So-net無料ブログ作成
検索選択

スリランカ、キャンディの街と仏歯寺 [旅行]

スリランカ、シンハラ王朝最後の都「キャンディ

Kandyと書く

町全体が世界遺産である。

高台からキャンディ湖を見下ろす。

0522-01-bussi.jpg

街の中央にある人造湖、その向こうに仏歯寺がある。

キャンディ王朝は1469年~1815年

1815年といえばイギリスの植民地になった年。

0522-03-bussi.jpg

キャンディの街はコロニアルな町並みでも有名だが、

この高い壁の建物は刑務所跡地。

近いうちに何かに活用されみたい。

世界遺産にふさわしい活用を期待!!

さて仏歯寺に向かう。

0522-08-bussi.jpg

人造湖のキャンディ湖半をてくてく歩く。

キャンデイは高原にあるのでスリランカの割には涼しい。

白壁が続く

0522-04-bussi.jpg

どうも仏歯寺に差し掛かって来たようだ。

0522-05-bussi.jpg

お堀の右手が仏歯寺

0522-06-bussi.jpg

橋を渡って入場、橋の上からお堀を見る。

仏陀の歯を祭る寺院。

0522-07-bussi.jpg

皆さん綺麗なお花を手に持って参拝。

当然素足、脱帽、禁露出。

まじめな参拝者に混じって観光のオイラは身が引ける。

0522-09-bussi.jpg

ここにもあったムーンストーンを踏みながら入場。

0522-10-bussi.jpg

美しい天井、しかも高い!

高いのは象が通れるようにだとか。

0522-11-bussi.jpg

すごい立派な象牙、その向こうに仏歯が祀られている。

0522-12-bussi.jpg

かわいい狛犬が守っている。

インドから仏陀の歯を移したが、スリランカでは

遷都のたびに仏陀の歯も移動した。

アヌーラダプラ→ポロンナルワ→最後にここキャンディ

0522-13-bussi.jpg

非常に厳重に祀られているが、毎日扉は開く時間がある。

0522-14-bussi.jpg

その時間を待つ信者たちは真剣な眼差し。

年に1回、8月のペラハラ祭りでは

この仏陀の歯が象の背中に乗ってKandyの街を練り歩く

だから天井を高くして象が入れるように!

当然キャンディダンスと共に練り歩く。

見たかったペラハラ祭り。

0522-15-bussi.jpg

装飾もすばらしい。

比較するのはどうかと思うが日光東照宮???

0522-16-bussi.jpg

黄金で飾るのも煌びやかでいいのかも。

0522-17-bussi.jpg

天井の装飾も凝っている。

壁の絵は20数枚。

仏歯のインドでの授かるところから祀るところ

移動するところ、ペラハラ祭りの様子など

ビジュアルで説明。

外に出る。

0522-18-bussi.jpg

厳か!清楚ほっとする。

0522-19-bussi.jpg

そこで現地の人なのでしょうか?

何かを清めていたのか?

おまけの1枚

キャンディの街で見学したのがロウケツ染めの工場

0522-02-bussi.jpg

工場といってもほとん手作業

スリランカ女子が綺麗な仕上げていた。

記念に象の絵のロウケツ染め、買っちゃった。

nice!(44)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 44

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: