナムも日本もそれらしきのはない。

1214-12-hoti.jpg

道路沿いのビル。

どう見てもマンション事務所じゃない。

提灯があるのは店舗か~~~。

1214-13-hoti.jpg

オペラハウス、ベトナムにも立派のがある。

こんな洋館が随所にある。

1214-14-hoti.jpg

ホーチミンにも地下鉄が走るらしい。

日の丸、JICA、清水前田の看板があった。

頑張ってくれていて嬉しかった。

ベトナム発展のために!(中国韓国の進出も華々しいけど)

1214-15-hoti.jpg

REX HOTEL のクリスマスツリー。

仏教国のベトナムもクリスマスか~~、日本も同じ。

1214-16-hoti.jpg

良い天気、立派な建物

手前の「VIETNAM-JAPAN」の立て看板。

これが地下鉄工事の塀。

1214-17-hoti.jpg

広~~い歩道広場と両サイドのビル。

尖がってるのがあのテラスビル。

1214-18-hoti.jpg

観光地「教会」

1214-19-hoti.jpg

観光地「郵便局」

1214-20-hoti.jpg

歴史的な建物はいっぱい存在します。

だって、植民地時代長かったもんね。

奥の壁に掲げられた写真「ホーチミンさん」

お札も全てホーチミンさん。

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ベトナムに行ってきました。4年振り! [旅行]

4年振りのことです、ベトナム訪問。

仕事ですが土日を使って観光をしてきたので、ブログアップ。

詳細は徐々に!まずはフライトから。

1213-01-flite.jpg

関西国際空港からホーチミン空港。

タラップ離れていきます。

1213-02-flite.jpg

ANAとコードシェアのヴェトナム航空。

CAさんベトナム人に混じって日本人もいる。

ちょっと安心。

座す。

1213-03-flite.jpg

今回はラッキーなことにビジネスです。

5時間前後のフライトですが、リラックスできます。

1213-04-flite.jpg

座るや否や、シャンパン(ソフトドリンクは止めて!)

1213-05-flite.jpg

関空の橋を横目に滑走スタート。

1213-06-flite.jpg

一気に上空、天気は良好、視界もバッチリ。

眼下に淡路島、明石大橋が右端に見える。

1213-07-flite.jpg

四国上空に差し掛かる。

何と四国山地、白銀、雪帽子。

最高に寒い日の出発、多分行き先は30度越え。

午前発ランチタイム。

1213-08-flite.jpg

前菜はゼリー、蒸し海老、アボなど良い味付け。

ビールが進む。

1213-09-flite.jpg

メインはビーフ

1213-10-flite.jpg

チーズ、野菜スティックなどが・・・

ワイン行かねば。

1213-11-flite.jpg

コーヒー締めてランチ終了。

映画を見ながらうとうと。

1213-12-flite.jpg

何千メートルか?高い位置を水平にフライト。

雲海と並行して飛ぶ。

1213-13-flite.jpg

こんなでっかい雲とも並行して飛ぶ。

こんな雲に入ったら、凄いことになるんだろうね。

割合早く、着陸体勢に入った。

1213-14-flite.jpg

メコン川か?サイゴン川が見えてきた。

1213-15-flite.jpg

支流の川の蛇行は流石ベトナム。

1213-16-flite.jpg

ゴルフ場も眼下に。

やっぱり池川・・・水に囲まれている。

1213-17-flite.jpg

街が見えてきた。

ホーチミン市、昔はサイゴン。

1213-18-flite.jpg

高いビルも遠くに見える。

ホーチミン市人口800万人強

因みにハノイは730万人ぐらい、ベトナム1番の街。

今後紹介するとして・・・

1213-19-flite.jpg

ホーチミンシティ空港に到着。

タンソンニャット空港が正式名、難しい。

これからベトナムが始まります。

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

篠山城大書院、城下町歩いた後、有馬の食事 [旅行]

おっさんズ作陶4人展のうちあげは有馬温泉。

その前に丹波篠山を観光。

中心にあるのが篠山城跡。

1206-01-sasaya.jpg

お城はすでに消失して城壁を残すのみ。

1206-02-sasaya.jpg

篠山城は家康が徳川幕府安泰を策して、

西日本統治の要所として建立。

だから1600年以降の城跡。

歩いて行くとそこには平成の大書院。

1206-03-sasaya.jpg

1944年(昭和19年)大書院消失。

2000年(平成12年)再建。

木造の入り母屋造り、屋根はこけら葺き。

ヒノキをふんだんに使った立派な建物。

襖絵なども狩野派様式で再現、一見の価値あり。

篠山城を後にして城下町を散策。

1206-04-sasaya.jpg

歴史を感じる建造物が並び建つ。

酒屋の後か?展示場ですが、閉まってた。

1206-05-sasaya.jpg

これは山車を2基収納している倉庫。

住吉神社とか春日神社が存在し、その祭りに登場するらしい。

京都の影響も強く、鉾山もあるとか!

さすが歴史の町。

1206-06-sasaya.jpg

武家町なみ、商家街並み

闊歩できます。

1206-07-sasaya.jpg

商売をしていた風情の家屋

1206-08-sasaya.jpg

一見ぽつんと鄙びた家屋、古そう。

「うだつ」が寂しく上がってる。

本来の火災延焼除けの意味がない。

篠山の城下後にして、一路有馬温泉に向かった。

温泉でほっこりした後、夕食だけ写真撮った。

1206-09-sasaya.jpg

メニューが御託を並べていた。

一流の料理らしさを演出しているが、出て来たのは…。

1206-10-arima.jpg

八寸、設えは綺麗。

子持ちアユ煮びたしはぶつ切り、取り寄せか!

牡蠣の磯部巻き、サーモンいくらなど。

味より見た目が勝っている。

1206-11-arima.jpg

続いて椀物、甘鯛のお吸い物

1206-12-arima.jpg

造りも綺麗に盛っている。

鯛、マグロ、シマアジ

定番のお刺身。

1206-13-arima.jpg

写真はここまで、焼き物は神戸ビーフじゃなく、国産牛の温石焼き、少し硬い感じ。

その後、炊合わせ、揚げ物、酢の物、ご飯、香の物、デザートと

続いてお腹一杯になって、

ラウンジに向かって、しこたま歌ってまた温泉は入って寝た。

作陶展の楽しい打ち上げでした。



nice!(48)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

丹波篠山で少し遊んで! [旅行]

おっさんズ4人展が無事終わって

4人で打ち上げは有馬温泉1泊ツアー

昼前に大阪金剛を出発。

あまりに時間を持て余すから、

そうだ、ちょっと行き過ぎたが、篠山城下を目指す。

1205-01-sasaya.jpg

ランチ時に到着なので美味いもん食べよう。

有馬でこってりやから~あっさり蕎麦屋。

1205-02-sasaya.jpg

大きな門構えの蕎麦屋さん。

有名な「一休庵」

1205-03-sasaya.jpg

おそばがなくなり次第終了のお店。

覗く、並んでないけど少し待って~、そばはまだある大丈夫。

1205-04-sasaya.jpg

待つ間もお庭を楽しめる。

道すがら車で少しラウンド、

篠山城下町、良さそうに賑わってた。

1205-05-sasaya.jpg

テーブルに案内された。

大きな木を土台にガラス張りのテーブル。

雰囲気を醸し出す。(ガラスちょっと怖い)

1205-06-sasaya.jpg

天井からは提灯がぶら下がり、

美味い蕎麦への期待が膨らむ。

そんなムードを醸し出す。

4人とも「ざると湯葉のどんぶりセット」

1205-07-sasaya.jpg

美味い、十割蕎麦もイケる。

おいらはドラーバー、ほかの3人は美味そうにビール飲んでた。

有馬で仇は打つから大丈夫。

蕎麦湯も美味い。

篠山城下をぶらりして、次にいったのがここ!

1205-08-sasaya.jpg

奥深い白壁の「丹波古陶館」

1205-09-sasaya.jpg

なんと先日の台風で壁がはがれてた。

ショック!修理前でした。

入場!

1205-10-sasaya.jpg

古陶が鎮座増している。

兵庫県の重要文化財がずらり。

1205-11-sasaya.jpg

少し最近の丹波立杭焼もならぶ。

1205-12-sasaya.jpg

観光客少なく、ひっそり静かに鑑賞堪能した。

写真も撮れた。

1205-13-sasaya.jpg

丹波焼は六古窯のひとつ。

1205-14-sasaya.jpg

やっぱり焼き締めが趣ある。

備前・丹波・信楽・越前・瀬戸・常滑

以上が六古窯、参考までに!

1205-15-sasaya.jpg

こんな茶器もあった。

安土桃山時代にあればお城に匹敵の価値???

なんとも利休好みの茶器に見える。

次回篠山城に向かう。

nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

続く「旧閑谷学校」素晴らしい [旅行]

国宝や重要文化財の宝庫「閑谷学校」

なんと日本遺産の第1号として認定されています。

岡山藩主「池田光政」を祀った閑谷神社の横

1027-01-sizuta2.jpg

一段高い場所にあるのが「孔子廟」

中には孔子さんが祀られていて、年に数度ご開陳。

前に立つ木は「楷の木」珍しい。

右が赤く、左が黄色に紅葉します。

1027-03-sizuta2.jpg

さぁ、国宝「講堂」に入場します。

1027-04-sizuta2.jpg

講堂の目の前にある「公門」これも重文

藩主が臨学の際に使われる御門ですね。

1027-06-sizuta2.jpg

屋根にしっかりと備前焼、紋、湿気よけの空気穴

1027-07-sizuta2.jpg

廊下に上がって外を小窓から、

銀杏がちょうど額のように、紅葉はまだまだ。

1027-08-sizuta2.jpg

庭と学校を囲む石塀も絵になる。

1027-05-sizuta2.jpg

講堂内部に移りますが、この窓のようなもの、

「花灯窓」という意匠(デザイン)寺院(特に禅宗)でよく見られますが、

ここ閑谷学校も花灯窓

1027-09-sizuta2.jpg

内部は10本の欅の丸太の柱が支える。

1027-10-sizuta2.jpg

床もピカピカ、拭き漆の反射ですね。

手入れが行き届かないとこうはいかない。

1027-11-sizuta2.jpg

花灯窓とのコントラストが素晴らしい。

1027-12-sizuta2.jpg

この中には観光客は立ち入り禁止です。

勉強の時には解放される??

1027-13-sizuta2.jpg

ちょっとぼやけたけど由緒正しい額と書らしいです。

ボランティアガイドさんのお話。

1027-14-sizuta2.jpg

講堂の廊下からお庭を挟んで鶴鳴門と公門

ほんとに閑静で学ぶにはもってこい。

奥に歩を進めて

1027-15-sizuta2.jpg

ドンドン進む。石塀はやっぱり素晴らしい。

1027-16-sizuta2.jpg

資料館があるとのこと。

1027-17-sizuta2.jpg

かっては学校としても使われていたが、今は資料館として。

壁がうっすらピンクなのが気になる。

ほかにも文庫の蔵や習芸斎と言って

武士平民に加えて農民も学べるという

民主的な良い学校です。

nice!(57)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

旧閑谷学校行ってきました。 [旅行]

岡山、備前に観光地あり「閑谷学校」

友人と3人で帰省の前に寄ってみた。

閑谷学校の手前に滝

1025-01-sizuta.jpg

呑吐滝…絶対学校の学生が飲み過ぎたのや~~~、不謹慎。

学校の手前のお堀

1025-02-sizuta.jpg

石の橋が感じよく、期待が膨らんできた。

1025-03-sizuta.jpg

鯉、閑谷学校のお堀にピッタリです。

さ~登校しましょう。

1025-04-sizuta.jpg

校門「鶴鳴門」重文、ここ閑谷学校重要文化財いっぱいです。

1025-05-sizuta.jpg

ここからは入れません。

閑谷学校は1670年岡山藩主「池田光政」が創建。

庶民のための学校を山深き地に建てたので

名前は「閑谷学校」

1025-06-sizuta.jpg

入場したのは右横のこの門から、

観光ガイド、ボランティアが待ってくれていた。

案内してもらうと更に興味そそられる。

1025-07-sizuta.jpg

池田光政を祀った「閑谷神社」

1025-13-sizuta.jpg

閑谷神社の建造物には、色々秘密ある。

1025-14-sizuta.jpg

もちろん、屋根はすべて備前焼

1025-15-sizuta.jpg

屋根の下に丸い筒、一般には気付かない。

空気抜き、湿気を防ぎます。

ボランティアガイドの説明なければ見逃すところ。

1025-16-sizuta.jpg

瓦と瓦の間に丸い瓦。

横に走る瓦も高く積んでるし、紋も並ぶ。

最初の神社からして凄く手の込んだ建造物。

1025-08-sizuta.jpg

左に鎮座ましているのが国宝「講堂」

1025-09-sizuta.jpg

備前焼の講堂、学びの舎

1025-10-sizuta.jpg

孔子を祀った聖廟、重文です。

孔子ならではの一番高い所にあります。

後ろの塀に注目!

1025-11-sizuta.jpg

閑谷学校を囲む塀、300年経っても整然と囲う。

密閉の石、隙間なく草木も生えません。

一周765m

1025-12-sizuta.jpg

建築を承ったのが家臣「津田永忠」

その碑かな?

津田永忠は命を受けて30年かけて完成させた。

よって完成したのは1701年

素晴らしい学校の紹介は次回へ続く。



nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

田子坊をぶらり [旅行]

今上海で旬な場所

田子坊(でんしぼう)案内してくれた人はたこぼうって。

地下鉄9号線「打浦橋」からすぐ。

1006-01-takob.jpg

道々は閑散、喫茶店が・・・看板はこんなに見えた。

猫尿珈琲・・・でもなんか違う。

猫の尿ってことはないよね。

尿、水じゃなく米。

珈琲も王編じゃなく、口になっている。

1006-04-takob.jpg

ここを突き抜けると田子坊

ホント?となるので看板

1006-02-takob.jpg

平面図というか鳥瞰図

1006-03-takob.jpg

アップで、はっきり田子坊

今上海で最も旬な場所と聞いて訪れた。

1006-05-takob.jpg

狭い路地に雑貨、ファッション、バーなど

ひしめいている

1006-06-takob.jpg

日本のガード下みたいな場所からスタート

1006-07-takob.jpg

奥がバーカウンター

1006-08-takob.jpg

右がレザー、左は??Welcome To どこ?

1006-09-takob.jpg

ニューヨークピザ

若者向けみたいです。

1006-10-takob.jpg

怖そうなウサギが待つお店

1006-11-takob.jpg

中国のお土産「お茶」かな?

1006-12-takob.jpg

バーカウンターで飲むカップル

ネオンが何とも怪しいけど、超オープン。

1006-13-takob.jpg

小籠包などなど販売してる。

1006-14-takob.jpg

雑貨、パンダ座ってる。

1006-15-takob.jpg

ここでディナー

お店の名前は「Tai Wine」

1006-16-takob.jpg

入口狭いが奥行きはある。

1006-17-takob.jpg

壁中ワイン、上海のワインは高いけどまあいいか!

1006-18-takob.jpg

2階に通されました。

ゆっくりできそうです。

1006-19-takob.jpg

まずはビール、青島ビールじゃなく

シンガポールビールで乾杯

1006-20-takob.jpg

色々頼んだけど、ピッツァとか、

でも写真はこれ餃子だけ

味は???マークかな!

1006-21-takob.jpg

赤に続いて白ワイン

普通にイタリアでした。

高いのだ、コスパなら老酒おすすめ


nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

上海外灘(ワイタン)の対岸「浦東」(プートン) [旅行]

上海出張2泊3日

1泊目のディナーは外灘の対岸「浦東」で!

1003-01-Ytan.jpg

このレストランでディナー

川の上に浮かんでいるレストラン

「海老海鮮舫」

その客室からのビューをアップ

1003-02-Ytan.jpg

対岸のビル群が外灘(ワイタン)

1003-03-Ytan.jpg

「バンド」とも呼ばれています。

1003-04-Ytan.jpg

観光船が行き来する。

1003-05-Ytan.jpg

何とも派手です。

1003-06-Ytan.jpg

色々な観光船が沢山。

1003-07-Ytan.jpg

このビューを楽しみながら上海料理。

その紹介は次回に取って、

レストランを出ての景色に飛ぶ。

1003-08-Ytan.jpg

流石上海、ビル林立。

しかも綺麗なネオン。

1003-09-Ytan.jpg

ビルの隙間から見えちゃったよ。

上海テレビ塔

1003-10-Ytan.jpg

綺麗なネオン、4色に変化。

正式名「東方明珠電視塔」(オリエンタルパールタワー)

1003-11-Ytan.jpg

上海、観光のメッカですか?467.9m

1003-12-Ytan.jpg

外灘のビルは高くはないけど、重厚感があります。

ライトアップも綺麗。

1003-14-Ytan.jpg

タクシーを捕まえに行くときにも

でっかい高いビル・・・あり過ぎ。

1003-15-Ytan.jpg

上海で1番高いビルがこれ「上海タワー」

632m、通称「泡立て器ビル」

左のビル「注射器ビル」

正式名「ジンマオビル」420.5m

88Fが展望フロア

グランドハイアット上海がホテルとして。

1003-16-Ytan.jpg

本当に高いビル、登って見たくはないけどね。

写真にないが、森ビルも凄いのだ。

nice!(38)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

上海とんぼ返りの出張旅 [旅行]

上海に所用で出張、昨年10月も出張に行った。

関空から浦東空港、1.5Hのフライト(時差1時間)

浦東から体育館のそばにあるホテルへタクで直行

0930-01-shan.jpg

道々ビルなど林立、緑は少ない。

建設中のビルも随所にある。

0930-02-shan.jpg

年々、乗るタクシーの質アップしている。

昔はショックもタイヤもしょぼくて怖かったけど・・・

しかも運転荒っぽい、相変わらず!

0930-03-shan.jpg

車の量は多い、遠くのビルが霞んでる。

PM2.のせいと思うけど。

これも良化されている、一昔前は酷かった。

ホテルに着いた。

0930-04-shan.jpg

これは会社の窓からホテルを撮った。

漢字で華亭賓館、フファンティンホテルという。

良い感じのホテルといえる。

部屋は18階を案内された。

0930-05-shan.jpg

そこからのビューは遠くビル群

林立している。が・・・

0930-06-shan.jpg

青空見えて気持ちいい。

赤い屋根のレジデンスも見える。

もっと真下を見て驚くな~~

0930-07-shan.jpg

空き地、何かをしている。

上海のメインストリートの裏手にあたる。

ここが部屋から丸見え。ほんとの上海は・・・?

0930-08-shan.jpg

アパート

0930-09-shan.jpg

もういっちょ!

洗濯物、壁の雰囲気、びっくりしたかも!

ほんとの上海はどっち?

0930-10-shan.jpg

空き地の奥の小屋には人が常駐。

綺麗とは決して言えない。

0930-11-shan.jpg

実は最後の日の朝にはワゴンが来て何か荷物の選別が始まった。

すぐ終わって、荷物はなくなった。

いったい何しているのか?

では会社から覗く上海のビル

0930-12-shan.jpg

大きな体育館があって、競技しているはず。

ちょうど鹿島アントラーズが来ているとか?

ホテルで聞かされた。

0930-13-shan.jpg

これも会社から、IKEAの大きな看板

上海の表は結構ソフィスケートされだしてる。

地下鉄でもマナーを守る人は着実に増加。

変化は速いので、次訪れたときも楽しみやね。

nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー