So-net無料ブログ作成
関西小旅行 ブログトップ
前の10件 | -

大阪「空堀」を闊歩 [関西小旅行]


大阪市内でランチをしよう。

面白いところないかな~?で集まったのが

「空堀」

0806-01-karah.jpg

地下鉄「長堀」からすぐのところに

こんなエリアがある。

0806-02-karah.jpg

この一角がお店の集合に様変わりらしい。

この辺り「空堀」は戦火を免れて今に続く。

0806-03-karah.jpg

空堀の謂れは太閤秀吉の大阪城に遡る。

一番の外堀か?大阪城の大外堀、冬の陣で埋められてから空堀とか!

0806-04-karah.jpg

この一帯のお店は連帯感あって、

雑貨屋さん、軽食屋さんんど連帯してイベントあるみたい。

なかなか良いエリアです。

更に歩いて商店街方向へ進む。

0806-05-karah.jpg

なかなか良い風情を醸し出す街。

ちょっとキタの中崎町みたい。

0806-06-karah.jpg

路地も狭くて、ついつい入り込みたくなる。

奥で何かしているね。アップで見ると、

座って携帯してた。要はさぼり!

0806-07-karah.jpg

古臭い看板、歴史ですね。

横の陶板「からほり推奨建物」って!

0806-08-karah.jpg

そんな面白い建て物が随所にある谷町6丁目。

ここも、一件の家に数軒のお店がある。

しかも屋根!

0806-09-karah.jpg

雑草ボーボー、ここはネットにも出てる。

歩いてても、すぐ気づくぐらいのボーボー。

0806-10-karah.jpg

こんな感じの建造物に色々なお店

興味深い、ちょっと覗いてみよう。

0806-11-karah.jpg

奥のお店が小粋なお寿司屋さん。

高そう、美味しそう、でもお昼、準備に勤しむ職人さんがいた。

0806-12-karah.jpg

ありゃ~、空堀の説明看板が立っていた。

歴史を語る。

0806-13-karah.jpg

横町の一角がたこ焼き屋。

その横の席で和む大阪のおっさん。

0806-14-karah.jpg

そして行き着いた先が空堀商店街

ウィキペディアによれば


空堀商店街(からほりしょうてんがい)は、大阪市中央区南東部にある商店街。

大坂冬の陣後に埋め立てられた

大坂城南惣構(みなみそうがまえ)堀の遺構である空堀通の西半分、

松屋町筋から上町筋に至る中央区側の東西約800mのアーケード商店街。



nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7月24日ウエスティンホテルで講演会 [関西小旅行]

ウエスティンホテル大阪の2F

ローズルームで講演会

立派なホテルでの講演会えの道すがら!

0730-01-westin.jpg

ホームページから写真借りました。

ちょっと外れた?場所にあるかもね!

でも右隣のビルは有名ですよ。

新梅田シテイって呼ばれています、この場所!

ホテルの前の地下1階が吹き抜けてる。

0730-02-westin.jpg

地上の通路から見下ろすと地下に庭園が!

実は立派な日本庭園が広がっている。

時間があれば降りて庭鑑賞したかった。

川も流れて、四季折々の和を楽しめる。

(これはホテルのもの?シテイのもの?)

で有名な梅田スカイビル

0730-03-westin.jpg

見上げる。この上にも庭園

空中庭園展望台、エレベーターで上がって、さらに空間をエスカレーター

酵素恐怖症のおいらはビビッた。

このコメントも・・・


Dorling Kindersley」が選ぶ

「TOP 20 BUILDINGS AROUND THE WORLD」の一つに、

アテネのパルテノン神殿、ローマのコロッセオ、ヴェネツィアのサン

マルコ大聖堂、バルセロナのサグラダ・ファミリアといった

歴史的建造物と共に選出されるなど、世界的にも有名な建築物


外国人観光客(欧米系)多く見られますね。


そこから梅田に戻ろうとしたら

0730-04-westin.jpg

グランフロントの手前に装飾物

0730-05-westin.jpg

七夕を飾っていた。

イベントなのか?時期遅れ?

ここはX'masのときはドイツクリスマスイベントで

大賑わい!

この日の七夕はひっそり。

最後の1枚

0730-06-westin.jpg

七夕の装飾の下から左のビル

マツダのショールーム

びっくりさせようとしたディスプレイ

0730-07-westin.jpg

赤いスポーツカーが壁に沿って走ってる。

やっぱり動いてないからびっくりしなかった。

若干古典的なディスプレイ

ガンバレ!マツダ。

ちょっと法善寺横町を歩いてみた。 [関西小旅行]

大阪で野暮用、合間にちょっと法善寺横町を歩いてみた。

0629-01-hozen.jpg

前に火事があったけど、見事に復活。

0629-02-hozen.jpg

赤提灯、いいでしょ!マジ狭い、横丁に相応しい。

ちまちまっと良い店が並んでいる。

0629-03-hozen.jpg

歩く人も大阪らしくって申し分ない。

0629-04-hozen.jpg

横丁の更に横丁は、本当に狭い。

ここを抜けると道頓堀に出るのです。

0629-05-hozen.jpg

かの有名な難波割烹「喜川」、最高の店です。

お昼なので暖簾も出ていない。

この店から暖簾分けの店も幾つかある。超有名!

0629-06-hozen.jpg

二和鳥、歴史のある焼き鳥や、ぽっと出とは違う。

0629-07-hozen.jpg

新しそうなお店ですね。

松坂牛!美味いんだろうか?高いんじゃないかい?

0629-08-hozen.jpg

こんな石碑もあったりして、誰の?きっと有名な人。

その前の店も歴史感じる。

0629-09-hozen.jpg

「正弁丹吾」しょうべんたんご

この名前で良いの?でもず~っとこの名で

歴史を刻んできています。これまた有名店です。

こんな横丁の入り口が・・・

0629-10-hozen.jpg

そう、水掛不動さんです。

苔むして、みんなから水を掛けられて

愛されています。

0629-11-hozen.jpg

井戸もありますが飲み水には適さない。

本当に今でも出ているようです。

その入り口に鎮座しているお店こそ

0629-12-hozen.jpg

夫婦善哉のお店、難波でしょ!

でもね、外に出ると悲惨です。

0629-13-hozen.jpg

「だるま」やら「横綱」やら

新世界の串かつ屋が軒連ねる。悲しい!

2度つけごめんの店は新世界で食さないとね~~~。

絹谷幸二「天空美術館」に行ってきました。 [関西小旅行]

昨年の12月のことです。

梅田スカイビルに絹谷幸二の美術館がオープンしました。

0620-00-kirita.jpg

世界の10大ビルディングに数えられるビルです。何度見ても素敵!

2016年12月23日美術館のグランドオープン

0620-01-kirita.jpg

さすが大家(たいか)、お祝いだらけでした。

0620-02-kirita.jpg

アフレスコ画の大御所の大作の展示です。

0620-03-kirita.jpg

代表作をパンフレットから!写禁につき。

撮れる場所は一箇所だけというので紹介されたのがここ!

0620-04-kirita.jpg

オープン日だったのでご本人も白のスーツに帽子姿で挨拶されてました。

ザックバランに気さくにそして粋に色々話しされました。よかった!

奈良出身、東京芸大、今は大阪在住とか!

0620-05-kirita.jpg

左がアトリエゾーン、右が写禁の展示会場。

会場は3D映像のブース、赤・青の展示ゾーンなど

思い切り楽しめます。

0620-06-kirita.jpg

アトリエが再現されていました。

0620-07-kirita.jpg

ワークショップも完備されていた。

0620-08-kirita.jpg

喫茶室の壁にはこんな展示販売も!

床が面白かった。

0620-09-kirita.jpg

これ床です。踏めます。大阪モチーフです。大阪城!

0620-10-kirita.jpg

通天閣、ビリケンもいる新世界。

0620-11-kirita.jpg

グリコの看板、心斎橋。

0620-12-kirita.jpg

写禁の展示会場を外から・・・赤のゾーンかも。

せっかくの高層階なので外に目をやる。

0620-13-kirita.jpg

淀川が一望です。

0620-14-kirita.jpg

橋を真上から、人造物は直線です。

0620-15-kirita.jpg

視線を上げると、雲が浮かんでいる。

もっこりと12月の割りに綺麗。

0620-17-kirita.jpg

六甲方面、工場が間に?あるの?

0620-18-kirita.jpg

橋も間近に!

やっぱり高いところから見る景色、グッドです。

美術館と高いところからの景色2つ楽しめます。

桜、今年の桜は時期おかしい。 [関西小旅行]

今年の春の天候は異常だったと思う。

なかなか咲かない、咲いたら一気に咲いた。

4月中旬に満開を迎える桜に花見に行った。4月15日

東吉野の高見の里

1分も咲いていないらしく、断念した。

その手前にあった枝垂れ桜でなんとか満足。

その枝垂れ桜、車から!

0415-01-nara.jpg

宝蔵寺の枝垂れ、以外に素晴らしい。

ホントに素晴らしい、その説明看板

0415-02-nara.jpg

宝蔵寺の枝垂れ桜、醍醐の桜の子孫じゃない祖先かもという説明

0415-03-nara.jpg

だから素晴らしいはず!

0415-04-nara.jpg

高見の里の枝垂れ桜を見れなかったうっぷんは果たせた。

0415-05-nara.jpg

醍醐の桜は、秀吉の桜

メッチャ有名、日本の桜3指に入る。その先祖かも!

0415-06-nara.jpg

そのDNAがほぼ一致している桜の木。

0415-07-nara.jpg

綺麗なはずや!

0415-08-nara.jpg

枝垂れ桜の中に潜り込める

この枝垂れ桜の横にも枝垂れ桜、成長過程。

0415-09-nara.jpg

これも素晴らしい。

0415-10-nara.jpg

枝垂れ桜は早いのと遅いのとある。

ここ宝蔵寺の桜はジャストオンタイム

残念なのが高見の里

もう一つ行ってみよう(ツアーコースのひとつなので)

0415-11-nara.jpg

仏隆寺の千年桜、ツアー客は1.5㎞ぐらい歩いている。

その横を車で走った、行きついた見上げた千年桜

ありゃ~~~蕾やん、4月中旬やと言うのにでっせ~~~

0415-12-nara.jpg

これまた説明書で想像して満開を満喫(想像力必要)

0415-13-nara.jpg

上から見たら横の小桜が満開なので、あたかも咲いているが

結果、1~2分咲きなのです。

咲いたらすごいんでしょうねと想像力

0415-14-nara.jpg

階段を上がること上がること、上がって見下ろすと桜。

なかなか良い!

でも目当ては千年桜

(ツアー客は複雑やろうね、桜はタイミング)

0415-15-nara.jpg

仏隆寺を楽しもう。

境内を歩く、横の建造物はどう見ても神社(昔は神仏同居)

左の石の洞窟興味深い、窯?住居?

0415-16-nara.jpg

覗いてみました。苔むして

ひんやりした中の空洞、パワー得れたように感じる。

おまけの1枚

0415-17-nara.jpg

奥のお堂の中を写メ

如来さんでも菩薩さんでもなく、天みたい。

右の提灯に「佛龍寺」と書いてあるので写メ


好古園Part2「姫路城」 [関西小旅行]

世界遺産、日本国宝「姫路城」堪能した後

好古園のアップPart2ですね。

0410-01-kokoe2.jpg

屋敷割や通路の地割を活かした

9つの大小庭園群及びアプローチ樹林帯・広場で構成しています。

お屋敷の庭に次いで8つの庭園を楽しめます。

0410-02-kokoe2.jpg

ここはまだ武家屋敷の庭です。

0410-03-kokoe2.jpg

笛の庭、茶の庭に次いで流れの平庭がここ!

0410-04-kokoe2.jpg

流が曲線を描いて、超アンシンメトリー。

0410-05-kokoe2.jpg

安息所があります。東屋ではない。

0410-06-kokoe2.jpg

夏木の庭、木蓮がカッコいい、

しかも川面に映る。

0410-07-kokoe2.jpg

灯籠にレンギョウ、ボケ、むっちゃ早春です。

0410-08-kokoe2.jpg

松の庭をスルーして、築山池泉の庭

池があると庭が良くなるのは何故!

0410-09-kokoe2.jpg

この8つの庭は池、川で結ばれている。

0410-10-kokoe2.jpg

ここは松の庭、くねくね回って同じ庭に戻ったりして。

0410-11-kokoe2.jpg

ここは多分花の庭、和の雰囲気!

0410-12-kokoe2.jpg

おっと、東屋(あずまや)風

築山池泉庭に違いない。

0410-13-kokoe2.jpg

その池泉にはサギ、アオサギが悠然と闊歩、池の中

0410-14-kokoe2.jpg

最後に竹の庭

ちょっと侘びが勝つ、枯れた竹林

これまた風情の好古園

姫路城も良いけど、好古園も必見です。(300円)


好古園は姫路城の横 [関西小旅行]

世界遺産「姫路城」を訪れたら好古園

発掘調査で分かった武家屋敷

姫路城の横を歩く

0408-01-kokoe.jpg

お堀の横に好古園がある。

入場料を支払って中の門をくぐる。

0408-02-kokoe.jpg

お屋敷の庭の看板あり。

0408-03-kokoe.jpg

活水軒は武家屋敷のお庭の入り口の建物

0408-04-kokoe.jpg

活水軒の窓からの風景、期待出来そうな!

レストランとかもありましたがスルー

早く庭を見たい。

0408-05-kokoe.jpg

すぐの渡り廊下から見渡す、池泉回遊式のお庭だ。

渡り廊下から反対側

0408-06-kokoe.jpg

小さな滝からお池に水が流れ込む。

0408-07-kokoe.jpg

石、水の流れ、木々の配列が美しい。

0408-08-kokoe.jpg

中央の回廊式の庭にも直接滝が落ちる。

0408-09-kokoe.jpg

この滝は自然or人口?どっちにしろバランスが良い。

0408-10-kokoe.jpg

イケには鯉が泳ぐ、真っ白な鯉、格好良い。

0408-11-kokoe.jpg

この景色は潮音斎と言う館からの景色

説明書にはこう書いてあった。

「観庭台から姫山原始林を借景に雄滝と大池の眺めは壮観」と。

0408-12-kokoe.jpg

石の橋が架かっていて、渡る人が水面に映る。

0408-13-kokoe.jpg

石橋から大池、鯉がわんさか、綺麗。

0408-14-kokoe.jpg

枝垂れ桜が満開、水面に向かって咲き誇る。

0408-15-kokoe.jpg

枝垂れ桜、大池の鯉たち、良い時期に訪れた。

0408-16-kokoe.jpg

石灯籠もお洒落、

好古園にはこの屋敷のお庭の他に

8つの庭があり、次回はその紹介。


姫路城パート2 [関西小旅行]

小学生の孫2人を連れて姫路城、連載パート2

国宝、世界遺産

0405-99-himej.jpg

4月2日、好天に恵まれ荘厳に立つ

天守閣とは…このお城の建物全体を言うと思う。

その天守閣に突入、靴脱いで!

0406-01-himej.jpg

流石、天井の梁なんかも時代を感じる。

大阪城と違って一方通行の階段しかない。

0406-02-himej.jpg

天守閣の最上階へは、入場人数制限のため

ここだけが2つの階段を一気に上がる、一気に降りる。

0406-03-himej.jpg

結構広い最上階には神社が祀られている。

0406-04-himej.jpg

しゃちほこ経由姫路の街を見る。

黒田官兵衛の見た景色とは大違い…と思う。

0406-05-himej.jpg

これが最上階の窓から間近にしゃちほこ。

0406-06-himej.jpg

お堀の見える風景、もちろん天守閣最上階から。

0406-07-himej.jpg

最上階から見下ろす広場では花見客。

そして姫路駅までの広い直線道路、車道も歩道も広い

0406-08-himej.jpg

菱の門、ここからいの門、ろの門、はの門、にの門へと続いて

天守閣となり、天守閣から菱の門

0406-09-himej.jpg

そうそう、壁にはお決まり。

本丸(備前丸)に下りたとこで見上げる。

0406-10-himej.jpg

やっぱり格好良い。

0406-11-himej.jpg

八重桜が咲く、そして天守閣とのコラボ。

この時期だけの風情

0406-12-himej.jpg

しゃちほこ瓦を時代ごとで展示。

手前から平成、昭和そして平成の鬼瓦

0406-13-himej.jpg

私は個人的には、明治のしゃちほこが好き。

天守閣で楽しんだ後帰ろうか?

帰路、お堀に浮かぶ。

0406-14-himej.jpg

天気も良いので船で遊覧、良いですね。

皆さん良い帽子(三度笠)かぶっちゃって!


姫路城へ向かう [関西小旅行]

春休み(4月2日)、小学生の孫と小旅行

姫路城(国宝で世界遺産)見に行こう。

姫路駅から真っ直ぐの大通り北へ歩く

0405-01-himej.jpg

マンホールシラサギ飛んでる。

流石シンボル白鷺城(おすいって書いてる)

0405-02-himej.jpg

ついでにもうひとつ

ヤッパリシラサギちょっと怖い。

消火栓でした。

その広い大通りの歩道から

0405-03-himej.jpg

凛と立っているのを眺めながら歩を進める。

真っ白です。

お濠の手前につきました。

0405-04-himej.jpg

視野、邪魔するものなし!

0405-05-himej.jpg

この橋を渡ってお城の中?お庭に入る

0405-06-himej.jpg

このシーズンなのに桜もう一歩

でも木の下ではこの通り、楽しんでますね。

今年は遅咲き!

0405-07-himej.jpg

そんな桜をスルーして姫路城

天気にも恵まれて絶景!

0405-08-himej.jpg

近づいてきたお城、今壁の手前が天守門

0405-11-himej.jpg

その横で1本だけだけど、満開近し。

ソメイヨシノか?他品種の桜か、綺麗です。

青空に映えています。

0405-12-himej.jpg

天守閣に向かって入場して並びだす。

天守閣までは1時間半とか言われて若干引く。

0405-13-himej.jpg

こんな感じで、国籍も様々な来客

大人しく並んでいます。

0405-14-himej.jpg

ほらもう見上げる位置まで来たよ。

ず~っと姫路城が隣に居ます。(でっかい、荘厳)

0405-15-himej.jpg

処によっては石垣を眺めながら並ぶ。

歴史と共に歩んできたんでしょうか。

1時間弱は並んだかな?突入、靴脱いで!

0405-16-himej.jpg

さっき並んでいた場所を見渡せる。

0405-17-himej.jpg

最初に場内で見たのがジオラマ

圧巻だったんでしょうか??

最後の1枚

これぞ姫路城と言う写真

0405-99-himej.jpg

聖典に映える白亜の殿堂と言うか?姫路白鷺城。

もう少し写真あるので姫路城続きます。


御座候、工場見学 [関西小旅行]

春休み、小学生の孫2人が我が家に来た。

私は姫路城に行きたくて、孫に付き合ってもらう。

その前に時間つぶしじゃないけど

御座候の工場見学

0403-01-goza.jpg

本社が姫路の御座候、関西では有名この上なし。

回転焼、関西・御座候ではそう呼ぶ。

大判焼、今川焼、我が田舎の広島・因島では太鼓饅頭と言っていた。

0403-02-goza.jpg

直販場が受付になっていて、見学は朝2回のみ。

11時にやっと間に合う。

0403-03-goza.jpg

受付の場所は、買って座って食す場所

0403-04-goza.jpg

庭も綺麗にしている。

庭に集合して見学が始まる。突入、階段を上がってガラス越し

0403-05-goza.jpg

大きなトレイが沢山、洗浄からスタートらしい。

0403-06-goza.jpg

ほとんど自動で人の姿は見えない。

0403-07-goza.jpg

あん缶と呼ぶみたい、綺麗になったあん缶が

あんを受けるところにどんどん運ばれる。超スロー~~~~。

0403-08-goza.jpg

上の管から餡が注ぎ込まれている。

小豆は北海道産、赤と呼びます。

0403-09-goza.jpg

満たされたあん缶は3つづつ並んで75度にゆっくり冷やすそうな。

ひと缶25㎏。

0403-10-goza.jpg

ここには餡を詰めた受けがいっぱいある

どういう工程なのかね?

0403-11-goza.jpg

やっと人がいた。大きな車を押している。

0403-13-goza.jpg

上をロボットみたいな車があんを受けに運ぶ姿

ちょっと面白い、初めてロボットらしいのに遭遇

0403-14-goza.jpg

キャッチコピーがこれか!

あずきが命なのでしょうね。人が受けを手動で掃除中。

充填はもう終了したみたい。

0403-15-goza.jpg

もくもくと働く

午前中に出荷を済ませ、午後からは掃除掃除だそうです。

0403-16-goza.jpg

餡を車で運び、地階の受けに落とし込む。

何故?人力じゃないと詰まっちゃうとか・・・・。

0403-17-goza.jpg

人の仕事は餡を落とし込むのと清掃がメイン

要するに工場で作った餡をここから全国に送る、

各地で回転焼を焼きながら売る。

熱いものを召し上がってってこと。

なんと御座候の工場はここ姫路本社だけ

毎朝一斉に出荷だそうです。

0403-18-goza.jpg

最後にここで見れなかった工程や別商品はビデオで!

なんと赤あん白あんの他に餃子や肉まんソバなどあるんだとか!

最後に一言

試食がなかった~~~!

一口の感動が欲しかった。


前の10件 | - 関西小旅行 ブログトップ