So-net無料ブログ作成

LAの青空に感服!車社会です。 [旅行]

ニューヨーク・ボストンに次いで3つ目の都市、

LA ロサンゼルスに到着。

空港から出て、車に乗ってすぐのシーン。

1130-01-LA.jpg

抜けるような青空にただただ感服!

NY,ボストンで結構寒かったのが嘘みたい。

同行のYYさんがレンタカーを借りてくれた。

1130-02-LA.jpg

さくらレンタカー、なんかアメリカに居る感じじゃないね。

NYからフライト6時間、時差3時間。

だから、NY9時発、LA正午着(3時間得したような~)

軽食で良いや!コンビニですます。その駐車場から見上げる。

1130-03-LA.jpg

やっぱり青空凄いし、太陽が眩しいんですわ。

NYと同じ国とは思えないという理由を実感。

車のナンバーは各州で…ここはカリフォルニア

1130-04-LA.jpg

Californiaと筆記体で書かれているのが格好いい!

LAには高層ビルは似合わない、というか無い。

フリーウエイを突っ走る。

1130-05-LA.jpg

車幅は広い、びゅんびゅん飛ばす。

1130-06-LA.jpg

アメリカンな風景だったので写真にしたよ。

1130-07-LA.jpg

サンタモニカのボードが見えてきた。

次いで山も見えてきた。

1130-08-LA.jpg

ハリウッド方向に向かっているんだろう。

段々車が増えてきた。

一人だけの車が多く、2人以上乗車専用のレーンがあるのです。

LAルールだそうです。他に有料レーンもありました。

1130-09-LA.jpg

椰子の木がLAらしい風情を醸す。

1130-10-LA.jpg

おっとビルがないと言ったばかりなのに突如ビル群。

ハリウッド周辺だけにビルが林立している。

1130-11-LA.jpg

マンハッタン島とは比較にならない小規模ビル群。

宿泊先のトーランスなんて、3階建て以上は見なかったもんね。

そう宿泊先はメッチャクッチャ良かった、肌に合っていた。

1130-12-LA.jpg

そりゃ~そうだ。ミヤコハイブリッド、日系ホテルです。

(ダウンタウンにMIYAKO HOTEL あるけどそこじゃない)

1130-13-LA.jpg

部屋もバリ広、設備も良い、ウォシュレット完備。

1130-14-LA.jpg

バスタブも広くて、ゆっくりお湯に浸かれました。

朝目覚めたらホテルの前、朝日が昇りそう!

1130-15-LA.jpg

今日も晴天、毎日晴天、こんな気候なんですね。

しかも広くて、爽やかで治安も良い。

ここに住みたい理由は分かったような気がする。

おまけの写真。

ブルックリンで買い物し損ねたスーパーマーケット!

1130-16-LA.jpg

このマーケットの敷地内にトレーダー・ジョーがあるらしい。

慌てて連れて行ってもらった。

1130-17-LA.jpg

お目当てのエコバッグを入手して、チーズとスパイスゲット。

このスーパーは西部発祥(サンフランシスコ)。

いや~お土産ゲットには最高のスーパー連れて行ってくれた。

案内有難う、感謝しています。


NYで、夜をどう過ごすか?ディナーは? [旅行]

 
明日からLAです。NYブルックリン、ボストン楽しみました。
 
NYは4泊、ディナー結構どこ行こうか?考えた。
 
1泊目はブルックリン観光後、ホテルの近くで軽く食べて明日に備えることにしよう。
 
1129-01-dinner.jpg 
 
タイムズスクェアのそれた横道、57ストリートのバーで一杯。
 
1129-02-dinner.jpg 
 
SUMUTTY NOSEがコースターに!これが店の名前かも??ね。
 
ビール名がバカほどメニューに、よく分からん。だから
 
聞きなれたさっき行ったブルックリンビールを注文。結構イケる。
 
1129-03-dinner.jpg 
 
あてはメニュー見て、なんとか分かったハンバーグでお腹を満たす。
 
ビール2杯飲んでハンバーガー食べてご馳走さま、お休み!
 
2晩目は社員全員と中華、残念ながら写真なし!
 
3晩目、ブラジル料理、これがイカした。
 
1129-04-dinner.jpg 
 
シュラスコの店と言っていいかも!
 
お洒落な店、受付!まだ早いので2Fで食前酒をどーぞ。
 
1129-05-dinner.jpg 
 
この大きな銅版の像の人は誰?
 
1129-06-dinner.jpg 
 
2Fに燈されて、このバーの飲み物を頂きながら、案内を待つ。
 
1129-07-dinner.jpg 
 
お洒落なランプの向こうが銅板、期待が膨らむ。
 
食前酒で頂いたのが、ジンフィーズ。
 
1129-08-dinner.jpg 
 
地下にレストラン、そこに通される。
 
1129-09-dinner.jpg 
 
多分FIGO de CHAO という店、
 
ブラジル料理のお店これから流行るかも!きっと。
 
1129-10-dinner.jpg 
 
ケバブみたいな肉料理店、これは前菜ですが・・・
 
肉料理は串刺しの肉をカットしてお皿にとって食べます。
 
コースターで、赤がストップ、緑はよろしくマークです。
 
色々なお肉が次から次と来ますが、赤の席には来ません。
 
緑でも気に入らない肉ならパスできます。
 
緑の間なら美味い肉いっぱい食べれます。
 
お勧め!これからきっと流行ると思います。
 
おまけの情報、ブラジルの飲み物、「カイビリーニャ」一度飲んで下さい。
 
甘いけど辛口、モヒートより絶対美味い。終わらないアルコール。 
 
そして、最後の4泊目の食事もしめやかに!
 
1129-11-dinner.jpg 
 
又しても、ホテルのそばのバー&ビストロの看板で入場。
 
シックな良いお店です。
 
1129-12-dinner.jpg 
 
メニューをじっくり見て軽く注文する。(アメリカは量ハンパないからね)
 
まずはビール。
 
1129-13-dinner.jpg 
 
お水も来ました。ビールでサミュエルアダムス見つからず!
 
お店の人のお奨めのビールにしました。
 
注文は慎重に3種類。
 
1129-15-dinner.jpg 
 
サラダは良く分からないメニューから、でも当たりでした。
 
そしてサーモンのメニューを見つけて! 
 
1129-14-dinner.jpg 
 
前菜風を注文、アボカドどサーモンのコンビネーション。
 
これまた大正解!
  
付いて来たバケット、ワインとサラダとグッドでした。
 
1129-16-dinner.jpg 
 
そして、ちょっとお腹に入れて熟睡を誘おう!
 
で、パスタ!
  
安全にカルボナーラ風を言おうとしたら
 
店の人が絶対これにしろと言って、出てきたのがこれ。
 
1129-17-dinner.jpg 
 
実は思い切り美味しかった。
 
ビーフシチューみたいなパスタ、スパゲッティじゃなかった。
 
いや~、勧められるままに頼んで食して大正解でした。
 
オイラ的には、このお店なかなかイケるんじゃないかと・・・
 
次回来る時も訪れたいと思った。
 
 
 
 
 
 

ボストンバックベイ、思ったより良い処 [旅行]

 
アメリカ旅行、ボストン途中で紅葉アップ。
 
また舞い戻って、バックベイを観光。
 
訪れる前は知らなかった地名。
 
まず最初に訪れたのがトリニティ教会
 
1127-01-torinity.jpg 
 
1877年献堂された。
 
厳かなるロマネスク様式。
 
1127-02-torinity.jpg 
 
隣に立つジョンハンコックタワー、
 
全面ガラス張り、隣のトリニティー教会を映す。
 
1127-03-torinity.jpg 
 
ニューイングランド地方でNo.1の高さを誇る。241m
 
高さよりも周りの景色を吸収する力やね。
 
1127-04-torinity.jpg 
 
入場はしていない、ぐるっと回るだけで十分価値あるとのこと。
 
1127-05-torinity.jpg 
 
教会の前面が公園になっていて、市民の寛ぎの場所。
 
広い!さ~教会をぐるっと回ってみよう。
 
1127-06-torinity.jpg 
 
小絵mんから左には階段がある。
 
その下に行ってみた。
 
1127-07-torinity.jpg 
 
上がってみたけど、入場禁止、ちょっと小便臭かった。
 
んっ??
 
1127-08-torinity.jpg 
 
裏に回るとガーデンらしきものがある。
 
1127-09-torinity.jpg 
 
中庭でしょうか?花壇があった。
 
イイ感じで手入れがしてある。
 
トリニティ教会広場に向かい合わせてあるのが図書館。 
 
1127-10-library.jpg 
 
誰でも入れるとのことなので入ってみた。
 
1127-11-library.jpg 
 
星条旗が三基、これまた歴史的な建造物。
 
流石アメリカ随一に近い歴史のボストン。
 
1127-12-library.jpg 
 
女神?誰?図書館の前に鎮座ましています。
 
入場。
 
1127-13-library.jpg 
 
中庭が素晴らしい。歴史的な建造物
 
日本で言えば、メッチャ大きな坪庭や!
 
1127-14-library.jpg 
 
しかし、シンメトリーはイギリスのお庭っぽい。
 
更に中央に立つ銅像が絵になっている。
 
そして引き上げる時にふと見上げる。
 
1127-15-library.jpg 
 
ドーム型の天井とその装飾、格好良い。
 
図書館を出て交差点の向こうに立つ建物。
 
1127-16-library.jpg 
 
これも教会に見えるが、トリニティ教会じゃない。
 
ボストンには教会多い、宗派があるから隣接して教会が立つとか。
 
1127-17-library.jpg
 
 かのジョンハコックタワーとその手前のレンガ造りの建物。
 
このアンバランスは・・・・ちょっと違和感感じた。
 
そうボストンマラソンが有名。
 
1127-18-marathon.jpg 
 
その終点(FINISH)地点が、ここバックベイの路上。
 
日本人では瀬古が何回か優勝している。 
 
そして公園に銅像。
 
1127-19-marathon.jpg 
 
ここでもウサギとカメの童話は有名らしい。
 
そして、バックベイの高級ショッピングストリートを散策。
 
1127-20-town.jpg 
 
高揚が綺麗、そして建物、横断歩道を歩く人物。
 
絵になるアベニュー。
 
1127-21-town.jpg 
 
歩道も広く、その歩道の奥まった処にショップが並ぶ。
 
優雅な感じでしょ!ショッピングばっかりじゃないよ。
 
1127-22-town.jpg 
 
カフェ?レストラン?テラスでお茶してる感じ!
 
あれ~~、店名が「パパラッチ」良いの??
 
画廊とか美術品のお店もあった。
 
1127-23-town.jpg 
 
そのお店の前で佇む人?馬?赤いオブジェ。
 
気持ち悪いような?アートなような?
 
ボストンはぜひ機会があれば訪れてみてください。
 
アメリカには色々な都市の顔があると実感できるはず。
 
あとはLAや~~~、又全く違う町でした。 

河内長野の名所の紅葉は・・・今! [河内長野散歩]

アメリカ旅行記の途中ですが、

今しか載せられないシーズン性の高いネタなので

河内長野の紅葉情報をアップします。

その前に出勤途上の道見かけた秋。

1126-01-koyo.jpg

この時期、まだたわわにある柿は絶対渋柿!

1126-02-koyo.jpg

でも、この朱色のたわわさは秋を感じます。

さて、またしても紅葉に戻ろう。

我が等身庵から10分以内の3か所

地蔵寺・西恩寺・延命寺

11月15日、最初に地蔵寺から。

1126-03-koyo.jpg

おっと、鐘楼付近のモミジはもう落ちている。

残った紅葉をスルーして見たけど、おかしいな~。

1126-04-koyo.jpg

今年の紅葉は落ち葉もあまり赤くない。

今年の気候のせいだろうか、期待を大きく裏切る。

1126-05-koyo.jpg

少しだけ頑張っているモミジで雰囲気を楽しもう。

次いで西恩寺だけど、期待せずに行こう。

1126-06-koyo.jpg

写真ではキレイに見えるが、例年を大きく下回る。

だから、局部をアップで撮って紅葉を楽しもう。

1126-07-koyo.jpg

竹林の緑をバックにコントラストが綺麗でしょ!

1126-08-koyo.jpg

鬼瓦の獅子も舌を出して、残念がっているような。

銀杏はどうだ~~?

1126-09-koyo.jpg

黄金色とは行ってないけど・・・・

その西恩寺の境内から

1126-10-koyo.jpg

山門ですが、写真で見ると綺麗ですね。

実は・・・・

1126-11-koyo.jpg

境内は非常にきれいに手入れが行き届いてグー!

続いて、河内長野随一のモミジのメッカ

1126-12-koyo.jpg

延命寺に到着。

エントランスのモミジ、普段はここからもうウキウキする。

今年はやっぱり、なんか変!

1126-13-koyo.jpg

ウキウキ感が湧いてこないけど、秋は秋。

記念物「夕照のモミジ」

1126-14-koyo.jpg

歴史を感じさせる紅葉でしょ!

1126-15-koyo.jpg

いつもながらオットセイに見えてしょうがない。

1126-16-koyo.jpg

この赤い葉は、モミジではなく・・・なんだろう。ドウダン躑躅?

必至で綺麗そうなところを見つけて写真に収める。

1126-17-koyo.jpg

いや~もっと赤が欲しい処や。

1126-18-koyo.jpg

蓮池の向こうのモミジはまだ緑っぽいのに茶色っぽい。

1126-19-koyo.jpg

だからと言う訳じゃないけど、

小粋な南天の実で秋を楽しむ。

最後の1枚

1126-20-koyo.jpg

まだまだ緑のモミジもいっぱい。

これはこれから紅葉するのか?このまま枯れるのか?

確かに今年の紅葉は駄目だ!

京都もあまりよくないと聞いた。場所によるのか??

来年に期待しよう!


ボストンは、かの「ハーバード大学」裏口から入りました。 [旅行]

ボストンは大学の町、京都と似ている。

 マサチューセッツ工科大学(英語: Massachusetts Institute of Technology)

通称MITは車窓から・・・

1124-01-MIT.jpg

MITミュージアムだけ写真に収めた。

超屈指の名門校、ノーベル賞わんさか大学。

しかし、ボストンには最も世界的に有名なハーバード大学がある。

1124-02-harbard.jpg

ここ裏門、いつものように裏口入学です。

紅葉のキャンバスを歩む。

1124-03-harbard.jpg

ハーバード大学はアメリカ最初の大学で有名。

1636年に設置された私立大学です。

1124-04-harbard.jpg

ハーバード大学のロゴ入りの車が停まってた。

車まで賢く見えてしまう。

1124-05-harbard.jpg

これは「ワイドナー記念図書館」

タイタニック号の沈没により死亡したハリー・エルキンズ・ワイドナー(ハーバード大学卒業生)

その親がこの図書館の建設費を寄贈した。

1915年6月24日の卒業式で正式に開館された。

凄い親もいるもんだ!

1124-06-harbard.jpg

紅葉の向こうに見える教会

厳かでしょ。学内に佇むとは何とも言えない。

1124-08-harbard.jpg

近づくと、看板がある。

1124-09-harbard.jpg

第1次世界大戦において、当校の戦没の卒業生を偲んで建てられた。

メモリアルホールです。

 1124-10-harbard.jpg

南北戦争の戦死者を祈念して作られたゴシック風建築。

イグノーベル賞(ノーベル賞のパロディー賞)の授賞式はここで行われる。

1124-11-harbard.jpg

さ~紅葉のキャンパスを卒業生の顔をして闊歩しよう。

1124-12-harbard.jpg

全寮制なので、キャンパス内に宿舎がいっぱい。

しかも煉瓦つくりなので、落ち着けます。

1124-13-harbard.jpg

ボストンはNYと違って歓楽的でなく、勉学に励めるとか・・・。

さて、この銅像の人は・・・

1124-14-harbard.jpg

ジョン・ハーバード像「3つの嘘の像」と呼ばれる。

銘版には、「John Harvard Founder 1638」と書かれている。

ジョン・ハーバードは、ハーバード大学創設者ではなく、寄贈者である。

ハーバードカレッジの創設は、1638年ではなく1636年。

モデルは本人でなく、1884年学生でイケメンNO.1を使った。良いかいな??

像の脚先に触れると幸運が訪れるというので、やっぱオイラモ触った。

こちらが正門です。

1124-15-harbard.jpg

あまり大したことはない。

1124-16-harbard.jpg

ハーバード大学の校章には本が3冊描かれ、

開いた本の上にはVE・RI・TAS(真実の意)というラテン語が書かれています。

この校章は色々なところに使われています。

たとえばTシャツ。

ハーバード大学のインフォーメーションセンター

1124-17-harbard.jpg

子供たちがたむろしていました。

インド人の子供たち集団、将来目指せハーバードといったところ。

1124-18-harbard.jpg

校章の流れもヒストリカルに紹介していました。

それと、びっくりはCOOPさん

1124-19-harbard.jpg

大学生協と言ったところで、大学グッズがわんさか販売されていた。

孫の頭が良くなるように・・・ついつい買っちゃうオイラ。

極めつけがこれ!

1124-20-harbard.jpg

ハーバード大学のお水。

これを飲むと偏差値がアップ!飲んじゃった~~~。

そして、学校の回りを歩く。

1124-21-harbard.jpg

道路交差点に佇む建物。面白いでしょ。

1124-22-harbard.jpg

どう見ても顔でしょう。喫茶店だそうです。

学生の待ち合わせの場所なれど、

喫茶店らしき看板は全く見当たらず、でも良いのだよ。

1124-23-harbard.jpg

ツタの絡まる建物、キャンバスライフにはお似合いでしょ。

1124-24-harbard.jpg

この立派な建物は女子寮だそうで、

かの雅子様がお住まいだったそうです。

以上ハーバード大学。

おまけのボストンの学校を1枚。

1124-25-Blee.jpg

車窓から垣間見えた。

バークリー・カレッジ・オブ・ミュージック(英語: Berklee College of Music

1970年に設置され、ジャズといえば、バークリー音楽大学である。


ボストン「ダウンタウン」面白い。 [旅行]

 
ベイバックからコミューターレイルでダウンタウンに!
 
駅から上がるとそこが・・・
 
旧マサチューセッツ州議事堂。
 
1123-01-quincy.jpg 
 
なんたって、1776年ここのバルコニーから独立宣言したんだから!
 
凄い歴史の建造物が今でも使われている。
 
屋根両サイドにはユニコーンとライオンがいる。
 
観光するにはこれです。
 
1123-02-quincy.jpg 
 
The Freedom Trail フリーダムトレイル
 
このトレイルを歩けばボストンが楽しめる歩道ライン。
 
これは長すぎるので、ごめんパス。
 
1123-03-quincy.jpg 
 
ボストン観光ボランティアガイド。
 
独立当時の服装で案内しています。女性もそうですよ。
 
ボストンは歴史的な建造物が当時のまま残る素晴らしい処。
 
1123-04-quincy.jpg 
 
NYとは違う、京都と姉妹都市50周年だから
 
そう、そんな雰囲気が両都市に一致しているかも。
 
1123-05-quincy.jpg 
 
どこからでも見える教会みたいな建物、
 
なんだろう?マリオット カスタム ハウス?
 
さらに歩を進めると、またしても歴史的建造物。
 
1123-06-quincy.jpg 
 
ファミュエルホール、1742年竣工、焼失後再建。
 
有名なのは「バッタ」屋上にいます。
 
その前の銅像は「サミュエル アダムス」、建国の父の一人です。
 
追記:サミュエルアダムスというビールがあります。
 
1123-07-quincy.jpg 
 
ファミュエルホールが狭い、というので建てられたクインシーマーケット。
 
1824年からマーケットでスタート
 
ユニクロが2F、占領する感じでオープン 
 
1123-14-quincy.jpg 
 
こんなもん売ってました。日本では見たことない。
 
地元の人には結構な人気で、なんか嬉しい。
 
外壁は御影石、内装がレンガのローマ様式の建物
 
1123-08-quincy.jpg 
 
中からのビューは紅葉と相まって良い感じです。
 
この中央ホールの天井がこれ!
 
1123-09-quincy.jpg 
 
 内装の壁には当時?の歴史が刻まれている???
 
1105-61-quincy (350x263).jpg 
 
1Fにはテイクアウトの美味しいものの販売店が並ぶ。
 
1123-10-quincy.jpg 
 
ここは有名らしい。テイクアウトして食べよう。
 
そうだ、飲み物もここで!
 
1123-11-quincy.jpg 
 
ジュース?いや、まじ生です。
 
そして食したのがこれ!
 
1123-12-quincy.jpg 
 
手前がクラムチャウダー、そしてロブスターサンド。
 
流石ボストン、クラムチャウダー美味し!
 
ロブスターはこれでもかっ!食べ応え満載。(殻なしでグッド)
 
おや?2Fでも皆さん食している。
 
1123-13-quincy.jpg 
 
このクインシーマーケットは子供たちでいっぱい。なんで?
 
歴史を学びながらの課外授業らしい。
 
ボストンは歴史の宝庫らしい、アメリカ人にとってね。
 
そうだ!こんなお店もあった。
 
1123-15-quincy.jpg 
 
クリスマス用品専門店、中に入るとビビるぐらいの装飾物。
 
赤やけど、レッドソックスのお店もあった。
 
クインシーマーケットの向こうはもう、海、ハーバー。
 
1123-16-waterF.jpg 
 
11月、暖かい日でラッキー、ヨットがお洒落!
 
ロブスターを採りに言ってるのでしょうか~~?
 
1123-17-waterF.jpg 
 
港とは言いにくい、やっぱりハーバーでしょうね。
 
1123-18-waterF.jpg 
 
こんな一風景、歩いて来て良かった~~~~としみじみ思う。
 
1123-19-waterF.jpg 
 
 
このワンショット、なんか違うんやな~~~。
 
でもね、カルーセルが止まってる。
 
1123-20-waterF.jpg 
 
メーリーゴーラウンドのことをアメリカではカルーセルと言う。
 
なんか非常に気持ち悪いのだ。
 
もうひとつ。
 
1123-21-waterF.jpg 
 
やっぱり気持ち悪い。
 
なんでこんなデザイン、止まっているはずや!
 
なんか面白かったので撮ってしまった。
 
ボストンダウンタウン面白い。 

訪れたい都市「ボストン」行っちゃった。 [旅行]


ニューイングランドのなかで大きくて歴史のある町
 
「ボストン」に行きたい一心、念願かなって
 
アムトラックでボストンに向かう。
 
朝6時、ペンシルベニア駅
 
1122-01-boston.jpg 
 
そこはマジソンスクウェアガーデンの真下にあるのが駅。
 
ペンシルバニア駅。 
 
1122-02-boston.jpg 
 
アムトラックの乗車券にはオイラの名前がプリントされている。
 
パスポート提示して、個人を限定。セキュリティやね。
 
1122-03-boston.jpg 
 
来た、出発は6:55、座席以上の切符は発行しないとのこと。
 
1122-04-boston.jpg 
 
着席、到着は11:00予定、4時間+の旅スタート
 
のんびり車窓からの景色でも楽しもう。
 
1122-05-boston.jpg 
 
朝日のマンハッタン島を北へ北へと・・・ハーレムを経由。
 
1122-06-boston.jpg 
 
多分ハーレムリバーを横切る。
 
1122-07-boston.jpg 
 
まだ紅葉は辛うじて楽しめそうだ。
 
1122-08-boston.jpg 
 
海岸線を優雅に走るアムトラック。
 
草原も紅葉だ。
 
1122-09-boston.jpg 
 
ニューロンドン当たりの港町を通過。
 
1122-10-boston.jpg 
 
日本の新幹線とは違って、のんびりでいいよ、なかなか。
 
1122-11-boston.jpg 
 
良い橋が撮れたけど、手前の鉄条網(電線か~)がなんとも気になる。
 
1122-12-boston.jpg 
 
様々な初めて目にする景色を楽しんで4時間。新鮮、斬新です。
 
珍しく時間通りに到着(少し早かった)
 
1122-13-boston.jpg 
 
バックベイの駅で降りて、地下鉄に乗り換えて
 
ダウンタウンに向かった。
 
1122-14-boston.jpg 
 
来た!地下鉄。
 
1122-15-boston.jpg 
 
ダウンタウン駅を降りて、クインシーマーケット、
 
ウォーターフロントに行くが、その前にボストンの車窓からを紹介。 
 
1122-16-boston.jpg 
 
ボストンのバスは連結されて走ってる。
 
プレートナンバーは州「マサチューセッツ」と書かれてる。
 
1122-17-boston.jpg 
 
ボストンで富裕層が住む町「ビーコンヒル」
 
1122-18-boston.jpg 
 
やっぱり、アメリカの金持ちは高台(ヒル)に住む。
 
例えばビバリーヒルとかね!芦屋六麓荘みたいなもんか~。
 
いまだにガス灯は本物らしいく、昼間も灯いてた。
 
1122-19-boston.jpg 
 
路面のお店の看板は見ものでしたが写真なしです。
 
ボストン中心の公園「ボストンコモン」
 
1122-20-boston.jpg 
 
アメリカ最古の都市公園で、セントラルパークのモデルである。
 
柳と桜、日本からのプレゼント、良い雰囲気を醸し出す。
 
その前にある建造物。
 
1122-21-boston.jpg 
 
新マサチュ-セッツ州議事堂。
 
1122-22-boston.jpg 
 
金箔のドーム、存在感満載です。
 
旧議事堂とは一線を画すかも。
 
1122-23-boston.jpg 
 
チャールズ川を渡って、大学街方向に向かう。
 
1122-24-boston.jpg 
 
ボストンの町はおおむねレンガ造りで
 
歴史的であり、落ち着いた街だ。
 
NYとは同じ国とは思えない個性を発揮。
 
さ~次回からボストンの小粋な町を紹介しよう。 
 
 

NYといえばセントラルパークの散歩は欠かせない。 [旅行]

もう終わりかかっているセントラルパークの紅葉。

 昼の仕事と夜の仕事の合間に

ちょこっと抜けて散策

1119-01-Cpark.jpg

セントラルパーク入口の銅像も紅葉???

馬車も待機している。

1119-02-Cpark.jpg

まず乗ることはないね。

1119-03-Cpark.jpg

動物園の横を抜けてセントラルパークへ。

黄色く色付いている。

1119-04-Cpark.jpg

ところどころ赤く色付いている木もある。

鮮やかな向こうに家賃高そうなレジデンス。

1119-05-Cpark.jpg

散策や優雅に犬の散歩を楽しむ人。

セントラルパークで犬の散歩はセレブならではですが・・・

最近は散歩請負業者が多いとか。

1119-06-Cpark.jpg

西陽が公園に刺してきた。

1119-07-Cpark.jpg

広大な公園にも落ち葉が、秋ですね~。

1119-08-Cpark.jpg

若干寒いのか?人もまばら、時間も夕暮れ時で!

1119-09-Cpark.jpg

池を囲む木々の紅葉は主に黄色が強い。

1119-10-Cpark.jpg

池に映えて浮かぶ紅葉の木々、そしてマンション群。

やっぱり紅葉はNIPPONでしょうかね。

1119-11-Cpark.jpg

西の空が赤く染まってきた、スルーセントラルパーク。

すると夕陽の釣る瓶落とし、一気に暗くなった。

1119-12-Cpark.jpg

戻る道が・・・もう怪しくなってきた。

急がねば・・・夜の仕事に!

そして五番街の繁華街に差し掛かるビルの手前、

1119-13-Cpark.jpg

ライトアップのビルの手前の時計

なんか変です。

1119-14-Cpark.jpg

今5時20分、こんなに暗いです。

時計は針と一緒に文字盤も回っていました。

こんな遊び心、良いですね。

持ちたいです。

さっと歩いたセントラルパークでした。


ホントに渡ってみたかったブルックリン橋 [旅行]

 
NY到着の日曜日、ゆっくり過ごして時差ボケ解消
 
そこでホントに渡りたかったブルックリン橋にGO!
 
1118-01-bridge.jpg 
 
ブルックリン側からマンハッタンへ歩こう。
 
下の道路から上がったら、突然この景色。
 
橋のたもとのビルのサイン。
 
1118-02-bridge.jpg 

 
DUMBOとサインがある、良いね~。
 
1118-03-bridge.jpg 
 
ここ歩道です、白い線の右側は自転車道路です。
 
 自動車は一段下がった両サイド・・・バンバンぶっ飛ばしています。
 
1118-04-bridge.jpg 
 
マンハッタン島に向かう景色。
 
トレードセンタービルがひときわ目立ちます。
 
1118-05-bridge.jpg 
 
結構沢山の人、チャリも走っています。
 
1118-06-bridge.jpg 
 
アメリカでもっとも古い吊り橋のひとつ。
 
竣工は14年の歳月を経て1883年です。
 
1118-07-bridge.jpg 
 
ローワーマンハッタンの先に自由の女神が見える。
 
やっぱり大きいんやね。93m(台座含む)です。
 
右を見ます。
 
 1118-08-bridge.jpg
 
絵画みたいでしょ!
 
ブルックリン橋と並行してマンハッタン橋です。
 
1118-09-bridge.jpg 
 
橋げたが近づいてきました。
 
ちなみに全長が1825m、高さは海から84.3m
(自由の女神のほうが高い)
 
1118-10-bridge.jpg 
 
鋼鉄のワイヤーを世界最初に浸かった橋なれど、
 
レンガ造りっぽいのが良いね~。
 
1118-11-bridge.jpg 
 
再度自由の女神方面。
 
イーストリバーや眼下のパークが垣間見える。
 
1118-12-bridge.jpg 
 
見上げてみる。
 
1118-13-bridge.jpg 
 
橋げた過ぎると吊り橋が向こうに下がっていく。
 
これからがイーストリバーを渡る感じです。
 
1118-15-bridge.jpg 
 
橋げたを見上げる。
 
やっぱりここにも星条旗!メッチャ似合う。
 
そして渡り切った。
 
1118-16-bridge.jpg 
 
そして、見上げるとビル群。
 
ここでもワールドトレードセンター目立ってる。
 
惜しむらくは夜景を見たかった。
 
若干時差ボケあって夜まで粘られなかったのが残念! 

ブルックリンからのビューは・・・ [旅行]

 
ブルックリン、DUMBOを散策すると自然と見る景色
 
1117-01-manha.jpg 
 
そうイーストリバーの向こうにマンハッタン高層ビル群
 
1117-02-manha.jpg 
 
圧巻です。
 
1117-03-manha.jpg 
 
ブルックリン橋、フェリー、ワールドトレードセンタービル。
 
1117-04-manha.jpg 
 
公園の紅葉をスルーしてビル群。
 
1117-05-manha.jpg 
 
絶対的に目立つ、ひときわ目立つワールドトレードセンタービル。
 
そりゃ~目立つでしょう、今はニューヨーク1!高さ。
 
1117-06-manha.jpg 
 
9.11以降、再建して再度NY一番高くなった。
 
星条旗が似合うはずです。
 
マンハッタン島の最南端を望む。
 
1117-07-manha.jpg 
 
マンハッタン島の向こうにぽちっと立つのは????
 
ご存知、自由の女神。
 
1117-08-manha.jpg 
 
ヘリコプターがバンバン飛んでいる。
 
観光なんでしょうね。
 
1117-09-manha.jpg 
 
ヨットと自由の女神
 
1117-10-manha.jpg 
 
ズームを最大にしてみたら、マジ自由の女神やわ!
 
1117-11-manha.jpg 
 
公園の紅葉から、これまた自由の女神。
 
お洒落に撮ろうとトライ!
 
1117-12-manha.jpg 
 
鷗の一休み!もっと良いシーンを期待した。
 
プロはもっと上手く撮るんでしょうね。
 
ここからブルックリンの住宅街の方に入る。
 
1117-13-dumbo.jpg 
 
広い通りに沿って大きな公園が続く。
 
ブルックリン住宅街はなかなかお洒落が続く。
 
1117-14-dumbo.jpg 
 
訪れた一昨日がハロウィン。
 
カボチャが各家の前にごろごろと!
 
さぞ賑わったことなんでしょう。
 
で、行きついた先が期待一杯のスーパー。
 
1117-15-dumbo.jpg 
 
トレーダー・ジョー
 
アメリカのスーパーマーケットです。
 
エコバッグが狙い目で探し当てて入場。
 
ところが、日曜日客多し、レジまで超長蛇の列。
 
あきらめました。(後日談ありですが…)
 
1117-16-dumbo.jpg 
 
ブルックリンのトレーダー・ジョー、実は元銀行のビル。
 
天井も高くゴージャス、しかし客数のわりに狭い。