So-net無料ブログ作成
陶芸作品 ブログトップ
前の10件 | -

等身庵、作品展最後のアップ。 [陶芸作品]

5月27~29日等身庵の展示会、完遂できました。

「作る喜び、用いる楽しさ」をテーマに発表

最後の展示会風景アップは「飾る」がキーワード

0613-01-kaki.jpg

軽く一輪挿し、テーブルの片隅に野の花一輪

心が安らぎますように!

0613-02-ueki.jpg

室内で飾れる植木鉢、水受けがお洒落と!

横の屏風と一輪挿しセット、余裕を感じて!

0613-03-ueki.jpg

よ~く見てください。上の植木鉢と受けの合わせが作って楽しい。

ポットのまま入れて鑑賞も、安易に可能。

0613-04-pot.jpg

備前の植木鉢なんですが、もち手を弦で付けた。

ポットのワイヤーグラス、生き生きしています。

0613-05-zokei.jpg

椅子も餓鬼も想像して、捻って動作を陶器にする。

椅子に座る、椅子もたれる。マッチング!

0613-06-zokei.jpg

ちっちゃい雛人形

台座は10cm角、その上に渋い炭化のお雛様

0613-07-zokei.jpg

円空の仏像もどきをブックエンドにしました。

別にブックエンドじゃなくても、置物でOK.

何で高杉晋作?って聞かれた。おいらが好きなだけ!って。

0613-08-zokei.jpg

信楽の窯で焼いた地蔵さん、しかも大笑い。

これはカミさんの作品、非売品だそうです。

表情がメッチャ良い。

0613-09-kaki.jpg

これも信楽焼きの作品。双子の花入れです。

自然釉ならではの灰の解け具合。

2度と同じに焼きあがらない。

長時間徹夜で焼いた甲斐は、見てのとおり。

以上等身庵の陶芸展の作品どもを紹介してきました。

とりあえずここでシャット!


等身庵の作陶展、それぞれの作品 [陶芸作品]

5月27~29日等身庵の展示会完遂しました。

頑張った~~~~。

用途別の作品陳列、それらの紹介です。

0610-01-kobach.jpg

小鉢のテーブル

黒天目の小鉢は冬、鍋に!白の小鉢はおひたしなんぞ、如何?

0610-02-kobach.jpg

手前のマットの取っ手つきの小鉢はユティリティ。

0610-03-hach.jpg

中鉢こそいかなる使用にも耐える。

料理の色に合わせて用いてみては?

肉じゃがはベストです。

0610-04-ohach.jpg

黒の大皿(径30cm)盛皿、各自のパスタ、

黒に赤いアラビアータ(パスタ)最高の色合いです。

三角の鉢こそパスタに・・・なんでもOK、絵もかわいいって!

0610-05-cup.jpg

蕎麦猪口(ソバチョコ)と説明したり、フリーカップと言ったり、

ビール、珈琲、何でも気軽に用いれます。

雰囲気を楽しみながら馥郁たるひと時を!

0610-06-cup.jpg

そう、その蕎麦猪口を連座させてディスプレイ。

粉引きの模様が良いんだな・

0610-07-cup.jpg

珈琲カップ&ソーサーも連座させてディスプレイ。

取っ手が楽しい。色々な取っ手がユニークさを!

0610-08-yunomi.jpg

急須とか湯のみとかマグで、午後のひと時を!

手前のスプーンはレンゲでもいいし、一口料理にも使える!

まあ、自分で言うのもなんですが「遊び!」で作陶。

0610-09-macha.jpg

ちょっとリクエストがあったので抹茶茶碗も陳列。

赤楽とか、七輪で炭で焼き上げたものも!

炎を見ながら焼く楽しさを体験します。

抹茶茶碗なんて最近は…と思ったが結構はけた。

お茶する人、相変わらず居るんですね。

0610-10-picha.jpg

ピッチャー各種

絵がかわいいし取っ手も良いけど、最近

ピッチャーなんて使わないか~~~、

0610-11-shoyu.jpg

これも醤油刺しを陳列しました。

刺し口が可愛いし、お洒落に醤油刺せます。

作る楽しさ満載です。

最近ピチャーやこんな醤油刺しなんか使わないよね。

ホントはこんな物で楽しんで欲しいんだけどな~。

時間の余裕が欲しいんですわ、等身庵

等身庵「作陶展」テーブル毎の面白さ! [陶芸作品]

等身庵作陶展

5月ですが完遂できました。

皆様のご支援に感謝です。

テーブルごとの作品の紹介です。

0609-01-toshi.jpg

炭化作品のテーブルです。

さや鉢に作品と炭を適当に入れて自然のいたずらを待ちます。

0609-02-toshi.jpg

造形物で兜や雛人形もさや鉢にいててみました。

0609-03-toshi.jpg

それにしても渋さが際立ちます。

次いで象嵌

0609-04-toshi.jpg


象は「かたどる」、嵌は「はめる」と言う意味がある。

その象嵌作品に取り組みました。

0609-05-toshi.jpg

白の作品、黒の作品に象嵌を施しました。

絵柄はビルディングとボトル

0609-06-toshi.jpg

土の渇き具合と寄り添いながら

削って貼りつけて仕上げます。

0609-07-toshi.jpg

お得意アザミの作品

蚊帳目でキャンパスを作り絵付け(下絵)

0609-08-toshi.jpg

重箱もアザミの絵、そして取り皿もアザミ!

ちょっと装飾感が満載で絵皿っぽい

でも「用の美」使って欲しい作品

0609-09-toshi.jpg

アザミの下絵のビアマグ

ビールの泡立ちも、粋を演出します。

0609-10-toshi.jpg

飯碗のテーブル。

日本人ならやっぱりご飯は美味しく

頂きたい。

0609-11-toshi.jpg

取り皿、お皿の作品テーブルです。

0609-12-toshi.jpg

お皿も色々な見方で雰囲気変わる。

余談ですが巨人やっと勝った。

ヤクルト交流戦まけっぱなし!

0609-13-toshi.jpg

お皿と言えば代わり皿。

ムッチャ可愛い小皿。

等身庵のかみさんの作品です。

可愛い感じで、等身庵とは一線を置く作品。

等身庵は出来れば2年後個展開催したい。

エネルギー要るからね~。

等身庵作陶展Vol.2 [陶芸作品]

5月27~29日

等身庵作陶展完遂できました。

その全景をvol.2としてアップ。

0606-01-uke.jpg

和室を使っての展示なのでまずは靴を脱いで

座ってご芳名を頂きます。

0606-02-cha.jpg

和室の小は来ていただいた方の接待と言うか?

お茶を飲んでくつろいでいただく部屋。

その反対が大部屋

0606-03-obeya.jpg

和室小の4倍以上の広さに展示です。

0606-04-obeya.jpg

座って作品を手に取って

感覚を感じ取って

0606-05-obeya.jpg

そう、私のテーマは「用いる楽しさ」

だから手に取ってイメージしてもらう

0606-06-obeya.jpg

等身庵は料理もする。

料理は盛り付けで数段アップする。

0606-07-obeya.jpg

和食の楽しさは器

盛り付け

0606-08-obeya.jpg

壁際にはより楽しい装飾陶器。

0606-09-zogan.jpg

このテーブルは新作

白黒の象嵌(ぞうがん)とアザミの絵皿

0606-10-tanka.jpg

このテーブルは炭化作品

窯にさや鉢、その中に作品と炭を入れて焼きます。

自然の景色が施されます。

0606-12-mesidon.jpg

茶碗のテーブル。

等身庵としては黒の真っ黒の椀に白飯を盛る。

こんなイメージで作陶した。

0606-13-cup.jpg

碗、丼のテーブル向き合って、

カップのテーブル。

フリーカップ・ビアマグ・蕎麦猪口自由に使える。

0606-14-set.jpg

セットものとしてのテーブルだったが

銅鑼鉢に盛り蕎麦、そして蕎麦猪口とセットで並んでいたが

蕎麦猪口だけがはけちゃった。

0606-15-picha.jpg

最近使う人が少ないのは分かっているが

急須中心のテーブル

急須は作るのが楽しくて仕方ない。

0606-16-hachi.jpg

鉢、小鉢のテーブル

鍋でも、お浸しなど入れても!

0606-17-ozara.jpg

大皿、角皿、パスタ皿などなど

用途が楽しいお皿、鉢テーブル

0606-18-ueki.jpg

クロスの上には一輪刺しと植木鉢

自宅の食卓に一輪刺しと野の花

植木鉢も室内用で水受けをお洒落に!

0606-19-macha.jpg

部屋の片隅に秘めやかに抹茶茶碗

楽焼は七輪炭で焼きました。

0606-20-zokei.jpg

壁際の装飾物の棚

立って見てください。

0606-22-zogan.jpg

梯子段のディスプレイ台

お得意の象嵌とアザミを乗っけました。

0606-23-azami.jpg

小部屋の床の間のは下絵の作品

多くはアザミの絵

0606-210-zokei.jpg

おまけの棚

POPなイメージで器に花を添えました。

こんな感じで展示しました。

イメージよろしくお願いします。


5月27日~29日作陶展、完遂できました。 [陶芸作品]

2年半振りの等身庵の個展

盛況の中、完遂することができました。

0605-01-tenji.jpg

皆様のお陰です。

準備・開催・撤収とエネルギーを頂いた方々には

深く感謝します。

0605-02-tenji.jpg

もちろんお越しいただいた皆様にも

モチベーションを頂き有難うございました。

0605-03-tenji.jpg

お越し頂けなかった方々からのお花!

嬉しいものですね。

0605-04-tenji.jpg

会場が一気に賑わいます。

大阪の陶芸仲間さんというか飲み仲間さん。

0605-05-tenji.jpg

作品が負けている?名古屋の陶芸仲間さん。

0605-06-tenji.jpg

そんなことは言っこなし、仕事関係の大先生からまで・・・。

ブリザーブドフラワー、大切にします。

0605-07-tenji.jpg

大先輩からも!

さて、今回は会場の雰囲気をざくっと紹介。

0605-08-tenji.jpg

和室の大部屋。

0605-09-tenji.jpg

逆方向から見た和室、奥に床の間

0605-10-tenji.jpg

テーブルは12卓、作品を種類毎に展示ですが、

このテーブルはアザミをテーマの作品と象嵌作品を陳列。

0605-11-tenji.jpg

このテーブルも用途でなく、作風の種類です。

炭化焼成の作品を一気に陳列です。

ほかのテーブルは用途でまとめました。

飯碗・カップ・皿・鉢といった具合に!

0605-12-tenji.jpg

ここは花を飾る用途

手前が一輪挿し、向こうが植木鉢(室内用)といった具合に!

0605-13-tenji.jpg

ディスプレイ台はポップな造形物で楽しんでもらおうという

目論見で、立って見て頂けます。

0605-14-tenji.jpg

座ってお皿のテーブルを前に見た風景。

0605-15-tenji.jpg

急須などセット物のテーブル。

座って、手にとってイメージをしてもらう。

等身庵の作品は「用の美」

使っていただいて良さを感じてほしいのです。

またもう少し詳細の展示風景をアップしたいと思います。


スリランカ旅行記アップ中ですが、作陶展します。 [陶芸作品]


今、スリランカの旅行記アップ絶好調のところで

申し訳ない!

オイラの作陶展の案内を一コマ

DM表です。

0517-01-dm.jpg

良いでしょ!

象嵌の作品とアザミの作品

ワクワクして下さい。

DM裏は作陶展案内

0517-02-dm.jpg

もしこのブログを見て来れると言う人は

是非お越しください。

楽しいオイラの作陶展です。

0517-03-dm.jpg

このDMを作成するための写真の各ポーズ

0517-04-dm.jpg

色々な角度から写真撮りました。

0517-05-dm.jpg

これがDMに近いけど違う

0517-06-dm.jpg

作品って撮る角度で表情が様々!

0517-07-dm.jpg

あまりにシンメトリーでは面白くない。

0517-08-dm.jpg

ちょっと前後させてみました。

0517-09-dm.jpg

結果、こんな感じがDMになった。

惹きつける魅力を写真にする、これ難しい。

おまけの2枚

0517-10-dm.jpg

釉薬テストの作品です。

オイラはテストピースでなく、使える作品でテストします。

これは黒と茶色(赤っぽい)風合いの釉薬テスト

もうひとつテスト

0517-11-dm.jpg

右が黒っぽい荒土に、青系の釉薬

左は白細かい土

これは同じ釉薬の2作品

やっぱり土と釉薬の愛称は理屈じゃ無理!

想定して焼いて又焼いて又焼いて又焼いて

気に入ったので再現するしかないか!

みうら作陶展の説明をしつこく。 [陶芸作品]

今週の20日から3週間10月8日まで

Cafe & Restaurant みうら で作陶展。

0922-04-miura.jpg

4棚4ヴァージョンの展示なので説明を!

まずは炭化焼成の作品たち。

さや鉢に作品と炭を入れて焼成する。

炭が燃える時、自然の景色が作品に施され、深みを増します。

0923-03-miur2.jpg 

 一気に高温になるため危険も多い焼成です

土が真っ赤に焼ける時、へたったりひびが入ります。

0923-01-miur2.jpg



兜もへたって本体にくっついた。



蕎麦猪口もゆがんだ上に、ひびが入った。



過酷な焼成で完成した炭化作品お楽しみ下さい。

黒の作品です。

真っ黒に近い作品を作りたい。

真っ黒の器で真っ白のご飯を食べたり、抹茶の緑を楽しみたい。

黒ならではの、色のコラボを楽しみたい。

0923-04-miur2.jpg

粗目の丼鉢には白化粧の刷毛目で装飾。



めのカップに描くのは象嵌、違う色の土を貼りつけ

ポップな楽しさを盛り付けました。

赤の作品です。

古民家風&モダンなカフェで飲むコーヒーに似合うカップを作りたい。



土を選んで、合う釉薬を作ろう。出来上がったのが赤の作品です

0923-06-miur2.jpg

下絵具でアザミを描いたりするのも楽しい。

素朴な雰囲気、そこに白化粧でアクセントを付けてみたりするのが楽しい。

0923-07-miur2.jpg

薬はマットな渋さがどうしても欲しい。

最後に白の作品です。

食の器で安定的に使えるのはやっぱり白。柔らかい乳白色の器を作る。



白のマット釉を掛けて、呉須がクリアに出る楽しい作品です。

0923-09-miur2.jpg 

面をキャンパスにし、呉須を駆使することによって、

ファンな雰囲気を醸し出す。線が踊り楽しい!

0923-10-miur2.jpg

珈琲カップ、カラー粘土を象嵌。デザインを考えるのが楽しくもあり、困難でもある。



土の軟硬と付き合う難産の可愛い作品です



0923-08-miur2.jpg

 こんな感じで作陶展が始まりました。

陶芸っていろんなことができるから面白い。

又思い通りにできないところも面白い。




Cafe & restaurant 「みうら」で作陶展 [陶芸作品]

河内長野の南が丘にあるCafé & Restaurant「みうら」

0922-01-miura.jpg

イタリアンでしょうね。なかなかイケます。

そこで、3週間の陶芸作品展示をお願いした。

お店の名刺がこれ!

0922-02-miura.jpg

展示はこんな感じで完成。

90㎝幅の棚が4つだけの展示。

0922-03-miura.jpg

逆から見ると・・・

0922-04-miura.jpg

ザクッとこんな感じなので1棚づつアップ。

まずは炭化作品の棚。

0922-05-miura.jpg

もう少し近づくと、シックな炭化作品。

0922-06-miura.jpg

赤の作品

0922-07-miura.jpg

渋いカフェに似合うかな~。

0922-08-miura.jpg

作品のコメント付きです。

白の作品

0922-09-miura.jpg

料理の器には白が似合うかな~。

0922-10-miura.jpg

新作は象嵌、こんなん作るんや~って、感想でした。

黒の作品

0922-11-miura.jpg

ややもすればグレーかブラウンになり易い黒釉薬

0922-12-miura.jpg

黒を強調したと思って作った。

こんな感じで10月2日まで3週間。

そうそう、ここ「みうら」のビューも良いんです。

0922-13-miura.jpg

屋外でランチしながら、陶芸作品も楽しむ。

0922-14-miura.jpg

大阪のキタ方面が一望できます。

食事、ビューそして作品を楽しんで下さい。


たまには陶芸「炭化の作品」 [陶芸作品]

最近は色々釉薬のテストをしているが、

思うような釉薬が出来てこない。

炭化作品は効率は悪いが安定してる。(と思ってた)

そりゃ、電気窯にさや鉢、そして炭と一緒に焼きますからね。

焦げ跡が景色になって良い作品になる。

0718-01-tank.jpg

泉州の土の土色に変化が出ます。

でもちょっと変でしょ!

0718-02-tank.jpg

蕎麦猪口、景色は良いんだけど。

0718-03-tank.jpg

丸く挽いたはずなのに、なんか楕円に!

しかもよ~く見ると、割れ???

0718-04-tank.jpg

さや鉢の中で炭の燃焼と共に高温になるので

1250度設定だから、一時的にさやの中は1300度ぐらいにはなってるか?

熱に負けた、泉州の土は弱いかも!

良い感じの作品になったが、珈琲飲むには適さないのもあるかも。

しかたない、ヨーグルトとか食すには如何???ってか。

面白いけど、う~~ん、どうしよう?

マグカップも・・・・。

0718-06-tank.jpg

取っ手が落ちてしまった、熱の力恐るべし。

どもこれは十分使える。景色も良い!

続いてビアマグ。

0718-05-tank.jpg

うん大丈夫、焼き締めなので

ビールの泡立ちが堪りませんよ。

ギンギンに冷やしてど~ぞ!

小鉢5個セット。

0718-07-tank.jpg

小粋な小鉢完成!

続いて花入れ。

0718-08-tank.jpg

通常偏壺(へんこ)花入れと言います。

炭と接触した処がグラディエーション模様!

これが炭化焼成の醍醐味なのです。

0718-09-tank.jpg

徳利じゃないのです、花入れとして作りました。

ひょうたん型花入れ、侘び寂の世界。

0718-10-tank.jpg

最後は一輪挿し3セット。

モダンなテーブルに渋い一輪挿し。

可愛い野の花を生けるとホッコリすること、

請負ます。


白い器、窯詰め、焼成、窯出ししました。 [陶芸作品]

白い器をそこそこ作成しました。

まずは、素焼きします。

その素焼きの窯出し風景です。

0322-01-kama.jpg

ちょっと白い器以外も赤や黒も素焼きしました。

0322-02-kama.jpg

最下段には色見本用のピースも素焼きしました。

そして、若干施した後、釉薬を掛けて本焼き。

本焼きのための窯詰風景です。

0322-03-kama.jpg

ほとんど、白い作品。

釉薬も白いので・・・

0322-04-kama.jpg

見た感じ、真っ白ですね。

0322-05-kama.jpg

上段から中段のアップ写真。

0322-06-kama.jpg

上から下までいっぱい詰めた方が熱効率が良い。

如何にくっつけず、ギリギリで沢山詰めるか!

これが楽しい。工夫次第で沢山詰めるの面白い。

そして、本焼き完成。

窯出ししてテーブルに並べました。

0322-07-kama.jpg

まだ若干熱い。

0322-08-kama.jpg

真っ白であったが、呉須の線が表れた。

0322-09-kama.jpg

これで作品らしくなった。

急須は蓋がくっついてる。それを上手に離します。

0322-10-kama.jpg

急須が手前にある。蓋は2種、お好きな方で。

風情は全く変わった感じになります。 

小鉢の中には四角の呉須の模様が底(見込)に!

追記:明日からメキシコ8日間。

ブログその間休憩します。


前の10件 | - 陶芸作品 ブログトップ