So-net無料ブログ作成
検索選択

スリランカ「ダンブッラ石窟寺院」 [旅行]


スリランカ、色々な所に行って感動してます、

スリランカは北海道より狭い国土。でもそこには世界遺産8つ。

ダンブッラ石窟寺院に向かう。ここも世界遺産。

キャンディの街に向かう途中のことです。

0520-01-dunb.jpg

手前の白い門が並び、その向こうに見える大きな岩が気になる。

そうこの岩に世界遺産「ダンブッラ」があるのです。

0520-02-dunb.jpg

バスで素通りしそうなとこに、ありゃ~派手な仏像!

これでいいんかい?まじこれが世界遺産?

ダンブッラの別名は黄金寺院(Golden Temple)

だからお釈迦さんが黄金??これは忘れて下さい。

ここの横の道からダンブッラに行くらしいが…

我々は横からショートカット、バスでもっと高い所に、

そこから石仏石窟寺院。

0520-03-dunb.jpg

ショートカットを歩く。そこそこ登り道を歩くと、

見えたのが岩場。これが遠くバスから見えた岩場か!

これこそ石窟の・・・・・・遺跡なのでしょう。

0520-04-dunb.jpg

その道々の景色、ジャングルなのか?絶景です。

ここは石窟寺院、世界遺産です。

ほれ!

0520-05-dunb.jpg

これはなんて書いてる?タミール語でしょうね!

0520-06-dunb.jpg

別の角度、これはシンハラ語。

いがみ合った民族の字が同じ表札の表裏に!

でもシンハラ語の方が丸くて可愛い

で、到着。マジなダンブッラ石窟寺院

0520-07-dunb.jpg

ここからダンブッラ石窟

岩の洞窟はなんと80以上、その中の5つの洞窟を見ました。

釈迦像、王の像、壁画など世界遺産にふさわしい、その大規模さに目を見張ります。

0520-08-dunb.jpg

その前には蓮池!水連ですね。

観光客は遺跡を見たいけど、現地の人達はマジなお参り。

ギャップを感じる。

0520-09-dunb.jpg

お参りの扉の上のお猿さん。

道々にもいっぱいいました。可愛いです。

(ニホンザルの攻撃性は全くない)

歴史的にはDC3世紀まで遡ります。

紀元前1世紀タミール人に攻撃されたシンハラ王がこの洞窟に匿われた。

その後復活し、寺院を建てた。

以来増築を重ね現代まで培われたこの寺院は保存状態も良い良い。

0520-10-dunb.jpg

ここは第1の洞窟。聖王の石窟。

14mの涅槃像、狭い大きい写真も納まらない。

0520-11-dunb.jpg

足の裏がメッチャ格好良い。

赤いのは釈迦がスリランカに来た時

スリランカの赤土を踏んだからとか!

0520-12-dunb.jpg

第2窟、マハラジャの石窟

最大規模です。

0520-13-dunb.jpg

16体の釈迦の立像、40体の座像

最高の作は2100㎡の天井画。

そりゃ~目を見張ります。

0520-14-dunb.jpg

ストゥーバもあります。

第2窟には泉も洞窟の中にあります。

何故、こんな岩の中で永久の水が涌くのか?不思議です。

0520-15-dunb.jpg

仏像のイメージ変わります。

日本にはまず涅槃像ないし。色も違うし手足も違う

0520-16-dunb.jpg

40体の座像の整列

0520-17-dunb.jpg

中央の釈迦は仏教?ちょっと派手かもね。

0520-18-dunb.jpg

並ぶ立像、整列、格好良い。

でも正直言うと、霊験新たかな感はない。

0520-19-dunb.jpg

第2窟を拝観して外を見る。

こんなにゆっくりした感じじゃないけど(人だらけ)

JUST TIMING

0520-20-dunb.jpg

代3窟、新僧院

キャンディ王朝の天井画と50の仏像が素晴らしい。

0520-21-dunb.jpg

第4窟

0520-22-dunb.jpg

涅槃像がここにもいる

0520-23-dunb.jpg

第5窟、ちょっとおまけ風

それにしてもダンブッラの洞窟寺院素晴らしい。

流石世界遺産!

Golden templeの名とは程遠い石窟寺院。

おまけの1枚

0520-24-dunb.jpg

ダンブッラから見る景色は最高で~す。




nice!(47)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 47

コメント 1

旅爺さん

スリランカも観る所が多そうですね。
観光にも力を入れてるんでしょうね。
by 旅爺さん (2017-05-21 12:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: