So-net無料ブログ作成
関西小旅行 ブログトップ
前の10件 | -

丹生都比売神社にお参りしてきました。 [関西小旅行]

世界遺産の神社に行ってきました。

和歌山の片田舎の神社です。

歴史的な片田舎

1212-01-nyuts.jpg

史跡はそこらじゅうに散在する証の標識。

向かうは丹生都比売神社

「にゅうつひめじんじゃ」と読みます。

1212-02-nyuts.jpg

駐車場から見た太鼓橋

1212-03-nyuts.jpg

手前の池には太鼓橋を見守るサギ

絵にかいたような存在で、じ~っと定位置。

正面に回ります。

1212-04-nyuts.jpg

一の鳥居、正式に正面からお参りしましょ!

西暦816年の大神社、全国180神社の総本社、

紀伊のかくれ里、かつらぎ町にある。

1212-05-nyuts.jpg

一の鳥居正面から見ます。

太鼓橋とのバランス、良いですね~~。

1212-06-nyuts.jpg

太鼓橋は、本来なら神様が通るところ。

前回は登れず、今回は行けた~~~。

修理が終わったみたいでゆっくり登る。

1212-07-nyuts.jpg

トップから左方向を見下ろす。

神様になった気分。

1212-08-nyuts.jpg

右手を見下ろすと池方向。

池の中央の四角の台座の島は鳥居。

左端には相変わらずサギが固まっている。

1212-09-nyuts.jpg

トップから正面が二の鳥居を見下ろす。

雨に濡れて朱が鮮やか!神の色です。

1212-10-nyuts.jpg

太鼓橋を下りて先には又しても橋。

その向こうが本殿。

弘法大師さんが高野山開創のときの麓の神社。

1212-11-nyuts.jpg

二の鳥居を潜って振り返るビュー。

粋です。

鳥居の向こうに太鼓橋。

神様や重要文化財がそこらじゅうに居る。

本殿の下に行って、見上げる。

1212-12-nyuts.jpg

若い人たちがお祓いしてもらっていた。

若い感じ…何をお祈りしてもらってるのか?気になる。

1212-13-nyuts.jpg

本殿裏から・・・。

室町時代の本殿、楼門などは重文。

弘法大師さんとの縁も深く

神社なれど仏教との関係も深い。

神社の横手から畑みたいな広場に行ってみた。

1212-15-nyuts.jpg

石造の五輪の卒塔婆が4基立つ。

主現社の行事の模様を伺わす。

1212-16-nyuts.jpg

何の文字?仏教の文字ですね。

1212-17-nyuts.jpg

歴史を感じさせる。石ものは朽ちないから残って

歴史を物語れて良いね。

更に隣には看板のみの遺跡。

1212-14-nyuts.jpg

ここには御影堂が立ってたみたい。

弘法大師、空海さん縁のの仏閣跡地、

それを証明する看板。

実物が残っていたら素晴らしかったと想像に難くない。

そんな丹生都比売神社「世界遺産」一見の価値ありです。




















nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

梅田のクリスマスディスプレイ [関西小旅行]

大阪梅田で飲み会まで時間がある。

ちょっとぶらり歩いたら、やっぱり間違いない。

1129-01-umeda.jpg

阪急電鉄サイドからJR大阪に向かう。

ルクアのビルの窓一面がツリー、

でっかいし綺麗。

1129-02-umeda.jpg

その陸橋から西に向かうが、何とも夕日がきれい。

右のグランフロントは今年のカラーが赤。

夕日と相まって綺麗。

大阪駅に向かう。

1129-03-umeda.jpg

「光り輝く時空(とき)の祝宴」。

これは時空の広場の装飾。

1129-04-umeda.jpg

床一面の光に雪だるま、可愛いね。

1129-05-umeda.jpg

エスカレーターで登って見渡す。

ドーム屋根から つるす天井装飾や床面に「シャンパン」をモチーフにした装飾

1129-06-umeda.jpg

光につつまれる 祝宴空間を演出します。

というのがキャッチフレーズ、でもここ数年変化ない。

1129-07-umeda.jpg

グランフロントに向かいます。

2Fの渡り廊下からは樹木のイルミ。

1129-08-umeda.jpg

階下に降りて、フラットから見たほうが綺麗かも!

冷たい風が頬をよぎるが、寒くない。

そしてグランフロントに潜入。

1129-09-umeda.jpg

今年の目玉ルージュのツリーを

最上階から見下ろす。

豪華さが赤で協調される。

徐々に階を下っていきます。

1129-10-umeda.jpg

なんとも贅沢な空間です。

1129-11-umeda.jpg

2Fからのビュー、これが場所的には良いか??

さらにフラットスペースに到着。

1129-12-umeda.jpg

かなりの高さを誇っています。

見つめる人たちも何故か幸せそう。

1129-13-umeda.jpg

近づいてみる。

真紅のベルベットみたいで心豊かになるみたい。

おっと、ここで「早く来い!」の無粋なTEL.

茶屋町界隈に行こうとの計画はここでシャット。


nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

師走近づく「梅田のイルミ」賑やかに! [関西小旅行]

会社の地下にオブジェクト

1127-01-ilumi.jpg

会社ビルの地下の広場に今年も登場、

もうこんな季節なのか~!

地上に出てみたら・・・

1127-02-ilumi.jpg

工事中の阪神ビルの前にもパープルのイルミネーション。

1127-03-ilumi.jpg

夕暮れのオフィスビルのライトと空がきれい。

ヨーロッパの白夜っぽい。

1127-04-ilumi.jpg

阪急百貨店、毎年綺麗です。

1127-05-ilumi.jpg

この通路は広い、天井高い

毎年似たディスプレイながら

綺麗です。

1127-06-ilumi.jpg

少しマイナーチェンジはしているね。

1127-07-ilumi.jpg

ショーウインドウは目を引きます。

1127-08-ilumi.jpg

今年は

Share! Happy Christmas

1127-09-ilumi.jpg

妖精なのか?小人なのか?

メルヘンですね。

1127-10-ilumi.jpg

子供が覗いているのが良いね。

プレゼント運んでいるとでも思っているのか?

1127-11-ilumi.jpg

ウインドウは全部で7~8あるね。

嗜好を凝らしています。毎年夢運んでいる。

1127-12-ilumi.jpg

ウインドウに映ってる。

いらないもの「新生銀行」の文字が映ってる。興ざめ!

1127-13-ilumi.jpg

でもいい、子供が楽しんでいれば!

子供もよく見えるように

手前に踏み台を置いている。親切。

1127-14-ilumi.jpg

こんな感じで~~

Merry Christmas!!

追加の写真

11月13日東京出張で日比谷駅に向かう時

1127-15-ilumi.jpg

丸の内に向かってイルミネーション

1127-16-ilumi.jpg

一足早いクリスマスを東京で感じました。

これからもっとすごいんでしょね。


nice!(44)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京都国立博物館までの道「お寺・神社」 [関西小旅行]

宮川町でランチ、恵美須神社のあと

本命京都博物館「国宝展」への道

1116-01-hokoku.jpg

まずは六道の道「六道珍皇寺」

1116-02-hokoku.jpg

閻魔堂の説明

この地はかって葬送する野辺送りの場所

故に閻魔大王を祀るお寺で有名

1116-03-hokoku.jpg

閻魔堂に居る閻魔坐像を覗き見る。

1116-04-hokoku.jpg

その横には閻魔像を作成した小野篁の

本人の等身大の像、これも覗き見る。

1116-05-hokoku.jpg

本堂には薬師如来像(こっそり撮った)

更に歩を進める。

1116-06-hokoku.jpg

歴史いっぱいの飴屋さんが・・・。

幽霊子育て飴。

1116-07-hokoku.jpg

450年前から続く京都で2番目に古いと言うお店

死んだ母親が幽霊になって子育てのため飴を与え

その子は育って高僧になったと言う伝説の飴。

ちょっと寄り道しちゃいました。

1116-08-hokoku.jpg

又寄り道したのが六波羅蜜寺

六波羅探題関係あるのかね。

1116-09-hokoku.jpg

963年創建、空也上人が開いた真言宗の古刹

本堂は重文で、空也上人や平清盛など

優れた彫刻が多数あるが・・・拝観せず。

1116-10-hokoku.jpg

方向寺の鐘を見なくっちゃ~歴史は語れない。

1116-11-hokoku.jpg

びっくりするくらいでっかい鐘

1116-12-hokoku.jpg

天井も鮮やか

1116-13-hokoku.jpg

メインはこれ!

「君臣豊楽」「国家安康」

なんで安泰を安康と書いたのか?

豊臣が栄え、家康が咲かれているとは言いがかり??

この金の横にあるのが豊国神社

1116-14-hokoku.jpg

この唐門こそが国宝

豊国神社は明治(1880年)の再建です。

立派な唐門

1116-15-hokoku.jpg

豊國大明神とある。

調べてみるとこの唐門は

伏見城の遺構で、二条城に移り、更に南禅寺に移って

最後に現在の豊国神社にある

1116-16-hokoku.jpg

豊臣の千成ひょうたんの向こうに

豊国神社

1116-17-hokoku.jpg

ひっそり豊国神社。

何故か豊臣の最後を思わせてしまう神社であった。

外国観光客はどう思うのだろう。


nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京都宮川町をぶらり [関西小旅行]

京都国立博物館で国宝展を見よう。

その前にランチ、宮川町を目指す。

京都の面影を映す路地をぶらり。

1110-01-miyagaw.jpg

狭いね。不満を言えば電信柱が邪魔!

1110-02-miyagaw.jpg

一軒一軒、すだれとか面白い。

ここの家ののぞき窓の下に何か?

アップ

1110-03-miyagaw.jpg

何じゃこれは!古都の深さとしておこう。

1110-04-miyagaw.jpg

昔の面影いっぱい。

1110-05-miyagaw.jpg

間口が狭く奥行き深いのが京都。税務対策とはね。

1110-06-miyagaw.jpg

お茶屋さんの玄関

1110-07-miyagaw.jpg

実は目指したランチがここ!

中華「蜃気楼」本日休日!

よく調べていけばよかったとは、後の祭り。

1110-08-miyagaw.jpg

やはり、ここにも人力車、芸者さんもいたよ。

1110-09-miyagaw.jpg

こんな看板のお店もあったが、なぜかパス。

1110-10-miyagaw.jpg

京都って町は、角角に国交祀っている。

地元のお守り。

1110-11-miyagaw.jpg

宮川町の歌舞練場。

京都には3つ歌舞練場があって、そのひとつ。

その前に鎮座しているのが、元祖「恵美須神社」

1110-12-miyagaw.jpg

しっかり鳥居に恵比須顔が張り付いている。

1110-13-miyagaw.jpg

やっぱり恵比須顔はふくよか。

お金をあごの下のざるに投げ入れる。

思ったより簡単に入っちゃった。

1110-14-miyagaw.jpg

恵比寿、戎、蛭子、ここは恵美須神社。

漢字は難しい。

1110-15-miyagaw.jpg

恵美須神社の遠望。びっくりは賽銭箱の大きさ。

横すべて賽銭箱でした。

ということは正月のお参りは半端ない。

1110-16-miyagaw.jpg

右手にも神社、

ビルの谷間に近い。

1110-17-miyagaw.jpg

ざくっとこんな感じ。

神社の屋根の間からはビルが迫る。

そして、裏手に回ってくださいの看板。

1110-18-miyagaw.jpg

小さな賽銭箱の向こう狭いところを覗く。

垣間見えるのはそれこそ

福を呼ぶ戎さん。

この字は大阪の呼び名かな~~~。

nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

隠れた名刹「普門寺」高槻にある [関西小旅行]

臨済宗妙心寺派

「慈雲山 普門寺」

高槻富田にある名刹を秋10月初めに訪れた。

1031-01-humon.jpg

萩の花が迎えてくれた。

京都黄檗寺の隠元禅師で有名とのこと。

隠元さんとはインゲン豆の謂れの明のお坊さん

1031-02-humon.jpg

隠元禅師の作った石畳の向こうには本堂(方丈)の屋根が見える。

創建は明徳元年(1390年)

1031-03-humon.jpg

細川春元・足利14代将軍義栄の居城でもあり、

お寺であり、お城でもある。

広大な土地であったと思われる。

1031-04-humon.jpg

石庭が見事である。

お寺さんから説明を受けた。

1031-05-humon.jpg

力説されたのは、長年廃寺となっていたのを

現在の住職が再興したという。

1031-06-humon.jpg

非常に歴史的価値の高いお寺。

酷い廃墟を再興維持している。

かっての寺領は失われ、檀家もいないとのこと。

廃墟の写真も見せられての力説でした。

良い枯山水のお庭です。

1031-07-humon.jpg

縁側でお庭を眺めながらお茶の接待を受けました。

干菓子頂きました。

1031-08-humon.jpg

ちゃんとお菓子にはプリントされていました。

普門寺

1031-09-humon.jpg

方丈の内部に案内されて説明を聞く。

1031-10-humon.jpg

ご本尊は釈迦如来、説明書には

隠元禅師が中国より渡来された。

唐時代の釈迦如来、脇仏右荷葉尊者・左阿難尊者は

中国の名高い仏師范道生作、と。

1031-11-humon.jpg

襖絵も廃墟と主に荒れ放題、

でも見事なもので

1031-12-humon.jpg

端っこには「狩野?信筆」としるしが!

もったいない襖絵です。

1031-13-humon.jpg

普門寺仏殿に掲げられていた額

隠元さんの額だそうです。

1031-14-humon.jpg

方丈の横にあるお庭

角ばっています。

1031-15-humon.jpg

写経堂の前のお庭は昭和の名庭園といわれている。

1031-16-humon.jpg

方丈の裏手にある庭は国の重要文化財指定。

阿武山を借景に作られた池泉式枯山水庭園。

枯山水としては異色の様式の貴重な遺構です。

こんな立派なお寺が高槻にあったとは!

インゲン豆で有名といったが、

同じような例としては「たくあん」

nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大阪「空堀」を闊歩 [関西小旅行]


大阪市内でランチをしよう。

面白いところないかな~?で集まったのが

「空堀」

0806-01-karah.jpg

地下鉄「長堀」からすぐのところに

こんなエリアがある。

0806-02-karah.jpg

この一角がお店の集合に様変わりらしい。

この辺り「空堀」は戦火を免れて今に続く。

0806-03-karah.jpg

空堀の謂れは太閤秀吉の大阪城に遡る。

一番の外堀か?大阪城の大外堀、冬の陣で埋められてから空堀とか!

0806-04-karah.jpg

この一帯のお店は連帯感あって、

雑貨屋さん、軽食屋さんんど連帯してイベントあるみたい。

なかなか良いエリアです。

更に歩いて商店街方向へ進む。

0806-05-karah.jpg

なかなか良い風情を醸し出す街。

ちょっとキタの中崎町みたい。

0806-06-karah.jpg

路地も狭くて、ついつい入り込みたくなる。

奥で何かしているね。アップで見ると、

座って携帯してた。要はさぼり!

0806-07-karah.jpg

古臭い看板、歴史ですね。

横の陶板「からほり推奨建物」って!

0806-08-karah.jpg

そんな面白い建て物が随所にある谷町6丁目。

ここも、一件の家に数軒のお店がある。

しかも屋根!

0806-09-karah.jpg

雑草ボーボー、ここはネットにも出てる。

歩いてても、すぐ気づくぐらいのボーボー。

0806-10-karah.jpg

こんな感じの建造物に色々なお店

興味深い、ちょっと覗いてみよう。

0806-11-karah.jpg

奥のお店が小粋なお寿司屋さん。

高そう、美味しそう、でもお昼、準備に勤しむ職人さんがいた。

0806-12-karah.jpg

ありゃ~、空堀の説明看板が立っていた。

歴史を語る。

0806-13-karah.jpg

横町の一角がたこ焼き屋。

その横の席で和む大阪のおっさん。

0806-14-karah.jpg

そして行き着いた先が空堀商店街

ウィキペディアによれば


空堀商店街(からほりしょうてんがい)は、大阪市中央区南東部にある商店街。

大坂冬の陣後に埋め立てられた

大坂城南惣構(みなみそうがまえ)堀の遺構である空堀通の西半分、

松屋町筋から上町筋に至る中央区側の東西約800mのアーケード商店街。



nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7月24日ウエスティンホテルで講演会 [関西小旅行]

ウエスティンホテル大阪の2F

ローズルームで講演会

立派なホテルでの講演会えの道すがら!

0730-01-westin.jpg

ホームページから写真借りました。

ちょっと外れた?場所にあるかもね!

でも右隣のビルは有名ですよ。

新梅田シテイって呼ばれています、この場所!

ホテルの前の地下1階が吹き抜けてる。

0730-02-westin.jpg

地上の通路から見下ろすと地下に庭園が!

実は立派な日本庭園が広がっている。

時間があれば降りて庭鑑賞したかった。

川も流れて、四季折々の和を楽しめる。

(これはホテルのもの?シテイのもの?)

で有名な梅田スカイビル

0730-03-westin.jpg

見上げる。この上にも庭園

空中庭園展望台、エレベーターで上がって、さらに空間をエスカレーター

酵素恐怖症のおいらはビビッた。

このコメントも・・・


Dorling Kindersley」が選ぶ

「TOP 20 BUILDINGS AROUND THE WORLD」の一つに、

アテネのパルテノン神殿、ローマのコロッセオ、ヴェネツィアのサン

マルコ大聖堂、バルセロナのサグラダ・ファミリアといった

歴史的建造物と共に選出されるなど、世界的にも有名な建築物


外国人観光客(欧米系)多く見られますね。


そこから梅田に戻ろうとしたら

0730-04-westin.jpg

グランフロントの手前に装飾物

0730-05-westin.jpg

七夕を飾っていた。

イベントなのか?時期遅れ?

ここはX'masのときはドイツクリスマスイベントで

大賑わい!

この日の七夕はひっそり。

最後の1枚

0730-06-westin.jpg

七夕の装飾の下から左のビル

マツダのショールーム

びっくりさせようとしたディスプレイ

0730-07-westin.jpg

赤いスポーツカーが壁に沿って走ってる。

やっぱり動いてないからびっくりしなかった。

若干古典的なディスプレイ

ガンバレ!マツダ。

ちょっと法善寺横町を歩いてみた。 [関西小旅行]

大阪で野暮用、合間にちょっと法善寺横町を歩いてみた。

0629-01-hozen.jpg

前に火事があったけど、見事に復活。

0629-02-hozen.jpg

赤提灯、いいでしょ!マジ狭い、横丁に相応しい。

ちまちまっと良い店が並んでいる。

0629-03-hozen.jpg

歩く人も大阪らしくって申し分ない。

0629-04-hozen.jpg

横丁の更に横丁は、本当に狭い。

ここを抜けると道頓堀に出るのです。

0629-05-hozen.jpg

かの有名な難波割烹「喜川」、最高の店です。

お昼なので暖簾も出ていない。

この店から暖簾分けの店も幾つかある。超有名!

0629-06-hozen.jpg

二和鳥、歴史のある焼き鳥や、ぽっと出とは違う。

0629-07-hozen.jpg

新しそうなお店ですね。

松坂牛!美味いんだろうか?高いんじゃないかい?

0629-08-hozen.jpg

こんな石碑もあったりして、誰の?きっと有名な人。

その前の店も歴史感じる。

0629-09-hozen.jpg

「正弁丹吾」しょうべんたんご

この名前で良いの?でもず~っとこの名で

歴史を刻んできています。これまた有名店です。

こんな横丁の入り口が・・・

0629-10-hozen.jpg

そう、水掛不動さんです。

苔むして、みんなから水を掛けられて

愛されています。

0629-11-hozen.jpg

井戸もありますが飲み水には適さない。

本当に今でも出ているようです。

その入り口に鎮座しているお店こそ

0629-12-hozen.jpg

夫婦善哉のお店、難波でしょ!

でもね、外に出ると悲惨です。

0629-13-hozen.jpg

「だるま」やら「横綱」やら

新世界の串かつ屋が軒連ねる。悲しい!

2度つけごめんの店は新世界で食さないとね~~~。

絹谷幸二「天空美術館」に行ってきました。 [関西小旅行]

昨年の12月のことです。

梅田スカイビルに絹谷幸二の美術館がオープンしました。

0620-00-kirita.jpg

世界の10大ビルディングに数えられるビルです。何度見ても素敵!

2016年12月23日美術館のグランドオープン

0620-01-kirita.jpg

さすが大家(たいか)、お祝いだらけでした。

0620-02-kirita.jpg

アフレスコ画の大御所の大作の展示です。

0620-03-kirita.jpg

代表作をパンフレットから!写禁につき。

撮れる場所は一箇所だけというので紹介されたのがここ!

0620-04-kirita.jpg

オープン日だったのでご本人も白のスーツに帽子姿で挨拶されてました。

ザックバランに気さくにそして粋に色々話しされました。よかった!

奈良出身、東京芸大、今は大阪在住とか!

0620-05-kirita.jpg

左がアトリエゾーン、右が写禁の展示会場。

会場は3D映像のブース、赤・青の展示ゾーンなど

思い切り楽しめます。

0620-06-kirita.jpg

アトリエが再現されていました。

0620-07-kirita.jpg

ワークショップも完備されていた。

0620-08-kirita.jpg

喫茶室の壁にはこんな展示販売も!

床が面白かった。

0620-09-kirita.jpg

これ床です。踏めます。大阪モチーフです。大阪城!

0620-10-kirita.jpg

通天閣、ビリケンもいる新世界。

0620-11-kirita.jpg

グリコの看板、心斎橋。

0620-12-kirita.jpg

写禁の展示会場を外から・・・赤のゾーンかも。

せっかくの高層階なので外に目をやる。

0620-13-kirita.jpg

淀川が一望です。

0620-14-kirita.jpg

橋を真上から、人造物は直線です。

0620-15-kirita.jpg

視線を上げると、雲が浮かんでいる。

もっこりと12月の割りに綺麗。

0620-17-kirita.jpg

六甲方面、工場が間に?あるの?

0620-18-kirita.jpg

橋も間近に!

やっぱり高いところから見る景色、グッドです。

美術館と高いところからの景色2つ楽しめます。

前の10件 | - 関西小旅行 ブログトップ