So-net無料ブログ作成
検索選択

中崎町の古民家カフェ「AMANTO」 [グルメ]

キタの粋な街、中崎町をぶらり散策。

ちょっと一休みでカフェ

0724-13-nakaz.jpg

超有名な「AMANTO」

うっそうとしたそこが喫茶店

叔母さんが店番かと思いきや、お客だそうな!

ど~ぞ!なんて案内されて店内に。

0728-01-aman.jpg

中に入って振り返ると、うっそうを通して路地。

0728-02-aman.jpg

ここで、注文して出来上がって呼ばれるのを席で待つ。

柱に店の名前「天人」(アマント)

座って店内をきょろきょろ

0728-03-aman.jpg

入り口の天井が中2階、靴脱いでハシゴ上がる。

お茶運んでしまうと、ベリー落ち着ける空間。

0728-04-aman.jpg

手前が土間みたいな空間に席、

その左手がこれ ↑ 座敷と言った席。

0728-05-aman.jpg

突き当たりの席、ここも座敷。

窓の向こうが雑草だらけの坪庭(笑)

見上げると!

0728-06-aman.jpg

流石、築120年の昭和な香り、いや明治かもね!

戦火を免れたということですね。

地震は免れないかもね。

そうだ!カフェだった。

0728-07-aman.jpg

チャイ飲みました。200円、リーズナブル

なんか正式名は・・・・

Salon de AManTO 天人 らしい。


中崎町って面白い! [関西小旅行]

大阪は大きく2つ、キタかミナミ。

オイラは普通はミナミが好き、何故なら個性的!

 ところが、キタで個性的な場所ある、それが中崎町。

0724-01-nakaz.jpg

Mapもあったりして。Good!

こんな感じ!

0724-02-nakaz.jpg

建物古いでしょ!戦火から免れた。

後ろのビルとのコントラストがキタ!

0724-03-nakaz.jpg

こんな古い建屋にモダンなお店。

そんなのが一杯の中崎町、闊歩しましょ!

0724-04-nakaz.jpg

雰囲気。

0724-05-nakaz.jpg

カフェレストラン雑貨屋さん?ビューテイ?

0724-06-nakaz.jpg

中崎町は路地裏が面白し!

こんなお店も路地裏に!

0724-07-nakaz.jpg

もうもう、普通の民家がこうなった~~~~。

0724-08-nakaz.jpg

中を覗き込むと、ランチ美味しそう。

0724-09-nakaz.jpg

この看板はな~に?

0724-10-nakaz.jpg

喫茶店の看板ですね。

0724-11-nakaz.jpg

こんな古臭い玄関ドアの喫茶店、流行るはず。

0724-12-nakaz.jpg

こんな粋な雑貨の陳列、中崎町ならでは。

こんな中崎町、闊歩面白し、飽きない・・・

と言うか、奥深い。

次は、そんな中崎町のメッカ的な

0724-13-nakaz.jpg

喫茶「AMANTO」

こんな感じ、次回は中に入ります。


等身庵、料理ネタはキッチンドリンカー [料理]

等身庵、相変わらず料理やってます。

冷蔵庫の中身は相方が勝手に購入。

それを見ながら、何作ろうかな~~

0722-01-0418a.jpg

4月18日のメニューがこれ!

巻きずしはテイクアウト

0722-02-0418b.jpg

手羽があったので、こてこてに照り焼くのだ。

手前は玉ねぎ(新)、キノコ、豚肉を炒め

味は紫蘇でごまかすが美味いのだ。

0722-03-0418c.jpg

これも買って来た粕漬の鯛、焼くだけ。

焼ながら、炒めながら飲む。

4月20日のこと。

0722-05-0420.jpg

茄子がある、味噌系の味付けになっちゃうか。

0722-06-0420.jpg

茄子と鶏を炒めて、そう鶏は塩水につけて柔らかく!

この日は味噌止めてポン酢、またまた紫蘇巻く。

春は紫蘇はふんだんにあるんだよ。

0722-07-0420.jpg

サラダは大好き、いつもある。生サラダ。

ネタはレタス、トマト、キュウリそしてアボカド。

フレンチドレッシング自家製で!

4月26日のこと

0722-08-0426.jpg

新じゃががいっぱい、どうしよう。

トマトピューレ

0722-09-0426.jpg

新じゃが、新たま、新きゃべ

トマトソースでぐつぐつ煮込む。

コンソメ入れて味整えて、春を食す。

そうだ豚肉も入ってる。

0722-10-0426.jpg

牡蠣の燻製缶詰頂いて、

そのまま刻んだキャベツの上に載せて、共に食す。

これはこれは、缶詰君の味、イケるイケる。

ま~こんな料理、やっぱり

キッチンドリンカーはやめられない。


中華バルで一献、ほっこり [グルメ]

難波で夕刻6時過ぎ、どっかで

ちょいと飲み食べして帰ろうか~~。

歌舞伎座裏を歩く、イタリアン、焼き鳥、居酒屋

色々ある。人気の店は予約してますか~~。

そこで見つけた、声掛けられたんやけど。

0720-01-chuka.jpg

中華バルと看板、四川料理ワインでも飲むか~で、

入場、正式名は「四川麻婆 天天酒家」

6時過ぎなのでまだ空席目立つ、が、予約席も。

0720-02-chuka.jpg

店内は黒と赤で統一、良い感じのほの暗さ。

流石ミナミ、壁には色紙(吉本興業系の芸人多し)

0720-03-chuka.jpg

メニューも写真付きで分かり易い。

0720-04-chuka.jpg

そのメニューの名物のよだれ鶏が美味い。

0720-05-chuka.jpg

薬味入りの特製ソースが美味いが若干辛い。 

正直言うと私、等身庵は辛いのは苦手なのだ。

なのに、四川料理とはね。

お店の人も優しくて辛いの駄目なら

シーザーサラダで辛さを和らげながらねって。

0720-06-chuka.jpg

でも、麻婆豆腐はやめた方が・・・!でそれは流石止めた。

0720-07-chuka.jpg

中華ならではの前菜3種盛りをあてにワイン行っちゃう。

0720-09-chuka.jpg

ボトルで赤、さ~価格は? 

イタリア1900円、スペイン2900円、フランス3900円

この設定が良く分からない。

チリは無いのか?と言いながらイタリア注文

メインディシュは餃子

0720-08-chuka.jpg

しかも、本日のサービスで一人一人前が100円。

やった~。(普段は280円)

しかも結構なお味です。

0720-10-chuka.jpg

四川唐揚げはソースをかけている。

しかもこの赤いしし唐は横に避けて。

0720-11-chuka.jpg

最後の一品がこれ!

全体的に標準以上の味、美味いしリーズナブル

接客も粋で、ちょこっと寄って得した気分。

たまには中華で一献、しかもワインはイケるかも!


たまには陶芸「炭化の作品」 [陶芸作品]

最近は色々釉薬のテストをしているが、

思うような釉薬が出来てこない。

炭化作品は効率は悪いが安定してる。(と思ってた)

そりゃ、電気窯にさや鉢、そして炭と一緒に焼きますからね。

焦げ跡が景色になって良い作品になる。

0718-01-tank.jpg

泉州の土の土色に変化が出ます。

でもちょっと変でしょ!

0718-02-tank.jpg

蕎麦猪口、景色は良いんだけど。

0718-03-tank.jpg

丸く挽いたはずなのに、なんか楕円に!

しかもよ~く見ると、割れ???

0718-04-tank.jpg

さや鉢の中で炭の燃焼と共に高温になるので

1250度設定だから、一時的にさやの中は1300度ぐらいにはなってるか?

熱に負けた、泉州の土は弱いかも!

良い感じの作品になったが、珈琲飲むには適さないのもあるかも。

しかたない、ヨーグルトとか食すには如何???ってか。

面白いけど、う~~ん、どうしよう?

マグカップも・・・・。

0718-06-tank.jpg

取っ手が落ちてしまった、熱の力恐るべし。

どもこれは十分使える。景色も良い!

続いてビアマグ。

0718-05-tank.jpg

うん大丈夫、焼き締めなので

ビールの泡立ちが堪りませんよ。

ギンギンに冷やしてど~ぞ!

小鉢5個セット

0718-07-tank.jpg

小粋な小鉢完成!

続いて花入れ。

0718-08-tank.jpg

通常偏壺(へんこ)花入れと言います。

炭と接触した処がグラディエーション模様!

これが炭化焼成の醍醐味なのです。

0718-09-tank.jpg

徳利じゃないのです、花入れとして作りました。

ひょうたん型花入れ、侘び寂の世界。

0718-10-tank.jpg

最後は一輪挿し3セット。

モダンテーブルに渋い一輪挿し。

可愛い野の花を生けるとホッコリすること、

請負ます。


宇治平等院参道のカフェ「RAKU」 [グルメ]

宇治平等院を拝観した後の帰り道、

なんかお茶したい。

表参道はべたの宇治茶の店ばっかりで、

宇治川を渡って神社の方から駅に向かう。

なかなかいい店がない。

あった~~~!

0715-01-raku.jpg

表参道と違って静かな道沿いに佇むカフェ

0715-02-raku.jpg

覗いてみよう。席も大丈夫。落ち着けそう。

0715-03-raku.jpg

オープンスペースで珈琲美味しく入れてくれそうな雰囲気。

0715-04-raku.jpg

洒落た一枚板のカウンターに着席。

0715-05-raku.jpg

テーブル席もあります。

美味しいものもありそうだけど、お腹は十分なり!

0715-06-raku.jpg

お茶(珈琲)で良い。

綺麗にしているし、感じも良い。

0715-07-raku.jpg

メニューも可愛らしくイーゼルに。

見たけど珈琲に決まってる。

でも相方はメニュー見たおかげで・・・・・

0715-08-raku.jpg

バナナのケーキを発注。

いや~美味しかった。

宇治平等院は素晴らしかったが、喧騒の中だった。

そのあと、京都らしく落ち着いだ佇まいで

カフェタイム、グッドでした。


食べ物頂くって嬉しいものですね。 [グルメ]

 
まずひとつめ、頂き物。
 
ガトーフェスタハラダの珈琲ゼリー
 
0713-01-cofe.jpg 
 
ガトーフェスタハラダと言えばラスクのようなものが人気。
 
阪神デパートでは行列。
 
そこでラスクを8,000円以上購入したら珈琲ゼリーが付いてくる。
 
会社の株主総会のお土産でラスクをいっぱい買ったら
 
珈琲ゼリーをいっぱいもらえたというので一つお相伴にあずかった。
 
0713-02-cofe.jpg 
 
ラッキーでした。
 
濃厚な深い味、やっぱりうまいね。流石でした。
 
今、こいつを売り込みたいハラダさんを感じた。
 
ついで頂いたのが、今こそ旬。
 
0713-03-momo.jpg 
 
桃です。しかも和歌山高津の桃。
 
知る人ぞ知る高津の桃の触れ込みで頂いた。
 
0713-04-momo.jpg 
 
触れ込みでは和歌山は荒川の桃が超有名。
 
荒川の桃は砂地で美味しく仕上げている。 
 
でもね、高津の桃は 粘土地でさらに美味しく仕上げている。
 
こりゃ~期待大!
 
早速、熟すのを待って食した。
 
0713-05-momo.jpg
 
良い感じに熟して桃の香りがプンプン。
 
0713-06-momo.jpg 
 
すっきり剥けそうです。
 
これがまた気持ち良い。
 
0713-07-momo.jpg 
 
ほれ!完璧な向け方、この時香りで美味しさが十分伝わる。
 
剥けた。 
 
0713-08-momo.jpg 
 
カットして、パクリ!
 
う~~~ん、こりゃ~たまらん。
 
この時期の桃は天に昇る。
 
天に上るといえば、先日頂いたメロン。
 
0713-09-momo.jpg 
 
昨日居酒屋で美味しく頂いて、おあいそしたら、
 
これ持って帰ってと言われて、頂いたメロン。
 
流石店長の目利き、凄い甘さ。
 
糖度、ハンパない。
 
桃、メロン、横綱に勝負は引き分け。
 
超贅沢な果物三昧でした。 

浜寺公園、バラ鑑賞の後のランチ「ラ・サボウル」 [グルメ]

6月、浜寺公園でバラ鑑賞。ちょっと遅かった。

その帰り、ちょっとランチでもして。

行った先が「ラ・サボウル」

0711-01-sabo.jpg

滝の流れるカフェ??滝なんてどこで?

フラッとじゃん。でも駐車場は広くて良い。

0711-02-sabo.jpg

メニューがそこらじゅうに貼っていて、ちょっと迷う。

入場!

0711-03-sabo.jpg

思ったより広い。

喫煙と禁煙ときっちり区分、中庭が広い。

0711-04-sabo.jpg

池、金魚、そして滝??イメージと違う。

でも広くて光が射し込んで良いムードです。

0711-05-sabo.jpg

獲付けしているのか?雀が餌をついばんでる。

実はおじさんが何かしていて気になってた。

餌を置いていたとは・・・・。

0711-06-sabo.jpg

飾り付けも自然で良いけど、ランチは???

0711-07-sabo.jpg

3人前のランチ、それぞれ違うものを!

サボウル丼と銘打ってた。

(サボウルとはスペイン語で「味」、フランス語で「知識」だとか)

日本語ではさぼる=なまけるやけどね。

0711-08-sabo.jpg

なんかロコモコみたい。でもまずまず美味い。

無国籍料理かも。

0711-09-sabo.jpg

レデイスセットと言っていたが、サラダとパンと

なんやったかフォカッチャ?ちがう度忘れ!

0711-10-sabo.jpg

そして、分からないホワイトカレー。

0711-11-sabo.jpg

やっぱり無国籍料理に違いない。

口に運んで、味わうとそれなりに美味いのだ。

不思議な空間、不思議な料理。

接客もなかなか高得点。(子連れの我々の接遇はグッドでした。)

最後に飲み物

0711-12-sabo.jpg

メニューから変り種ジュースを注文。

さ~当ててみてください。

0711-13-sabo.jpg

赤ブドウ、グアバは普通に飲む。

ザクロ?期待したけどちょっと渋味癖がきつかったかも。

でもゆっくりできて、訳分からん美味しいもの頂けて、

良い感じ、また来ようと思う。


等身庵、料理ネタで勝負 [料理]

 
やっぱり、ネタがないときは料理ネタ。
 
等身庵のキッチンドリンカー料理紹介。
 
0709-01-319.jpg 
 
 友達から美味しいお酒を頂いて共にテーブルに!
 
豊臣秀吉ご愛飲のお酒復古版「僧房酒」を横においての食す。
 
サラダと厚揚げ炒めとメインディッシュは?
 
0709-02-319.jpg 
 
豚肉でチンジャオロース。いける、これ!
 
翌日のテーブルに並ぶのがこれ!
 
 0709-03-320.jpg
 
これは我が家で焼き鳥三昧。焼きたてを食さねば!
 
0709-04-320.jpg 
 
ネギマといえばマグロ?
 
これは鶏がネギ背負って来た焼き鳥。美味い定番。
 
0709-05-320.jpg 
 
肝焼き、甘だれで焼きます。
 
この臭みが耐えられません。
 
ちょっとしつこいのでサラダ!
 
0709-06-320.jpg 
 
その翌日のメニュー
 
0709-07-321.jpg 
 
和食かな?これらを眺めながらドリンク
 
まず並んだのは酒の超肴。
 
0709-08-321.jpg 
 
里芋と烏賊の煮っ転がし。
 
0709-09-321.jpg 
 
ぶり照り、上手くテリが出た。
 
0709-10-321.jpg 
 
烏賊をさばいたら、ゴロがある。
 
これを使おう、ジャガイモにまぶして美味い。
 
0709-11-321.jpg 
 
おまけのお浸し。
 
ま~いずれにしろ美味い。キッチンドリンカー進むわ。
 
結構、冷蔵庫のもので美味く作れるオイラ。 


等身庵の6月の庭 [園芸]

 
日本は6月は北海道を除いて梅雨!
 
我が等身庵も梅雨。
 
その時期のお庭を彩るのは紫陽花。
 
0707-01-niwa.jpg 
 
数本植えているので、こっそり咲く。
 
墨田の花火・・・そんな感じですね、花火。
 
0707-02-niwa.jpg 
 
純白のカシワバ紫陽花。
 
0707-03-niwa.jpg 
 
こちらはまだ若い枝に咲く紫陽花。
 
0707-04-niwa.jpg 
 
こんな感じで梅雨を強調。
 
0707-05-niwa.jpg 
 
庭からの斜面にも紫陽花。超ブルー。
 
0707-06-niwa.jpg 
 
でも紫陽花って、ピンクで尚且つギザギザ
 
これが可愛い
 
梅雨の時期はもう紫陽花に限るけど
 
ちょっと違う花を・・・・!
 
0707-07-niwa.jpg 
 
さ~何の花でしょう!
 
はい!南天の花。
 
0707-08-niwa.jpg 
 
一人娘、何人かいるけどね!
 
0707-09-niwa.jpg 
 
シャープな星のようなイソトマ。
 
横の白い花もシャープでしょ。
 
0707-10-niwa.jpg 
 
毎年咲いてくれる。
 
色々な色ありです。
 
これから夏、庭の花は更に厳しい。