So-net無料ブログ作成

等身庵の作品を展示してもらった「みうら」でランチ [グルメ]

9月にオイラ等身庵の陶芸作品を展示してもらった。

そのレストラン「みうら」でランチした。

1130-01-miura.jpg

たまにコーヒー飲んだりランチします。

1度ディナーもしました。

1130-02-miura.jpg

この日はランチです。

1130-03-miura.jpg

ランチもさることながら、お店の装飾と、

お店からのビューが素晴らしい。

1130-04-miura.jpg

良い季節には外でランチも良いものです。

1130-05-miura.jpg

その外から大阪に向かって見下ろす。

その広がりが素晴らしい。

1130-06-miura.jpg

様々な名所が見下ろせます。

さて、問題に移りましょう。

1130-07-miura.jpg

メニューです。

一番リーズナブルなパスタランチです。

まずはサラダ!

1130-08-miura.jpg

定番チーズが香しいシーザー系サラダ。

1130-09-miura.jpg

スープ&パン、パンプキンはいつも美味しい。

好きです。

1130-10-miura.jpg

ここからパスタ3種を3人で交換しながら楽しんだ。

ますはトマトソースのパスタ。ズッキーニが良い感じ。

1130-11-miura.jpg

ベーコン、海苔の乗ったペペロンチーノ。

ニンニク、グッド。

1130-12-miura.jpg

クリームソースのパスタ。

それぞれ楽しめました。

1130-13-miura.jpg

珈琲がついて1000円キッチリ。

消費税込みですね。

ご馳走さまでした。

1130-14-miura.jpg

最後の1枚は等身庵の作陶展示風景でした。


キッチンドリンカーの料理で一献 [料理]

ほぼ毎日料理に勤しむ。

だってキッチンドリンクが楽しみ!

男の料理って言ったって、美味しくお酒が呑めたら良いんだ。

5月19日のメニュー

1126-01-0519c.jpg

メインは鶏料理、しそを載せるのがポイント

1126-02-0519c.jpg

鶏は下味をつけて、片栗粉をまぶして炒めます。

定番サラダ、アボカド、トマト、レタス

1126-03-0519c.jpg

口休めなのか?やっこ、鰹節が舞い踊る。

1126-04-0519c.jpg

翌5月20日は頑張ってコロッケに挑戦。

1126-05-0520c.jpg

いつもなかなかうまくいかないコロッケ

1126-06-0520c.jpg

破れて、中の具があふれると厭になるけど頑張った。

安定して美味しいスーパーのサーモンとマグロ中落ち

1126-07-0520c.jpg

サーモンは輸入で十分美味しい。

1126-08-0520c.jpg

見た目汚いけど、ほうれん草の白和えでした。

続いて5月28日

1126-09-0528c.jpg

天ぷら、しこたま作りました。食べきれません。

1126-10-0528c.jpg

山芋と、納豆とにらを混ぜて揚げる

1126-11-0528c.jpg

海老、シイタケ、玉ねぎ、ピ-マン他・・・冷蔵庫にあるものは

天ぷらになりそうなものは皆揚げる。

残っても良いのだ、冷凍してうどんなんかに入れて食す。

あっさりサラダ

1126-12-0528c.jpg

きゅうりとキャベツのお浸し、ビックラコン、昆布をまぶす。

簡単に味がアップする。

5月29日

1126-13-0529c.jpg

ニラレバは少し手を加えて・・・

1126-14-0529c.jpg

レバーは下味をつけ、小麦粉をまぶし油で揚げます。

むっちゃはじけますので油の飛びに注意。

にら、もやしと揚げたレバーをウスターソースで炒めて完成。

大好きな定番サラダは必須

1126-15-0529c.jpg

手前は確か、卵スープ。

6月になりました1日

1126-16-0601c.jpg

何もするプランなく、豚のカレー味仕様

1126-17-0601c.jpg

メッチャ手抜きですが、甘辛くするのが美味しさの秘訣。

カレー粉中心にガラスープやら混ぜますね。

1126-18-0601c.jpg

しゃきしゃきレタスの炒め物、いり卵Good!

味付けのベースはオイスターソース

1126-19-0601c.jpg

締めはあっさり白菜のお浸し!

冷蔵庫に眠ってた竹輪を載せてゴマふって

だし醤油で召し上げれ!

以上キッチンドリンカー等身庵

沢山飲めました。焼酎開いた感じ。


年1度の金沢出張、仕事の話はさておき! [旅行]

年1度の金沢出張です。

いつもこの時期になるのは蟹を狙ってるわけじゃない。

大阪駅からサンダーバードに揺られながらの旅(出張)

1125-01-kanaz.jpg

この日(11月16日)は天気も良く風もなく

サンダーバードは順調に走るのは珍しい。

(実は前の列車のお蔭で5分遅れた)

湖西をひた走る。琵琶湖が見える。

1125-02-kanaz.jpg

敦賀のあたりから山が展望。

1125-03-kanaz.jpg

紅葉か?赤く染まる山を見ながら・・・走る。

1125-04-kanaz.jpg

鯖江、メガネで有名なSABAEを通過。

1125-05-kanaz.jpg

芦原温泉のプラットフォームには怪獣がいあた。

福井県は怪獣?を推している。

1125-06-kanaz.jpg

加賀手前で山に雪が・・・・

1125-07-kanaz.jpg

望遠で取り直す。きっちり雪が積もってる。

そして、金沢到着、片町で待ち合わせ。

時間があるのでぶらりと行くか。

1125-8-kanaz.jpg

金沢駅のモニュメント、迫力満点。

1125-09-kanaz.jpg

存在感あるな~~~。

1125-10-kanaz.jpg

流石金沢、交差点の植木も雪吊りを施してる。

1125-11-kanaz.jpg

近江町市場を横切る。

朝の街なので、ひっそりしている。

1125-12-kanaz.jpg

香林坊辺りはもうイルミネーション。

街合わせて行ったのがここ「いたる」

1125-14-kanaz.jpg

素晴らしい居酒屋でしたが、写真は撮らなかった。

大将の目の前に座して、カッコいい包丁捌きを見ながら日本酒。

金沢の美味しい魚、香箱がになど。

2泊したのでその次のは少しだけ撮った。

(出張なので、バンバンとると失礼なので…この程度)

主計町(かずえ)のしっとりした処のお店

1125-15-kanaz.jpg

ま~料亭と言った方がしっくりします。

名物カキなべを目指します。

冬しか営業していません。予約も難しい。

1125-16-kanaz.jpg

靴を脱いでお座敷に通されました。

床の間もある、お花も綺麗に飾ってる。

元芸者と言ってもいいような中居さんが接客です。

1125-17-kanaz.jpg

鍋の中には扇方の味噌、中居さんの指示どころか触らせてくれない。

1125-18-kanaz.jpg

「ま~卵でも溶いてゆっくりお待ち!」

1125-19-kanaz.jpg

カキは中島産の能登ガキ、味噌の出汁に生姜の混ぜ物。

この牡蠣とのマリアージュが堪らん。

更にいうと、深谷ねぎこの甘味は素晴らしい。

お酒が進む、写真忘れる。

ちょっと他から写真借りてアップ。

1125-20-kanaz.jpg1125-21-kanaz.jpg1125-22-kanaz.jpg

まったくこのままの感じ。

中居さんが食べろと言って、碗に入れてくれる、

このタイミングが美味いけど・・・

食べて、飲み過ぎに気を付けて!

流石金沢

鮨良し、おでん良し、鍋良し

蟹はついでや。


河内長野の紅葉のメッカは「延命寺」 [河内長野散歩]

東京は雪、半世紀以上振りとはね。

もう紅葉も完全に終わりって感じだけど、

先週末に訪れた延命寺はまだ紅葉見ごろキープでした。

駐車して、お寺への坂道を上る。

1123-01-enmei.jpg

竹林の小道は落ち葉でしっとり。

1123-02-enmei.jpg

延命寺の山門への道の紅葉。

1123-03-enmei.jpg

緑もあるものの、落ち葉も目立つ疎らな紅葉。

1123-04-enmei.jpg

山門横の小道の落ち葉が疎らを物語る。

1123-05-enmei.jpg

寺院のお庭も綺麗。

1123-06-enmei.jpg

これが大阪府指定の文化財「夕照の紅葉」

凄く古い・・・樹齢1000年と言われる古木の紅葉。

何か生き物みたい!

1123-07-enmei.jpg

ほらね!ジュラシックパークに出るには可愛すぎる。

1123-08-enmei.jpg

池の五重塔、紅葉に囲まれて!

1123-09-enmei.jpg

見下ろす寺院の目の前は紅葉。

1123-10-enmei.jpg

延命寺は裏山に登ります。

いい運動と紅葉狩りが楽しめます。

1123-11-enmei.jpg

登り切った処の紅葉はお見事!

1123-12-enmei.jpg

まだまだ綺麗でした。

1123-13-enmei.jpg

うん!見ごたえあり。

1123-14-enmei.jpg

真っ赤な絨毯。

1123-15-enmei.jpg

真っ黄色の絨毯。

最後の1枚

1123-16-enmei.jpg

延命寺の本堂です。

弘仁年間(810年~824年)、空海が地蔵の石仏を刻んで

本尊としたのが当寺の始まりとされる。

多分、薬師如来坐像


千早赤阪村「西恩寺」の紅葉 [河内長野散歩]

我が等身庵は河内長野、隣の千早赤阪村にちょっと侵入。

毎年この時期訪れる紅葉のお寺

西恩寺

1120-1-saion.jpg

なんか看板が立っている。下に寺の名前がある。

1120-2-saion.jpg

毎年恒例で訪れるが、入場門までのスロープ両サイドが綺麗。

1120-3-saion.jpg

1本の楓の紅葉が良い感じ!

1120-4-saion.jpg

お寺入場、鬼瓦と真っ赤なモミジ。

1120-5-saion.jpg

ここも鐘楼と真っ赤なモミジ

1120-6-saion.jpg

1本のモミジの木、様々な色に染まってる。

超綺麗

1120-7-saion.jpg

お寺の門からスロープに向かって写真。

ここも河内長野&千早赤阪村の隠れた紅葉スポット。


河内長野のお寺の紅葉、絶好調11月13日 [河内長野散歩]

オイラの等身庵から10分圏内

河内長野の隠れた紅葉のお寺。

10日間でこんなに絶好調になるとは!

11月3日下見。

1118-03-jizo.jpg

青い!

1118-04-jizo.jpg

11月13日、赤く染まってる。

では鐘楼付近は???

1118-01-jizo.jpg

あ~~まだまだと思って、11月13日再訪問。

1118-02-jizo.jpg

たった10日間で、こんなに紅葉絶好調になっちゃった。

凄く綺麗な隠れた紅葉のお寺。

ひっそり紅葉狩りしたいのでお寺名はあえて出さない。

1118-06-jizo.jpg

お寺もそんなに賑やかになってもらいたくない。

そんな感じがひしひしと伝わるお寺。

1118-07-jizo.jpg

では、目を見張る紅葉をお楽しみください。

1118-08-jizo.jpg

モミジに染まる鐘突き堂、素晴らしい。

1118-09-jizo.jpg

目に染み入るコントラスト。

1118-10-jizo.jpg

このお寺の入り口のモミジは真っ赤に染まる。

1118-11-jizo.jpg

苔むした老木、頑張って楽しませてくれる。

1118-12-jizo.jpg

赤、緑、黄色、絵にも描けない美しさ。

1118-13-jizo.jpg

緑をバックにモミジ、良い感じ。

お寺のお庭の全景。

1118-14-jizo.jpg

静かでしょ、人もほとんどいない。

境内に入るにはお寺さんに挨拶必須。

しかしチャージ、拝観料は不要です。

1118-15-jizo.jpg

お寺の建造物と紅葉のマッチング。

1118-16-jizo.jpg

布袋さん?戎さん?いい笑顔です。

1118-17-jizo.jpg

借景?イヤイヤ、額の代わり。

1118-18-jizo.jpg

河内長野の隠れ寺の紅葉

如何でした?

オイラ的には京都のお寺にも負けていない、

なんて思ってる。


御手洗渓谷、紅葉と滝 [関西小旅行]

11月15日御手洗渓谷Vol.2

1115-01-mitar2.jpg

御手洗渓谷の紅葉はさることながら、

多彩な滝の数々と滝つぼの水の綺麗なこと、この上なし。

1115-02-mitar2.jpg

岩、滝、紅葉、オゾン。

1115-03-mitar2.jpg

滝と吊り橋。

1115-04-mitar2.jpg

御手洗渓谷の定番。

1115-05-mitar2.jpg

紅葉が似合います。

1115-06-mitar2.jpg

2段の滝

1115-07-mitar2.jpg

結構な急流。

1115-08-mitar2.jpg

溜まる水の波打ち、波紋が綺麗。

1115-09-mitar2.jpg

岩場にに枝垂れる紅葉。

1115-10-mitar2.jpg

高所から見下ろす。

1115-11-mitar2.jpg

荒行してみますか?

1115-12-mitar2.jpg

岩の壁

1115-13-mitar2.jpg

落ち葉と可愛い滝と超綺麗な滝つぼの水。

1115-14-mitar2.jpg

色々な角度での渓谷

1115-15-mitar2.jpg

一段落

1115-16-mitar2.jpg

紅葉と滝が素晴らしい。

1115-17-mitar2.jpg

やっぱりこの時期、紅葉は捨てがたい。

1115-18-mitar2.jpg

再度荒行してみたいか?って。

1115-19-mitar2.jpg

ほっとする一段落。

1115-20-mitar2.jpg

この向こうは、ずどんと落ちる滝がある。

1115-21-mitar2.jpg

遠く見下ろす風情、その向こうも滝が落ちている。

1115-22-mitar2.jpg

分かりにくいが紅葉を通して水面の透明感。

1115-23-mitar2.jpg

透き通って、エメラルド系の水面に浮く紅葉。

さ~、御手洗渓谷のダイナミック楽しんでくれましたか?

そしてふと、見上げた先がこの景色。

1115-24-mitar2.jpg

なんか思い出しませんか??

1115-25-mitar2.jpg

オイラ的にはジブリの世界を彷彿とさせる。

この苔むした先には妖精が飛んでいると思える。


2016年11月8日御手洗渓谷紅葉 [関西小旅行]

11月8日午後から雨の予報。

慌てて奈良の天川村、御手洗渓谷を目指す。

1113-01-mitar.jpg

この荒々しい川、水より石の方が多い。

駐車場から見た景色、渓谷に足を入れよう。

見上げる。

1113-02-mitar.jpg

うん、紅葉始まっている。期待するね。

1113-03-mitar.jpg

山も赤、黄色、緑、色とりどりの紅葉を楽しむ。

1113-04-mitar.jpg

タイミングはどうなのか?紅葉はピークに出くわすのが難しい。

1113-05-mitar.jpg

渓谷、山にそびえる岩肌が荒々しく、紅葉とマッチ。

1113-06-mitar.jpg

このカラフルな葉っぱ。目を引く。

ズームアウトすると・・・・

1113-07-mitar.jpg

枯れかけた木の幹から小枝が紅葉。

面白い。

1113-08-mitar.jpg

真っ赤な紅葉と真っ黄色。

1113-09-mitar.jpg

御手洗渓谷は紅葉と共に滝、その水の透明さが素晴らしいのだ。

1113-10-mitar.jpg

そうこんな感じこそが渓谷ならではの風情。

1113-10-mitar.jpg

良いでしょ!

マイナスイオンバンバン!

1113-11-mitar.jpg

滝の上には吊り橋が。

滝の勢いも・・・

1113-12-mitar.jpg

滑って飛び込んだら気持ちよさそう。

滝口の水の綺麗なこと、リフレッシュする。

1113-13-mitar.jpg

水の流れと紅葉、これが本流??

1113-14-mitar.jpg

上流に向かいます。

ちょっと平坦だと水が溜まって・・・

1113-14-mitar.jpg

この広がりが素晴らしい。

1113-15-mitar.jpg

山間(やまあい)を流れるから渓谷、そこに

紅葉が彩を添える。

1113-16-mitar.jpg

この渓谷をハイキング気分で楽しむための小道。

この吊り橋がなくっちゃ、歩けないかも。

1113-17-mitar.jpg

見上げる橋の向こうには紅葉の山。

1113-18-mitar.jpg

見下ろす吊り橋と紅葉。

1113-19-mitar.jpg

渓谷には吊り橋、これぞ御手洗渓谷。

この紅葉のシーズンはまさにパワースポット。

シャッターポイント、多過ぎたので次も続く御手洗渓谷

お楽しみに!


紅葉シーズン来る。 [関西小旅行]

今年の紅葉はどうだろう??

関西のTVでは高野山がクローズアップされていた。

高野山に次いで早いかな?と思って御手洗渓谷。

あまりに写真多く整理する前に洞川温泉の紅葉アップ。

1110-01-ryuse.jpg

龍泉寺です。

1110-02-ryuse.jpg

紅葉で有名じゃないけど、温泉求めて行ったところ、

車窓から真っ赤な紅葉が見えた。

1110-03-ryuse.jpg

お寺の前を流れる川に枝垂れて赤いモミジ。

1110-04-ryuse.jpg

緑が赤く染まりかけ!

1110-05-ryuse.jpg

ここ天川村洞川は標高820m、少し紅葉が早い。

1110-06-ryuse.jpg

裏山も赤く染まってる。

1110-07-ryuse.jpg

修験者清めの池の周りは真っ赤に染まってる。

隠れた紅葉のメッカ。

メディアや雑誌や旅行社も騒いでいない。

1110-09-ryuse.jpg

ここは大峰山の麓、修験者のお寺。

醍醐寺の大本山らしい。

1110-10-ryuse.jpg

由緒あるお寺に違いない。

1110-11-ryuse.jpg

苔むした池のほとりの落ち葉、風情を醸し出す。

1110-12-ryuse.jpg

何度も言う!

真っ赤に燃える秋本番の紅葉。

観光客もいない、紅葉を独り占め。

1110-13-ryuse.jpg

最高の気分でこうようを楽しめた。雨降って来たけど。

これは役行者?役小角?苔むしてる。

1110-14-ryuse.jpg

地蔵さんと紅葉はマッチする。

1110-15-ryuse.jpg

この池が清めの池なのか?修験者が身を清める。

1110-16-ryuse.jpg

池のほとりの紅葉真っ赤。

関西の山は、これから秋本番。

これから里に徐々に紅葉が下りてくる。

次回こそ、御手洗渓谷の紅葉をアップします。


上海料理2泊目 [グルメ]

上海では観光なし、楽しみはグルメ。

こんばんは2泊目

場所は徐家偃(みたいな難しい字)

1108-01-shan2.jpg

ビルの上にこんなライトアップ。

カッコ良すぎる。

行ったお店の外観

1108-02-shan2.jpg

3年前に連れて行ってもらった店。

記憶に良かったのでリクエスト。

駅舎だったお店を改造したとか・・・・。

1108-03-shan2.jpg

よって、店内もこんな感じで汽車。

大きな広いお店で、そこらじゅうが駅舎の雰囲気。

1108-06-shan2.jpg 

まずはビール、青島ビールでも良いバージョン。

ピラミッドみたいのは昨日もあったが美味しい。

ごま油が効いて、こりゃ~美味い、良いアテ。

では出てきたメニューの数々。

1108-07-shan2.jpg

肉、濃い味の箸止まりません。

1108-08-shan2.jpg

蒸し鶏、うめ~サムゲタン以上。

1108-09-shan2.jpg

セロリ嫌いにはきついが、好きには応えられない中華。

1108-10-shan2.jpg

飲み物は?ワインにしようかと思ったが

思った以上に高い。コスパで老酒。

美味しい奴でグイグイいけるのも摩訶不思議。

1108-11-shan2.jpg

これは結構高いかも、烏龍茶。

1108-12-shan2.jpg

余り辛くない麻婆豆腐、上海バージョン。

1108-13-shan2.jpg

アップでした。

1108-14-shan2.jpg

肉の甘露煮じゃないけど煮込肉

思った以上美味いし止まらない。

1108-15-shan2.jpg

上海料理ってあるんですね。

多分日本人の舌に合う味だと思う。

何故なら、老酒飲み過ぎたから。

1108-16-shan2.jpg

これ、仕上げのスイーツ。

おまけやね。ちょっと食べ過ぎた、飲み過ぎた。

だからスイーツはきつかった。

上海料理、良い感じ。

実はコスパ。@3000円ぐらい。これで!