So-net無料ブログ作成

スリランカ最後の街「コロンボ」 [旅行]


スリランカ8つの世界遺産のうち5つを踏破

6日間で最後の街がコロンボ

コロンボは首都ではない。

ただ首都に値するような中心地かな?

0525-01-colo.jpg

イギリス植民地時代の名残か、コロニアルな地区

国会議事堂もある。

0525-02-colo.jpg

主都は「コッテ」という町なのです。

0525-03-colo.jpg

夕陽がコロニアルな街を照らす。

素晴らしい歴史的な街と言えるがすべて車窓から。

ゆっくり歩くと奥深いのでしょうね。

0525-04-colo.jpg

セイロン銀行・・・スリランカ銀行ではないのですね。

びっくりは中国の波が押し寄せていること、ここにも。

0525-05-colo.jpg

建設中のスリランカ1高くなろうとしているタワーが凛としてる。

別名「パイナップルタワー」中国が建設している。

インドの目の前がスリランカなのにね!

0525-06-colo.jpg

これまた建設中の高いビル。

「中国港湾」の看板が・・・

びっくりはこの辺りでの労働者はすべて中国人。

なんでスリランカ人が働いていないの?

金を出すのは良いけど労働者も全て中国?怖い、引くに引けない。

さておいて進む場所。

0525-07-colo.jpg

セイロンが1948年2月4日独立を達成した記念のホール。

そんなことが書かれている。

多分シンハラ語、タミール語、英語

0525-08-colo.jpg

大きな道路十字路の中心に立つ

ライオンが取り囲んでいます。

0525-09-colo.jpg

ホールに立ってみる景色

0525-10-colo.jpg

凛としている。セイロンが独立して

内紛があって、ここ10年でやっと落ち着いてきている。

国名もスリランカに代わって頑張ってほしい素敵な国。

更観光地に進む。

0525-11-gangar.jpg

ちょっと変わった寺院

ガンガラメヤ寺院

0525-12-gangar.jpg

びっくりするくらい派手です。

これこそ現代のスリランカ寺院。

見るべきものは大してないけど、参拝者はマジです。

世界中からの貢物が所狭しと置かれていて唖然。

日本からのものも数点見えた。

0525-13-gangar.jpg

これは絶対に日本デザイン。運慶快慶もどき。

なぜここに?

0525-14-gangar.jpg

こっちのお釈迦様の方がスリランカらしくて良い。

0525-15-gangar.jpg

ここにも菩提樹、霊験あらたか。

0525-16-gangar.jpg

絵になるものは随所に!でもいっぱいあり過ぎ。

0525-17-gangar.jpg

こんなんまである。いったい誰?

更にこんなんまで!

0525-18-gangar.jpg

聞いたところ本物の像の頭(剥製)だそうで

見て良いのか悪いのか?

更にコロンボの街を進む

0525-19-goldf.jpg

インド洋に沈む夕日

「ゴール・フェイス・グリーン」海岸です。

0525-20-goldf.jpg

市民の憩いの場らしい、インド洋、夕陽が綺麗。

0525-22-goldf.jpg

今左手には大きく広い埋め立てが進んでいる。

ここも中国が進出で、スリランカ人のガイドさんは不安いっぱいと言ってた。

10年後にはコロンボは地図も変わって中国の街になってるかもって。

ぼやくぼやく

0525-23-goldf.jpg

そんなこともお構いなしで

インド洋に沈む夕日が美しい。

nice!(49)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 49

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0