So-net無料ブログ作成
検索選択

村上隆の五百羅漢図展に行ってきた。 [イベント]

時は12月18日、六本木ヒルズにいた。

そこはスターウォーズのロードショーで盛り上がる。

当然当日券などあるはずもなく、どうしよう?

そうだ!森美術館で村上隆展だ!

0129-01-yakashi.jpg

六本木ヒルズ、森タワー52Fまで一気に登る。

そして、53Fへはエスカレーターで、そこの横断幕。

今回は10数年ぶりに五百羅漢図展。

0129-02-yakashi.jpg

しかし入り口には村上隆のキャラクターが歓迎してる。

0129-03-yakashi.jpg

村上隆は海外では超ビッグな現代作家。

アニメなど手掛けながら日本画のアバンギャルド??

今回のお楽しみは100mの大壁画。

四神(青龍・白虎・朱雀・玄武)の迫力を楽しみたい。

0129-04-yakashi.jpg

その五百羅漢図に行きつくまでの作品も

プロローグと思わせながらなかなかです。

0129-05-yakashi.jpg

これは円相シリーズと銘打って並んでいる。

特殊なことは、写真撮影はフリーと言うこと。

(営業用や三脚などは厳禁)だから写真はいっぱい撮った。

0129-06-yakashi.jpg

色使い、構成、独創性 惹かれていきます。

ここからはコメントを控えながら・・・

0129-07-yakashi.jpg

これ、Mr.DOB

0129-08-yakashi.jpg

耳がOB

0129-09-yakashi.jpg

大きい。

0129-10-yakashi.jpg

目に焼き付く。

0129-11-yakashi.jpg

骸骨君

0129-12-yakashi.jpg

村上隆氏が頭上に立っている。

0129-13-yakashi.jpg

骸骨君と獅子

0129-14-yakashi.jpg

何ともとぼけた顔してる。

0129-15-yakashi.jpg

これ「白虎」ですよね。100m壁画じゃないけど。

0129-16-yakashi.jpg

先人達の絵画を参考に村上隆の世界が表れている。

0129-17-yakashi.jpg

ちょっと宮崎駿にもいたような???

でももう羅漢さんが随所に登場してきている。

0129-18-yakashi.jpg

こんなんも展示していたりして!

先人達の古典絵画と村上隆の世界観の比較なんぞも展示!

0129-20-yakashi.jpg

龍の比較展示でした。

そんな中、雪舟の達磨大師。

0129-19-yakashi.jpg

こんな風に個性を発揮していました。

あまりの迫力に、これからまだまだ連載しますね。

まだ四神にいきついていませんので!

因みに当展示は3月6日(日)まで森美術館で。


今、金沢おでんが熱いらしい! [グルメ]

金沢の奥の深さに浸りながら、

訪れた先がおでん屋さん。

今金沢おでんが熱いらしい。(おでんは熱くなくっちゃ~)

金沢でも名店と言われている「三幸(みゆき)」でした。

0127-01-miyuki.jpg

片町の交差点から場末へと歩を進めます。

0127-02-miyuki.jpg

なかなか座れない超人気のお店だそうです。

細い通路の向こう、すでに満席状態。

0127-03-miyuki.jpg

予約してくれていてセーフ。

それにしても庶民的な、ざっくばらんなお店、好きです。

壁には、ユニフォームが・・・・。

0127-04-miyuki.jpg

さすが石川・金沢、松井秀樹の故郷、近い。

サイン付、55 Hideki Matsui って横文字か~い。

そんなことより、この近しい間柄の飲み。

0127-05-miyuki.jpg

Japan な感じ満載で、古都のイメージじゃないけど・・・

期待に胸が膨らむ。

ご当地ならではのネタから!

0127-06-miyuki.jpg

「香箱がに」からスタートが何とも言えない。

マジ美味い、味が濃いねこの蟹は。

0127-07-miyuki.jpg

この車麩は金沢、いわしのつみれ、大根ETC.

0127-08-miyuki.jpg

おでんのてんこ盛り、定番おでんやけど、美味い。

関西風のおでんなので言うことない。

けど~~大阪のおでんと似すぎてない???

そこで三幸ならではのネタで勝負!

0127-09-miyuki.jpg

関西ではお目に掛かれない、梅貝(ばいがい)

0127-10-miyuki.jpg

三幸オリジナルか?トロロの鉄板焼き。

スプーンでアツアツを食べる

当然地元のお酒、熱燗でね。手取川、加賀鳶なんぞで!

0127-11-miyuki.jpg

これが、ここでの最高峰

三幸オリジナルの「みゆきあげ」

さつま揚げ風やけど、フワトロで仙台の白謙(笹かまぼこ)クラス。

0127-12-miyuki.jpg

牛すじ煮込みも絶品、染み込んで柔らかい。

そりゃ~人気で席も取りにくいはずや、美味い。

金沢おでんが熱いのは良く分かった。

しかし、大阪のおでんと出汁は同じじゃないかい?


金沢のバーは「漱流」(そうりゅう) [グルメ]

 
流石古都金沢、夜のバーも充実している。
 
片町あたりには本格的なバーが結構ある。
 
美味いお寿司と日本酒を頂いた後、
 
なんとなくホテルには帰りにくい。
 
連れて行かれた?いや、案内されたのがここ!
 
0126-01-soryu.jpg 
 
男の隠れ家的なバーです。
 
0126-02-soryu.jpg 
 
うん!静かにやれそうです。
 
まだ8時台なのでね!
 
(きく家が6時からの2時間2交代のみの店のため)
 
0126-03-soryu.jpg 
 
カウンターの手前にボックス席があって、そこに4人座し語る。
 
ちょっと店の雰囲気を写真に!
 
0126-04-soryu.jpg 
 
カウンターの向こうには洋酒天国がある。
 
有名なボトル、マニュアックなボトル。
 
何を飲もうかな~、楽しみや!
 
ふと見ると・・・・
 
0126-05-soryu.jpg 
 
夏目漱石全集がライトアップ!
 
この店の名前「漱流」はここからきているのか~~~。
 
で、我々は何を飲んだか?
 
0126-06-soryu.jpg 
 
このボトルの馬で何か分かる人は通?
 
オイラが思うに、バーボンの最高峰
 
ブラントン、やっぱり馥郁たる香りと味。
 
マスターキャップ並べてくれました。
 
0126-07-soryu.jpg 
 
ちょっとブラントンのキャップネタ!
 
実は8種のサラブレッドがデザインされていて、
 
アルファベットが 記されています。
 
全部集めると B-L-A-N-T-O-N-N²-S。
 
blanton's(ブラントンになります)
 
こんな銘酒を飲みながら金沢の夜は更けていく。
 
おまけの1枚。あては?
 
0126-08-soryu.jpg 
 
さらっと食して、バーボンウイスキー進み過ぎ。 
 
ちなみにお勘定をするときは、結構なお客さんで、
 
流石、古都金沢の夜の奥は深い。 

金沢の寿司屋「きく家」は別格です。 [グルメ]

 
去年年末金沢出張
 
絶対訪れたい「きく家」は1か月前から予約。
 
オイラははまってます「きく家」
 
今回で3回目
 
0124-01-kikuya.jpg 
 
思い切り予約が難しい店、席は7席しかない。
 
何故なら・・・・それはこれからのアップで判明するはず。
 
絶対きっと!
 
メニューはこれだけ!
 
0124-02-kikuya.jpg 
 
いつ来てもこれだけ!
 
ユッケ、刺身、握り、汁、要はお任せのみ! 
 
お任せです。まずは鮪ユッケ
 
0124-03-kikuya.jpg 
 
ビール、ユッケ、出だしからインパクト大です。
 
0124-04-kikuya.jpg 
 
ごま油味のユッケ、大将の自信作。
 
誰でも美味しいと思うはずのユッケ。
 
ここから刺身が…大将の仕入れに任せた感で出てきます。
 
0124-05-kikuya.jpg 
 
お皿に盛られて、一つずつ味わいながら食す。
 
0124-06-kikuya.jpg 
 
説明も聞きながら食べるうちに、追加されていく。
 
良いね良いね刺身!そりゃ~日本酒に限っちゃうね。
 
次から次!飲んじゃったのでそれを紹介しよう。
 
これ読むと日本酒万歳になっちゃうよ!
 
まずは黒龍しずく 
 
0124-07-kikuya.jpg 
 
福井の純米大吟醸。超フルーティ。
 
日本酒界の最高峰の一つ、北陸の清酒界の頂点に座すお酒。
 
こんなんから始まるのは凄すぎる。
 
次いで醸し人九平次
 
0124-08-kikuya.jpg 
 
Human山田錦2014、愛知のお酒これまたフルーティ。
 
ここきく家は純米大吟醸がメインみたい。
 
そりゃ~美味いか!でも厳選されてる。
 
次いで早瀬浦
 
0124-09-kikuya.jpg 
 
福井は美浜の三宅彦右衛門酒造の銘酒
 
爽やかな切れの良さってところか!
 
いや~きく家の大将の腕は寿司とお酒なんや!
 
よくぞ、こんな銘酒手に入るよね。
 
で、突然握り!
 
0124-10-kikuya.jpg 
 
心憎いというか、なかなか普通の寿司屋では食べれません。
 
心憎いばかりの海老の握り。
 
寿司ネタの頃合いの握りとネタの特徴。
 
うわ~美味~~~い 。
 
また酒ネタですが、これこそ絶品「黒龍の石田屋」
 
0124-11-kikuya.jpg 
 
「こんなんが手に入ったから」と出してくれた。
 
包装箱からしてすごい。
 
0124-12-kikuya.jpg 
 
木箱に帯、しかも紫のしっかりした帯、
 
開けてみよう。
 
0124-13-kikuya.jpg 
 
黒龍は創業1804年とか!
 
初代の蔵元石田屋仁左衛門の名からとった稀代のお酒。
 
純米大吟醸の磯田屋はなかなか手に入らない銘酒。
 
そう思って飲むとまじまじ美味い。
 
更に和歌山の銘酒「紀土」
 
0124-14-kikuya.jpg 
 
いや~寿司に合い過ぎな日本酒、まだまだ飲むぞ~ってね。
 
紀土は和歌山海南の平和酒造のお酒・
 
Kishu no fudo Shibata's って記している。
 
調べると柴田杜氏渾身の銘酒だそうです。
 
最後に高知の銘酒「美丈夫」です。
 
 0124-15-kikuya.jpg
 
夢許(ゆめばかり)精米30%の純米大吟醸
 
ゆめばかりというのはほんの少しという意味で、あまり作れない
 
そんな希少なお酒も頂きました。
 
お酒、こんな銘酒を一杯飲んだのは嬉しい限り。
 
しかも握りが美味しすぎて、お酒も進む。
 
そんな握り、どんなん食べたかって????
 
0124-16-kikuya.jpg 
 
アオリイカだったかな~~~醤油が塗られてて
 
このバランス口の中でとろけます。
 
0124-17-kikuya.jpg 
 
鯵&なんだったけ~対象の味付けが絶妙で
 
そのままお食べください。
 
0124-18-kikuya.jpg 
 
金沢名物、蟹です。とうばこがにのお寿司。
 
ここ金沢でしか味わえないかも??
 
0124-19-kikuya.jpg 
 
そう、爽やかな大将の包丁さばきを見ながら食すお寿司。
 
いあや~サウスポーなんですね。
 
料理に没頭の大将ですが、しゃべると超気さく。
 
0124-20-kikuya.jpg 
 
これは忘れたけど多分「はげ」肝を添えて~これが良い。
 
この共、あいびき的なのは粋でしょ。
 
0124-21-kikuya.jpg 
 
鮪の、どっか美味しい処のお寿司。
 
いや^中トロでもないし、赤身でもないし
 
何しか口の中で美味しい。
 
0124-22-kikuya.jpg 
 
タラの白子を焙ってお寿司に!
 
オイラは白子はなんでも好きなんですが・・・・
 
この焙りのお寿司は絶品。
 
0124-23-kikuya.jpg 
 
多分これが最後のお寿司、写真ではそうなんです。
 
多分烏賊に何かお供がのっかてる。
 
こんあ心使いの充満したお寿司はもう心で頂きます。
 
本当に美味しいと思うのはネタの大きさと柔らかな握り具合が超絶妙。 
 
皆には余り紹介したくない…だって予約しにくくなるからね。
 
でもお奨めなんです、これ複雑な心境。 
 
 
 
 

千早赤坂村の水仙の里、満開です。 [関西小旅行]

大阪で一つだけある「村」千早赤坂村の水仙の郷

読売新聞記事で今年は暖冬で1か月早く満開!

とあったので早速訪れた。1月17日。

0122-01-chihaya.jpg

千早赤坂と言えば南朝時代の楠正成がどうしても有名。

ここが誕生の地として楠公が祀られている。

0122-02-chihaya.jpg

すぐそばに千早赤坂城跡もあるのだ。

水仙の郷に進む、その手前にある道の駅。

0122-03-chihaya.jpg

日本一かわいいと書いてある。

日本一小さい道の駅ではないのか?

0122-04-chihaya.jpg

だの民家の軒先が雑貨屋さん。国交省認可かね~~?

小ささは測れるが、可愛い差は測れないもんね。

なんてどうでもいいこと考えながら水仙の郷へ。

0122-05-chihaya.jpg

見物客も昨年以上に多いのは新聞のお蔭??

0122-06-chihaya.jpg

しかもいい感じで、ホント咲き誇ってる。

0122-07-chihaya.jpg

こんだけ咲いてると、良い香りに包まれる。

0122-08-chihaya.jpg

足もと悪い、若干湿地の方が水仙には良いのだろうね。

0122-09-chihaya.jpg

たなびいているというのか?一方向に向かって咲く。

0122-10-chihaya.jpg

これこそ一重の日本水仙。

それに対して・・・

0122-11-chihaya.jpg

八重のような水仙も沢山ある。

好き嫌いはお任せ!オイラは一重かな~~~~。

0122-12-chihaya.jpg

菜の花畑で気の早い菜の花が一輪咲いて、

水仙をバックに!1か月後ならハーモニーが楽しめたかも!

0122-13-chihaya.jpg

それにしても水仙は斜面が好きなのか?

0122-14-chihaya.jpg

淡路島、下田爪木崎で水仙楽しんだけど、どこも斜面やね。

0122-15-chihaya.jpg

ホント満開です。

0122-16-chihaya.jpg

日本水仙の集団は綺麗だし良い香り。

0122-17-chihaya.jpg

天気が良くて青空だとよっかったのにね。

暖冬で1か月早らしいけど、

この日メッチャ寒い、今日も寒い。

気が早く咲いちゃったけど、引くに引けない水仙の花、

いつまで咲いてくれるのでしょうね。


東京南阿佐ヶ谷「SPILE」で6人パーティ [グルメ]

昨年12月16日、東京の夜を過ごすことに

その日から3泊、初日は阿佐ヶ谷で待ち合わせ。

昔の陶芸仲間5人と、結構久し振り、1年以上振りかも??

予約してくれていて、向かった先がSpile。

0120-01-spile.jpg

地元の隠れたカフェ「Spile(スパイル)」

外観は期待できそう!

0120-02-spile.jpg

なんか、ほっこり和やかな感じですね。

壁には大きなモニターが音なしで映画

0120-03-spile.jpg

うっ!すぐ分かったローマの休日や。

グレゴリーペック懐かしい~~。

きっと超可愛らしいオードリーヒップバーンも出てくる。当たり~~~!

座席からはこんな感じで厨房。

0120-04-spile.jpg

3時間の飲み放題で料理はコース。

0120-05-spile.jpg

ハムのサラダ、良い感じでスタート。

ビールがなんとハートランド

0120-06-spile.jpg

粋な!

久し振りのハートランドを楽しみながら会話も弾む。

0120-07-spile.jpg

何か忘れちゃったけど美味しかったとしか言えない。

そしてこりゃ~はしがススム君やわ。

0120-08-spile.jpg

サーモントホタテのカルパッチョ。

いつ食べても外れ無し。

0120-09-spile.jpg

ワインに切り替えて会話、舌鼓が楽しくなる。

0120-10-spile.jpg

ベトナムの春巻(揚げてる)とチキングリル(チーズ入ってる)

コスパやわ!美味い美味い、ゆっくりできる。

そりゃ~人気のはずや。

0120-11-spile.jpg

締めでカレーが来たよ。お腹いっぱい!

でも何故か完食してしまうオイラがいた。

女子3人おじさん3人の年末パーティ盛り上がった。

1216-12-spile (330x248).jpg

締めの締めがデザート、手前のアイスが絵も言えない。

お皿上の設えもお洒落と来ている。阿佐ヶ谷良いね~。

因みに女性2人は陶芸卒業、あとは

皆さんしっかり続いている。

作品展でも合同でやりたいものだ!


忘年会はなお家のフグ料理三昧 [グルメ]

去年の忘年会の話です。

おっさんズ忘年会は定例の「なお家」

大将が河豚仕入れましょうか?の一声で決定。

0118-01-hugu.jpg

やっぱりメインコースは「てっちり」でしょう。

その準備は万端としてまずは・・・・

0118-02-hugu.jpg

一人ずつに「てっさ」が来ました。

関東ではふぐさし、ふぐちりと言うんですよね。

なんとも味気ないネーミングですね。

関西では河豚は当たるから鉄砲、その鉄の刺身で「てっさ」「てっちり」

流石、3年物の河豚を準備してくれた大将!

0118-03-hugu.jpg

次いで、河豚の唐揚げ、てっさの次に最高!

そして待望のネタ、白子です。

0118-06-hugu.jpg

醤油?塩?どっち?間髪を入れず醤油で!!

これで5分の1、一人これです。(白子多く持ってるんや!)

あ~~~~うめ~~~!絶品や!

0118-07-hugu.jpg

なんでこんなに美味いんやろうね。

何度も言うけど河豚の白子の醤油で焼いたやつ。

飲み物は???

0118-08-hugu.jpg

ひれ酒、これですよ。でも香りが良すぎて

味も香ばしくてついつい飲み過ぎちゃうんですよね。

さ~てっちりのネタです。

0118-05-hugu.jpg

ぷりぷりしたコラーゲン一杯の河豚、

何度も言うけど3年物河豚です。

0118-09-hugu.jpg

この野菜たちの下に隠れています。

0118-10-hugu.jpg

取り寄せたらこんな感じ。

またまた、ポン酢が美味いんでさらにヴァージョンアップ!

0118-12-hugu.jpg

締めは雑炊で決まり、お腹いっぱいとか言いながら

入っていっちゃった。

まあ満足して、食べた食べたで、やげりちらかして

ご馳走様でした。

0118-11-hugu.jpg

ことしの忘年会が楽しみだ。

ちょっと先過ぎる????


INUKOUBOUは窯焼きのピッツアが最高! [グルメ]

 
我が等身庵からすぐのINUKOUBOU
 
お気に入りです。何故なら窯がある。
 
味も良いことはさることながら、居心地が良い。
 
1121-02-inuko (330x248).jpg 
 
佇まいは言うことなしです。
 
1121-03-inuko (330x247).jpg 
 
よって、花の文化園ボランティアの皆と突入しました。
 
0117-03-kiichi.jpg 
 
食しながら、語る場所としては最高です。
 
いつもながら滞在時間は長いたりゃありゃしない。
 
0117-04-kiichi.jpg 
 
ランチのコースはピッツアとパンコース2種。
 
どちらも上の前菜から始まります。
 
これが手が込んだ代物なのです。
 
0117-05-kiichi.jpg 
 
スープサラダが付いてきます。
 
パンプキンスープ、美味しいです。
 
まずはパンコースなので、パンが出てきます。
 
0117-06-kiichi.jpg 
 
えっ!パンだけ!なんて・・・
 
パン、ここで焼いて美味しいけど、なんか???
 
安心してください。
 
0117-07-kiichi.jpg 
 
料理が付いてきますから・・・・。
 
そして別コースのピッツア。
 
3種類から選べます。
 
0117-08-kiichi.jpg 
 
マルゲリータ。
 
0117-09-kiichi.jpg 
 
そして締めにお茶と・・・・
 
0117-10-kiichi.jpg 
 
そうなんです。我が花の文化園の仲間たちは
 
ハイソと言うか、グルメ&アカデミック
 
しゃべって食べて楽しくてたまらない。
 
皆で注文をシェアして食べた。
 
会話もシェアして楽しいひと時でした。 
 

グルメに戻ろう。河内長野「喜一」でお宮参り [グルメ]

 
 
最近は年末のイルミ、正月ネタで満載。
 
長い間、美味しいもの食べたネタアップしてない。
 
これからは、グルメ連載や~~~~。
 
と言う訳で、知ってる?河内長野のミシュラン1つ星。
 
0116-13-kiichi.jpg 
 
孫のお宮参りの後の食事会をどこでしようか?
 
悩んだ挙句が喜一でした。
 
突入、流石です。個室でゆったり。
 
0116-01-kiichi.jpg 
 
そんな儀式はさておいてどんな美味しいもの、楽しみやね!
 
0116-02-kiichi.jpg 
 
寿のお箸を準備してくれています。
 
流石注文の意義?意味?理解してお迎えしてくれている。
 
0116-03-kiichi.jpg 
 
のっけからお吸い物??
 
ハマグリ?アサリ?こりゃ~ハマグリやぜ。
 
0116-04-kiichi.jpg 
 
刺身が出た~~、一人ずつの刺し盛り。
 
普通に旨い。
 
そこで登場したのが祝い膳。
 
0116-05-kiichi.jpg 
 
天然鯛、カラスミを乗っけて焼き上げているそうです。
 
まじうめー!
 
0116-06-kiichi.jpg 
 
食べやすいように焼いてくれています。
 
しかも横にある赤飯などは人数分。
 
0116-07-kiichi.jpg 
 
鯛完食です。食べやすいように置いてくれていました。
 
恥ずかしいぐらい綺麗に食べました。
 
カラスミ乗っけたところがうまく焼けて美味い
 
0116-08-kiichi.jpg 
 
この順番が理解不明だが、リンゴのゼリーです。
 
0116-09-kiichi.jpg 
 
苦手な椎茸、雑炊、これが割烹。
 
そして仕上げ。
 
0116-10-kiichi.jpg 
 
浪速の押し寿司など凝った料理和食
 
「大安好日」粋ですね。
 
0116-11-kiichi.jpg 
 
丁度いい感じで締めのごはん。
 
そして
 
0116-12-kiichi.jpg 
 
デザートでおしまい。大満足。
 
まじ、ミシュラン?と思ってたけど
 
我々客の要望に答えてくれる接待でした。
 
 
 

季節感ない、今日この頃!花達。 [園芸]

 
 
このところ、日本?世界的? に温暖化??
 
そんなことより、植物の力強さを感じたよ。
 
0114-01-me.jpg 
 
これ、正月飾りで松と柳。
 
それが・・・・
 
0114-02-me.jpg 
 
なんかちょっと違のは気づいたかな?
 
芽が・・・・
 
0114-03-me.jpg 
 
凄い、昨年暮れに飾った柳の木。
 
0114-04-me.jpg 
 
生け花と言うか活け木なのに芽が出てきた。
 
温暖化のせいじゃないよね。
 
茎から…スゲー芽が出てるじゃないかい。
 
0114-05-me.jpg 
 
柳の生命力に乾杯!
 
近々、地植えしてみようと思っています。
 
これは温暖化じゃなく、植物の生命力の話!
 
でもこの前1月9日散歩しました。
 
0114-07-me.jpg 
 
何と、田んぼの横にアザミが咲いていました。
 
なんということでしょう~~、
 
0114-08-me.jpg 
 
春に咲くアザミが、正月に咲く???
 
でも綺麗。
 
0114-09-me.jpg 
 
アザミは良いね、好きやけど、今咲く???
 
そんなびっくりがもうひとつ。
 
 0114-10-me.jpg
 
これ、ヒマワリでしょ!
 
こんなんが散歩の途中に咲いてる?
 
0114-11-me.jpg 
 
良いの??ヒマワリですよ、ヒマワリ!
 
この正月の路傍に咲く向日葵。
 
やっぱり何か変な今日この頃!