So-net無料ブログ作成
検索選択

溜まった料理ネタ [料理]

キッチンドリンカーしたいと言ったら

いつの間にか、夕食はオイラの役割になったみたい。

そりゃ~料理ネタ溜まるよね。

去年のこと、6月25日、ランチ

0331-01-0625.jpg

たまにはこんなものも作る、パスタ

なんちゅうことない

6月26日天ぷらに精を出す。

0331-02-0626a.jpg

天ぷら以外は切って置いただけ。

0331-03-0626b.jpg

実は沖縄からの土産で天ぷらに決定

土産のモズクを揚げると美味しくなる。

海老、竹輪も意外と美味い

0331-04-0626c.jpg

揚げれば何でも天ぷらになる。

おいもさん(白、紫)、茄子、玉ねぎと言ったとこ。

0331-05-0626d.jpg

ちょっと箸休めにトマト、キュウリを切っただけ。

ドレッシングも良いけど、マヨネーズも良い。

0331-06-0626e.jpg

これこそ沖縄土産「海ブドウ」

常温でキープするべし、冷蔵庫厳禁。

食感とポン酢、他は珍しさ!

6月27日

0331-07-0627a.jpg

冷蔵庫にあるもので夕餉を飾る

0331-08-0627b.jpg

メインディッシュは鶏肉のみぞれ煮

単純に美味い。煮込む以外なし。

0331-07-0627c.jpg

冷凍餃子(味の素)凄い、脂も水も要らない

0331-10-0627e.jpg

昨日に続いて沖縄土産「ジーマーミ豆腐」

0331-09-0627d.jpg

たくさん頂いたうみぶどうが連日登場

0331-11-0627f.jpg

おまけの一品、夏近し、とうもろこし、甘し。

6月28日

0331-12-0628a.jpg

男の簡単料理、ただただキッチンドリンカーのために!

巻きずし(マグロ)はスーパーの1品

0331-13-0628b.jpg

冷蔵庫の中を見て時々作るキノコ尽くし(コスパ良し)

豚肉の味とキノコをまとめてオイスターソースなどの

調味料で味を調えて美味しくする。

0331-14-0628c.jpg

茄子の煮物、追加一品にベスト。

6月30日

0331-15-0630a.jpg

何がメインだか?料理

0331-16-0630b.jpg

鶏胸肉、味付け練り込んで、数10分後片栗粉まぶす。

鶏肉を柔らかく仕上げるのがみそ

炒めてレタスに乗っけてネギソース。

ソフトで美味しい

0331-17-0630c.jpg

お土産の焼サバ鮨

肉厚のサバは言うことなし、脂の乗りも絶妙

おまけの一品

0331-18-0630d.jpg

豚汁でなくポトフでした。

焼サバなのに??ベーコンがあったから?


新潟の居酒屋は予想を超えていた「いかの墨」 [グルメ]

昨年所要で新潟を訪れた。

夜到着、日本海の美味いもんを求めて、

ホテル美味しいものを食べたいと情報をゲット!

0329-01-ika.jpg

こんな情報はあてにならないと訪問した。

店先に到着

0329-02-ika.jpg

なんとなく期待が膨らんできた、そんな佇まい。

0329-03-ika.jpg

新潟らしいと言うのか、良い感じ

装飾は凝っている

0329-04-ika.jpg

暖簾をかき分けて入場

いかの墨??ネーミングも粋

0329-05-ika.jpg

メニュー、ネタも期待

地酒が何と言っても魅力の越後の酒

0329-06-ika.jpg

ブリのお刺身。

こんな肉厚のブリ、あまり大阪ではお目に掛かれない。

ブリは絶対大きいのに限る。

良い脂乗ってます。

0329-07-ika.jpg

白子を天ぷらで!

サクサク中ほっかほか!白子は美味いね~~~。

ここで突出し、選べる。

それにしてもこんなでっかい突出し

0329-08-ika.jpg

ハマグリじゃない、アサリと聞いてびっくり!

石で蒸したもの、良い出汁でています。

0329-09-ika.jpg

新潟と言えば、枌(へぎ)ソバ、

ここではふのりソバと言っていたが、同じものらしい。

この蕎麦はねっちりしてあっさりして、いくらでも入る。

0329-10-ika.jpg

同行者はあまり飲めなくて、地元の秋刀魚で

ご飯を美味しそうに食べていた。

お米も美味いと言いながら。

最後の一品

0329-11-ika.jpg

お店の人の強い勧めで、いわがき。

つるんといっちゃった。

この食感、味わいもう最高

新潟の夜は更けていく。


料理ネタが溜まってる。(昨年6月のネタ) [料理]

最近はブログネタが溜まってるが、

時間管理が下手なのか?アップできず

料理ネタも溜まってる。

2016年6月14日

032601-0614a.jpg

初夏の料理が並んでます。

032602-0614b.jpg

なすびと玉ねぎ、豚肉を

和風に煮込む、回鍋肉の和食

大葉がポイント

032603-0614c.jpg

この時期外せないのが水ナス

包丁は切れ目だけ、手で捌きます。

032604-0614d.jpg

海老も泳いでいたのでから揚げです。

キッチンドリンカーには堪えられません。

次いで6月19日

032605-0619a.jpg

お任せください!

032606-0619b.jpg

安定ヴァージョン、ピーマンの肉詰め

ちゃんとピーマンの内に小麦粉を塗る。

出ないと肉とピーマン離別しますよ。

032607-0619c.jpg

新じゃが、ホッコリ炒めます。ジャーマン風!

032608-0619d.jpg

サラダはかつおのたたき

おろししょうがとポン酢が決め手!

これまたキッチンドリンカーには堪りません。

6月20日

032609-0620a.jpg

色とりどり、冷蔵庫にあるもの使っちゃえ。

秋刀魚の干物、牛肉を炒める(焼き肉の余り)、

きゅうりおひたし、そして

032610-0620b.jpg

揚げ包み焼き、中身は2種

納豆とキャベツのツナサラダ

6月22日

032611-0622a.jpg

夏近し、ビールを美味しく飲むために!

032612-0622b.jpg

鶏のソテー、カレー風味

032613-0622c.jpg

美味しそうなトマト食べる

昆布、塩昆布を添えマヨ掛ける

032614-0622d.jpg

そして夏は茗荷、嫌いな人もいるね~~

こりゃ~ビール進むわな。

ビールの前にキッチンドリンカーは

焼酎飲みながら手料理でした。


奈良、五条の梅林「賀名生」綺麗です。Vol.2 [関西小旅行]

前回に続いて賀名生梅林

訪問したのは3月18日

0325-02-ano2.jpg

梅農家の梅林なれど、鑑賞用の枝垂れ梅

0325-03-ano2.jpg

斜面に咲き誇る梅

0325-04-ano2.jpg

色鮮やかに咲く

0325-05-ano2.jpg

マンサクがあった

0325-06-ano2.jpg

お寺さんをバックに!

0325-07-ano2.jpg

白梅

0325-08-ano2.jpg

ピンク

0325-09-ano2.jpg

梅の里

0325-10-ano2.jpg

丁度満開

0325-11-ano2.jpg

見下ろす、奥千本

0325-12-ano2.jpg

風情あり

0325-13-ano2.jpg

見上げる梅林

0325-14-ano2.jpg

山一面の梅林

0325-15-ano2.jpg

四方八方

0325-16-ano2.jpg

それにしてもこんなとこで暮らしたら

0325-17-ano2.jpg

この時期は最高かな~~~

0325-18-ano2.jpg

鑑賞用も随所に!

0325-19-ano2.jpg

もう満喫

0325-20-ano2.jpg

見方で更に良さが増す。

0325-21-ano2.jpg

梅干しの元は綺麗この上なし

0325-22-ano2.jpg

紅梅白梅入り混じる

0325-23-ano2.jpg

これは畑ではなく、民家の横の枝垂れ

0325-24-ano2.jpg

山、綺麗、富士の山みたい。

0325-25-ano2.jpg

賀名生(あのう)の梅林、闊歩した。

風光明媚な梅の花

関西3大梅林、最高でした。


賀名生(あのう)梅林、絶好調 [関西小旅行]

関西の三大梅林の一つ

賀名生の梅林は奈良五条にある

確か月ヶ瀬と南部(みなべ)かと思う

0323-01-ano.jpg

賀名生の梅林は山一面が梅だらけ!

駐車して見上げた世界がこれ!

0323-02-ano.jpg

ここは鑑賞用の梅でなく、農業用の梅です。

0323-03-ano.jpg

道々で見た川面、梅に合う

0323-04-ano.jpg

ただただ凄く梅だらけの山なので写真をお楽しみください。

0323-05-ano.jpg

シャターポイントだらけなので、写真並べます。

0323-06-ano.jpg

この賀名生と言う場所が面白い

天皇様行幸の屋敷が存在するほど歴史もあるのだ!

0323-07-ano.jpg

南朝に行く後醍醐天皇が泊まった屋敷がある。

今は住居になって住んでいる。鑑賞不可。

0323-08-ano.jpg

そののち、後村上天皇なども行幸した。

0323-10-ano.jpg

こんな旗もたなびく

0323-11-ano.jpg

敷地内でゴザ?敷いてランチを楽しむ人たち

春やな~~~、美味しそう。

0323-12-ano.jpg

奥千本とか吉野に模した命名

0323-12-ano.jpg

3月18日真っ盛りの梅、満開の時期。

0323-13-ano.jpg

まだまだ序の口

0323-14-ano.jpg

歩き始めたら止まりません、引き返せません。

0323-15-ano.jpg

一周1キロ以上の山道

0323-16-ano.jpg

良い景色を眺めながらのいい運動です。

0323-17-ano.jpg

そこそこにあります、満開のミツマタの花

1万円札の元???

0323-18-ano.jpg

所々に民家、梅農家だと思います。

0323-19-ano.jpg

こうして下から見ると畑ですかね?

0323-20-ano.jpg

桜も良いけど、梅いいでしょ!

開花の期間がちょっと長いからね。

この梅林、序の口まだまだ続きがあるのだ。


デスバレーからの帰り道が又凄い [旅行]

デスヴァレーの砂漠で休憩。

この雨の中のドライブ、車はもう大変。

0321-02-deathv5.jpg

もうもう泥んこ、せめてライトの表面は綺麗にしよう。

ついでにカリフォルニアナンバープレート

0321-03-deathv5.jpg

州でデザインが違うのがアメリカ

Californiaの字体が筆記体がお洒落

0321-01-deathv5.jpg

ガソリンスタンドもなんかアメリカンな感じ!

ここからのロスに戻る道のアップダウンが素晴らしかった。

0321-04-deathv5.jpg

時期が2月、真冬、近くの山、雪を冠っています。

0321-05-deathv5.jpg

暫く走ると、荒野そしてはげ山。

荒らしい。

0321-06-deathv5.jpg

そのはげ山にも冠雪が!

耳がつーんとする。

0321-07-deathv5.jpg

この日が雨だったので高地は雪だったのでしょうね。

0321-08-deathv5.jpg

高地をぐ~んと下るその先、橋かな??

期待が膨らむこの景色

0321-09-deathv5.jpg

いつもは潮の白い台地だそうですが・・・

この日は雨のお蔭でこんな感じで素晴らしい。

0321-10-deathv5.jpg

そしてまたまた高度をドンドン上げてドライブ。

0321-11-deathv5.jpg

高い位置から見下ろす景色。

こんな広大な景色は・・・・日本では見られない。

0321-12-deathv5.jpg

遥か向こうまでず~と荒野やん!

0321-13-deathv5.jpg

その先も雪山

素晴らしいとしか言う術なし

0321-14-deathv5.jpg

同じように見えるけど違うんだ。

こんな景色が続く

0321-15-deathv5.jpg

こんな道をひた走る

0321-16-deathv5.jpg

山に向かってひた走る

0321-17-deathv5.jpg

もうもう夕方、赤くなってきた。

ロスに着いたらもう真っ暗でした。

アメリカの国立公園、デスヴァレー堪能しました。


デスヴァレーは格好良い。 [旅行]

ロサンゼルスから4時間の日帰りツアー。

国立公園デスヴァレー

0319-11-deathv3.jpg

海抜マイナス85.5mから見る3300mの山。

0319-02-deathv3.jpg

その山並みを見ながら、ただ走る

0319-03-deathv3.jpg

すると反対側の岩肌が面白い

0319-04-deathv3.jpg

アーチストパレットは豪雨で入場禁止。

この丘の色合いで十分

0319-05-deathv3.jpg

ガイドさん曰く

雨のお蔭で、色のメリハリがくっきり!

良かったと思いますって。

0319-06-deathv3.jpg

ガイドさんもこんなにくっきりした色の変化は

初めてだそうです。

0319-07-deathv3.jpg

それにしても面白い色合い

0319-08-deathv3.jpg

鉱石の原料は何なんでしょうね。

銅が緑、鉄が茶、その他は????

0319-09-deathv3.jpg

また引き続いて山並みと並行してひた走る

0319-10-deathv3.jpg

いつもは粗い荒野なのに水が・・・水面がある。

0319-11-deathv3.jpg

山も雲で覆われて秘境感ある。

0319-12-deathv3.jpg

シャターポイント山ほどある

0319-13-deathv3.jpg

あ~遠くに砂の山

これ車窓から!

でも車から降りてこの砂漠を観光

0319-14-deathv3.jpg

この流木みたいな材木が良い雰囲気を醸し出す

0319-15-deathv3.jpg

その向こうにさっきの砂漠の小高い山

1㎞先らしいです。

0319-16-deathv3.jpg

こんな感じでデスバレーにも砂漠存在した。

0319-17-deathv3.jpg

この景色は予想してなかったのでHappy!

0319-18-deathv3.jpg

ここをスターウオーズ、R2D2が歩いていた。

その通り!

0319-19-deathv3.jpg

納得できるでしょ!

この小高い砂漠の丘、距離にして1㎞

この日は雨でしっとりして歩きやすくて良かったらしい。

0319-20-deathv3.jpg

お決まり砂漠の風紋、雨でないかと???

あった~~~、のでそれらしく写真

最後の1枚

0319-21-deathv3.jpg

ここも砂漠の反対側には3000m級の山並み

このギャップが良い。

デスヴァレーはまだ続く


デスバレーの最低地を見て回る。 [旅行]

デスヴァレーの風致地区「ザブリスキーポイント」を後にして

訪れたのが緑の・・・オアシス?

0317-01-deathv3.jpg

なんともホッとします。緑は癒される。

0317-02-deathv3.jpg

ウエルカム「ファーネスクリーク」

0317-03-deathv3.jpg

ファーネスクリークビジターセンター

ここで入場手続、買い物やランチも出来ます。

0317-04-deathv3.jpg

私はお買いもの、やはり先住民のお土産。

置物やドリームキャッチャーをゲット

元来た道を戻る

0317-06-deathv3.jpg

看板見えますか?

ELEVATION SEA LEVEL(海抜ゼロってこと)

0317-05-deathv3.jpg

その先に唯一のホテル、しかも高級ホテル

「ファーネス・クリーク・イン」が見える。

映画ロケ地なので、俳優女優も多く泊まったホテル。

0317-07-deathv3.jpg

さ~着きました。

スターウオーズのロケ地

0317-08-deathv3.jpg

渓谷の反対、向こうには大きく広がる

見渡せます。車、バイク・・・チェイス追跡?違うか!

0317-09-deathv3.jpg

渓谷に入っていきましょう。

0317-10-deathv3.jpg

あいにくの?雨模様、いや、めったに遭遇できない雨。

いつもと違う景色に遭遇できたのはラッキーでしょう。

0317-11-deathv3.jpg

この渓谷をCGなれど、飛行戦闘機が飛び回った。

スターウオーズ/エピ4、新たなる希望だったか??

0317-12-deathv3.jpg

結構な迫力で迫ってきます。

岩肌も雨のせいか強烈です。

ガイドさんが珍しい風景を写メ、仲間に見せるとか)

0317-13-deathv3.jpg

更に走ると白っぽい泥濘(ぬかるみ)をひた走る車両

0317-14-deathv3.jpg

我々の車もひた走って行き着いた先が

デビルズゴルフコース

0317-15-deathv3.jpg

こんな場所でゴルフ出来るのは悪魔だけだと言う洒落?

塩でできています。結晶、本日はぬかるんでいます。

ここより少し行ったところも塩。

0317-16-deathv3.jpg

皆歩いていますが、晴れていたら白さが際立ってたはず。

0317-17-deathv3.jpg

バッドーウォーター

なんと海抜マイナス85.5m

アメリカ大陸でもっとも低い位置にある。

夏には60度近くまで気温が上がったことも!

0317-18-deathv3.jpg

看板の写真を借りました。これがナイスショットなんでしょう。

我々が見た景色はこれ!

0317-19-deathv3.jpg

ま~それなりに雰囲気はあるようです。

遥か向こうに見える山は海抜3300m級

この落差がデスバレーの素晴らしさ。

0317-20-deathv3.jpg

来た道を振り向いたらこの景色。

山が迫りますが、その中腹の写真がこれ!

0317-21-deathv3.jpg

SEA LEVELとの看板が海抜0mの位置。

85.5mも潜っちゃったんですか!

いや~今回の旅は高いとこ(メキシコ)と低いとこ(ここ)と

忙しいけど、この高低はまだまだ続く。


デスヴァレー「ザブリスキーポイント」 [旅行]

ロサンゼルスからの1日ツアー

4時間走って、アメリカの国立公園

0312-17-deathv.jpg

デスヴァレーに到着、なんとも怖い名の公園

ビューポイントまでの車窓

0315-01-deathv2.jpg

不思議な顔を見せる小高い丘?山?

0315-02-deathv2.jpg

色々な色を持つ丘、銅が緑、鉄が茶、他色んな色

0315-03-deathv2.jpg

面白そう、期待出来るか?

最初に訪れたのがザブリスキーポイント

0315-04-deathv2.jpg

駐車場からビューポイントに向かう。

結構な観光

そして色々な顔を見せる景色をお楽しみください。

0315-05-deathv2.jpg

赤っぽい縞模様

0315-06-deathv2.jpg

黄色くうねる尾根

0315-07-deathv2.jpg

黒インクを掛けたような

0315-08-deathv2.jpg

いや~面白い迫力や

0315-09-deathv2.jpg

ぽっこり山

0315-10-deathv2.jpg

幾重にも連なる…そして色使い

0315-11-deathv2.jpg

トレッキング可能か小道がある。

0315-12-deathv2.jpg

いや~アメリカなり。

0315-13-deathv2.jpg

ちょっとグランドキャニオン風

日本では味わえない景色

0315-14-deathv2.jpg

これ一枚岩なのだろうか??

0315-15-deathv2.jpg

微妙に青く輝く、緑か?

0315-16-deathv2.jpg

何とも面白い色使いの尾根と渓谷

ここビューポイントがザリスキー。

人の名前です。写真家のシャッターポイントがその名です。

デスヴァレーは広いまだまだ続く。


ロサンゼルスで1日観光は「デスバレー」 [旅行]

メキシコ・アグアスカリエンテスから

USA・ロサンゼルスに飛んだ

仕事の合間の土曜日、観光先を探した。

アンテロープキャニオンを所望したがLAからのツアーはない。

グランドキャニオンもLAからは無理。

0312-01-deathv.jpg

そこで見つけたのが「デスヴァレー」日帰りツアー

知ってますか?デスヴァレー。

30数か所の国立公園の中で最大の面積を誇る

LA、トーランスのホテルから出発。

0312-02-deathv.jpg

本日は我々2人だけのツアーでゆったり!

0312-03-deathv.jpg

まずは高速を東に向かってひた走る。

流石車社会、こんなに走ってどこ行くの?

0312-04-deathv.jpg

早速トイレ休憩、この先の閑散を察知する。

それにしても天気が芳しくない。

(ロスとか晴れが普通なのに、今回は昨日まで嵐、珍しい。本日は?)

0312-05-deathv.jpg

ただっ広くなって、高速と並行して走る列車を見た。

驚くなかれ、ズームアウトしてみよう。

0312-06-deathv.jpg

この長さには度肝を抜かれた。

両サイド、カメラのワイドに収まらない。

流石アメリカ横断鉄道、車両連結1㎞は絶対続いている。

0312-07-deathv.jpg

どんどんひた走る。高速の横にはアウトレット

荒野にぽつんと店舗が見える。

周りは何もない。アウトレットも広大だ。

早めにラントタイム

0312-08-deathv.jpg

Mad Greek Cafe

ギリシャ?なんで?店内もギリシャの写真

0312-09-deathv.jpg

でもどう見てもファストフードですね。

0312-10-deathv.jpg

あんまりお腹減ってないけど、

無難にハンバーガーとコーク。

やっぱりな~、でっかいわ。

0312-11-deathv.jpg

延々とひた走る。

もう高速道路じゃなく、一般道。そこも真っ直ぐ!

人影どころか、人造物は道路のみ。

0312-12-deathv.jpg

乾燥地帯に何故か雨が降る。珍しさにラッキー感あり。

乾燥した荒野をイメージしていたのに!

0312-13-deathv.jpg

デスヴァレーらしい岩肌の丘がぽつぽつと見えてきた。

まだエリアには入っていない。

0312-14-deathv.jpg

面白い岩肌、これのさらに変化に富むのがデスヴァレー

でっかい峡谷(valley)

デスバレー国立公園の最高地点(テレスコープ峰、海抜3,368メートル)と

最低地点(バッドウォーター、海抜-86メートル)一気に見れるのが楽しみ。

まだ遠い。片道4時間

0312-15-deathv.jpg

荒野の中の緑の片田舎町を素通り。

山に何かマーク、キャンピングカーはそこらじゅうに。

0312-16-deathv.jpg

真っ直ぐな道路は北海道みたい!

なんのなんの、それより凄いはずじゃ~~~~。アメリカじゃぞ!

4時間以上かけて着いたよ

入り口

0312-17-deathv.jpg

ここからデスヴァレー、カリフォルニア州です。

一部はネバダ州に掛かってる。

さ~、次回は風景変わるぞ!デスヴァレー。