So-net無料ブログ作成

USJのパレードは激しく躍動する [イベント]

USJ、すべてが初めて。

クリスマスイベントがメインターゲット。

でもこのパレードも見逃すなと言われてた。

その前にミニパレードに遭遇

0131-01-parad.jpg

可愛いミニヨンズのパレード

0131-02-parad.jpg

大丈夫かい?と思わせる消防車パレード

こりゃ~可愛い、人気出るはずや。

15周年大パレードスタートです。

0131-03-parad.jpg

少し早めに陣取らねばいけない。

0131-04-parad.jpg

リボーンの振り付けを教えられながら待つ。

来た~~~~。

0131-05-parad.jpg

踊るは歌うわ

0131-06-parad.jpg

スヌーピー

0131-07-parad.jpg

ユニバーサルスタジオとは関連しないキャラクター

みんな元気

0131-08-parad.jpg

これは本物や!

0131-09-parad.jpg

路上でも躍動するダンサー達

0131-10-parad.jpg

泡が発射された。

掛かるべきか逃げるべきか?

好きな人たちは掛かりに行ってる。

0131-11-parad.jpg

キティちゃん、映画関係??

これで人気沸騰とも言われる。

0131-12-parad.jpg

泡やわ!紙ふぶきやわ!

0131-13-parad.jpg

インド?でもキティちゃんがいる。

アンバランスのバランス

0131-14-parad.jpg

ここにも来たよ。ミニオンズ。

大活躍やね~~。

0131-15-parad.jpg

アメリカ風は外せない。

0131-16-parad.jpg

アメリカ国旗にマンハッタン

これでいいのだアメリカン。

移民の国アメリカ(おまけのコメント)


USJハリーポッターは充実してる。 [関西小旅行]

去年、子供達からルビー婚のお祝いで

USJチッケトプレゼント。

喜んでクリスマスイベントを楽しんだ。

それは夕刻、それまでに楽しんだUSJ

0128-01-hurry.jpg

ハリーポッターエリアに突入。

0128-02-hurry.jpg

ハリーポッターエントランス

アトラクションが周りにいっぱい。

0128-03-hurry.jpg

ハリーポッターエリアに入ったら

オイラもポッター気分にしてくれる。

0128-04-hurry.jpg

ムッチャ雰囲気作り出している。

もう、映画の世界やね。

0128-05-hurry.jpg

なんか飛んで来そうや。

オイラ自体が飛んでいきそうや。

0128-06-hurry.jpg

12月に行ったから気温も低く良い雰囲気。

0128-07-hurry.jpg

ハリーポッターのアトラクションは

3D効果で楽しめます。

オイラは恐怖症でジェットコースターはいかんけど!

3D楽しめて嬉しいです。

0128-08-hurry.jpg

クリスマスイベントが終わって

時間があって、再度ハリーポッターエリア突入。

0128-09-hurry.jpg

夜のハリーポッターは雰囲気更に増すかも!

0128-10-hurry.jpg

クリスマスツリーもある。

最上段でくるくる回るのが魔法使いなのがハリー。

0128-11-hurry.jpg

お城も暗くぼんやり、目を凝らしてみる。

0128-12-hurry.jpg

一杯なんか変なものが飛んで来そうな!

エントランスの門の上の鷲みたいのもね。

ハリーエリアのショップも全てハイー仕様です。

0128-13-hurry.jpg

ショップはほとんどがハリーグッズで統一。

さすが、USJの戦略見事です。

0128-14-hurry.jpg

ショップで目に付いたのがこいつ。

一体誰だ???


堺東「和彩弥 嶋川」 [グルメ]

陶芸仲間のYさんと堺東で

2人でしっぽり飲もう。

行き当たりばったりなれど「食ベログ」は見てきた。

0126-01-simak.jpg

堺東の和食屋さんの高得点のお店、歩けばあった。

店構えは割烹っぽい。

入場してカウンターに座す。

0126-02-simak.jpg

時間も早かったのか店員が目について

若干落ち着かない。

しつけもいいけどしつけ過ぎ、柔らかくない。

0126-03-simak.jpg

ちょっとカジュアルさも醸し出している。

誰に注文したらいいのも…アテンダー不明。

0126-04-simak.jpg

突出し3点盛り。

ま~普通か!

0126-05-simak.jpg

刺身の盛り合わせから、

あじは普通に美味しい、インパクトに欠ける。

0126-06-simak.jpg

つまみの盛り合わせ。

下ごしらえのいる代物が盛られていて美味しい。

0126-07-simak.jpg

鮟肝だったか?こだわってはいる。

少し言わせてもらうと、料理は妙に凝り過ぎ!

シンプルに味わいたいと思ったね。

大将が厳しいのか、店員のピリピリ感が。

割烹風のカウンターだからもっとのびのび

食と呑と話を楽しもうよ。

新大阪で良いなら前回ブログ「八彩」は良かったよ。


昨年末、東三国「八彩」で大満足 [グルメ]

息子がデザイン施工したお店が良いと言うので・・・・。

息子の会社は店舗設計、施工の会社。

そのお勧めのお店東三国(新大阪)の「八彩」

割烹です。

0125-01-hassai.jpg

エントランス、メッチャお洒落です。

息子の勧めなので、まずはお店のデザインから拝見。

0125-02-hassai.jpg

カウンターに座りました。

お店のマスターと話せる席をリクエストしたのでこの席。

0125-03-hassai.jpg

カウンターの向こうの棚に飾っている

包丁がお洒落、何かを語ってる。

0125-04-hassai.jpg

日本酒お奨めの店の店ならではのぐい呑み軍団。

0125-05-hassai.jpg

そう、日本酒の保管庫、ワイン(甲州)もビジュアルに!お酒お奨め。

料理は何しよう?コースでなく、

あまり食べられないので、お任せでコースの中から選りすぐって!

0125-06-hassai.jpg

前菜が出てきた。

0125-07-hassai.jpg

手が込んだ前菜、イワシを佃煮みたいにしたのが美味しいとは。

0125-08-hassai.jpg

ここで、お汁かい?

サーモンを挟んだもの、美味いビールでもOKとは。

0125-09-hassai.jpg

刺身3種、肉厚の振り、焙ったもの甘みが増している。

やっぱり日本酒にしちゃおう。

0125-10-hassai.jpg

お奨めを聞きながら飲む。

説明してくれながらのお奨め、味わいが深まる。

0125-11-hassai.jpg

カツ、お洒落で味わい深い。

0125-12-hassai.jpg

良い鱈の白子があるというのでオーダー。

お奨め通り、美味いね~~白子は良い。

0125-13-hassai.jpg

お酒も進む。

0125-14-hassai.jpg

連れ合いはワインいっちゃったよ。

ワインは日本のものにこだわっているとか。

0125-15-hassai.jpg

セコガニ、12月まで!やっぱり美味い。

松葉よりも濃縮した濃い味。

0125-16-hassai.jpg

昨夜テレビを見ていた。

今ちゃんの「実は」で新大阪の店が3店舗。

最後の店が何とこの「八彩」

2月1日に行くので予約してた。

良かった。もう予約でいっぱいになってることやろうね。


淡路島観光「伊弉諾(いざなぎ)神宮」行ってみた。 [旅行]

淡路島観光、鳴門海峡渦潮クルーズ行った。

玉ねぎ関連グルメも味わった。ちょっとした時間でどこ行こう。

水仙はじめ花のシーズンじゃないので神社仏閣

伊弉諾神宮、名前が良いね。

0124-01-iza.jpg

駐車して、大鳥居から入場。

阪神淡路大地震で倒壊した、復元されていました。

0124-02-iza.jpg

何故か好きな狛犬が迎えてくれた。

阿吽のうんのほう。

0124-03-iza.jpg

阿吽の「あ」のほう。

手水場で清めて参拝。

0124-04-iza.jpg

ちょっとカッコいい。

0124-05-iza.jpg

放生の神池、神社の池らしい風情。

亀さんは作り物。

0124-06-iza.jpg

表神門、まずはここを潜って参拝。

0124-07-iza.jpg

ここ伊弉諾神宮は地元の人は「一宮さん」と言うらしい。

淡路国一の宮として古くから崇敬されてきた神宮。

0124-08-iza.jpg

拝殿です。

0124-09-iza.jpg

ここに伊弉諾神宮と表されている。

ここからの文章はネットから。

『古事記』・『日本書紀』の冒頭「国生み神話」に登場する、

国生みの大業を果たされた伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二柱をお祀りする神社です。

『古事記』・『日本書紀』に記載がある中では全国で最も古い神社で、

淡路国一宮として古代から全国の掌敬を集めています。

と言う由緒ある神社と言うことが分かった。

0124-10-iza.jpg

多分拝殿の向こうが本殿なんでしょう。

0124-11-iza.jpg

他にも社が随所にあった。

境内はひっそりとしてゆっくり回れた。

0124-12-iza.jpg

小さな社と鳥居、これは震災の時はどうだったのか?

パワースポットです。

0124-13-iza.jpg

大きな楠を祀っています。

夫婦大楠。

2本の楠が合体して、又別れていて巨木です。

伊弉諾(イザナギ)、伊弉冉尊(イザナミ)の2本か?

0124-14-iza.jpg

12月なのに紅葉が残ってた。

横手にもう一対

0124-15-iza.jpg

阿吽のあ

0124-16-iza.jpg

阿吽のん、

こっちの方が苔むして良い感じなれど…横手に存在

おまけの情報

全国の中心にあるのがこの伊弉諾神宮

春分秋分の時の日の出は真東の藤原京・伊勢神宮方面から

日の入りは対馬の海神神社に沈む。

因みに夏至には諏訪大社から登り出雲大社に沈む。

冬至には熊野那智大社から登り、宮崎高千穂神社に沈む。

素晴らしいじゃないですか!


淡路島観光、大鳴門橋」橋げた面白い。 [旅行]

淡路島旅行

渦潮クルーズで大鳴門橋の船から楽しんだ。

道の駅でオニオンビーフバーガーを食す。

その道の駅から歩くこと5分

0122-01-naruto.jpg

大鳴門橋のたもとに来た。

0122-02-naruto.jpg

陸からの大鳴門橋、面白いです。 

ここからのビューもイカす。

0122-03-naruto.jpg

渦潮が流れる橋げたが圧巻。

0122-04-naruto.jpg

自然の迫力と人造の橋げた。

そのまま橋にたどり着けるのも面白い。

0122-05-naruto.jpg

橋の真下に入れる。

遠近法は人造の成せる技

0122-06-naruto.jpg

見下ろす橋げた。

0122-07-naruto.jpg

橋げたがあるから渦潮がさらに面白い。

陸に一番近い橋げたはすぐ先に見える。

0122-08-naruto.jpg

潮の流れが音を立てている。

0122-09-naruto.jpg

もうこれは生き物としか言いようがない。

すぐ5m先で唸る潮。

鳴門海峡に目をやると…

0122-10-naruto.jpg

水面とほぼ同じ目線でクルーズ舟が渦潮の上に浮かんでる

0122-11-naruto.jpg

一見流されているようだ。

これに乗っていたんだ。

0122-12-naruto.jpg

ちょっと小さなクルーズ舟も頑張っている。

0122-13-naruto.jpg

また元に戻って写真

陸、淡路島サイドから鳴門方面を望む。

あの袂が大塚美術館の駐車場。

おまけの1枚!

0122-14-naruto.jpg

世界一長い明石海峡大橋

淡路島に掛かるのは大鳴門橋とこれ!

どっちも良い橋でしょ!


淡路島で腹ごしらえ「バーガー」と「玉ねぎうどん」 [グルメ]

淡路島に行く前にネットでグルメチェック

淡路島バーガーが出てきた。

場所は鳴門海峡を見渡せる道の駅に向かう

0121-01-awaglu.jpg

道の駅うずしお。

12月だったのでクリスマスツリー、玉ねぎがぶら下がる。

0121-02-awaglu.jpg

全国1位のご当地オニオンビーフバーガーの

宣伝ボード。

0121-04-awaglu.jpg

だから、1位を1個だけ発注。

クルーズの後、まだ早いのとランチは決めている。

だから、2人で1個。

0121-05-awaglu.jpg

オニオンとビーフのバランスが良くて、結構食べれた。

美味しいお奨めです。600円なり。

で、ランチ決めていたのはうどん。

0121-06-awaglu.jpg

知人から絶対食べてねと言われたので行かねば!

麺乃匠「いづも庵」

0121-07-awaglu.jpg

有名人も来店、写真が・・・・マツコやんか。

0121-08-awaglu.jpg

うどんにはこだわりあるよと主張している。

うどんとシラス丼にした。

0121-09-awaglu.jpg

だって、淡路島の名物は玉ねぎに次いでシラスと言う。

0121-10-awaglu.jpg

生シラスはなかなか食べれませんのでGood!

ツユを掛けてパクパクと。

0121-11-awaglu.jpg

湯がいたシラス…やっぱり生でしょう。

本命がこれ!

0121-12-awaglu.jpg

淡路まるごと玉ねぎつけ麺

0121-13-awaglu.jpg

玉ねぎを1個まるまる揚げている。

これをこだわり島うどんにつけ麺で食した。

0121-14-awaglu.jpg

玉ねぎはつぶさないと食べれない。

こだわりのツユが美味しい。

玉ねぎも甘みを醸してこりゃ~イケる。

淡路島に来たな~と舌が感じた。


鳴門の渦潮クルーズ、分かるかな~ [旅行]

大塚美術館と淡路島ツアー

2日目の早朝、渦潮ツアーに出かけた。

まさかこんなに観光客居ないだろうと思いきや

寒いのにデッキはいっぱいの人

前回の大鳴門橋に続いて本命「鳴門海峡」

0120-01-uzu2.jpg

クルーズは渦が出来る時間帯しか運航していないのだ。

よって、チェックアウトを早くしなくっちゃ~いけなかった。

0120-02-uzu2.jpg

写真のタイミングが分からない!

0120-03-uzu2.jpg

出来ては消えます。

0120-04-uzu2.jpg

出来ると思ったら出来ません。

0120-05-uzu2.jpg

実際その目で見た方が迫力だと思う。

0120-06-uzu2.jpg

結構皆さん興奮気味で写真撮ってる。

0120-07-uzu2.jpg

写真の目標は渦なんだけど。

0120-08-uzu2.jpg

かろうじて渦でしょ!

実際は結構すごいって何回言うんや!

0120-09-uzu2.jpg

世界3大潮流のひとつ…らしい。

0120-10-uzu2.jpg

ネットで調べたら、

アメリカLAの「セイモア海峡」

イタリア・シチリア島「メッシーナ海峡」だそうな!

0120-11-uzu2.jpg

渦潮じゃなくて、下から浮き上がってくる潮流も見どころらしい。

ま~瀬戸内海の右左の干満の高さの差がウンメートル。

それの成せる業だから自然は怖い。

0120-12-uzu2.jpg

もし飛び込んだらどうなるのかな?

やってみる?

0120-13-uzu2.jpg

見るだけにします。

0120-14-uzu2.jpg

面白い、「へそ」みたいな・・・渦とは言わないね。

ただ、この変化は見ていて飽きない。

実は川の流れや炎はいつまでも見ておれます。

結構飽きません渦潮。


鳴門渦潮クルーズ [旅行]

淡路島の観光って何かな~

沢山あるけど、ピカイチが見つからない。

水仙はまだ咲いてなかった12月のこと。

しいて、渦潮か~!

0118-01-uzu.jpg

乗ろう、日本丸に乗って渦潮クルーズや!

時間も干満に合わせて時間指定。

早朝の船に並ぶ。結構な人でびっくり!

0118-02-uzu.jpg

出発~つ!カモメがついてきて餌をフライングキャッチ。

宮城の松島観光でも同じ光景だったよ。

0118-03-uzu.jpg

まずは港の先端の神社、船から拝見。行ってきま~す。

0118-04-uzu.jpg

少しずつ淡路島の海岸から離れていく。

結構絶壁の海岸。

0118-05-uzu.jpg

先端の向こうに垣間見えてきた。

今回は雄大な大鳴門橋を楽しもう。

(渦潮は次回に)

0118-07-uzu.jpg

全景はこの距離しか無理。

近づくと大きすぎてパーツになる。

0118-08-uzu.jpg

淡路島方面には電力風車、好きなんです、このビュー。

0118-09-uzu.jpg

橋の下の観光船は渦潮の上、傾いている。

それを横目にまずは橋を潜ろうと言う算段みたい。

0118-10-uzu.jpg

大鳴門橋は全長1629m(吊り橋は876m)

なんともう一つの明石海峡大橋は世界一の長さを誇る。

全長3910m、世界1は橋自体の長さが1991m。

因みに2位は揚子江に掛かる橋だと思う。

0118-11-uzu.jpg

たまに下から見る橋も良いもんだ。

0118-12-uzu.jpg

多分真下。

0118-13-uzu.jpg

潜っても潮の流れは微妙

0118-14-uzu.jpg

まだまだクルーズは続く。

0118-15-uzu.jpg

又真下に潜った。今回は橋げたに近い。

0118-16-uzu.jpg

これぞ、鳴門の渦潮のコラボ。

0118-17-uzu.jpg

少しづつ遠のくビュー。

0118-18-uzu.jpg

どの角度が良いかは自己判断!

大鳴門橋は昭和60年、もう30歳超えてるのだ。


淡路島のお宿「けひの海」 [旅行]

大塚美術館を楽しむ、その日は淡路島の温泉

翌日は淡路島観光

で、その夜のお宿サンセットビューホテル「けひの海」紹介

0116-01-kehi.jpg

3階建てのこじんまりした粋なホテル?お宿?

淡路島のサンセットなので西の海岸に建つ。

0116-02-kehi.jpg

これは朝の写真、昨夜は大雨、サンセットどころじゃなかったよ。

温泉はにゅるっとして良い感じでした。

ここからは夕食の紹介。

ダイニングで熱いものは熱く頂きました。

0116-03-kehi.jpg

 前菜、鱈の子と蛸の低温煮

栄螺ぬた和え、太刀魚鳴戸巻き

前菜から結構凝ってるやん。

0116-04-kehi.jpg

碗物

鰆と雲丹の蕪蒸し

0116-05-kehi.jpg

造り

平目、天然鯛、鰆、アオリイカ

鰆の刺身は晩秋が旬なんだ。脂乗って美味い。

0116-06-kehi.jpg

チェックインの時、別注する?とか言われて

発注したのがハゲの薄造りと肝添え。

こんなに沢山の肝、新鮮で薄造りと共に

こりゃ~マジ美味い、ホント美味いわ~~~~。

別注して良かった。

0116-08-kehi.jpg

淡路の日本酒も合う、会う。

0116-09-kehi.jpg

魚料理

赤舌平目のソテー

0116-10-kehi.jpg

お腹、良い感じになってきたところに

肉料理

淡路牛ステーキ

0116-11-kehi.jpg

おやっ?入る、すーっと。

噛みしめると何とも言えぬ牛の美味い味が口の中に広がる。

行けるもんだ。

0116-12-kehi.jpg

海老芋と蒸し穴子、百合根と海老の餡かけ

う~美味しいけど、お腹いっぱいになって来た。

そこに鯛めし来た~、こりゃ~ギブや。

0116-13-kehi.jpg

でも最後に来たデザートは食べちゃったよ。

綺麗やし、食べた。うめ~食べれたよ。

で、流石「けひの海」

0116-14-kehi.jpg

鯛めしはおにぎりにして部屋に持ってきてくれた。

大サービス。

部屋で呑み直しながらおにぎり食べちゃった。

翌朝の朝食もダイニングです。

0116-15-kehi.jpg

和と洋と選べて、半分バイキング。

0116-16-kehi.jpg

洋がこんな感じ、ま~パン食ですね。

0116-17-kehi.jpg

和にはご飯と干物等々。

最近のお宿は良いね~。

ベッドやし、部屋まで案内されないし、お宿内自由やから。

食事もレストランみたいに順々に出て説明もしてくれる。

良いお宿「けひの海」夕陽は見れなかった。