So-net無料ブログ作成

マヤ文明、締めくくり「チチェン・イツァ」 [旅行]

 
ユカタン半島にはマヤの古代都市遺跡が
 
60以上存在するという。
 
その中でも、チチェン・イツァは壮大だ。
 
0430-01-titche.jpg 
 
ほれ、世界遺産のシンボルマーク。
 
0430-02-titche.jpg 
 
それにしても流石凄い観光客だ。
 
遺跡の道々での販売合戦も凄い。
 
0430-03-titche.jpg 
 
まさかこんなも販売しているとはね。
 
0430-04-titche.jpg 
 
骸骨は当然として、プレデターがあるのは受けた。
 
日本人を見ると「ただ同然!」って、誰が教えた!
 
さて、遺跡の紹介に入ろう。
 
0430-05-titche.jpg
 
まずは高僧の墓。
 
0430-06-titche.jpg 
 
階段の下、蛇の顔が素晴らしい、胴体が階段なのだ。
 
マヤ族の遺跡には、あるある天文台。 
 
0430-07-titche.jpg 
 
天文台はエル・カラコル
 
マヤパン遺跡にも立派なエル・カラコルがあった。 
 
0430-08-titche.jpg 
 
 どう見ても天体観測所、宇宙を見てた。
 
(メキシコの人はUFO完璧に信じてる)
 
0430-09-titche.jpg 
 
競技場手前のジャガーの神殿。
 
ジャガーも遺跡で沢山ある。蛇、どくろと並んで!
 
0430-10-titche.jpg 
 
ここにもガラガラヘビ。
 
0430-11-titche.jpg 
 
チチェン・イツァの競技場は大きい。
 
響く、ここで命を懸けて競技したのだろう。
 
0430-12-titche.jpg 
 
先にある建物、観客席か?ゴールか?
 
0430-13-titche.jpg 
 
壁一面にレリーフがある。
 
中でもドクロや生首を手にした戦士が彫られている。
 
0430-14-titche.jpg 
 
これがゴールの輪、地上7m、綺麗に残ってる。
 
メイン遺跡
 
0430-15-titche.jpg 
 
エル・カスティージョ(ククルカン・ピラミッド)
 
0430-16-titche.jpg 
 
歩を進めて、ここが正面
 
ここにククルカンの降臨があるのだ。
  
0430-17-titche.jpg 
 
階段があるが、保護のため登ることはできない。
  
最上階にはチャック・モールの神殿。
 
0430-18-titche.jpg 
 
ほら!チャック神の顔らしき壁。
 
0430-19-titche.jpg 
 
左の階段のギザギザ、これがミソ。
 
年2回春分の日と秋分の日に羽を持つ蛇が降臨する。
 
ククルカン降臨の姿と言う。
 
0430-20-titche.jpg 
 
その奥に戦士の神殿。
  
遠くから望んだ。
 
0430-21-titche.jpg 
 
柱がいっぱいあって、千本柱の回廊もある。
 
0430-22-titche.jpg 
 
2層になっていて、中にピラミッドがあることは分かっている。
 
しかし、一般には見ることはできない。 
 
0430-23-titche.jpg 
 
面白い、屋上にいる。
 
メキシコ人類博物館にいたチャックモール像といっしょや!
 
ちょっと、現地で見て興奮! 
 
 

ユカタン半島の街「メリダ」と「パシャドリ」 [旅行]

 
マヤ遺跡を訪ねるために訪れた街を2つ紹介
 
ひとつが「メリダ」
 
メリダはスペイン人が作った街。
 
夕刻ソカロかな?「プリンシパル公園」の前
 
0429-01-merida.jpg 
 
ライトアップされたヘスス教会(カテドラル・大聖堂)
 
0429-02-merida.jpg 
 
アメリカ大陸ではかなり古い教会。中米ではNo.1
 
プリンシパル公園に歩を進める。
 
0429-03-merida.jpg 
 
凄い人だかり、イースターだからね。
 
0429-04-merida.jpg 
 
公園の中央に向かう人たち。
 
0429-05-merida.jpg 
 
中央の舞台では大いに賑わう。
 
マリアッチだ!
 
0429-06-merida.jpg 
 
演奏する人たち、聴き、リズムに合わせる観客。
 
凄い熱気が公園を包む。
 
0429-07-merida.jpg 
 
対面のライトアップされた建物は?州庁舎。
 
0429-08-merida.jpg 
 
これは中米で最古の建造物と言われている。
 
0429-09-merida.jpg 
 
こんな馬車も走ってる。観光客を乗せるためだろうか?
 
0429-10-merida.jpg 
 
スペイン人が作ったメリダの街、綺麗に区画が出来てる。
 
そればかりか、街並みは綺麗そのもの。
 
古都の雰囲気を保ちつつ、色合いも良いね。
 
そしてもう一つの街「パシャドリ」
 
0429-11-pasha.jpg 
 
何といってもソカロ前の教会。
 
0429-12-pasha.jpg 
 
美しい、荘厳なムード。
 
だって、映画で神田正輝と松田聖子が共演し、
 
式をした教会だそうな。
 
まさか本当に結婚するとは…(離婚もした)
 
 0429-13-pasha.jpg
 
入場フリーです。
 
0429-14-pasha.jpg 
 
綺麗な教会内部です。
 
0429-15-pasha.jpg 
 
教会中から外の景色…十字架?
 
0429-16-pasha.jpg 
 
はい、その通り、さり気なく十字架。
 
流石カトリックの国、随所に教会です。
 
ソカロから見る教会
 
0429-17-pasha.jpg 
 
やっぱり、USAより厳かに思える。
 
0429-18-pasha.jpg 
 
公園に咲く花、綺麗な色そして、実まで付けている。
 
パシャドリの街並み。
 
0429-19-pasha.jpg 
 
綺麗な碁盤状。通りは数字で明確。
 
0429-20-pasha.jpg 
 
カラフルで綺麗です。歩いても気持ち良い。
 
治安?危険は感じない。(メキシコ場所によるかも!) 
 
0429-21-pasha.jpg 
 
街並みは飽きない。パシャドリマイナーだけど良い街。
 
超おまけの 1枚
 
0429-22-pasha.jpg 
 
これ、手荒いじゃなく男便器、2人はイケる。
 
並ぶと、ちと恥ずかしいね。
 
こんな便器は初やから、ちょっと撮ってしまった。 

ウシュマル(Uxmal)遺跡も世界遺産 [旅行]

マヤ文明、アヤパン、カバー遺跡に次いで

ウシュマル遺跡に立つ。

ゲートを入って、階段を登って行きついて見たのが

0427-01-uxmal.jpg

魔法使いのピラミッド、高さ38m

0427-02-uxmal.jpg

この景色はどうもピラミッドの裏らしい。

角のない楕円形の珍しいピラミッドをぐるっと回る。

0427-03-uxmal.jpg

楕円形なので、見る角度でフォルムが違う。

0427-04-uxmal.jpg

ウシュマルは紀元前500年から1100年にかけて建造された。

大部分がプーク様式の建造物の都市国家

0427-05-uxmal.jpg

階段があるが今は保護のため登れない。

実際は数百年に渡り、神殿を作り重ねて今の姿になった。

ここでもシンボルの前に立つ

0427-06-uxmal.jpg

尼僧院に向けてマヤアーチを潜って入場。

0427-07-uxmal.jpg

随所に見られるマヤアーチ、独特ですね。

0427-08-uxmal.jpg

四方の建物尼僧院に囲こまれて、広場がある。

0427-09-uxmal.jpg

建物の装飾が美しい。

雨の神「チャック」などすべてに謂れがある。

0427-10-uxmal.jpg

正面なる石の椅子、気になる。何のため??

0427-11-uxmal.jpg

顔のような装飾はこれぞマヤ遺跡。

0427-12-uxmal.jpg

それにしても何故か、コミカルなイメージ。

0427-13-uxmal.jpg

蛇とかのレリーフもあるがこれは幾何学模様。

0427-14-uxmal.jpg

チャック神の鼻が出っぱっている。

尼僧院を出て、開けたビュー。

0427-15-uxmal.jpg

広場が競技場、命を懸けて競技した場所。

ここのゴールより、チェチェンイッツアの方が規模大きいと聞いた。

チェチェン楽しみや~~!

歩くとどこでも居るやつ。

0427-16-uxmal.jpg

段々見慣れてきたが、何もせず動いている。

グラン・ピラミッドに向かう。

0427-17-uxmal.jpg

それなりに急な階段を登る、32m

0427-18-uxmal.jpg

登って見渡す、ジャングルの中に、魔王使いのピアラミッドや

尼僧院、手前に総督の館が一望!

0427-19-uxmal.jpg

これは鳩の家って呼ばれているが意味不明。

0427-20-uxmal.jpg

石に刻まれた骸骨のレリーフ

コミカルな感じのレリーフはいっぱいあるよ。

グラン・ピラミッドを降りて、総督の館の下に来て、見上げる。

0427-21-uxmal.jpg

その先には陽を受ける魔法使いのピラミッド。

0427-22-uxmal.jpg

総督の館の前には色々な遺跡が点在してる。

これは双頭のジャガー、並列でなく前後に頭。

倒れかけたシンボルもあった。

0427-23-uxmal.jpg

総督の館もレリーフなど立派、ここにもマヤアーチ。

階段を上がって総督の館に!

0427-24-uxmal.jpg

そこからのビューも素晴らしく、

魔法追懐のピラミッドと尼僧院がくっきり。

最後にやっぱり魔法使い。

0427-25-uxmal.jpg

ジャングルに浮かぶカッコよさ。

魔法使いが1日で造ったという伝説あり!

マヤ遺跡、興味津々なり。


マヤの遺跡都市2つ目「カバー遺跡」 [旅行]

マヤパン遺跡に次いで、「カバー遺跡」に到着。

0426-01-kabah.jpg

バス停留の手前で焼き畑農業が実施されていた。

メリダ周辺は暖かい、花も豊富に咲いている。

0426-02-kabah.jpg

大きな樹木に寄生木(やどりぎ)が一杯…よ~く見ると、

日本でも販売している、エアープランツがわんさか。

 興味津々なれど、目的はカバー遺跡でした。

0426-03-kabah.jpg

スルーエアープランツでカバー遺跡

0426-04-kabah.jpg

この階段を上がった向こうが「仮面の神殿」

0426-05-kabah.jpg

壁全体がアートです。

0426-06-kabah.jpg

仮面の神殿の前に転がる石たちは?何??

0426-07-kabah.jpg

何とも可愛らしい。

0426-08-kabah.jpg

メッチャ愛くるしいけど、どうしてこんなデザインになるのか?

0426-09-kabah.jpg

メキシコ人が信じるようにやっぱ宇宙人なのかも??

それにしてもなぞ多すぎるマヤ文明。

0426-10-kabah.jpg

仮面の神殿と言うだけあって、

雨の神「チャック」の顔で埋め尽くされている。

0426-11-kabah.jpg

横から見る凸凹、おうとつも凄い。

0426-12-kabah.jpg

長い鼻を持つチャック神もクリアに遺跡として残る。

良い感じでチャック神の前で佇める。

裏に回ると・・・

0426-13-kabah.jpg

高い所に何の象徴か?像が見える。

0426-14-kabah.jpg

どうも王様らしき象が2体。1体は后?

これも確証はなく、なぞと言えば謎やね。

0426-15-kabah.jpg

仮面の神殿の奥にも宮殿らしき建造物が立つ。

上層部の一部を残して、無くなっている。

これでもカバー遺跡のほんの一部、全体は5㎞²あるとか!

0426-16-kabah.jpg

宮殿の前に立つシンボル?らしき石柱

何のために存在するのか??

0426-17-kabah.jpg

残された上層部のデザイン。プーク様式と言われている。

0426-18-kabah.jpg

こんな宮殿もある。やっぱりでっかい。

0426-19-kabah.jpg

向こうを見渡すと、林の向こうにピラミッドの頭が見える。

開拓も進まず、手つかずの遺跡が

随所にあるよと言う証拠。

それともウシュマル遺跡が見える??

メキシコ、マヤ文明の研究は道半ばか?これからか?


ユカタン半島、マヤ文明「マヤパン」凄い

 
メキシコシティの高原からユカタン半島に来ました。
 
メリダの街をスタートして…
 
0422-01-merida.jpg 
 
凄い碁盤状の街、整備されているね。スペイン?
 
0422-02-merida.jpg 
 
メリダはモダン、だからペイントもモダン。
 
目指すは遺跡、マヤ文明のマヤパン。
 
0422-03-flower.jpg 
 
向かう先がユカタン半島、最初のマヤ遺跡
 
花もなんかマヤ的な気がしたりして。
 
0422-04-mayapan.jpg 
 
遠めに遺跡が見えてちょっと気分ワクワク!
 
0422-05-mayapan.jpg 
 
ガイドさん曰く「本当に面白い遺跡いっぱいあるよ!」
 
0422-06-mayapan.jpg 
 
マヤ文明は紀元前3000年からAD1600年続く文明。
 
こんなに続いたのはマヤのみ。
 
0422-07-mayapan.jpg 
 
マヤ文明は統一国家でなく、ユカタンに60以上の古代都市!
 
このマヤパンがチチェン・イッツァを滅ぼしとはね。 
 
ピラミッドってエジプト?だけじゃないメキシコ。
 
0422-08-mayapan.jpg 
 
居た~~イグアナ!さ~サボテンからイグアナに代わる。
 
結構でっかいけど、人は襲う雰囲気ない。
 
0422-09-mayapan.jpg 
 
でも、ここマヤパン、ガイドさんが言う「マヤパンは穴場だよ!」
 
ホンマに、じっくりゆっくり観光出来て最高。
 
そして、のっけからピラミッド登っちゃいました。
 
0422-10-mayapan.jpg 
 
そんなに高くないけど、天気にも恵まれ、ビュー最高。
 
ひょっとして地平線が丸い???
 
0422-11-mayapan.jpg 
 
これぞ、古代人になった気分満載ですね。
 
上から見下ろす古代人最高。
 
0422-12-mayapan.jpg 
 
見下ろす先に天文台みたいな遺跡…こりゃなんだ!
 
0422-13-mayapan.jpg 
 
ピラミッドを下りる。なかなか急やね。
 
0422-14-mayapan.jpg 
 
これ!どう見ても展望台。いつの時代のものか、ここはメキシコやから????
 
0422-15-mayapan.jpg 
 
ちょっと下レリーフと四角な穴 、何を表してるのか。
 
骸骨らしいのがやっぱりマヤっぽい。
 
0422-16-mayapan.jpg 
 
これがセノーテの跡、今は枯れている。
 
当時はこの井戸(セノーテ)が繁栄の証。
 
だって、三大文明は河、ここはセノーテ。
 
0422-17-mayapan.jpg 
 
想像ですが、今の遺跡は石の遺跡、
 
当時は漆喰で、白?ひょっとして赤かも。 
 
0422-18-mayapan.jpg 
 
こんな広く見渡せて、良い感じでユカタン半島最初の遺跡
 
空気の良いね。古代人と同じ空気吸ってる感じ!
 
0422-19-mayapan.jpg 
 
こんなに人も映らずに全景撮れる、最高です。
 
マヤパンはまだまだこれから観光客来る遺跡。
 
そんな前に来れて、見れて、登れて最高でした。
 
次の遺跡にGO! 沢山あるからユカタン半島。 
 
 

ティオテワカン遺跡、凄い人!

さ~、これから遺跡、世界遺産の遺跡オンパレード、

 楽しみや~!

まずはティオテワカンを目指す。

バス車窓から見たメキシコシティの郊外の住居。

0421-01-tiote.jpg

山の斜面にカラフルな家がびっしり!びっしり、不便そう。

こんな景色が続く、オリンピック時代からの風景だそうな。

0421-02-tiote.jpg

ティオテワカン観光の前に裏に回ってレストランでランチ。

真裏からの写真、これが月のピラミッドの背面。

ランチが終わって、太陽のピラミッドに向かう。

0421-03-tiote.jpg

絶対登ってやろうと思ってたが、な、何と長蛇の列。

1時間やそこらでは順番は回って来そうにない。

0421-04-tiote.jpg

登るのは諦めて、遠望を楽しもう。

紀元前1世紀頃から6世紀にかけて繁栄した都市遺跡。

0421-05-tiote.jpg

エジプトのピラミッドと比べても遜色ないし、ミステリーも多い。

高さ65m、ここは登れるのが良い・・・なのに登れず。

0421-06-tiote.jpg

それにしても凄い人、イースターの休日だからか・・・

ガイドさんもびっくり。

0421-07-tiote.jpg

この遺跡の模様、これもティオテワカンの特徴。

0421-08-tiote.jpg

気持ちを切り替えて、月のピラミッドを目指す。

登れるかな~~心配しながら「死者の道」を歩む。

0421-09-tiote.jpg

なんとなく登れそうな雰囲気が見て取れる。

月のピラミッドの高さは47m、その位置が高いので、

トップの高さは同じぐらいの高さなのだ。

0421-10-tiote.jpg

沢山の人はここも変わりないけど、登れた。

最上階までは行けないけど、見晴らしは良い。

0421-11-tiote.jpg

この中段まで登れます。そこからのビュー!

0421-12-tiote.jpg

死者の道の両サイドの神殿とその先に立つ太陽のピラミッド。

一望出来て、気分はティオテワカン人。

0421-13-tiote.jpg

観光客スルー太陽のピラミッド。

0421-14-tiote.jpg

これらの神殿の役割は何だったのか未だに研究が続く。

0421-15-tiote.jpg

下ります。のぼりより下りの方が怖い、厳しい。

ジャガーの神殿と呼ばれる建造物の中に入る。

0421-16-tiote.jpg

その神殿に入る階段の手前の石、彫刻と塗装がまだ残っている。

0421-17-tiote.jpg

屋根のある舞台のような広間。

屋根があるので、レリーフも塗装もまだクリアです。

0421-18-tiote.jpg

カラフルな発色が綺麗に残る、流石室内!

0421-19-tiote.jpg

ここもジャガーの神殿の一部か?

0421-20-tiote.jpg

下水の後とか興味深い遺跡が多くみられる。

最後に、ここは標高2367m

息もきれず良く頑張った。

0421-21-tiote.jpg

メキシコならではのサボテンスルー太陽のピラミッド。

0421-22-tiote.jpg

メキシコシティ周辺はこれでもかというぐらいサボテン。

後程行くユカタン半島の遺跡は、これでもかというぐらい

イグアナです。世界遺産の遺跡は続く。


グアダルーペ聖堂は謂われあり [旅行]

さ~メキシコシティを離れてティオテワカンか?と思いきや、

もい一件素晴らしい教会があるという。

どうもメキシコの人たちにとって重要な聖堂らしい。

0419-01-guadaR.jpg

聖母マリアが現れたところして信じられている。

この壁に掛かる額の中はマントに現れたマリア様。

0419-02-guadaR.jpg

そのマントの展示ですが、あまりに人だかりになると言うので、

この前は動く歩道になっていて、止ることが出来なくなっている。

賢い!グッドアイディア

この図柄のものはメキシコ中、随所で見かけました。

0419-03-guadaR.jpg

そして、その聖堂が超モダン!

違和感を持たれる人も多いと思いますが、沢山の信者。

0419-04-guadaR.jpg

裏の広場の中央に立つ鐘の回りも人だかり。

0419-05-guadaR.jpg

その広場を囲むように様式の違う教会が立ち並ぶ。

0419-06-guadaR.jpg

まずは横から近づいてみる。

0419-07-guadaR.jpg

古い由緒あるカテドラルが2つ並ぶ

0419-08-guadaR.jpg

左手がこれ!若干斜めに傾いているのもご愛嬌!横から

 0419-09-guadaR.jpg

 これも左手の教会ですが正面から!

0419-14-guadaR.jpg

施されている意匠は素晴らしい。

0419-10-guadaR.jpg

右手のカテドラル、時代が違うんだそうです。

 そして大聖堂、モダンと言っているのんです。

0419-12-guadaR.jpg

こりゃ~大聖堂と言うより、競技場かも?

でもね!十字架がこれでもかと起立。

0419-13-guadaR.jpg

賛否両論、東京の国立競技場に似ている。

そう、この小高い丘の上の教会。

0419-15-guadaR.jpg

 ここに、聖母マリア様が現れたと信じています。

皆さん崇高なクリスチャン、イスラム入る余地なし。


メキシコ国立宮殿行ったよ! [旅行]

 
メキシコシティ、ソカロでまず行こう。
 
トイレに向かう。
 
なんと、2つともイースターでシャット
 
こんなんあり、ガイドが動く。国立宮殿目指す。
 
0417-01-kyuden.jpg 
 
パスポート見せて横からズル入場。
 
0417-02-kyuden.jpg 
 
入場したけど広い、大きい建て物ですね 。
 
0417-02-kyuden.jpg 
 
中庭が凄く広い。
 
0417-03-kyuden.jpg 
 
ソチミルコ、ソカロも世界遺産。
 
0417-04-kyuden.jpg 
 
この国立宮殿も世界遺産。
 
0417-05-kyuden.jpg 
 
今は大統領の国務室。
 
0417-06-kyuden.jpg 
 
メキシコを意識してますね。
 
0417-07-kyuden.jpg 
 
イグアナなんぞいたら最高なんやけどね。
 
0417-08-kyuden.jpg 
 
庭も素晴らしい。やっぱサボテン。
 
 この国立宮殿、ホントに素晴らしいのが壁画。
 
0417-09-kyuden.jpg 
 
階段から一面大きな壁画です。
 
0417-10-kyuden.jpg 
 
メキシコ屈指の巨匠、ディエゴ・リベラ
 
0417-11-kyuden.jpg 
 
この階段の一面の壁画の迫力
 
0417-12-kyuden.jpg 
 
ここからはメキシコの歴史がストーリー性で!
 
0417-13-kyuden.jpg 
 
ガイドさんが一つずつ詳細に説明してくれた。
 
スペインとの葛藤も細やかに!
 
0417-14-kyuden.jpg
 
マヤの人達の生活様式が描かれてる。
 
0417-15-kyuden.jpg 

ピラミッドを中心に栄えている。
 
0417-16-kyuden.jpg
 
ゴムを取る。
 
0417-17-kyuden.jpg 
 
お祓いだべ!
 
0417-18-kyuden.jpg 
 
ココナッツ
 
0417-19-kyuden.jpg 
 
メキシコ原住民とスペイン人の戦い?交流?
 
0417-20-kyuden.jpg 
 
壁画の先が、ここが執務室の入り口。
 
思わぬ観光地に突入して楽しみました。
 
そんな国立宮殿を離れて三文化広場を横目に・・・・ 
 
0417-21-kyuden.jpg 
 
メキシコが辿った3つの文化が一か所に!
 
アステカ帝国が第1、第2がスペイン領のサンディエゴ教会
 
そして近代の建物ときた。
 
そして、もう一つ、現代の教会へと続く。 
 

メキシコシティの中心、メトロポリタン・カテドラル [旅行]

 
メキシコシティのソカロ訪問
 
0415-01-metroP.jpg 
 
そこで目立つのがメトロポリタン・カテドラル
 
サボテン・リュウゼツラン
 
0415-02-metroP.jpg 
 
メトロポリタンに入る前にその辺りを闊歩。
 
0415-03-metroP.jpg 
 
歴史的な建物が林立している。
 
0415-04-metroP.jpg 
 
メキシコシティってこんな町なんだ。
 
風光明媚で、ここの空気を吸うだけで良いかも!
 
0415-05-metroP.jpg 
 
しかもこの教会、平気で傾いている。
 
0415-06-metroP.jpg 
 
地震のせいらしいが、ホットら歌詞で傾いているのが良い。
 
0415-07-metroP.jpg 
 
カトリックの信教は凄いね、メキシコ。
 
ソカロではメジャー級の野球をやっていた。
 
では、メトロポリタン・カテドラル入ってみるか? 
 
0415-08-metroP.jpg 
 
古い、由緒正しそう!
 
大きい、奥行110mもある。少し傾いている。
 
0415-09-metroP.jpg 
 
メキシコのカトリックの総本山
 
0415-10-metroP.jpg 
 
バロック建築と言っていい。
 
 実はアステカの神殿の上に立っているのだ。
 
0415-11-metroP.jpg 
 
1573年に建設が始まって、
 
完成は1800年過ぎちゃってる。
 
0415-12-metroP.jpg 
 
と言うことで入場。
 
0415-13-metroP.jpg 
 
結構厳重だ。厳かにミサが始まるという。
 
0415-14-metroP.jpg 
 
様々な建築様式、意匠が施されていて見ごたえ十分です。
 
0415-15-metroP.jpg 
 
皆さん、信心深くお祈り中で静かに!
 
0415-16-metroP.jpg 
 
このデザイン、金色と言い、そりゃ~びっくりするような
 
装飾のひとつひとつ。
 
0415-17-metroP.jpg 
 
黒い色のキリスト?十字架に張り付けられています。
 
謂れは???
 
0415-18-metroP.jpg 
 
パイプオルガンです。
 
びっくりするぐらい大きい。国宝ものですね。
 
0415-19-metroP.jpg 
 
見上げてみても、ドーム天井も
 
ご覧の通り素敵でしょ!
 
ミサが始まると言うので静かに退席。
 
0415-20-metroP.jpg 
 
外に出てむき出しの遺跡を見る。
 
0415-21-metroP.jpg 
 
入場はせず上から見たが、テンプロ・マヨールです。
 
アステカ帝国の神殿の遺跡
 
0415-22-metroP.jpg 
 
マヤ人?アステカ人?原住民が儀式をやっていた。
 
オイラもお祓いをやってもらった。
 
0415-23-metroP.jpg 
 
5ペソのお祓い。
 
邪念が飛んでいきました。 
 
 

大学の学舎の壁が世界遺産なのだ。 [旅行]

メキシコシティ観光の一つが大学に行く?

バスで大学に向かったのだが、シティには壁画あるものだ。

0412-01-univer.jpg

街の風景だけど右上の建物は壁画。

0412-02-univer.jpg

バスで止まった、そこはギャラリー。

0412-03-univer.jpg

立派な壁画です。

このようにメキシコシティで壁画を見かけるのは珍しくない。

とか言いながら、大学内に到着。

0412-04-univer.jpg

そこはメキシコオリンピックスタジアム。

0412-05-univer.jpg

きっちり鷲、猿、蛇描かれています。

こう50年近くなるね。

0412-06-univer.jpg

流石メキシコ山に囲まれた盆地、遠くの山が綺麗です。

そして構内へと歩を進める。

0412-07-univer.jpg

キャンパス、爽やかです。花も綺麗!

0412-08-univer.jpg

ジャカランダがここでも満開、

手前の赤い葉菜はブーゲンビリア。色々な色が楽しめる。

0412-09-univer.jpg

イースターで休日につき学生の姿はポツポツ。

0412-10-univer.jpg

学舎の壁画をバックに世界遺産のマークが!

0412-11-univer.jpg

そう、これがメキシコ国立自治大学の図書館。

0412-12-univer.jpg

実は4面全てが壁画、どの面からも壁画です。

0412-13-univer.jpg

1551年に王立メキシコ大学としてスタート。

ラテンアメリカでは2番目の古さとか!

0412-14-univer.jpg

しかし世界ランキングも50番台で、東京大学より上なのだ。

0412-15-univer.jpg

なぜ、国立自治大学と言う名称なのか?

50の学部があって活性化していると聞く。

0412-16-univer.jpg

学長舎の一面。

0412-17-univer.jpg

あっぷがこれ!

0412-18-univer.jpg

こっちの壁画の方が存在感大!

0412-19-univer.jpg

有名な作者の壁らしいが躍動感あるね~~。

0412-20-univer.jpg

学長舎の壁画とバックに図書館の壁画。

0412-21-univer.jpg

こんな壁画もあった。

0412-22-univer.jpg

この立体感がさらに躍動して見える。

全部見きれていないけど、この発想が大学らしくて良い。

学ぶ人たちも、なんか力付けられているのかな。